鹿児島県  磯間嶽

もう先週の事になってしまいました。

2月17日(土)
今年の大きな目標の1つ
鹿児島県 磯間嶽に登る。
2014年の12月
単独で挑戦し、最後の9合目 頂上のたった30mの崖登りを前に登れずに断念した山です。
今までの山歩きで、途中で登れず撤退した山は、この山だけ。
前回は、五十肩が完全に直っておらず、肩に力が入らなかった点、足元が苔で濡れて
踏ん張りが利かなかった点がありますが、ようは最初の一歩の登りの要領がわからなかった
事が敗因でした。
あれから4年。今回は大分の山友 うすきさんに応援を依頼。
ご一緒に登ってもらえる事になりました。
うすきさん、聞けば1月で70歳の古希を迎えられたとか。
私は、関西空港から直接、鹿児島空港まで行き、うすきさんに鹿児島空港まで迎えに来ていただきました。
車に乗せていただくので、宿代は私が負担させていただく。
磯間嶽の山頂に立ちたい。
鹿児島に来たのは、ただこの1点のみ。
私も、この磯間嶽に対して、本気で向き合っているのです。
九州146名山 残り4座の私にとっては、
この磯間嶽は立ちはだかる大きな壁でした。



翌日は、鹿児島 高隈山へ続く。




c0077338_10075235.jpg
さて登山口からいよいよ山歩き開始。




c0077338_10075998.jpg

いやいや、付いていきます。
単独だと引き返しているかも
c0077338_10080574.jpg
いやいや、行きます。
c0077338_10081265.jpg

c0077338_10081995.jpg
うすきさん、お元気です。
c0077338_10082611.jpg


サッサと登られます。


c0077338_10094545.jpg
うすきさんの登りを後ろから、崖を登るところをよく見る。
嬉しい事に4年前と鎖が変わっていました。
一歩、一歩のうすきさんの足元を確認。
なんだ、たったこんな事か。
岩場にちゃんと足を踏ん張れる少しの出っ張ったステップがありました。
単独だと、恐怖が先にあって、そこまで見る余裕が無かった。
今日は、後ろから冷静に他人が登る人ところを見たところで、絶対に登れると確信。
おかげでなんなく登れました。
単独だと上ばかり見上げて、肝心の足元の第一歩に気が付かっなかったんですね。
やはり単独の限界と、人と一緒に登る大切さを知る。
結果、危ない山でしたのでヘルメットをかぶり、単独は避けて正解でした。


c0077338_10085725.jpg

c0077338_10090802.jpg

c0077338_10093475.jpg
山登りメモ
7:46-12:11  4時間25分の山登り  5.7km
c0077338_06322709.jpg


翌日は、鹿児島 高隈山へ続く。





[PR]

by katuyamak | 2018-02-24 10:12 | Comments(2)

Commented by furaibow581203 at 2018-02-27 09:48
肉まんさん、こんにちは。
課題だった磯間嶽をクリアされて、おめでとうございます!
しかも、今度は岩稜コースを歩かれて、満喫されたことと思います。
残り3座、今年中の達成を待っています。
私も大隅半島の3座が残っていますが、3月の宮崎出張を利用して、こそっと達成しようかと・・・(笑)天気次第ですが。
Commented by katuyamak at 2018-02-28 06:53
風来坊さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
私は、大分 大障子岩を5月、屋久島 2座を6月で
達成予定です。
お互いに達成しましたら、福岡でお祝いしましょう。