九州100名山  大分県 大障子岩(1451m)へ

5月4日(土)
大分のうすきさんと九州100名山 大分県 大障子岩(1451m)へ登る。
前日から、竹田市に入り、登山口手前に車中泊。
朝、6時台に出発。

車中泊した場所
c0077338_08191526.jpg
ここが登山口
c0077338_08192459.jpg
雄大です。
c0077338_08193241.jpg
c0077338_08194100.jpg
山頂
c0077338_08195033.jpg
うすきさん、祖母山をバックに
c0077338_08200037.jpg
c0077338_08200839.jpg

シャクナゲとアケボノツツジのコラボ
c0077338_08201761.jpg


c0077338_08202523.jpg

日田 想夫恋で日田焼きそばを食す予定が、人が多くては入れない。
福岡のバソキ屋で日田やきそばを食す

c0077338_08310583.jpg



山歩きメモ
6:16-14:54  10.5km   8時間38分の山歩き
c0077338_08270519.jpg



登り、約3時間で山頂へ。
山頂付近は、アケボノツツジ、三つ葉ツツジ、シャクナゲが見頃。
存分に花の尾根を歩き、大満足
いい時間を過ごせました。



今週読んだ本
勇者は語らず  城山三郎


[PR]

# by katuyamak | 2018-05-05 08:22 | Comments(4)

大阪50山ー16、17  旗尾岳、府庁山

4月30日(祝)
GW前半戦最終日
朝、起きるとまたも山に行こうかと、山行き、用意開始。
さすがに、一昨日 17km、昨日 9m歩いて、3日目は、もういいかとも思うが、
このまま、この好天を見逃すのは、もったいない。
午前中だけならと、早めに出発。
昨晩、何気に「大阪府の山」 山と渓谷社を読んでいると、
府庁山と旗尾山が周回すれば、セットで登れる事を発見。
早速、大阪50山を2座登ってみよう。

南海電車 天見駅から
c0077338_08550220.jpg

c0077338_08551368.jpg

最後は、南海 千早口駅まで周回縦走完走。
さすがに、山歩きも3日目で、登りが特につらい。
そして、今日のルートは、縦走路に案外、アップダウンが多く、きつかったです。

旗尾岳
c0077338_08551977.jpg

府庁山
c0077338_08552769.jpg

千早口に向かう帰路はこんな感じ。
c0077338_08553747.jpg


往復、誰一人として人に合わず。
植林地帯で、花も無いようだし、不人気の山のようですね。
でも、アップダウンが多い分、自分の体には負荷がかかって、いいトレーニングになったようです。
3日間で歩いた距離 35km
心地よい疲労感があり、僕にとっては、山に読書にと充実のGW前半戦でした。

山歩きメモ
3時間26分  8.4km
c0077338_09021748.jpg
行き
地下鉄 清水駅ー難波駅
南海  なんば駅ー天見駅
帰りは、千早口駅でゴール



今日、読んだ本
蛇行する月   桜木紫乃
以前、直木賞受賞の「ホテルローヤル」の小説を読んでましたが、著者の本は、2度目の作品。
1965年生まれで年齢が僕と近いせいか、書かれてある本の主人公の女性の
気持ちが、案外、良くわかる。
読んでて、ちょっと悲しかっったなあ。


[PR]

# by katuyamak | 2018-05-03 08:57 | 関西の山歩き | Comments(0)

ダイヤモンドトレール  タンボ山(763m)

4月29日(日)
GW前半戦は好天に恵まれてます。
連休2日目、昨日、約6時間 17kmも歩いたのに、
朝、起きたら、今日もまた山に行きたくなった。
昨日のダイヤモンドトレールの続きから歩こう。
河内長野駅より、終点、石美川バス停から山歩き開始。
c0077338_08505618.jpg
今日の山歩きは、特に目立ったピークも無かったが、縦走路に「タンボ山」とあったので、
ここの山歩きという事にしよう。

まずは、行者杉までを目指した。
c0077338_08510337.jpg

今日のダイヤモンドトレールでは、若者達と多数、すれ違う。
若者とすれ違うと、僕も嬉しいですね。
今日もいい山歩きでした。

c0077338_08511136.jpg
山歩きメモ
3時間34分  9.4km

c0077338_09054243.jpg

山歩きの後は、大阪市立図書館へ。

地下鉄 清水駅ーなんば駅
南海  なんば駅ー河内長野駅
バス  河内長野駅ー石見川バス停


今日、読んだ本
苦役列車  西村賢太
 ちょっと、重い小説でした。
 最後まで読んだけど、希望が見えない作品。
 読んでて、つらかったですが、これも私小説なんですね。



[PR]

# by katuyamak | 2018-05-03 08:52 | Comments(0)