京都一周トレイル③ 東福寺駅~蹴上駅まで 清水山(242m)

6月30日(土)
土曜の天気予報は、すっきりしない曇り予報。
こんな日は、4月15日以来の2ケ月ぶりに京都一周トレイルを歩きたい。

わざと京阪 普通電車で、のんびりと読書移動するつもりが、人身事故の影響で電車の中に1時間40分缶詰め状態。
おかげで読書が進みました。

出発が10時過ぎ。

c0077338_14302536.jpg

c0077338_14303084.jpg
暑いので、もう止めようかとも思うが、日陰に入ると暑さは、たいした事もない。
c0077338_14303668.jpg
c0077338_14304217.jpg
c0077338_14304865.jpg
今日のルートは、清水山の縦走路が良かった。
c0077338_14313852.jpg
c0077338_14314362.jpg
まったく人に会わずに、これには満足。
京都一周トレイルの地図遊びを存分に楽しむ。


c0077338_11021516.jpg

c0077338_11022266.jpg





c0077338_14315123.jpg
2018年 前半 6月までを終えて、山歩き 28回。
7月からの後半戦も山歩きを大いに楽しもう。

来週は、蹴上駅から大文字山になるので、来週も、京都一周トレイルを楽しんでみます。

c0077338_11025419.jpg




行きの交通機関
京阪 千林駅ー東福寺駅
帰りの交通機関
地下鉄 蹴上駅ー三条京阪駅
京阪  三条駅ー千林駅
   


今週読んだ本
神様アンテナを磨く方法   桜井識子
あした 慶次郎縁側日記   北原亞似子




[PR]

# by katuyamak | 2018-07-01 14:34 | Comments(0)

能勢 妙見山(660m)でアジサイ鑑賞

6月24日(日)
前日は終日、雨だったが、今日は何とか雨は降らない様子。
6月下旬に行きたかった妙見山でアジサイ鑑賞をしたい。

3年前、何も知らずに妙見山のリフトで見たアジサイに感激し、是非、今年は行こうと思っていた。
嬉しい事に前日の雨でアジサイもしっとりと水分を含んでいる事でしょう。

妙見口駅から山に向かう。

c0077338_21051525.jpg
c0077338_21052744.jpg
尾根道を歩くが、この尾根道の樹々も素晴らしい。
c0077338_21053508.jpg
c0077338_21054541.jpg
クヌギ、コナラ、アカマツ、ブナ と広葉樹林が心を癒す。

頂上で三角点を確認し、山頂でお参り。

c0077338_21060163.jpg
下りで、さあ、リフトに乗ろう。
今日は、妙見山フリー切符を買っているので、リフトとロープウエイは乗り放題。
c0077338_21060937.jpg
c0077338_21061526.jpg
リフトには2回乗って、のんびりアジサイ鑑賞で癒される。


いや~、いい時間でしたね。

山歩きメモ
8:35-12:09  3時間34分  
9.2km(リフトとロープウエイ含むので、そんなに歩いてません。5km位かな)



c0077338_11050839.jpg


行きの交通機関
地下鉄   清水駅ー 蒲生4丁目駅 乗り放題  600円
地下鉄   蒲生駅ー 京橋駅          
JR    京橋駅ー 川西池田駅        410円
能勢電車川西池田駅ー 妙見口駅   フリー切符1200円



先週と今週読んだ本。

「はじめての文学」   山田詠美
「惚れる力」 カープ一筋50年 苑田スカウトの仕事術
「だから荒野」     桐野夏生 

だから荒野?だから荒野? 図書館で立ち止まり何となく釘付けになってしまった題名。
どんな意味? 推理小説か?サスペンスか? まったくわからずに読み始める。
最初の10ページで小説の中に入ってしまい、面白そうで、417ページを1日で一気読み。
読後もスッキリして読んで良かったです。
桐野さんの本はまた読んでみたいですね。


  







[PR]

# by katuyamak | 2018-06-27 21:20 | 関西の山歩き | Comments(0)

素晴らしい 白谷雲水峡 太鼓岩(1050m)

6月11日(月)
今日で3泊4日の屋久島も最後の日となります。
最終便の18時のJAC便で1回乗り換えて、大阪に帰る予定。
大阪の自宅に戻るのは、0時を過ぎるでしょう。

すでに初日に太忠岳、2日目が愛子岳、3日目が台風で休み、
さて、今日はどこに行こうか?
今回は、目標の2座をすでに登っており、目的は達成してたので、気楽なもんです。

縄文杉ルートだと、時間がかかりそうだし、また山歩きとなると雨も心配。
地元の方に聞くと、なんでも白谷雲水峡がいいらしいとの事。
沢の増水だけが心配であったが、ほとんど何の情報も知らないまま、とにかく歩いてみよう。


民宿を5時半頃出発し、白谷雲水峡へ。

c0077338_21035081.jpg
c0077338_21035625.jpg
僕は、沢沿いを歩くので、てっきり海岸沿いの集落から歩くのかと思っていたら、
標高をどんどん車で上がっていく。

え~、ここ? って感じで、ここが人気スポットとは正直びっくり。
人も管理人さんしかおらず、月曜だし、こんなもんかあと、のんびり出発。

歩きだして、ビックリ。

c0077338_21040184.jpg
c0077338_21040648.jpg
素晴らしい。ただ、ただ素晴らしい。
自然が完全にむき出しで残ったままの、最高のトレッキングコースです。
朝、6時半出発で、太鼓岩まで誰にも会わず、僕一人だったので、完全に、この自然を満喫。
c0077338_21041157.jpg
c0077338_21042032.jpg
太鼓岩に行く途中に出会った鹿は、僕が近くに来ても、まったく逃げない。
c0077338_21042912.jpg

太鼓岩で初めて、若いカップルと遭遇。
彼らもすぐに、いなくなって、太鼓岩、独占状態。

c0077338_21043843.jpg
正直、白谷雲水峡が、こんなに素晴らしいところと、まったく期待してなかったので、
感動の連続。
この太鼓岩まで行かないと絶対に損。ここからの眺望も素晴らしかったです。
一応、標高1050mまで歩いたし、往復3時間半かかったので、山歩き1回に
カウントさせてもらおう。


ここの素晴らしさが、画像からだと伝わらないのが残念ですね。

月曜で、マイナーな観光地かって程度しか知識が無かった僕だが、下りのピストンで
白谷雲水峡の凄さを知る事になる。


下りで、続々と若い方達とすれ違う。
まだ20代、30代の若い方ばかり。またなぜか女性がモデルのような女性ばかりが
歩いてくる。
屋久島観光の女性って、なぜ、こんなにレベルが高いんでしょう?
不思議です。
また中国系の外国人も、なぜかホットパンツとTシャツで、なんでこの格好なんだよ。
中高年の方とも、ちらほら、お会いするけど、完全に若い方ばかり。

中高年だらけのどこかの山とは、大違いです。
僕は、たぶん、この行列に混じっての山歩きで、さらに太鼓岩、満員状態の中だと
すぐに逃げ出したでしょう。

登った時間帯が良かったんですね。
ここは、朝、早い時間帯に出発しないと、ここの良さは満喫出来ないです。
たぶん、人だらけの状態だと、息苦しかったかなあ。


山歩きメモ
6:36-10:10  3時間34分  5.3km

c0077338_10532638.jpg


この後、海中温泉に寄ったり、モッチョム岳の近くにある「屋久島いわさきホテル」でランチを頼む。

c0077338_21044668.jpg
c0077338_21045751.jpg
c0077338_21050655.jpg

ここのホテルも素晴らしい。
ロビーになぜか屋久杉が飾ってあるし、ランチしたレストランからみたモッチョム岳も最高

あと1年半で、定年退職する時に、会社から旅行券がもらえるけど、ここに泊まってみたいなあ。
ちょと最後に贅沢してみようかと思ったりした。


今回は、雨だったり、台風接近したりしたけど、最高の屋久島旅行となりました。
屋久島、また何度も足を運びたいところですねえ。






[PR]

# by katuyamak | 2018-06-27 21:18 | Comments(0)