奈良県 笠捨山(1352m)

7月30日(日)
前日、雨の降る音を聞いていて、いつの間にか寝てしまっていた。
朝起きたら、雨は止んでいる。
登れそうだ。
ちょうど5時半頃、日の出が見れた。

c0077338_12303133.jpg
夜に車中泊したところ
c0077338_12305146.jpg

昨日の約7時間近い山歩きで、けっこう体は疲れているが、
温泉に2度入ったので、なんとか登れそう。

白谷トンネル東口登山口を6時15分スタート
車は私の車だけ。誰もいない。

最初から、鉄ハシゴがずっと続く。

c0077338_12320494.jpg
c0077338_12321636.jpg
c0077338_12322622.jpg
通常50分かかる登りを1時間20分近くかけて登る。

事前の情報で、案外、簡単な山かと思っていたが、そうでもない。
行仙岳に寄ってみる

c0077338_12353962.jpg

山歩き、けっこう大変で、歩きにくい。
雨の降った後で、登山道が濡れて、道が緩んでいるのも原因である。
稜線に出ても、フラットなところが少なく登ったり、下ったりで
累積標高差も1100mくらいあったようだ。

小さな虫とアブもずっと、まとわりついてくる。
人が僕しかいないからだろう。
常に10匹くらい、引き連れて歩く。

帰ったら、4か所刺されていた。

c0077338_12355199.jpg
c0077338_12361177.jpg

頂上まで3時間20分くらいかかる。
案外、頂上が遠く、ここもあえぎながら、やっと登る。

頂上に着いたと同時に、待っていたかのように、ここで雨が降り出す。
どんどん強くなり、カッパを着なかったので、ずぶ濡れとなる。
でも、雨が頂上で降り出してくれて、本当に良かった。

もし、あと2時間早く、降り出していたら、たぶん、登りの途中で
山歩きは、一気にモチベーションが下がって、止めていたと思う。

僕にとっては、けっこうつらい山歩きとなった。

ほんとに誰もいない孤独な山歩きであった。
帰りにちょっと、行仙の山小屋で雨宿りと靴の紐を締めなおす

c0077338_12362401.jpg
6時から、12時近くまで誰にもすれ違ってないし、車もなかったので、
恐らくだけど、今日は、この笠捨山。
一般登山者で登ったのは、僕だけだったんじゃないかなあ?

南から登るルートもあるようだが、距離が長いし、この雨だし、
いなかったんではないだろうか?

昨日の、行者還岳からのルートは、八経ケ岳が日本100名山という事で
凄い車の台数であったが、笠捨山は、そこからさらに距離が遠く、
ちょっと脇に外れているだけで、こんなに違う。
同じ大峯奥駆道なのに、人気がある、ないがハッキリ出てますね。

土、日と何事もなく2座登れて、ホッとしてます。
僕にとっては、険しい山歩きでした。

c0077338_18302157.jpg
関西100名山も登り3座となりました。
残った山は

八経ケ岳(日本100名山)
鎌ケ岳(三重 ヒルがいるみたい)
雪彦山(姫路 ヒルがいるらしい)

すでに登っているが、
2015年4月以降に再度アタックしたい山が

山上ケ岳
武奈ケ岳

この5座を9月までに登って、関西100名山を2年半で達成したと
締めくくりたいと思ってます。

本音は、早く達成して、旅費のかからない近郊の山歩きを
のんびりと歩きたいですね。
ここのところ、ずっとピークを目指して、いつも時間に追われながら山を目指している気がする。
僕はそんなに、ピークハンターでもないし、静かな渋い山が好きなんです。

早く百名山を達成して、ゆっくりと低山歩きをしたいと思ってます。



8月8日から8月14日まで6泊7日  屋久島に行ってきます。
勤続表彰と10万円の旅行券
   3日間の特別有給休暇

会社と同僚に感謝です。



週末の山の経費
旅費     2820円
レンタカー  9700円
ガソリン   2900円
温泉     1500円
合計   16,920円

今週読んだ本

まんぞく まんぞく           池波正太郎
ぼくたちに、もうモノは必要ない     佐々木典士   

ミニマリストの本のおかげで、僕の部屋の物もかなり処分しました。
部屋もすっきりしていい感じです。
テレビも見なくなりました。



[PR]

# by katuyamak | 2017-08-05 12:27 | Comments(4)

奈良県 行者還岳(1546m)

先週は、仕事で登れませんでした。


さて、今週
7月29日  行者還岳  11km   6時間40分
  30日  笠捨山    9km   5時間45分

と真夏の大峯奥駆道の山 2座を登る
どちらも登りでは、真夏のせいか、登りでは、標準タイムで登れず、あえぎながら
なんとか食らいついて登る。

まずは、金曜日の28日 
行者還トンネル西口を目指し、夜に国道309号線を走ったが、道幅が狭くけっこう大変でした。
特にみたらい渓谷を過ぎてからは、本当にこの道で合っているのか?不安だった。
みたらい渓谷の手前で、国道309号は、夜は通行止めと書いてあったのに納得である。
(僕は強引に入っていったんだけど)


行者還トンネル西口登山口を見つけてホッとして、手前の無人 駐車場にて車中泊
夜は、僕の車が1台だけだったので、ほんとに真っ暗でぐっすり寝れました。

c0077338_12152536.jpg

29日(土)

朝、5時起床 5時45分頃出発
有料駐車場1000円の朝の様子
まだ十分余裕があります。

c0077338_12162813.jpg
c0077338_12172837.jpg
前日は、ヤマップの地図が見れたが、朝方に受信がおかしくなり、地図が見れない。
GPSで対処する。
西口登山口から奥駆道出合まで、標準タイス 50分のところで、いきなり1時間20分も
時間がかかる。
c0077338_12173935.jpg


夏になり、登りのスピードががっくり落ちてきてます。

奥駆道出合から、ほとんどの方は、八経ケ岳(弥山側)を目指すが、僕だけは行者還岳を目指す。

c0077338_12174912.jpg
あとは、行者還小屋から、頂上までが長く感じた。
すぐに着かないんですが、昔の大峰奥駆道の雰囲気は十分味わえた。
下の画像は、ちょっと気を使う、いやなところ。

c0077338_12180033.jpg
登りだけで4時間かかりました。
c0077338_12181166.jpg
c0077338_12182511.jpg
帰りは、ショートカットで帰る。
地図は、帰りの道でヤマップが復活して、途中からの受信なので、まったく参考になりません。

帰りがけの駐車場の様子 満車です。
さすが、日本百名山ですね(八経ケ岳ですが)

c0077338_12183848.jpg


山歩きを終えて、
ほぼ来た道を引き返し、下市温泉の湯に漬かり、国道169号線から大和上市駅の近くで
17時頃にちょっと早い夕食。
コロッケ定食ご飯おかわりと、うどん。
ここで食事しておかないと国道169号から山に入るともう店は無い。
吉野川沿いで、今日は花火大会があるようで、みんなソワソワしている。


21時頃、笠捨山の登山口手前の真っ暗な道路で就寝
レンタカーのポルテだったかな。
2泊したが、なかなか寝心地がよい。
ただ蒸し暑くて、虫が入るのを覚悟で窓を開けて寝る。

外は雨である。
笠捨山 前回は、大雨で中止した事がある山
2度目も無理なのか?

ちょっと不安だが、明日になればわかる。
とにかく寝よう。

笠捨山に続く・・・


[PR]

# by katuyamak | 2017-08-05 12:11 | Comments(0)

兵庫県 六甲山

7月17日(月)
起床4時10分


3連休 最終日 
体力的に土曜日の大普賢岳の疲れも取れてない状況だが、最終日 山登りへ行く。
できたら2015年4月以降で、きっちり関西100名山を達成したいので、
前回2013年 9月に登った六甲山へ再挑戦


JR芦屋駅を降りたのが、6時13分

c0077338_12043139.jpg


暑くなるのは、わかっていたので朝一から行動開始
高級住宅街を通る
さりげなくベンツ。
どこの家もセコム、アルソックの警備万全

c0077338_12044688.jpg

c0077338_12045938.jpg
 
c0077338_12051261.jpg


平坦なところは良かったけど、登りになると、とたんに体が重い。
c0077338_12052698.jpg
風吹岩を過ぎたあたりから、登りで、いつものように、前に、まったく足があがらない。
おとといの疲労がまだ、かなり残っているのかなあ?
軽い熱中症でもなったのかなあ。

山登りでメッタに撤退しようとか思わないんだけど、
今日は、本気で途中で撤退しようかと真剣にどうしようかと思ってました。

そうしていると、平坦なフラットな道になると、なんとか普通に歩ける。
問題は、登り とにかく5m、10m歩いては休んで歩く。
いつものように、サッサと登れないんです。


途中で60代の初老の方達に多数、追い越される。
普通は、若い方以外では、登りで追い越される事はそうないんですが、
今日は足が、まったく、あがらない。

それでも粘って、粘って、なんとか六甲山最高峰まで
登り3時間45分 踏ん張りました(笑)

c0077338_12053638.jpg

途中、登りでは、立ち止まっては、じっとして心臓が落ち着くのを待つ作戦。


帰りは、楽して帰りたかったけど、元来た道のピストン
往復7時間 歩いた距離17kmはよく歩きました。


おとといは、8時間半歩いてますので、この暑さの中、よく踏ん張ったかと。

家で、のんびりエアコンの下で、読書でもしてればいいんですけどね。
おかげで汗、いっぱい大量にかきました。

昔のブログを調べてわかりましたが、
、2013年9月
その時も3時間50分かかってました。
やっぱし、僕にはきつい山ですね。

でも凄くいいトレーニングになる山だと思います。


京阪始発5:13
京阪 千林駅ー京橋駅  210円
JR 京橋駅ー大阪駅  390円
   大阪駅ー芦屋駅

往復旅費 1200円

六甲山だと、こんなに安い旅費で山歩きが出来るんだ。
財布に優しい、ありがたい山です。

帰りに芦屋の高級住宅街を歩いていると、バイオリンの音が聞こえてくる。
芦屋のお嬢ちゃんが練習しているのでしょうか?
あるいはおじさん。

大阪の住宅街で、バイオリンの音なんて聞いたこともありません。
ここは別世界のところなんだなあと、あらためて知る。



連休で読んだ本

最小限主義      沼畑直樹

先週、読んだ本で、「ミニマリスト」なる用語を知る
モノを持たない人達(最小限主義)との事
大阪市立図書館で「ミニマリスト」で検索して借りようとすると、
ほとんどが、貸し出し中と予約がいっぱい
唯一、すぐに借りれた1冊でした。

「ミニマリスト」、静かに人気が出てきているようです。
僕も単身赴任3年目で最近、物が増えてきているし、
興味がある事なので、ちょっと本から知識を吸収して、物を減らして
いきたいと思ってます。




[PR]

# by katuyamak | 2017-08-05 12:01 | Comments(0)