長崎県 八郎岳 チャンポン ひどらんげあ おたくさ

11月24日(土)
金曜日に帰省し、土曜日は長崎県へ
長崎の低山、ちゃんぽん、素敵な小説、シーボルト館。
好天に恵まれて、長崎を満喫し楽しい1日だった。

朝、5時55分発のかもめ1号に乗り、8時01分、長崎駅へ
そよかぜさんに迎えに来ていただき、女神大橋へ
それからバスにより、平山バス停から出発
バス停から、八郎岳~熊ケ岳~戸町岳の縦走。
今日はまた年に何回あるかと思う程の好天。
暑くもなく、寒くもなく、風もなく、山歩きするのに申し分無し。

下山した場所では、山歩きをしていない長崎の地元の普通の主婦の方が、皆さん、こんにちは~
と頭を少し下げて、挨拶をしてくれる。
大阪では考えられないので、少々戸惑うが、嬉しいもんだ。
いい一日!

今年の山歩き 49回目


c0077338_11414451.jpg

c0077338_11415071.jpg
c0077338_11420885.jpg


c0077338_11415591.jpg
大阪に行って以来です。
3年半ぶりに俊ちゃん、信ちゃんさんにお会いしました。
相変わらずお元気そうです。
c0077338_11420156.jpg


c0077338_11421795.jpg

c0077338_11422347.jpg

c0077338_11422942.jpg
暑くもなく、寒くもなく、風もなく、山歩きするのに申し分無し。

下山した場所では、山歩きをしていない長崎の地元の普通の主婦の方が、皆さん、こんにちは~
と頭を少し下げて、挨拶をしてくれる。
大阪では考えられないので、少々戸惑うが、嬉しいもんだ。
いい一日!

今年の山歩き 49回目

c0077338_11423773.jpg

山歩きメモ
5時間半  12km
c0077338_08444767.jpg
c0077338_11424289.jpg
山のあとは、山馬鹿さんが見つけてくれた「じゅん」という地元長崎のチャンポン屋さん。
店主の方は、80歳 商売されて49年目とか。
長崎の地元の方4名もここのチャンポンは美味しいと皆さん大絶賛。
5名全員が、スープを最後まで飲んで完全完食。
僕もまた来たいお店だった。
c0077338_11424754.jpg

c0077338_11425484.jpg

食事の後は、山馬鹿さんにシーボルト館付近で降ろしていただき、あとは1人で
シーボルト館をゆっくり鑑賞

館内では、小説の世界にタイムトリップして、楠本 瀧さん、おいねさん、シーボルトさんの肖像画、写真、展示物を見る。
もう少し見たかったが、17時で閉店。
そこから長崎駅まで歩いて帰路へ

c0077338_11430646.jpg


c0077338_11425922.jpg


今週読んだ本  
せっかく長崎に行くからと何となく選んだ本が、まさにドンピシャリだった。
2018年、この本を読んで、僕が、今年読んだ本が、ちょうど100冊目となった。
今年読んだ小説の中では、「1Q84」、「村上海賊の娘」「西郷どん」とプロの小説家を
おさえて、粗削りなところや、展開が少々こじつけの部分もなったが、それでも1番だったかな。


「ひどらんげあ おたくさ」  高田宏治
2016年 小説
長崎 シーボルド事件を舞台にした小説。

「ひどらんげあ」は紫陽花(アジサイ) 「おたくさ」は楠本瀧さんへのシーボルトからの呼び名
ひどらんげあ おたくさは、シーボルトが日本のアジサイに対してつけた学会への新種の名前だとか。


1824年 シーボルト事件が起こる少し前の長崎からが舞台。
シーボルドの日本人妻となった 楠本 瀧、そして間宮林蔵。
映画だったら、助演女優賞をあげたい大活躍の娼婦 愛の人 こよ。
そして、瀧を助ける瀧のまわりの女たち。
小説に出てくる、女たちの長崎弁が何とも心地良い。
サクサク読める小説ではなく、1冊読むのに、10時間以上かかる。


高田宏治さんは、この小説が最初の作品で年齢は、80歳過ぎてから。
鬼龍院花子の生涯、陽輝楼、櫂、などの東映映画の脚本家
だからか、娼婦の気持ち、女心を描くのが見事。
いい小説だった。
アマゾンレビュー★★★★★も納得。













# by katuyamak | 2018-11-25 11:44 | Comments(0)

大阪50山ー41   深山(790m)

11月10日(土)
深山って書いて(みやま)って読むらしい。
この山を登るにあたり、どうしても交通手段が無いので、レンタカー借りるかなあと
思っていたら、日生中央駅から「るり渓温泉」までの無料送迎バスが出ている事を知る。
これなら楽チンと、温泉バスに便乗させてもらう。

10時前の「るり渓温泉」行の無料送迎バスに乗り、るり渓温泉へ

c0077338_06255039.jpg
(土曜日で団体さんがあるせいか、臨時バスが出てました)

るり渓温泉。 山の帰りに温泉に入ろう。
c0077338_06262700.jpg
ここから登山口まで徒歩10分程度。
ここが登山口
c0077338_06264033.jpg
登山道も楽チンです。
c0077338_06264854.jpg
山頂
c0077338_06265779.jpg
c0077338_06270678.jpg
すすきがいいです。
c0077338_06271927.jpg
あとは往復で2時間程度の山歩き。
山歩きも楽チンで、戻ったら温泉が待っている。
温泉の後は、日生中央駅まで無料送迎バスで送ってくれる。

何も言う事は無いですね。
至れり、尽くせりの山歩きでした。
いつも、こんな山歩きばかりだと楽なんだけどなあ。

帰りは、るり渓温泉13時15分のバスで帰路へ。
るり渓温泉さん、お世話になりました。


山歩きメモ  2時間  7.0km

c0077338_06325729.jpg

行きの交通機関
地下鉄  清水駅ー東梅田駅       600円
     梅田駅ー川西能勢口駅
能勢   川西能勢口駅ー日生中央駅   580円
バス   日生中央駅ーるり渓温泉    無料
     温泉  土、日は 800円





今週読んだ本 3冊レビュー

「夢を売る男」   百田尚樹
2013年 小説
日本の出版業界の裏の事が良くわかる小説。
1日で一気読み。面白かったですね。
日本の出版業界の事がよくわかったり、書いてある内容もリアルでした。
小説の中でも書いてあるけど、テレビやDVDや動画、インターネットで見たい記事はいくらでもある。
そんな中で今の日本に1500円とか出して買いたい本がどれだけあるか?って事ですよね。


「自分を超え続ける」      南谷真鈴
熱意と行動力があれば、叶わない夢はない
2017年 自伝書
作者は1996年生まれの22才、本を書いたときはまだ19才
七大陸最高峰、北極点、南極点到達 世界最年少、20歳112日で達成
日本人の娘さんだけど、スケールが違います。
エベレストアタック中にテント内にシェルパが入ってきて襲われそうになったり、体験が女性ならの
出来事があり、生々しいです。
女性目線での山の様子も、また違った女性目線で面白かった。
しかし鍛え上げた男でしかできそうにない事を若い女性が最年少で出来るって事が僕には、信じられない気持ち。
若いし、相当の基礎体力があるんでしょうね。

「自転車で遠くへ行きたい」  米津一成
2008年
福島県の荒島岳に登る前に泊まった民宿でサイクリストの方2名と夕食が一緒だった。
その二人は、荒島岳に登って、それから大阪に日帰りで帰るとか。そんな事が出来るのか?
って、それから自転車の世界に興味を持つ。
自転車で遠くへ行きたい まさにこの題名通りの本。
自転車で遠くへ行きたい。最近、僕の心に目覚めつつあるこの気持ち。
今の自分にピタリとあてはまる本だった。
ツール・ド・おきなわでの体験談。100km、200km、300kmのロードバイクでの世界。
自転車で旅をしてみたい気持ちがどんどん膨らんできています。


# by katuyamak | 2018-11-12 06:20 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50山50-40  高岳(720m)

11月3日(土)
高岳にお付き合いしましょうか?とsarkoさんの嬉しいメールをいただき、久し振りのグループ登山。
自転車に興味が出てきた私の為に、スワンさんも来ていただき、4名での山歩き。

まず誰も登らないであろう高岳に4名で登れて楽しい山歩きでした。
九州に戻れば、今年も5回程、グループ登山をしてましたが、
関西では単独ばかりで、関西でのグループ登山は今年、初めてでした。


猪名川発電所のところから登る

c0077338_19360775.jpg


c0077338_19440497.jpg
山頂の三角点
地形図に高岳の地名は載っていません。
高岳、往復、誰にも会わず、完全、貸し切り。
渋い山でしたね。
標高が上がれば、自然林が残り、鉄塔を守る為か?、頂上付近も伐採されて、六甲山も見えて見晴らしがよかった。
僕は、こんな静かな山が好きです。
c0077338_19441389.jpg
山頂近くの休憩ポイントで。
画像は、スワンさんから借用。
c0077338_19443380.jpg

猪名川町の、くろまんぽトンネルというところを案内していただく。
c0077338_19442249.jpg

誰も登らない山にお付き合いいただき、ありがとうございました。
おかげで楽しい山歩きでした。
お世話になりました。


c0077338_06415833.jpg
山歩きメモ  4時間 6.5km




日生中央駅で皆さんとお別れ。
自転車に乗って帰られるスワンさん。
12月で60歳になられますが、とても見えません。
お若い方でした。

c0077338_19444809.jpg






今週読んだ本  3冊
一瞬の風になれ(1)(2)(3)  佐藤多佳子
2007年本屋大賞
素晴らしい小説でしたね。大満足、読後感もいいです。
今まで、いくらでも読む時間はあったけど、今頃になってしまいました。
でも、読んでよかったなあと思えた小説でした。
青春小説を読んでの感動は、「BOX」以来の感動です。
いい本でした。



「達成力」   泉恵理子
2017年ビジネス書
トップ対談の本
柳井正、永守重信、新浪剛史、小池百合子、山中伸弥、羽生義治、村木厚子、桜井博志、出口治明
松本晃、森川亮他。

印象に残った言葉
ライフネット会長 出口さん
アイデアを出す秘訣は?
偉大な発明や発見はすべてモノマネから生まれた
アイデアを出すには、たくさんの人に会い、多くの本を読み、いろいろな場所に旅するしかない。
それ以外にアイデアを出す方法はないと思います。

カルビー松本さん
新しい事をやる前に、今、目の前の無駄をやめること。
そうしなければ、新しいことなどできるはずがない。
仕事は重要で緊急な事から手をつけるのが原則




「働き方」の教科書   出口治明
無敵の50代になる為の仕事と人生の基本

「達成力」を読んで、出口さんの本を読む事にした。
60歳の時に、日本生命を退職し、ライフネット生命を設立、現在、会長兼CEO

仕事はスピード、仕事は成果がすべて。
仕事の意味を考える。 考える癖をつける
仕事の質を上げるには?・・・・元気で明るくたのしく 、時にはびっくりすることも必要。脳の活性化の為に








# by katuyamak | 2018-11-04 19:45 | 関西の山歩き | Comments(0)