カテゴリ:関西の山歩き( 92 )

大阪50山ー45、46  岩雄山、鴻応山

2月2日(土)
大阪50山まであと6座と付録の山3座を合わせて残り9座
昨年、大阪を襲った地震、大雨、台風被害の影響がまだ山に傷跡として残っており、全部を登れるかの
自信はないが、残りは、いずれも、ややこしい山ばかりが残ってしまった。
土、日で以前に撤退した、ほぼ人が登る事がない山 2座に登る事が出来た。
まずは土曜日、岩雄山
先週、変な尾根から登って時間切れになった山。


前回の偵察でわかった登山口から登る。
ここが登山口
c0077338_07084067.jpg
c0077338_07084625.jpg
c0077338_07085288.jpg

c0077338_07085760.jpg
土曜日は、朝からの気温の温暖差の影響なのか、好天で雨は降ってないのに、樹林帯では、
昼の温度が上がったせいか、樹の上から雪解け水や、みぞれが雨降りの時のように上から降ってくる。
その影響で登山道は濡れており、体はびしょ濡れ状態。

c0077338_07090363.jpg

c0077338_07091020.jpg

c0077338_07091645.jpg

c0077338_07092233.jpg

c0077338_07092845.jpg
に出るが、荒れている
c0077338_07093400.jpg
登り1時間程の山歩きだったが、登山道は、倒木も多く、まったく気が抜けなかった。
このルートを歩かれた方が、赤テープを付けてくれていて、道を作ってくれてあったので、
登れたが、放置状態だったら登れなかっただろうと思う。
山頂でレインウエア、ザックカバーを装着したが、下山後は久しぶりに、よくぞ無事だったなあと実感した山歩きだった

c0077338_07095083.jpg
下りも大変だった
c0077338_07095899.jpg
山歩きメモ
4時間半  12km
c0077338_07204365.jpg


行き
地下鉄 清水駅ー今里駅
    今里駅ーなんば駅      600円
南海  なんば駅ー和泉中央駅    550円
バス  和泉中央駅ー父鬼バス停   550円
10:09分発 午前中は、この便しかない。
父鬼バス停は、帰りのバスが13時台の後は、16時台まで3時間空いており、
帰りは槙尾中学校バス停までかなりの距離を歩く。


2月3日(日)
夕方から雨が降るらしいが、午前中は晴れ予報との事で、また山へ行く。
昨年、台風直後の9月23日に撤退した北摂の山 鴻応山(こうのやま)
この山、どこのルートから登るか、ちょこちょこチェックを入れていたが、
ヤマップのレポで鴻応山に登られた方がおられるのを知る。
この方の軌跡を携帯にインストール出来る事を「ポンちゃん」からお聞きしていたので、
他人の軌跡を初めて登る前にインストールして登る事にした。
人の軌跡をインストールするのは、初めてであったが、それだけこの山に対して、
真剣だったし、危ない山だと感じていたからだった。

牧バス停から出発
c0077338_07142756.jpg
c0077338_07144014.jpg
c0077338_07144802.jpg
インストールした軌跡のおかげで登山口もスムーズに見つかり、特に問題のなかった山歩き。
c0077338_07145764.jpg
c0077338_07150609.jpg

c0077338_07151482.jpg

c0077338_07152359.jpg

c0077338_07153035.jpg

c0077338_07153623.jpg
山頂の三角点

c0077338_07154484.jpg

c0077338_07155354.jpg


ただ北摂の山全体に言える事であるが、まだ山は荒れており、ちょっと枝道、脇道に入って
山を歩くと、途端に道がわからなくなり、遭難の危険が潜んでいる感じがした。
土、日と問題なく2座、登れたが、どちらの山も前回で無理せず、撤退したから、今回の
結果になったかなと思う。
どちらの山もほぼ、人が入らない山。
僕は、やはり人気の山より、人が振り向かないような、こんな静かな山歩きが向いてますね。
なんか達成感がありました。


c0077338_07160150.jpg

行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子駅ー東梅田駅
阪急  梅田駅ー池田駅
バス  池田駅ー牧バス停

ノブマリンさん、ボヘミアンラプソディーの映画は来週、観ます。
好天なので、山に行ってしまいました。

今週読んだ本  5冊
「噂の女」   奥田英朗
非常に面白い。短編集で主人公の女性がちらちらとしか出て来ないのに、しっかり彼女が主人公。
奥田良朗にハズレ無しと誰かのレビューで書いてあったが、この方にハマりそうだ。
通常、好きな作家でも時間が空けるのだが、奥田さんの本は続けて読みたくなる。
「マドンナ」  奥田英朗
今年、これで奥田英朗さんの本がすでに3冊目
奥田英朗さんの短編小説が、自分に合う。
短編の中では、「ボス」が良かった。
たぶん、今年は奥田さんの本を10冊以上、読む事になるでしょう。
自分と波長の合う作家っているんですね。

「不調女子ハトコの生姜まみれ生活30日間」  ハトコ
昨年に引き続き、2回目
「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」  小山 昇
もう4、5回読んだ。
仕事に役に立つ。

「近藤勇白書(上)」  池波正太郎
池波さんの本は、相変わらず面白い。
近藤勇の違う面がわかり、性格が出ていて読んでて面白い。
(下)も今週中に読み終えるだろう。





by katuyamak | 2019-02-10 07:21 | 関西の山歩き | Comments(0)

大石ケ峰撤退

1月17日(土)
和泉葛城山と大石ケ峰に登るつもりで、岸和田駅で降りる。
前もって調べていた牛滝温泉のバスがすでに出ていた後で1時間以上のバス待ち。
10時
牛滝温泉への無料バスに乗せてもらって、牛滝温泉まで。
ここから出発
c0077338_06240195.jpg
ここから車道を上がり、登れるか?どうか?誰も登ってない破線の登山道を
大石ケ峰まで歩く事にする。
c0077338_06240790.jpg
どうもいやな雰囲気
c0077338_06241319.jpg
まだ行ける

c0077338_06242454.jpg

c0077338_06243117.jpg
だんだん怪しくなる

c0077338_06243875.jpg

c0077338_06244434.jpg
尾根も谷も無理ですね
c0077338_06245067.jpg



途中、谷と尾根が交差する場所で1時間近くルートを探す。
結果は、撤退、いろいろ尾根に上がる道や、谷沿いを歩くも、これ以上行くと
危険と判断。
けっきょく1座も登れないまま終わってしまった。
登れない時は、すべてがうまくいかない。
まあ、こんな日もあるでしょう。
一応、7km程度歩いたので、山歩きは1回で入れさせてもらう。

今週読んだ本
1月も中旬過ぎてから、やっとこさ1冊の本を完読できた。
1冊を読み終えたら、続けてどんどん読める。

「リストラ日和」  汐見 薫
面白かった小説。主人公は大手銀行から出向を命じられて、リストラを受けた51歳の部長。
彼が社労士検定を受験を目指しながら、月給18万円の個人の小さな社労士事務所に勤めながら、
挽回をはかっていく小説。
読後感が凄く良かった内容。
僕も11月で同じような立場になる。
これからは、いかに自分自身が過去のプライドを捨てて、気持ちを切り替えられるかでしょう。

「とことん自転車」  鶴見辰吾
役者として、特に好きでも、嫌いでもない方であったが、本を読むと彼の事が
好きになるから不思議だ。
自転車への熱い想いが素晴らしい。
初心者がいかに自転車にのめりこんでいくかの過程が面白い。


by katuyamak | 2019-02-10 06:27 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪 飯盛山(314m)

1月6日(日)
土曜日は仕事だったし、今日は午後からは、西長堀の図書館にも行きたい。
出来たら午前中でサイクリング&低山山歩きを終えたい。
との理由で自宅から10km程度のところの四条畷駅からすぐの飯盛山に行く事にする。

c0077338_07323141.jpg

ダホンの自転車を快調に漕いで登山口へ。
ここからは気持ちを切り替えて山歩き開始。
今年、早くも3回目の山歩き。

自転車を漕いだあとの山歩きのせいか、体は重く感じる。
飯盛山、けっこう急こう配できつい。


四条畷神社で知ったが、僕は今年は、数え年61歳で厄年であった。

c0077338_07323713.jpg
全然知らなかったので、来週でも厄払いしてもらおう。
山頂の風景

c0077338_07324449.jpg
c0077338_07324989.jpg


午後は地下鉄で大阪市立図書館。
今年は、出足が悪く、まだ1冊の本も読めてない。

今年からは、
仕事をしながらの山歩き、サイクリング、読書が僕の人生後半のライフスタイルとしたい。

c0077338_07294524.jpg



by katuyamak | 2019-02-09 07:30 | 関西の山歩き | Comments(0)

ダホン折りたたみ自転車と六個山

12月24日(祝)
一昨日、ダホンの折りたたみ自転車を購入したので、試運転も兼ねて、箕面の六個山に行く事にする。

c0077338_16530119.jpg
この山、一度登っているが、大阪50山の付録みたいに書いてあるので、ちょうどいい距離だ。
自宅から前もって調べた距離が片道で19km。
まあ、片道2時間もあれば、なんとかなるやろうと朝7時頃、自宅を出発。

まずは、国道471号線 内環状線を走る
c0077338_16530801.jpg
淀川を超える

c0077338_16532300.jpg


吹田くらいまでは順調だったが、江坂駅から千里中央駅までの登りこう配には参った。
ギアを軽くして、登りを登るも、けっこう、いっぱい、いっぱいである。


箕面の山が見えてきた

c0077338_16534297.jpg
ここに自転車を停めて、徒歩歩き開始
c0077338_16535264.jpg




ここから、いよいよ登山口
西尾根ルート

c0077338_16535922.jpg
山頂です。

c0077338_16540818.jpg

結局、自転車の移動時間で5時間、山歩きでだいたい1時間20分だった。
自分でも初めてにしたら、よく、これだけ自転車に乗れたと思う。

c0077338_16541462.jpg


まだ体が自転車にまったく適応してないので、これから徐々に慣らしていこう。
来年、2019年は自転車を使っての、エコの年にしたい。
大阪にいる時間も、たぶんあと11ケ月。
もっと、もっと大阪、京都の街並みを自転車で回ってみたいなあ。


来年は、11月でいよいよ60歳。
自分の中で、これから山歩き、読書、自転車遊びで人生の後半戦を過ごすつもり。


たぶん、今年の最後の山のレポとなりそうなので今年の記録
2018年の山歩き     51回でたぶん終了

印象に残った山  5座
屋久島  白谷雲水峡から太鼓岩まで
鹿児島  磯間嶽に登れた事
福島県  磐梯山
福井   荒島岳
大阪   小和田岳で遭難しそうになった事


2018年 印象に残った本  8冊

1Q84 BOOK(1)、(2)、(3)
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか(上)(下)
西郷どん(上)(下)
一瞬の風になれ(1)(2)(3)
奇蹟の画家
横道世之助
ひどらんげあおたくさ
信念 東奈良男 連続登山1万回の挑戦






2018年の読書冊数   105冊

今年は、初めて年間読書数が100冊を超えた。
この中には、(上)(下)の長編も8冊位を読んで1冊でカウントしているので、けっして読みやすい本
ばかりでなかった。
そういう意味では、読書でいろんな場所と当時の世界にタイムトリップ出来て楽しかった。
2019年もいろんな世界と場所にタイムトリップしたい。

2018年に読んだ長編小説  8冊

村上海賊の娘(上)(下)
1Q84(1)(2)(3)
西郷どん(上)(下)
悪の経典(上)(下)
黄砂の籠城(上)(下)
正妻 慶喜と美賀子(上)(下)
一瞬の風になれ(1)(2)(3)
木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったか(上)(下)



ここ3週間で読んだ本 4冊

なぜあの経営者はすごいのか 数字で読み解くトップの手腕 山根 節
ものぐさ自転車の悦楽 折りたたみ自転車で始める新しき日々 疋田 智
定年後に読みたい文庫100冊 勢古浩爾 せここうじ
木村正彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上)(下) 増田俊也


木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか   増田俊也
上563ページ 下601ページ
読み終わるのに、休日5日、読書に充てて、それでも10日間かかった本
上下合わせて1163ページ。しかし内容が面白く、まったく読んでいて飽きなかった。
木村政彦 日本の柔道家 
木村の前に木村なし、木村の後に木村なしと言われ、鬼の木村と恐れられた。
著者の増田俊也さんは、資料収集と取材で、この本の為に18年もの歳月をかけている。
戦前、戦中、戦後を通じて全日本柔道13連勝 15年間無敗のまま柔道引退
奥さんが結核の病となり、ストレプトマイシンの薬を手に入れる為にプロの世界へ
力道山との八百長の予定の試合が力道山が真剣勝負をして、試合の結果のせいで、すべて人生を狂わされた。
僕的には、木村政彦が金も無くなり、ボロボロになって、最後は拓大の師範となって、
岩釣らの弟子に柔道を指導する場面が好き。


定年後に読みたい文庫100冊 勢古浩爾 せここうじ
図書館から、借りたら返却し、また借りてを繰り返し3ケ月間借りっぱなしで、
3ケ月かかってやっと読み終えた。
紹介された文庫の中で僕が読んだ本は、わずかに12冊
まだまだ、面白そうな本が世の中には、たくさんあると知った事が大収穫


by katuyamak | 2018-12-31 16:58 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50-43、44  石堂ケ岡、明ケ田尾山

12月1日(土)

今日は短い時間で2座。
楽な山歩きでの2座だったので気分的には、楽させてもらって申し訳ない気持ち

まずは、石堂ケ岡、千里中央駅から阪急バス29番に乗り、霊園北口バス停で下車。
このバス、朝から異常に混んでて、アジア系の若い外国人が多数乗りこんできた。
朝から行列でどこに行く人だ?とまさか自分が乗る北摂霊園行きのバスに行列だったとは。
おかげで勝尾寺までは、座れなかった。

霊園行きのバスなのに、今のはやりのインスタ映えするスポットが、どこかにあるのかも?しれない。
ほとんどの方が勝尾寺で下車していた。
多分、ここだろう。

霊園北口バス停で下車

c0077338_08571739.jpg
まわりはお墓だらけ
c0077338_08572311.jpg
ゴルフ場へ徒歩でこっそりと入る
c0077338_08572808.jpg

1座目 石堂ケ岡(680m)
ゴルフ場の中に三角点があり、ゴルフ場の中に侵入して、ゴルフ場の方に注意されないように
隠れて、三角点まで歩いたが、この山は大阪50山では選定ミスだと思う。
他人の土地の中での、こそこそ歩いての大阪50山ではダメだ。
やはり堂々と歩ける山でないと。


関係者以外立ち入り禁止を無視して歩くが、気分は良くない
これは選定ミスだ。

c0077338_08575263.jpg
こそこそしている気分で、あまり嬉しくない。
c0077338_08575844.jpg


石堂ケ岡の後は、徒歩で明ケ田尾山の登山口へ。
この辺りは、隠れキリシタンがいたらしく誰が忘れたけど、キリシタン大名がおられたらしい。

2座目 明ケ田尾山(619m)

c0077338_08580447.jpg

c0077338_08581500.jpg



明ケ田尾山山頂は、いい感じで、紅葉の頃だったら、見事で良かったでだろう山だった。

高山バス停で、帰りのバス時間待ち 1時間40分
(じっとしていると寒かった)

今日で、今年の山歩きの目標、50回を本日達成。

c0077338_09044687.jpg
山歩きメモ
2時間34分 7.7km


2018年の目標だった、山歩き50回、読書100冊も達成したので、
来週の山歩きで、今年の山歩きは終了予定。
そのあとの12月は、青春18きっぷでJRに乗り、読書は車窓から長編小説にアタック!
どっぷり読書三昧としたい。


行き
地下鉄 清水駅ーなんば駅     600円
阪急  なんば駅ー千里中央駅   140円
バス  千里駅ー霊園北口バス停  700円




今週読んだ本
「三匹のおっさん」    有川 浩
2012年 小説
ドラマ化もされていたし、おちゃらけた軽い小説というイメージを抱いていたが、
この前、60前の三匹のおっさんで集合した関係で、この小悦を遊びで読んでみると、
案外、真面目な小説で面白い。
真面目って、表現が変だけど、今の日本の問題を還暦を迎えたオッサンが社会の為に、
犯罪防止のために、ひと役買うって、内容が良かった。
この本で良かったのは、還暦のおっさん3匹では気持ち悪いけど、高校生の
祐希君と早苗さんが脇役で出てくれていて、この二人が実にいい働きをしてくれている。




by katuyamak | 2018-12-30 09:03 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50山ー41   深山(790m)

11月10日(土)
深山って書いて(みやま)って読むらしい。
この山を登るにあたり、どうしても交通手段が無いので、レンタカー借りるかなあと
思っていたら、日生中央駅から「るり渓温泉」までの無料送迎バスが出ている事を知る。
これなら楽チンと、温泉バスに便乗させてもらう。

10時前の「るり渓温泉」行の無料送迎バスに乗り、るり渓温泉へ

c0077338_06255039.jpg
(土曜日で団体さんがあるせいか、臨時バスが出てました)

るり渓温泉。 山の帰りに温泉に入ろう。
c0077338_06262700.jpg
ここから登山口まで徒歩10分程度。
ここが登山口
c0077338_06264033.jpg
登山道も楽チンです。
c0077338_06264854.jpg
山頂
c0077338_06265779.jpg
c0077338_06270678.jpg
すすきがいいです。
c0077338_06271927.jpg
あとは往復で2時間程度の山歩き。
山歩きも楽チンで、戻ったら温泉が待っている。
温泉の後は、日生中央駅まで無料送迎バスで送ってくれる。

何も言う事は無いですね。
至れり、尽くせりの山歩きでした。
いつも、こんな山歩きばかりだと楽なんだけどなあ。

帰りは、るり渓温泉13時15分のバスで帰路へ。
るり渓温泉さん、お世話になりました。


山歩きメモ  2時間  7.0km

c0077338_06325729.jpg

行きの交通機関
地下鉄  清水駅ー東梅田駅       600円
     梅田駅ー川西能勢口駅
能勢   川西能勢口駅ー日生中央駅   580円
バス   日生中央駅ーるり渓温泉    無料
     温泉  土、日は 800円





今週読んだ本 3冊レビュー

「夢を売る男」   百田尚樹
2013年 小説
日本の出版業界の裏の事が良くわかる小説。
1日で一気読み。面白かったですね。
日本の出版業界の事がよくわかったり、書いてある内容もリアルでした。
小説の中でも書いてあるけど、テレビやDVDや動画、インターネットで見たい記事はいくらでもある。
そんな中で今の日本に1500円とか出して買いたい本がどれだけあるか?って事ですよね。


「自分を超え続ける」      南谷真鈴
熱意と行動力があれば、叶わない夢はない
2017年 自伝書
作者は1996年生まれの22才、本を書いたときはまだ19才
七大陸最高峰、北極点、南極点到達 世界最年少、20歳112日で達成
日本人の娘さんだけど、スケールが違います。
エベレストアタック中にテント内にシェルパが入ってきて襲われそうになったり、体験が女性ならの
出来事があり、生々しいです。
女性目線での山の様子も、また違った女性目線で面白かった。
しかし鍛え上げた男でしかできそうにない事を若い女性が最年少で出来るって事が僕には、信じられない気持ち。
若いし、相当の基礎体力があるんでしょうね。

「自転車で遠くへ行きたい」  米津一成
2008年
福島県の荒島岳に登る前に泊まった民宿でサイクリストの方2名と夕食が一緒だった。
その二人は、荒島岳に登って、それから大阪に日帰りで帰るとか。そんな事が出来るのか?
って、それから自転車の世界に興味を持つ。
自転車で遠くへ行きたい まさにこの題名通りの本。
自転車で遠くへ行きたい。最近、僕の心に目覚めつつあるこの気持ち。
今の自分にピタリとあてはまる本だった。
ツール・ド・おきなわでの体験談。100km、200km、300kmのロードバイクでの世界。
自転車で旅をしてみたい気持ちがどんどん膨らんできています。


by katuyamak | 2018-11-12 06:20 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50山50-40  高岳(720m)

11月3日(土)
高岳にお付き合いしましょうか?とsarkoさんの嬉しいメールをいただき、久し振りのグループ登山。
自転車に興味が出てきた私の為に、スワンさんも来ていただき、4名での山歩き。

まず誰も登らないであろう高岳に4名で登れて楽しい山歩きでした。
九州に戻れば、今年も5回程、グループ登山をしてましたが、
関西では単独ばかりで、関西でのグループ登山は今年、初めてでした。


猪名川発電所のところから登る

c0077338_19360775.jpg


c0077338_19440497.jpg
山頂の三角点
地形図に高岳の地名は載っていません。
高岳、往復、誰にも会わず、完全、貸し切り。
渋い山でしたね。
標高が上がれば、自然林が残り、鉄塔を守る為か?、頂上付近も伐採されて、六甲山も見えて見晴らしがよかった。
僕は、こんな静かな山が好きです。
c0077338_19441389.jpg
山頂近くの休憩ポイントで。
画像は、スワンさんから借用。
c0077338_19443380.jpg

猪名川町の、くろまんぽトンネルというところを案内していただく。
c0077338_19442249.jpg

誰も登らない山にお付き合いいただき、ありがとうございました。
おかげで楽しい山歩きでした。
お世話になりました。


c0077338_06415833.jpg
山歩きメモ  4時間 6.5km




日生中央駅で皆さんとお別れ。
自転車に乗って帰られるスワンさん。
12月で60歳になられますが、とても見えません。
お若い方でした。

c0077338_19444809.jpg






今週読んだ本  3冊
一瞬の風になれ(1)(2)(3)  佐藤多佳子
2007年本屋大賞
素晴らしい小説でしたね。大満足、読後感もいいです。
今まで、いくらでも読む時間はあったけど、今頃になってしまいました。
でも、読んでよかったなあと思えた小説でした。
青春小説を読んでの感動は、「BOX」以来の感動です。
いい本でした。



「達成力」   泉恵理子
2017年ビジネス書
トップ対談の本
柳井正、永守重信、新浪剛史、小池百合子、山中伸弥、羽生義治、村木厚子、桜井博志、出口治明
松本晃、森川亮他。

印象に残った言葉
ライフネット会長 出口さん
アイデアを出す秘訣は?
偉大な発明や発見はすべてモノマネから生まれた
アイデアを出すには、たくさんの人に会い、多くの本を読み、いろいろな場所に旅するしかない。
それ以外にアイデアを出す方法はないと思います。

カルビー松本さん
新しい事をやる前に、今、目の前の無駄をやめること。
そうしなければ、新しいことなどできるはずがない。
仕事は重要で緊急な事から手をつけるのが原則




「働き方」の教科書   出口治明
無敵の50代になる為の仕事と人生の基本

「達成力」を読んで、出口さんの本を読む事にした。
60歳の時に、日本生命を退職し、ライフネット生命を設立、現在、会長兼CEO

仕事はスピード、仕事は成果がすべて。
仕事の意味を考える。 考える癖をつける
仕事の質を上げるには?・・・・元気で明るくたのしく 、時にはびっくりすることも必要。脳の活性化の為に








by katuyamak | 2018-11-04 19:45 | 関西の山歩き | Comments(0)

50-36、37、38 雲山峰、大福山、俎石山



10月14日(日)
フォローしていただいている和歌山のharuruさんが、9月23日に、私が行きたかった雲山峰~大福山~俎石山
を縦走してあったので、ああ、歩けるんだとこのルートを歩く事にする。

いや~、いいルートでした。
倒木の心配はあったんだけど、地元の有志の方がたぶん、かなり片付けしたり、撤去作業をしていただいてますね。
先週が大変だっただけに、歩きやすい登山道。
ありがたかったですね。
今日で一気に大阪50山も3座。
天候に恵まれ、歩きやすい紀泉アルプスの登山道。
山歩きってこんなに楽しいんだ!
って一日でしたね。
16km歩いたけど、楽しかったなあ。




JR山中渓駅から

c0077338_17500134.jpg
登山道へ

c0077338_17500788.jpg


c0077338_17501243.jpg
いい感じ
c0077338_17501783.jpg
雲山峰山頂です
c0077338_17502690.jpg


縦走路へ
c0077338_17503205.jpg
ここの分岐を井関峠方面へ
c0077338_17504083.jpg
井関峠
c0077338_17505363.jpg
大福山山頂
c0077338_17510134.jpg
俎石山山頂(まないたいし山と読むらしい)
c0077338_17510671.jpg
遠くに関西空港が見える
c0077338_17511176.jpg

いや~、いいルートでした。
倒木の心配はあったんだけど、地元の有志の方がたぶん、かなり片付けしたり、撤去作業をしていただいてますね。
先週が大変だっただけに、歩きやすい登山道。
ありがたかったですね。
今日で一気に大阪50山も3座。
天候に恵まれ、歩きやすい紀泉アルプスの登山道。
山歩きってこんなに楽しいんだ!
って一日でしたね。
16km歩いたけど、楽しかったなあ。



c0077338_17511740.jpg
山歩きメモ
4時間53分 16km

行き
地下鉄 清水駅ー今里駅
    今里駅ー天王寺駅  600円
JR  天王寺ー山中渓駅  800円

c0077338_06044802.jpg



by katuyamak | 2018-10-14 17:52 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50山ー33、34、35 阿武山、歌垣山、小和田山

10月6日(土)
阿武山
最初のルートからは、柵がしてあり、さく越えしての本来の登山道ルートに入られない。
雨も降ってきたし、止めようかとも思ったが、気を取り直して、ぐるっと回って山頂へ。
予定したより大幅に時間がかかる。

c0077338_19013937.jpg

10月6日の山歩き  2時間50分  9.0km

c0077338_19023361.jpg

行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子ー東梅田駅      600円
    梅田駅ー富田駅      270円
バス  富田駅ー消防署前バス停  220円


10月7日(日) 
歌垣山と小和田山をセットで登る。
まずは歌垣山。
思っていたより、うんといい山だった。
静かな山で私向き。 誰にも会わず。

歌垣山を登り終えて、そのまま小和田山へ。
小和田山。
山と渓谷社の「大阪府の山」にあまりいい事が書いてなかったが、まさにその通りとなる。
小和田山は皇太子ご成婚にあやかって登山者が急増したが、もとは北摂の山でも有数の藪山だった。
登り口は仏像の左側から歩く

c0077338_19015374.jpg
今は、ブームもすっかり影を潜め、再び藪(やぶ)が濃くなりつつあるとのコメント。

七宝寺を超えて、いよいよ登山道となるも、台風の影響による倒木とクモの巣で大変。
まずは釈迦ケ嶽を目指すも、その途中、倒木&クモの巣で心が折れそうになる。

c0077338_19020030.jpg
倒木を乗り越えようとして、クモの巣。
クモの巣をかきわけてまた倒木。
その繰り返し。
真剣に途中で、何度、引き返そうかと思った事か。
山頂に着いて、
c0077338_19020754.jpg
もう、下山であの道はコリゴリだと他の道を行くが、下山で2度、藪に阻まれて、
どうにも動きが取れなくなった。
13時過ぎ。
このまま遭難かとの思いが、頭をよぎるが、まだ携帯に電池が残っており、日暮れまでには時間がある。
気を取り直して、山頂に戻り、3度目の下山を北西の道を選択。
この道、ヤマップに登山道の軌跡がなく、不安だったが、なんの問題も無く下山出来た。
舗装道路に戻れた時は、正直、遭難しなかった事に感謝する。
c0077338_19021367.jpg

自宅に戻り、調べてみると北西の道は、山と渓谷社の「大阪府の山」にはちゃんと記載されており、
逆に私が下った道は2つとも登山道としての記載が無かった。
いつの間にか、ヤマップに頼りすぎていた自分に反省。
地形図、ヤマップを、うまく使い分けるバランス感覚が必要ですね。

今日、感じた事だけど小和田山の、南斜面と北斜面での倒木の様子がまったく違う。
そういえば、大阪の山では、南斜面から登るケースが多く、いつも倒木に苦労させられる。
9月の台風では、もしかしたら山は南斜面をやられたが、北斜面からなら案外と、
安全な山歩きが出来るかもしれない。
今度、試してみようかと思うが、登山口は山の南側に多い。


小和田山は、人が少なく藪化しているのと、この前の台風で倒木とクモの巣が多く、
今まで登った大阪50山の中で一番大変だった。
台風前の、通常時なら特に問題ない山だったと思います。
9月の台風で、ほんと大阪の山が変わってしまいましたね。
いろいろと考えさせられた山歩きとなりました。
当然、往復誰にも会わず。


行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子ー東梅田駅      600円
阪急  梅田駅ー川西能勢     590円
能勢  能勢ー妙見口
バス  妙見ー歌垣山登山口バス停  550円


山歩きメモ
小和田山
6時間30分 13.8km

c0077338_19110950.jpg




先週と今週読んだ本 5冊レビュー

「人を殺すとはどういう事か」               美達大和
凄い題名ですが、先週初めて読んだ「女子高生サヤカが学んだ1万人に1人の勉強法」で、
すでに美達大和さんの本を読み、彼の姿勢、考え方を知ったので、
さらに美達大和さんの事を知りたくなり、この本を読む。
美達大和さんは1959年生まれで僕とは、同級生。
2人を殺しており無期懲役囚ではありますが、僕は彼の善の心を持った長所の面に目を向けてます。
まずその驚異的な読書量 
無期懲役囚の今でも月間50~100冊の本を読んであるし、社会にいた頃は、
単行本100冊~200冊、週刊誌20誌、月刊誌80誌から100誌を読んであった。
今、年間100冊以上に挑戦している僕にとっては、読書の師匠だと自分勝手に解釈しています。
本の内容は、刑務所の生活の様子とか、殺人犯12人の性格や考え方などを書いてあるが、
僕にとっての1番の内容は、美達大和氏の本に対する姿勢や善の部分の内容ですね。


「人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊」  未達大和
推薦本の42冊の彼のレビューを読むのが楽しいです。


「さらなる定年後のリアル」 勢古浩爾 せここうじ
一応、全部読んだんだけど、レビューしようとすると言葉が出てこない。
ようは自分のしたいことをすればいいんだろうけど。
著者は僕に似ている部分が多いかなあと感じてます。


「白い死神」 ペトリ・サルヤネン  2012年
フィンランド・ソ連の戦争において、フィンランドの狙撃手(スナイパー)として、ソ連軍兵士 542名を狙撃した
シモ・ヘイヘの自伝
零下20~30℃の森の雪の中にうつ伏せて、じっと狙撃する敵を待つ。
ソ連赤軍から「白い死神」と恐れられる。
自身もその戦闘中に顔面に被弾し、一週間の意識不明となるも
542名の狙撃手としての記録は、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の中で1位の記録。
身長160cm 物静かで穏やかな性格の農夫だった。
狙撃がうまくなるコツを聞かれると、一言「練習だ」との寡黙な方だった。


「調理場という戦場 斉須政雄」  斉須政雄
単身、23歳でフランスに渡り、12年間、フランスの一つ星から三ツ星までのお店 6店で修業し、
独立後、東京「コート・ドール」の料理長に就任し、現在、同オーナーシェフ。
フランスに来て、4日目、最初のお店で、ソーシェ(ソースを作る係り)が夜逃げした後の係りをまかされて、
朝、7時から夜12時過ぎまで仕事。
週2回の市場の買い出しの日は、午前2時半に店を出て、睡眠時間30分
この店には、4年4ケ月いたが、オーナーが他の店に行かせてくれなかった。
まさに奴隷ですね。
フランス3店目、ここのところが一番好き。
日に5回、掃除をする快適な職場。三ッ星レストランの調理場の清潔さに圧倒される。
ステンレスが輝き、白いタイルがピカピカ光っている。
日本に戻ったら、こんな店にしたいとの想い。
東京 コートドールでの日々の仕事の内容とその想い。
最後は上に立つ人の気持ちなんですね。
いい本でした。



by katuyamak | 2018-10-08 19:09 | 関西の山歩き | Comments(0)

大阪50山ー33、34、35 阿武山、歌垣山、小和田山

10月6日(土)
阿武山
最初のルートからは、柵がしてあり、さく越えしての本来の登山道ルートに入られない。
雨も降ってきたし、止めようかとも思ったが、気を取り直して、ぐるっと回って山頂へ。
予定したより大幅に時間がかかる。

c0077338_19013937.jpg

10月6日の山歩き  2時間50分  9.0km

c0077338_19023361.jpg

行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子ー東梅田駅      600円
    梅田駅ー富田駅      270円
バス  富田駅ー消防署前バス停  220円


10月7日(日) 
歌垣山と小和田山をセットで登る。
まずは歌垣山。
思っていたより、うんといい山だった。
静かな山で私向き。 誰にも会わず。

歌垣山を登り終えて、そのまま小和田山へ。
小和田山。
山と渓谷社の「大阪府の山」にあまりいい事が書いてなかったが、まさにその通りとなる。
小和田山は皇太子ご成婚にあやかって登山者が急増したが、もとは北摂の山でも有数の藪山だった。
登り口は仏像の左側から歩く

c0077338_19015374.jpg
今は、ブームもすっかり影を潜め、再び藪(やぶ)が濃くなりつつあるとのコメント。

七宝寺を超えて、いよいよ登山道となるも、台風の影響による倒木とクモの巣で大変。
まずは釈迦ケ嶽を目指すも、その途中、倒木&クモの巣で心が折れそうになる。

c0077338_19020030.jpg
倒木を乗り越えようとして、クモの巣。
クモの巣をかきわけてまた倒木。
その繰り返し。
真剣に途中で、何度、引き返そうかと思った事か。
山頂に着いて、
c0077338_19020754.jpg
もう、下山であの道はコリゴリだと他の道を行くが、下山で2度、藪に阻まれて、
どうにも動きが取れなくなった。
13時過ぎ。
このまま遭難かとの思いが、頭をよぎるが、まだ携帯に電池が残っており、日暮れまでには時間がある。
気を取り直して、山頂に戻り、3度目の下山を北西の道を選択。
この道、ヤマップに登山道の軌跡がなく、不安だったが、なんの問題も無く下山出来た。
舗装道路に戻れた時は、正直、遭難しなかった事に感謝する。
c0077338_19021367.jpg

自宅に戻り、調べてみると北西の道は、山と渓谷社の「大阪府の山」にはちゃんと記載されており、
逆に私が下った道は2つとも登山道としての記載が無かった。
いつの間にか、ヤマップに頼りすぎていた自分に反省。
地形図、ヤマップを、うまく使い分けるバランス感覚が必要ですね。

今日、感じた事だけど小和田山の、南斜面と北斜面での倒木の様子がまったく違う。
そういえば、大阪の山では、南斜面から登るケースが多く、いつも倒木に苦労させられる。
9月の台風では、もしかしたら山は南斜面をやられたが、北斜面からなら案外と、
安全な山歩きが出来るかもしれない。
今度、試してみようかと思うが、登山口は山の南側に多い。


小和田山は、人が少なく藪化しているのと、この前の台風で倒木とクモの巣が多く、
今まで登った大阪50山の中で一番大変だった。
台風前の、通常時なら特に問題ない山だったと思います。
9月の台風で、ほんと大阪の山が変わってしまいましたね。
いろいろと考えさせられた山歩きとなりました。
当然、往復誰にも会わず。


行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅
    太子ー東梅田駅      600円
阪急  梅田駅ー川西能勢     590円
能勢  能勢ー妙見口
バス  妙見ー歌垣山登山口バス停  550円


山歩きメモ
小和田山
6時間30分 13.8km

c0077338_19093662.jpg




先週と今週読んだ本 5冊レビュー

「人を殺すとはどういう事か」               美達大和
凄い題名ですが、先週初めて読んだ「女子高生サヤカが学んだ1万人に1人の勉強法」で、
すでに美達大和さんの本を読み、彼の姿勢、考え方を知ったので、
さらに美達大和さんの事を知りたくなり、この本を読む。
美達大和さんは1959年生まれで僕とは、同級生。
2人を殺しており無期懲役囚ではありますが、僕は彼の善の心を持った長所の面に目を向けてます。
まずその驚異的な読書量 
無期懲役囚の今でも月間50~100冊の本を読んであるし、社会にいた頃は、
単行本100冊~200冊、週刊誌20誌、月刊誌80誌から100誌を読んであった。
今、年間100冊以上に挑戦している僕にとっては、読書の師匠だと自分勝手に解釈しています。
本の内容は、刑務所の生活の様子とか、殺人犯12人の性格や考え方などを書いてあるが、
僕にとっての1番の内容は、美達大和氏の本に対する姿勢や善の部分の内容ですね。


「人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊」  未達大和
推薦本の42冊の彼のレビューを読むのが楽しいです。


「さらなる定年後のリアル」 勢古浩爾 せここうじ
一応、全部読んだんだけど、レビューしようとすると言葉が出てこない。
ようは自分のしたいことをすればいいんだろうけど。
著者は僕に似ている部分が多いかなあと感じてます。


「白い死神」 ペトリ・サルヤネン  2012年
フィンランド・ソ連の戦争において、フィンランドの狙撃手(スナイパー)として、ソ連軍兵士 542名を狙撃した
シモ・ヘイヘの自伝
零下20~30℃の森の雪の中にうつ伏せて、じっと狙撃する敵を待つ。
ソ連赤軍から「白い死神」と恐れられる。
自身もその戦闘中に顔面に被弾し、一週間の意識不明となるも
542名の狙撃手としての記録は、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争の中で1位の記録。
身長160cm 物静かで穏やかな性格の農夫だった。
狙撃がうまくなるコツを聞かれると、一言「練習だ」との寡黙な方だった。


「調理場という戦場 斉須政雄」  斉須政雄
単身、23歳でフランスに渡り、12年間、フランスの一つ星から三ツ星までのお店 6店で修業し、
独立後、東京「コート・ドール」の料理長に就任し、現在、同オーナーシェフ。
フランスに来て、4日目、最初のお店で、ソーシェ(ソースを作る係り)が夜逃げした後の係りをまかされて、
朝、7時から夜12時過ぎまで仕事。
週2回の市場の買い出しの日は、午前2時半に店を出て、睡眠時間30分
この店には、4年4ケ月いたが、オーナーが他の店に行かせてくれなかった。
まさに奴隷ですね。
フランス3店目、ここのところが一番好き。
日に5回、掃除をする快適な職場。三ッ星レストランの調理場の清潔さに圧倒される。
ステンレスが輝き、白いタイルがピカピカ光っている。
日本に戻ったら、こんな店にしたいとの想い。
東京 コートドールでの日々の仕事の内容とその想い。
最後は上に立つ人の気持ちなんですね。
いい本でした。



by katuyamak | 2018-10-08 19:09 | 関西の山歩き | Comments(2)