福井を堪能 鉄道の旅 日本百名山 荒島岳


鉄道の日 3日間JR普通列車乗り放題の券を利用し、3日間の旅に出る。
福井の 食、お寺・山・それに旅の友は本。
福井の素晴らしさをあらためて知った充実の3日間


10月19日(金)
有給休暇を利用し、小浜へ。
以前の旅で食べた小浜 若杉の「鯖街道御膳」が忘れられず、
この定食を食べるだけの為に、福井県 小浜へ

今回は、「満腹さば御膳」をいただく。

c0077338_07093628.jpg
大賞を受賞したようで、とにかく美味しかった。
こんなに美味しい青魚の定食は初めてでした。
ちょっと、小鉢に隠れて見えないけど、生姜が鯖に合ってて、いい仕事をしているんです。
c0077338_07095596.jpg
今日は日帰りでしたが、往復、もちろん読書三昧。
鉄道の移動距離 往復 6時間半 388km
行って帰って来るだけでクタクタ。

行き
京阪  千林駅ー京橋駅 210円
JR  京橋駅ー大阪駅 3日間で
    大阪駅ー敦賀駅 7710円
    敦賀駅ー小浜駅


10月20日(土)
土曜日は、福井県 勝原駅そばの民宿に泊まり、明日の荒島岳登山に備える。
その前に永平寺へ観光。
まずは、降りたバス停のところのそば屋さんにて昼食
永平寺のゴマ豆腐は有名なようですね。

c0077338_07114729.jpg
そして永平寺へ
c0077338_07123779.jpg
c0077338_07125660.jpg
c0077338_07124895.jpg
c0077338_07130577.jpg

いや~、こんな大きなお寺の観光は初めて。
予想していた以上のデカさのお寺でした。
凄く印象に残りました。
今度は、座禅を組める時間を作って、また行きたい。
夕食は民宿。
林湊さん、とてもいいところで、ここもまた泊まりたい所。
お母さんと娘さんのおもてなしが最高でした。
また来年も行きたい。
c0077338_07135363.jpg
1泊夕食、昼のおにぎり付きで5000円でした。
夜は、部屋にテレビも無く、何もする事がないので21時前に寝る。

行き
京阪 千林駅ー京橋駅  210円
JR 京橋駅ー大阪駅  3日間乗り放題
   大阪駅ー敦賀駅  
   敦賀駅ー福井駅
   福井駅ー勝原駅


10月21日(日)
荒島岳へ6時 民宿を出発。
荒島岳は、車を持たない僕でも、駅から歩いて登れる貴重な日本100名山。
とにかく標高差1100mを
登って、下るだけ。

c0077338_07142242.jpg

c0077338_07141507.jpg

紅葉は、いま一つだったかな。
でもブナ林も歩けて、快晴の空の下で満足。
秋の紅葉シーズンの日曜日 日本100名山だけあって、大賑わいでした。
c0077338_07155246.jpg

帰りは、民宿でまたシャワーを使わせてもらってスッキリ。
帰りのJR勝原駅からの電車が14時50分しかないので、それまでする事ないので、また読書。
秋の鉄道を利用した一人旅と読書三昧の時間。
福井の良さを十分に堪能した。

天候にも恵まれて最高の旅でした。


山歩きメモ
5時間53分  11.7km

c0077338_07185514.jpg




今週読んだ本  5冊

「狙撃兵 ローザ・シャニーナ」  秋元健治
ナチスと戦った女性兵士  2015年 ノンフィクション
この前読んだ、「白い死神」のフィンランド シモ・ヘイヘ伝説が忘れられず、また狙撃兵の本を借りる。
ローザ・シャニーナ上等軍曹  ソ連赤軍の美人女性狙撃兵
ドイツのエリート狙撃兵 カッコーとの攻防戦の下りは、読み応えあり。 
この本を読み終わって、日本陸軍も万歳突撃でなく、狙撃兵を育成しての戦争だったら、
また結果は違っていたんじゃないかなあなんて思った位、狙撃兵の存在は凄い。


「一汁一菜でよいという提案」  土井善晴
2016年
土井さんは、1957年大阪生まれの料理研究家 お父さんは、土井 勝氏
僕も大阪の単身赴任生活では、ほぼ9割は自炊してますが、
この本は大いに参考になる。
この本で言いたい事の基本は一汁一菜
普段の生活は、ケの日々 ハレの日はそんなにない。
淡々と毎日を暮らして、同じことを繰り返す中で気づきがあるんですね。


「世界で一番貧しい大統領と呼ばれた ホセ・ムヒカ」   国際情勢研究会
2010年から2015年までの5年間 南米ウルグアイの第40代大統領
大統領官邸に住まず、自宅から自家用車で運転して官邸へ。
スーツを着てもネクタイをした事は一度もない。
大統領の時の月給の90%を寄付
ゲリラ組織時代には、14年間も政府から拘束されていて、10年間は軍の独房に収監されていた。
自分では、貧乏とは思っていない。本当に貧しい人は、ぜいたくな暮らしを保つためだけに働く人だ。



「自分の小さな「箱」から脱出する方法」 アービンジャー・インスティチュート
2006年     自己啓発書
世界で150万部売れた不朽の名作らしい。
確かにその通りの本でした。
読み終わった読後感が実によかった。
ビジネス書や自己啓発本で、参考になる事は滅多にありませんが、この本からは
学びがありましたね。
大いに自分自身の参考になりました。
内容が良かったので、2度目を、もう1度、再読してます。



初めて読むドラッカー自己実現編 プロフェッショナルの条件  ドラッカー
2000年 ビジネス書
書かれてある半分もいや、10分の一も理解できなかったが、とにかく完読。
自分の強みとは何か?自分の強みをいかにしてさらに強化するかを知ること、
自分には何ができないか?を知ることこそ継続学習の要である
新しい仕事で成果をあげるためには何をしなければならないか?を自問する
まずは、ドラッカーの関連本をもっと読む必要性を感じた。



[PR]

# by katuyamak | 2018-10-23 06:35 | Comments(0)

50-36、37、38 雲山峰、大福山、俎石山



10月14日(日)
フォローしていただいている和歌山のharuruさんが、9月23日に、私が行きたかった雲山峰~大福山~俎石山
を縦走してあったので、ああ、歩けるんだとこのルートを歩く事にする。

いや~、いいルートでした。
倒木の心配はあったんだけど、地元の有志の方がたぶん、かなり片付けしたり、撤去作業をしていただいてますね。
先週が大変だっただけに、歩きやすい登山道。
ありがたかったですね。
今日で一気に大阪50山も3座。
天候に恵まれ、歩きやすい紀泉アルプスの登山道。
山歩きってこんなに楽しいんだ!
って一日でしたね。
16km歩いたけど、楽しかったなあ。




JR山中渓駅から

c0077338_17500134.jpg
登山道へ

c0077338_17500788.jpg


c0077338_17501243.jpg
いい感じ
c0077338_17501783.jpg
雲山峰山頂です
c0077338_17502690.jpg


縦走路へ
c0077338_17503205.jpg
ここの分岐を井関峠方面へ
c0077338_17504083.jpg
井関峠
c0077338_17505363.jpg
大福山山頂
c0077338_17510134.jpg
俎石山山頂(まないたいし山と読むらしい)
c0077338_17510671.jpg
遠くに関西空港が見える
c0077338_17511176.jpg

いや~、いいルートでした。
倒木の心配はあったんだけど、地元の有志の方がたぶん、かなり片付けしたり、撤去作業をしていただいてますね。
先週が大変だっただけに、歩きやすい登山道。
ありがたかったですね。
今日で一気に大阪50山も3座。
天候に恵まれ、歩きやすい紀泉アルプスの登山道。
山歩きってこんなに楽しいんだ!
って一日でしたね。
16km歩いたけど、楽しかったなあ。



c0077338_17511740.jpg
山歩きメモ
4時間53分 16km

行き
地下鉄 清水駅ー今里駅
    今里駅ー天王寺駅  600円
JR  天王寺ー山中渓駅  800円

c0077338_06044802.jpg



[PR]

# by katuyamak | 2018-10-14 17:52 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50山ー33、34、35 阿武山、歌垣山、小和田山

10月6日(土)
阿武山
最初のルートからは、柵がしてあり、さく越えしての本来の登山道ルートに入られない。
雨も降ってきたし、止めようかとも思ったが、気を取り直して、ぐるっと回って山頂へ。
予定したより大幅に時間がかかる。

c0077338_19013937.jpg

10月6日の山歩き  2時間50分  9.0km

c0077338_19023361.jpg

行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子ー東梅田駅      600円
    梅田駅ー富田駅      270円
バス  富田駅ー消防署前バス停  220円


10月7日(日) 
歌垣山と小和田山をセットで登る。
まずは歌垣山。
思っていたより、うんといい山だった。
静かな山で私向き。 誰にも会わず。

歌垣山を登り終えて、そのまま小和田山へ。
小和田山。
山と渓谷社の「大阪府の山」にあまりいい事が書いてなかったが、まさにその通りとなる。
小和田山は皇太子ご成婚にあやかって登山者が急増したが、もとは北摂の山でも有数の藪山だった。
登り口は仏像の左側から歩く

c0077338_19015374.jpg
今は、ブームもすっかり影を潜め、再び藪(やぶ)が濃くなりつつあるとのコメント。

七宝寺を超えて、いよいよ登山道となるも、台風の影響による倒木とクモの巣で大変。
まずは釈迦ケ嶽を目指すも、その途中、倒木&クモの巣で心が折れそうになる。

c0077338_19020030.jpg
倒木を乗り越えようとして、クモの巣。
クモの巣をかきわけてまた倒木。
その繰り返し。
真剣に途中で、何度、引き返そうかと思った事か。
山頂に着いて、
c0077338_19020754.jpg
もう、下山であの道はコリゴリだと他の道を行くが、下山で2度、藪に阻まれて、
どうにも動きが取れなくなった。
13時過ぎ。
このまま遭難かとの思いが、頭をよぎるが、まだ携帯に電池が残っており、日暮れまでには時間がある。
気を取り直して、山頂に戻り、3度目の下山を北西の道を選択。
この道、ヤマップに登山道の軌跡がなく、不安だったが、なんの問題も無く下山出来た。
舗装道路に戻れた時は、正直、遭難しなかった事に感謝する。
c0077338_19021367.jpg

自宅に戻り、調べてみると北西の道は、山と渓谷社の「大阪府の山」にはちゃんと記載されており、
逆に私が下った道は2つとも登山道としての記載が無かった。
いつの間にか、ヤマップに頼りすぎていた自分に反省。
地形図、ヤマップを、うまく使い分けるバランス感覚が必要ですね。

今日、感じた事だけど小和田山の、南斜面と北斜面での倒木の様子がまったく違う。
そういえば、大阪の山では、南斜面から登るケースが多く、いつも倒木に苦労させられる。
9月の台風では、もしかしたら山は南斜面をやられたが、北斜面からなら案外と、
安全な山歩きが出来るかもしれない。
今度、試してみようかと思うが、登山口は山の南側に多い。


小和田山は、人が少なく藪化しているのと、この前の台風で倒木とクモの巣が多く、
今まで登った大阪50山の中で一番大変だった。
台風前の、通常時なら特に問題ない山だったと思います。
9月の台風で、ほんと大阪の山が変わってしまいましたね。
いろいろと考えさせられた山歩きとなりました。
当然、往復誰にも会わず。


行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子ー東梅田駅      600円
阪急  梅田駅ー川西能勢     590円
能勢  能勢ー妙見口
バス  妙見ー歌垣山登山口バス停  550円


山歩きメモ
小和田山
6時間30分 13.8km

c0077338_19110950.jpg




先週と今週読んだ本 5冊レビュー

「人を殺すとはどういう事か」               美達大和
凄い題名ですが、先週初めて読んだ「女子高生サヤカが学んだ1万人に1人の勉強法」で、
すでに美達大和さんの本を読み、彼の姿勢、考え方を知ったので、
さらに美達大和さんの事を知りたくなり、この本を読む。
美達大和さんは1959年生まれで僕とは、同級生。
2人を殺しており無期懲役囚ではありますが、僕は彼の善の心を持った長所の面に目を向けてます。
まずその驚異的な読書量 
無期懲役囚の今でも月間50~100冊の本を読んであるし、社会にいた頃は、
単行本100冊~200冊、週刊誌20誌、月刊誌80誌から100誌を読んであった。
今、年間100冊以上に挑戦している僕にとっては、読書の師匠だと自分勝手に解釈しています。
本の内容は、刑務所の生活の様子とか、殺人犯12人の性格や考え方などを書いてあるが、
僕にとっての1番の内容は、美達大和氏の本に対する姿勢や善の部分の内容ですね。


「人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊」  未達大和
推薦本の42冊の彼のレビューを読むのが楽しいです。


「さらなる定年後のリアル」 勢古浩爾 せここうじ
一応、全部読んだんだけど、レビューしようとすると言葉が出てこない。
ようは自分のしたいことをすればいいんだろうけど。
著者は僕に似ている部分が多いかなあと感じてます。


「白い死神」 ペトリ・サルヤネン  2012年
フィンランド・ソ連の戦争において、フィンランドの狙撃手(スナイパー)として、ソ連軍兵士 542名を狙撃した
シモ・ヘイヘの自伝
零下20~30℃の森の雪の中にうつ伏せて、じっと狙撃する敵を待つ。
ソ連赤軍から「白い死神」と恐れられる。
自身もその戦闘中に顔面に被弾し、一週間の意識不明となるも
542名の狙撃手としての記録は、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の中で1位の記録。
身長160cm 物静かで穏やかな性格の農夫だった。
狙撃がうまくなるコツを聞かれると、一言「練習だ」との寡黙な方だった。


「調理場という戦場 斉須政雄」  斉須政雄
単身、23歳でフランスに渡り、12年間、フランスの一つ星から三ツ星までのお店 6店で修業し、
独立後、東京「コート・ドール」の料理長に就任し、現在、同オーナーシェフ。
フランスに来て、4日目、最初のお店で、ソーシェ(ソースを作る係り)が夜逃げした後の係りをまかされて、
朝、7時から夜12時過ぎまで仕事。
週2回の市場の買い出しの日は、午前2時半に店を出て、睡眠時間30分
この店には、4年4ケ月いたが、オーナーが他の店に行かせてくれなかった。
まさに奴隷ですね。
フランス3店目、ここのところが一番好き。
日に5回、掃除をする快適な職場。三ッ星レストランの調理場の清潔さに圧倒される。
ステンレスが輝き、白いタイルがピカピカ光っている。
日本に戻ったら、こんな店にしたいとの想い。
東京 コートドールでの日々の仕事の内容とその想い。
最後は上に立つ人の気持ちなんですね。
いい本でした。



[PR]

# by katuyamak | 2018-10-08 19:09 | 関西の山歩き | Comments(0)