カテゴリ:未分類( 307 )

大阪50山ー32、33 高尾山、高代寺山

3週続けて、土、日と山歩きをしてきました。
2日分のレポ報告となります。
今週は、土、日、共に雨に降られ、かつ、大阪の山は、台風の影響甚大で大変でした。

9月8日(土)
雨が降るのがわかった上で高尾山
2017年の1月に1度登っているが、どんな山だったかまったく覚えていない。
1月に水仙の花が咲いていたのだけは覚えている。
鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこ ぬでひめ神社)に参拝して、
さあ行こうと思った途端に登山道、倒木の影響により閉鎖との標識。

c0077338_06504483.jpg
c0077338_06501933.jpg
c0077338_06503153.jpg

京都の鞍馬山に続いての2度目の撤退かとガッカリして、近鉄 堅下駅にトボトボと歩いていた。
向こうから、今から高尾山に向かう単独の初老の方と出会う。
私が高尾山は登山道は閉鎖ですよと伝えると、「わかってるねん。でも車道から山に登ろうと思っとる」との意外な返答。

そうか、車道から山頂との方法があったかと思わず私も、その方法をパクッて登る事にする。
せっかく、準備万端で用意してきて、撤退で貴重な休みが半日つぶれますからね。
用意してきて、登れないストレスは、自宅に帰った後に、けっこうダメージが大きいのです。

堅下駅から気を取り直して、山頂へ仕切り直し。
長い車道歩きの後に、山頂手前の三角点では、雨が本降りとなり、
倒木の影響で登れないかと弱気になり、両手両足で登ったが、
果たして、事故に遭わなかったから良かったが果たして登れた事が正解だったのか?
すべって、谷に転落、滑落の危険もあった。
神社で参拝したのが大きかったと思う。

山歩き 3時間  9.3km

c0077338_06505563.jpg


9月9日(日)
昨日の教訓から、大阪、関西の登山道は台風21号の影響で相当なダメージがあったと想像出来る。
だが、この山は登れる、この山は登れないの情報が全くわからない。
山登りに行って、撤退する事になる、登れないダメージは大きい。
これからの私の大阪50山を簡単に考えていたが、今後、けっこうな影響が出そうだ。
山の情報収集も大事になりますね。

昨日がいい教訓となり、車道から山頂に登れる山を探し、高代寺山へ
いつもはにぎわう妙見口駅までの能勢電鉄電車に山の格好をしたのは、僕だけだった。

c0077338_06522710.jpg
c0077338_06524498.jpg

車道を登り、三角点を探し彷徨う事、3度目でやっと見つけました。

c0077338_06523482.jpg
c0077338_06525067.jpg

c0077338_06525881.jpg
c0077338_06530659.jpg

c0077338_06531378.jpg
やっと三角点を見つける
c0077338_06532589.jpg
高代寺で山歩きのお礼のお参り
c0077338_06533388.jpg
c0077338_07161752.jpg
三角点を探すのに40分以上かかりました。

山歩き 2時間36分  8.6km


これからの大阪50山、関西の山歩きが大変になりそうな予感がします・・・
たぶん、残り17座のうち、今の段階では、半分は登れないんじゃないかなあ?
これから、だんだんと山の被害の全容がわかってくるでしょう。
山に行ったはいいけど、登れないストレスは大きいですよ。

まずは安全に登れる山をコツコツと、という感じでしょうか。


高尾山 行き
地下鉄 清水駅ー今里駅   1日乗車券
    今里駅ー鶴橋駅   600円
近鉄  鶴橋駅ー堅下駅   360円


高代寺山 行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅 600円
    太子駅ー東梅田駅
阪急  梅田駅ー川西能勢口駅 580円
能勢  川西駅ーときわ台駅








今週読んだ本  3冊レビュー
今週は、台風21号の影響により会社の被害甚大、事後処理や掃除で忙しい1週間だった。
平日は、ほとんど本も読めなかったが、土、日で挽回。


「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」   八木龍平

今年は、もう神社本を読むのも桜井さんから、7冊目となります。
神社なんて、まるで興味も無かったが、いつの間にかそんな年になったんでしょうね。
わかりやすく書いてくれている本なんだけど、書いてる内容は深い。
僕は、1回目だけでは、この本の作者の言いたい事、趣旨、意味がよくわからなかった。
時間を空けて、もう1度、挑戦かな・・・
でもおかげで、神社、お寺にはさらりと行ける気がする。



「夜と霧 新版」 2002年 第1刷発行 フランクル

最初、翻訳の旧版を読むが、むずかしそうで新版にした。
いつか読まねばと思っていたが、案外、1日であっさりと読めた。
悪名高い、ドイツ ナチスの強制収容所の内容を、
ユダヤ人で強制収容された心理学者フランクルが収容所内での生活、労働の体験記、手記。
僕には、とても読めない本かと思っていたが、学ぶべき点はたくさんあった。
あと何回かは、読み直したい本です。


「絶望の果てに光がある フランクル 夜と霧」 諸富祥彦
夜と霧の解説本 NHK100分で名著の本を、大阪市立図書館の机に座り、集中して75分で読む。
どんな時も人生には意味がある。
あなたを待っている誰かがいて、あなたを待っている何かがある。
そしてその何かや、誰かのためにあなたにできることがある。




[PR]

by katuyamak | 2018-09-17 06:56 | Comments(0)

大阪50山ー30、31  高安山、三草山

いつの間にか、9月に突入ですね。
先週に引き続き、今週も土、日と2回の山歩き。

9月~11月までは、月 5回の山歩きを目標とし、年間50回達成後は、12月からの青春18きっぷで
読書三昧で、のんびりと鉄道の旅をすると決めました。

よって、今週も土、日も共に、簡単で手頃な低山をサクッと登る。

9月1日(土)
高安山(487m)
近鉄 信貴山口駅から出発
2017年2月に同じコースを歩いているはずが、まったく覚えていなかった。
歩きだして要所、要所を思い出す。
小雨の中、傘をさして登る。
小さな虫が常に顔付近をうろつき、アブの攻勢に合う。
雨だから大丈夫かと思いきや、甘かった。
前回、見つけられなかった三角点を見つけた時は、嬉しかったなあ。

行き
地下鉄 清水駅ー今里駅     1日乗車券
    今里駅ー鶴橋駅      600円
近鉄  鶴橋駅ー河内山本駅
    山本駅ー信貴山口駅    300円

c0077338_06404388.jpg





9月2日(日)

三草山(564m)
今日は、能勢町、猪名川町の三草山へ。
森上バス停から周回縦走。
登山道は、この前の6月の地震と7月の大雨の影響でしょうか?
倒木も多く、けっこう荒れてました。

行き
地下鉄 清水駅ー太子橋今市駅  1日乗車券
    太子駅ー東梅田駅     600円
阪急  梅田駅ー川西能勢口駅
能勢  川西駅ー山下駅      560円
バス  山下駅ー森上バス停    410円


ここから出発


c0077338_06410903.jpg

c0077338_06411850.jpg
c0077338_06412593.jpg
c0077338_06413295.jpg
c0077338_06414230.jpg
c0077338_07103828.jpg
山歩きメモ  2時間28分  8.2km










 

土、日で身体の疲れがまったく違う事に気が付く。
土曜は、昼寝して、夜も長く寝ないと疲れがまったく、とれませんでしたが、日曜はそうでもなかった。
土曜の方が、たいして歩いてないんですが、疲れが全然違うんです。

日曜の暑さはそれほどでもなく、やはり山によっての温度差と暑さで相当、体力的に違いますね。

今の時期は、山の疲れというより、夏の暑さ疲れが相当、尾を引くなあと思います。



今週読んだ本 2冊レビュー
「エベレストファイル シェルパたちの山」  マット・ディキンソン
2016年初版

本を読むにあたり、映像からもエベレストに行ったつもりとなり、DVD「エベレスト」を
観て、要所、要所のポイントの場所をイメージして読む。
DVD 要所、要所を繰り返し3回見ました(笑)

途中までは、すごく面白い小説でした。
ただ、読み進めていくうちに、作者の主人公に対する人為的な負荷があまりに多すぎて、ちょっと
最後は、悲しくなってしまった。
いい小説だったんですがねえ。
そこまで、いろいろと仕掛けをしなくてもと、冷静になってしまいましたね。
シェルパ側から見た小説という視点も良かったし、シェルパがいかに冷遇されているかもわかった。
他の方のレビュー評価は高い作品です。


「蟹工船」現代語訳名作シリーズ 小林多喜二
1929年 昭和4年

10年ほど前に、蟹工船の朗読CDを何度も聞いてましたが、
ラストがハッキリわからないままだったので、小説として、しっかり最後まで読みきった。
小林多喜二は、1933年に共産党員として、政治、思想、言論のスパイとして逮捕され
残酷な拷問により、虐殺されたんですね。
この当時によく、これだけのプロレタリア作品を書けたと思います。





[PR]

by katuyamak | 2018-09-17 06:43 | Comments(0)

福島県の山 日本100名山  安達太良山(あだたらやま 1700m)


7月15日(日)
前日は、磐梯山に登り、夏山の疲れが残る中、今日は安達太良山へ
20時頃に寝たせいか、4時に目が覚める。
登山口到着は6時前だったが、携帯のトラブルですぐに出発出来ず。



7時頃にやっと出発。
もう、すでにすごく暑い。
また昨日の山登りのせいか、夏山での疲れが残っており、登りの段階で、すでにヘロヘロ状態。
真剣に中止しようかと思うが、せっかくなので、ゆっくりと歩く。
ほとんどの方は、ロープウエイから時計回りで歩くようだが、朝からロープウエイを使わない方は、
逆回りの外回りで歩くみたい。
私もよくわからないまま、同じルートを歩く。
朝から登りでロープウエイは使いたくなかった。
c0077338_11325376.jpg

c0077338_11330077.jpg
ゆっくりと歩を進めたが、安達太良山の素晴らしい山の景色が、どんどん出てくる。
特に山小屋を過ぎてからが雄大な景色の連続でした。
素晴らしい景観でしたねえ。


c0077338_11330694.jpg

c0077338_11331181.jpg



c0077338_11331627.jpg




c0077338_11332165.jpg
下りは、ロープウエイ方面に下ったが、これは失敗。
どんどん人が登ってきて、挨拶しなければいけない。
疲れから下りでは、ロープウエイを使わせてもらった。



c0077338_11332675.jpg
c0077338_11191807.jpg

山歩きメモ
6:47-11:18  4時間31分   11.6km




福島駅付近では、またラーメンを堪能し、JRで仙台空港へ。
土、日との福島の日本100名山を2座だったが、もっと登りたかったですね。
何でも日本100名山に福島県の山が7座もあるとか。
機会あれば、また福島に来たいです。
また、福島の方の方言が何とも耳に心地良いです。


c0077338_11333476.jpg

福島遠征での交通機関
行き
新大阪駅ー東京駅(仕事)
東京駅ー郡山駅 夜行バス
郡山駅ー磐梯山登山口 レンタカー
帰り
レンタカーを福島駅で返却して、
JR  福島駅ー名取駅 乗り換え
    名取駅ー仙台空港駅  
ピーチ 仙台空港ー関西空港



ここ2週間で読んだ本  5冊
①「SHOEDOG シュードッグ 靴にすべてを フィル・ナイト自伝」
 この本は面白かったですね。ナイキの創業者 フィル・ナイトの自伝です。
 まさかナイキが昔は、日本の靴を輸入して、それをアメリカで販売していたとは知らなかった。
 オニツカタイガー(今のアシックス)らしいが、その当時の日本の経営者とのやりとりが面白い。
 当時、銀行からの借り入れと資金繰りに苦労していたエピソードは、世界のナイキからは、想像もつかないです。
 ただアメリカの企業のせいか、日本企業との考え方が明らかに違う。
 世界の各地で、安く靴を作らせて、ブランド品として販売する方法は、当時では新鮮です。
②神様アンテナを磨く方法 桜井識子
③運玉ー見えないけど誰もが持つ人生を左右する幸運の源 桜井識子
④西郷どん(上)  林真理子
⑤台湾女ひとり旅(漫画) ヒラマツオ





[PR]

by katuyamak | 2018-07-16 11:35 | Comments(0)

福島県の山 日本百名山 磐梯山(1816m)


7月13日(金)
会社の仕事で東京出張。
金曜日に仕事が終わり、そのまま3連休となるので、素直に大阪には帰りません。
東京で真面目に仕事し、金曜日の夜は、久しぶりに、かなこさん、ごえもん君と
東京駅で待ち合わせして3名で乾杯。
5年7ケ月ぶりの再会となりました。
二人と別れた後で、私は東京駅から福島県 郡山行きの夜行バスで移動。
東京駅 23:59発 → 郡山駅 04:50着

7月14日(土)
レンタカーが開く8時までネットカフェにて仮眠。
バス、ネットカフェと、ほとんど寝れません。
郡山駅から磐梯山の八方台登山口まで80分位。
事前にマップコードで調べていたので、迷うこともなく10時頃に到着。
初の福島県の山
なぜ会津の磐梯山なのか?というと
以前、会津若松に行ったときにJRの車窓からみた磐梯山のかっこいい山の形が忘れられなかったのです。
東京出張の時に、これは行こうと決めました。



c0077338_11291382.jpg
c0077338_11291939.jpg

九州の山で言うと、牧ノ戸峠から登るくじゅうのようなイメージでしょうか?
3連休初日なので、人がすごく多い。

磐梯山登山口は、20度と過ごしやすい気温。


c0077338_11292405.jpg



c0077338_11293013.jpg

途中、あまりの人の多さからか?ぬかるんだところがベチャベチャ道となり、
登山靴がかなり汚れる。

でも久しぶりの日本百名山の山頂へ。
雄大な風景の山頂から見る景色は、やはり、なんとも言えず、いいですね。


往復ピストンでしたが、いつの間にか、夏山本番となっており、体力はかなり消耗しました。
夕方、民宿の夕食を食べて、ブラタモリを見てたらいつの間にか寝てました。


若者のような、夜行バスで移動し、山登り。
やっぱし、年相応の移動を考えないと疲れますね。


翌日の福島県 安達太良山の山登りへ続く。

c0077338_11293782.jpg
c0077338_11294458.jpg


山歩きメモ
10:00~14:00 4時間  7.8kmの山歩き

c0077338_11084727.jpg



福島県のラーメンを堪能

c0077338_11295786.jpg
民宿の夕食です。
c0077338_11300203.jpg


[PR]

by katuyamak | 2018-07-16 11:31 | Comments(0)

京都一周トレイル③ 東福寺駅~蹴上駅まで 清水山(242m)

6月30日(土)
土曜の天気予報は、すっきりしない曇り予報。
こんな日は、4月15日以来の2ケ月ぶりに京都一周トレイルを歩きたい。

わざと京阪 普通電車で、のんびりと読書移動するつもりが、人身事故の影響で電車の中に1時間40分缶詰め状態。
おかげで読書が進みました。

出発が10時過ぎ。

c0077338_14302536.jpg

c0077338_14303084.jpg
暑いので、もう止めようかとも思うが、日陰に入ると暑さは、たいした事もない。
c0077338_14303668.jpg
c0077338_14304217.jpg
c0077338_14304865.jpg
今日のルートは、清水山の縦走路が良かった。
c0077338_14313852.jpg
c0077338_14314362.jpg
まったく人に会わずに、これには満足。
京都一周トレイルの地図遊びを存分に楽しむ。


c0077338_11021516.jpg

c0077338_11022266.jpg





c0077338_14315123.jpg
2018年 前半 6月までを終えて、山歩き 28回。
7月からの後半戦も山歩きを大いに楽しもう。

来週は、蹴上駅から大文字山になるので、来週も、京都一周トレイルを楽しんでみます。

c0077338_11025419.jpg




行きの交通機関
京阪 千林駅ー東福寺駅
帰りの交通機関
地下鉄 蹴上駅ー三条京阪駅
京阪  三条駅ー千林駅
   


今週読んだ本
神様アンテナを磨く方法   桜井識子
あした 慶次郎縁側日記   北原亞似子




[PR]

by katuyamak | 2018-07-01 14:34 | Comments(0)

素晴らしい 白谷雲水峡 太鼓岩(1050m)

6月11日(月)
今日で3泊4日の屋久島も最後の日となります。
最終便の18時のJAC便で1回乗り換えて、大阪に帰る予定。
大阪の自宅に戻るのは、0時を過ぎるでしょう。

すでに初日に太忠岳、2日目が愛子岳、3日目が台風で休み、
さて、今日はどこに行こうか?
今回は、目標の2座をすでに登っており、目的は達成してたので、気楽なもんです。

縄文杉ルートだと、時間がかかりそうだし、また山歩きとなると雨も心配。
地元の方に聞くと、なんでも白谷雲水峡がいいらしいとの事。
沢の増水だけが心配であったが、ほとんど何の情報も知らないまま、とにかく歩いてみよう。


民宿を5時半頃出発し、白谷雲水峡へ。

c0077338_21035081.jpg
c0077338_21035625.jpg
僕は、沢沿いを歩くので、てっきり海岸沿いの集落から歩くのかと思っていたら、
標高をどんどん車で上がっていく。

え~、ここ? って感じで、ここが人気スポットとは正直びっくり。
人も管理人さんしかおらず、月曜だし、こんなもんかあと、のんびり出発。

歩きだして、ビックリ。

c0077338_21040184.jpg
c0077338_21040648.jpg
素晴らしい。ただ、ただ素晴らしい。
自然が完全にむき出しで残ったままの、最高のトレッキングコースです。
朝、6時半出発で、太鼓岩まで誰にも会わず、僕一人だったので、完全に、この自然を満喫。
c0077338_21041157.jpg
c0077338_21042032.jpg
太鼓岩に行く途中に出会った鹿は、僕が近くに来ても、まったく逃げない。
c0077338_21042912.jpg

太鼓岩で初めて、若いカップルと遭遇。
彼らもすぐに、いなくなって、太鼓岩、独占状態。

c0077338_21043843.jpg
正直、白谷雲水峡が、こんなに素晴らしいところと、まったく期待してなかったので、
感動の連続。
この太鼓岩まで行かないと絶対に損。ここからの眺望も素晴らしかったです。
一応、標高1050mまで歩いたし、往復3時間半かかったので、山歩き1回に
カウントさせてもらおう。


ここの素晴らしさが、画像からだと伝わらないのが残念ですね。

月曜で、マイナーな観光地かって程度しか知識が無かった僕だが、下りのピストンで
白谷雲水峡の凄さを知る事になる。


下りで、続々と若い方達とすれ違う。
まだ20代、30代の若い方ばかり。またなぜか女性がモデルのような女性ばかりが
歩いてくる。
屋久島観光の女性って、なぜ、こんなにレベルが高いんでしょう?
不思議です。
また中国系の外国人も、なぜかホットパンツとTシャツで、なんでこの格好なんだよ。
中高年の方とも、ちらほら、お会いするけど、完全に若い方ばかり。

中高年だらけのどこかの山とは、大違いです。
僕は、たぶん、この行列に混じっての山歩きで、さらに太鼓岩、満員状態の中だと
すぐに逃げ出したでしょう。

登った時間帯が良かったんですね。
ここは、朝、早い時間帯に出発しないと、ここの良さは満喫出来ないです。
たぶん、人だらけの状態だと、息苦しかったかなあ。


山歩きメモ
6:36-10:10  3時間34分  5.3km

c0077338_10532638.jpg


この後、海中温泉に寄ったり、モッチョム岳の近くにある「屋久島いわさきホテル」でランチを頼む。

c0077338_21044668.jpg
c0077338_21045751.jpg
c0077338_21050655.jpg

ここのホテルも素晴らしい。
ロビーになぜか屋久杉が飾ってあるし、ランチしたレストランからみたモッチョム岳も最高

あと1年半で、定年退職する時に、会社から旅行券がもらえるけど、ここに泊まってみたいなあ。
ちょと最後に贅沢してみようかと思ったりした。


今回は、雨だったり、台風接近したりしたけど、最高の屋久島旅行となりました。
屋久島、また何度も足を運びたいところですねえ。






[PR]

by katuyamak | 2018-06-27 21:18 | Comments(0)

祝! 九州146名山達成 愛子岳

6月9日(土)

昨晩の民宿では、20時半に寝て、4時半起床としっかり8時間睡眠。
今日の屋久島は、まだ雨が降ってません。

c0077338_21033206.jpg

7時前から山歩き開始。
蒸し暑く、不快指数100%

c0077338_21024621.jpg
c0077338_21025379.jpg
今日は、標高差1000m以上を登りますが、標高差100mを歩くだけでも、けっこうきつい。
c0077338_21030032.jpg
c0077338_21030689.jpg
愛子岳って可愛い名前だけど、最後に岩場もあるし、登りはハードな男らしい山なんですけど(笑)
c0077338_21031473.jpg

頂上では、僕ひとりだけ。
頂上で静かに喜びをかみしめる。

c0077338_21032581.jpg

登りまでは、雨が降らずラッキーだなあと思っていたが、下りは雨が強くなる。
車に戻った時に、レインウエアとスパッツにヒルが2匹くっついてました。

今日は、往復で4名の方とすれ違ったけど、なぜか全員 女性だけでした。
愛子岳って女性に人気の山?
たまたま、偶然だったのかな?



今日の愛子岳で、九州146名山を無事、すべて登る事が出来ました。
少々長くなりますが、下の文章は、興味のある方だけ読んで下さい。



九州100名山は、1992年、2002年、2011年と山と渓谷社からの本で
3回、改定本が出て、そのたびに追加で計146座となってます。

2014年の5月位からかな?
それまで12年間ほど、特に目的も無く、ただ何となく九州の山を登っていたけど、
自分の知り合いの「やまごえさん」が九州146名山を達成された事もあり、自分もやってみようかなって。
その時点で九州146名山も、まだ60座位だったかと記憶してます。

それから九州146名山を中心に山歩きを始めたら、それが面白くって、すぐにのめりこみました。
順調に消化していたら、2015年4月に大阪に転勤命令。

大阪に赴任してからは、今度は、関西100名山を2年7ケ月で達成。
ただ、九州146名山も帰省のたびに、コツコツ登ってて、やっと今日の日を迎える事が出来ました。

やはり九州146名山は、屋久島や、五島列島の離島があるので、その分の日程調整と旅費が大変。
特に屋久島は、サラリーマンをしている以上、日程的に非常にきつく、スケジュール調整が厳しい山ですね。


これで九州146名山、関西100名山を達成した訳ですが、高所恐怖症の僕でも出来るんだなって
ちょっぴり自信が出来ました。

僕は元々、雄大な山や人気の山、花を追いかけるタイプでもなく、地味な人気の無い、静かな山歩きが
好きで、どちらかと言えば、マイナーな山とか、人が少ない地味な山の中の雰囲気が好きなので、
これからは、そんなライフスタイルで歩きたいですね。


振り返ると単独が多かったんですが、事故や怪我も無く、最後まで登らせてもらった
九州146の山々と、関西の100の山々に感謝です。



山歩きメモ
6:19-13:07  6時間19分  7.3km

c0077338_10561562.jpg
c0077338_21033809.jpg


月曜日は、屋久島ラストの日となりますが、白水雲水峡とか言ってみようかと思ってます。


本日、日曜日。
ところで月曜日は大阪に帰れるかなあ?
日曜だったら、飛行機が欠航してました。
有給を使って、月曜まで屋久島に滞在するので正解でした。
(日曜現在、台風通過中の為)


[PR]

by katuyamak | 2018-06-27 21:13 | Comments(2)

屋久島 太忠岳(1497m)

6月8日(金)
有給休暇を利用して、屋久島に来てます。
理由は、九州146名山挑戦中の残り2座を登る事。

c0077338_21012952.jpg
屋久島空港に着いて、レンタカーでそのままヤクスギランドへ。
c0077338_21014374.jpg

11時から出発。

c0077338_21005549.jpg
c0077338_21010145.jpg
歩きにくい独特の屋久島の登山道の地形は変わらず、屋久島に来たんだなあと実感。

雨を覚悟していたんだけど、奇跡的に往復ともに雨は降らず、時々晴れ間もあり。
往復4時間ちょっと歩いたけど、距離以上に疲れた山歩きでした。

c0077338_21010778.jpg
c0077338_21011694.jpg

民宿でビール、焼酎、おかわり飯でゆっくりしていて、ふと気づくと
脇腹のところのTシャツに血の跡が点々とある。

ヒルに2か所刺されてました。
暑くて、蒸していたので、Tシャツで登ったけど無謀でしたね。
下半身はしっかりガードしていたけど、上は無防備でした。

明日の愛子岳で九州146名山もラストとなります。

山歩きメモ
11:08-15:29   4時間21分    6.7km

c0077338_06221497.jpg



今日は三岳で乾杯!!

c0077338_21021472.jpg


6月8日(金)

ピーチ  関西空港ー鹿児島空港
     7:00  8:10
JAC  鹿児島空港ー屋久島空港
     8:50- 9:35

(今年の1月の時点で早割予約してたので2つで片道12000円台なんですよ)

空港からレンタカーでヤクシマランド経由太忠岳でした。



今週、読んだ本
「ひっそりとスピリチュアルしてます」   桜井識子


何気に図書館から借りたんだけど、この本は面白い。
神社、お寺の参拝方法や神様に対する考え方など分かりやすく書いてあり、
いろんなエピソードが、具体的で非常に読みやすいです。
作者は、西日本の方らしく、関西の神社もいっぱい出て来るので、関西の神社には、
私もこれからたくさん行ってみようかと思います。
また、山岳系の神様との考え方は新鮮ですね。
山登りする僕にピッタリじゃないですか。
山歩きに神社巡りと、この本のおかげで僕の今の趣味にさらに磨きがかかりそう。

しばらく桜井識子さんの本にハマりそうです。


[PR]

by katuyamak | 2018-06-27 21:09 | Comments(0)

大阪50山ー23、24、25 釈迦岳、ポンポン山、明神ケ岳

6月2日(土)
大阪50山の3座を登る。

釈迦岳、ポンポン山はすでに同じルートから2回登っており、コースも
よく分かっているが、ポンポン山から明神ケ岳までのルートは初めて。
善峰寺バス停からスタート

c0077338_06215242.jpg
ここからスタート
c0077338_06240056.jpg
釈迦ケ岳山頂
c0077338_06243490.jpg
ポンポン山山頂
c0077338_06253676.jpg

明神ケ岳
地形図の軌跡を見てもらうとわかりますが、登山道 3度アタックしてやっとこさ
山頂へ。

人気の無いマイナーな低山でよくある事ですが、登山道でルートが破線でちゃんと描かれてますが、
登れません。
1度目のアタック 沢沿いを歩くも倒木多く、どう考えてもやばそうなルート

c0077338_06265738.jpg
それでも意を決して、登ろうと急斜面の沢沿いを手を使って登っていると、
顔のあたりから突然、ヘビが顔の前を横切る。
ヘビもビックリしたでしょうが、僕もビックリ。
「ワッ」と声が出て、のけぞりそうになる。
ヘビが目の前、20~30cmを通過するのを想像してください。
ほんと、ビックリしますよ。
それがなんと、2回も続いたので、このルートは撤退。

シマヘビだったから良かったけど、マムシだったらヤバかったかと。
同じく2度目のルートもまたもや、登れない。

3度目のアタックでやっと山頂につながるルートへと出た。

帰りは、14:19分の中畑回転場の最後のバスがちょうど出るところ。
運転手に手を振るも、気が付かれずにそのまま発車で置いていかれる。

バスに乗り遅れて、途方に暮れていると
たまたま、歩いて来られた方を、お見かけして、お話ししていたおばあさんのご主人さんが
車で迎えに来てくれるとの事で、僕も同乗させてもらって、高槻駅まで送ってくれた。
まったく知らない方から駅まで送っていただいたのが、これが2回目です。
乗せてもらってなかったら、あと2~3時間 5~10km余計に歩いていたでしょうね。
感謝です。


いろんな事があった1日でした。


山歩きメモ 
6時間9分  16.7km

c0077338_06155527.jpg




来週は、昨年8月以来の屋久島にまた行ってきます。


行き
京阪 千林駅ー京橋駅
JR 京橋駅ー大阪駅
   大阪駅ー向日町駅
バス 向日町駅ー善峰寺バス停

帰り
バス 中畑回転場ー高槻駅 乗れず。




今週読んだ本 3冊
「はじめての文学」  重松清
2007年刊行のおそらく、中学、高校生向きの短編集の本でしょうか。
読みやすく、サクサク読める。
重松清さんの本は初めて読むが、父と子のほのぼのした心情、想いが
じんわり伝わってきました。
個人的には、モッちん最後の日、ウサギの日々、カレーライスかな。

「はじめての文学」  林真理子

「ギブ&ギブの法則」 志賀内泰弘  



[PR]

by katuyamak | 2018-06-04 06:27 | Comments(0)

50山ー19、20 岩湧山、一徳坊山

5月21日(日)

c0077338_06403475.jpg
c0077338_06411249.jpg
当初、南葛城山に登る予定で滝畑バス停で降りて、南葛城山への登山口を目指すも
ヤマップに軌跡の跡も無く、沢からの登山道はどう見ても、怪しく、踏み込めない。
やばそうなルートで、藪漕ぎも必至そうで、南葛城山は断念。
そのまま林道を歩く。


「大阪府の山」 山と渓谷社の南葛城山への著者は、相当に山に馴れた方だと思うが、
本をよく読んで、事前に地図と登山道を照合していない私のミスだ。

せっかくなので、林道を2時間程歩いて、ダイヤモンドトレールに出て、岩湧山に登る。

c0077338_06413462.jpg

登山者が多く、山頂からの景色は最高。
c0077338_06415204.jpg

ここから編笠山~一徳坊山という、渋くて、マイナーな尾根歩きとなり、
すれ違った方は、2組のみ。

僕の好きな静かな山歩きを楽しむ。

c0077338_06421354.jpg
帰りは、大矢船中町バス停からバスへ。
c0077338_06423496.jpg
山歩きメモ
5時間33分  15.2km

c0077338_06485625.jpg


河内長野駅で、酎ハイで水分補給し、帰路へ。

行き
地下鉄 清水駅ー難波駅
南海  なんば駅ー河内長野駅
バス  河内長野駅ー滝畑バス停





今週、読んだ本  4冊
最近、どうしたことか、本ばかり読んでます。


「天使のドーナッツ」   峰月 皓
「俺のコンビニ」の小説が面白かったので、また読んだが、今度は、あまり面白くない。
 なんとか最後まで完読


「燃ゆるとき」      高杉 良
東洋水産の創業者  森和夫さんの自伝
なかなか面白く、東洋水産の発展の歴史がよくわかる。
途中、安藤百福さんとのアメリカでの訴訟のやりとりが面白い。
安藤百福さんは、伝記を読み、素晴らしい方と思っていたが、
カップ麺の発明も台湾の陳さんのパクリかもしれず、相当に裏の顔の怪しい面もある事を知り、
人間は一面だけでなく、いろんな顔を持っている事をあらためて知る。
チキンラーメン発売当初も相当、揉めてたみたいですね。
ただし、カップヌードルの発明は、画期的で、誰も真似出来ないし、素晴らしい発明と思います。


「不調女子ハトコの生姜まみれ生活30日間」   ハトコ
面白い。クスクス笑いながら、読み終える。
女性で強度の冷え性、便秘の方は、読んでみる価値有り。
ハトコさんの正直で可愛い文章と絵がいいですね。
ちなみに漫画ですが・・・

腸をきれいにする奇跡の「煮あずき」   ムラキテルミ




[PR]

by katuyamak | 2018-05-23 06:44 | Comments(0)