三重県松阪市 カモシカを見ました 池小屋山(1396m) 

11月12日(土)
前日の夕方からレンタカーを借りて、池小屋山手前で車中泊予定。
ところが私もうっかりしていたが、池小屋山登山口付近には、いっさい食事の店、
スーパー、コンビニがありません。
わざわざ、さらに20km走って、やっとコンビニ サンクスを発見。
ありがとう。まさにサンクス、サンクス。
ここで電子レンジチンの弁当とパスタ。
また20km位を戻って、カップ酒で就寝。


11月13日(日)
本日は、ホテルスメール前で「おとみん」さんと6:30に待ち合わせ予定。
私はすっかり熟睡してしまって、6時10分起床。
ぎりぎりで、やあやあのご対面。
九州では、山友も多いが、関西で知り合った山友は、おとみんさんが初めてです。
ヤマップでフォローしていただいた縁でご一緒していただける事になる。
僕と同年代だし、話しも合う。

池小屋山はヤバそうだなあと思っていたので、おとみんさん、
まさかのご参加表明ありがとうございました。

それでは出発。
c0077338_22141059.jpg
と、ここで大チョンボ。
池小屋山の地図をインストールしてない。
すでに電波の届かない山の中。
単独なら、絶対に戻るが、おとみんさんとご一緒しているので、時間がもったいない
ので、このまま出発。
まさに大チョンボです。
電波は頂上でつながり山の軌跡はおとみんさんから拝借。
今年は山登りが55回目ですが、人と一緒は、3回目
慣れてないので、いつものペースと違う。
c0077338_22145713.jpg
恥ずかしいミスはさらに続き、沢で、おとみんさんがサッサと沢を軽快に渡ったので、
私も軽く渡れるかと思いきや、短い足で、沢でドボン。
ズボンがずぶ濡れ048.gif048.gif
いや~、女性のいる前で恥ずかしい。
滅多に転倒しないのになあ。
やはり、他人がいるせいか、いつもの単独行動から、少々舞い上がっている自分がわかる。
ここからは自分のいつものペースで歩く事にする。
しかし、おとみんさん、さっさとさらにガンガン前を歩く。
ストックも持たずに軽快な足さばき。
お見事です。
c0077338_22153916.jpg
c0077338_22164534.jpg
c0077338_22181179.jpg
c0077338_22183156.jpg

それにしても池小屋山

今年登った山の中で、ダントツで最強でしたね。
過去に何件も滑落による死亡事故が起きている山だけの事はありました。

沢歩きの周回ルートで、下りはやせ尾根を含めた尾根歩き。
最後にモノレールのところで、私はてっきりモノレールのレール伝いに下れば下山と思っていたら、
ここでも凡ミス。
c0077338_22265943.jpg

ルートを外れてました。
最後は思い込みと、下山が近い事もあり、地図読み、軌跡を見てなかった。
おとみんさんに申し訳ない事してしまった。
最後の道間違いでロスタイム40分くらいかかってしまってます。
c0077338_22401767.jpg

でも終わってみればすべてが、良い思い出。
11月の中でも指折りの最高の好天に恵まれ、風も無く、登山道は渇いており、
最高の一日でした。
そうそう、最後に「カモシカ」を初めて生で見ました。
鹿は何十回と見てきましたが、九州の山でカモシカは見た事はありません。
おお! これがカモシカかあ~♪
たしかにイノシシでもないし、鹿でもないし、熊でもない
そう、カモシカ君でしたあ(^^♪
すぐに逃げないんですよ。
なんか、動きが遅そうで、重そうで、ユーモラスで、可愛くて、すっかり好きになりましたね。

c0077338_22230874.jpg
いや~、いい思い出となりました。
それだけ奥深い山だったんですね。
池小屋山、
最高、最強の山でしたね。

往復8時間45分(休憩1時間、道間違いロスタイム40分位含む)
素晴らしい!!
c0077338_22205042.jpg
2016年山歩き  55回目
関西100名山   68座目
8時間40分  12km

今週読んだ本
終わった人  内館牧子



[PR]

# by katuyamak | 2016-11-15 22:21 | Comments(4)

滋賀県 長浜市   横山岳(1132m)

もう今年もあと2ケ月を切りましたね。
11月度は、冬が来る前に、雪が降り出す前に、11月の内に、
関西100名山の中でも、日頃なかなか行けない山、
登りがきつい山を中心に登っておきたい。
候補としては、
横山岳、池木屋岳、八経ケ岳、笠捨山などでしょうか?
寒くなると、登山口さえも近づけなくなるでしょうからね。
前置きが長くなりました。
そんな訳で、横山岳へ
11月6日(日)
起床 4:20
京阪始発5:13
京阪 千林駅ー京橋駅        210円
JR 京橋駅ー長浜駅  秋の関西1デイパス
   長浜駅ー木ノ本駅      3600円
バス 木ノ本駅ー杉野農協前バス停  590円
木ノ本駅8:38-杉野農協前9:04
出発 9:07
バス停から出発し、登り山頂まで2時間55分
少々、出だしは寒かったけど、登山道では汗がボトボトとしたたり落ちる。
最後の急登で別に抜きたくないけど、団体さんで休んである方がどうぞ、どうぞと前に追いやられて、息を整える暇も無く前に追いやられる。
おかげで山頂手前でだいぶ抜いたけど、息が上がって、ハアハア&ヘロヘロでした。

下りの東尾根ルートのブナは良かったなあ。
先週の蘇武岳と合わせて、今週もいい山歩きをさせてもらいました。
最後は、登山口に到着し、地元のおじさんと話していると、バス停まで車で送ってくれると嬉しいお言葉。
おまけに車で山の話しに花が咲いて、JR長浜駅まで送っていただく。
見ず知らずの方に車で送っていただいたのは、関西で2度目です。
おかげで大阪旭区の自宅に17時台に早めに到着。
帰りのJR新快速は混んでましたねえ。
おじさんのおかげで早めに自宅に到着し、ありがたい事です。
横山岳も、うわさ通りで素晴らしい山でした。
大満足。
今日はビール飲んで、すぐに眠れそうです(笑)

c0077338_06290287.jpg


c0077338_06295928.jpg

c0077338_06302668.jpg
c0077338_06305846.jpg

c0077338_06343201.jpg
c0077338_06345908.jpg
山歩きメモ
横山岳  9:07-14:07
5時間   歩いた距離 11.2km
2016年山歩き  54回目
関西100名山   67座目
今週読んだ本
ゼロ戦と日本刀  百田尚樹、渡部昇一
ばかもの     絲山秋子


c0077338_06320384.jpg





[PR]

# by katuyamak | 2016-11-06 19:48 | Comments(2)

兵庫県 豊岡市  蘇武岳(1074m)

オオ~、寒い~
18時過ぎに江原駅から外に出た時の感想。

10月30日(土)
土曜日、午前中仕事し、午後、掃除と洗濯を済ませて14時過ぎからホテルへ向かう

京阪  千林駅ー京橋駅     210円
JR  京橋駅ー大阪駅    3020円
    大阪駅ー福知山駅
    福知山駅ー江原駅
阪から移動してきたが、とにかく寒い。
明日、日曜日の山歩きの為に、本日は駅前の神鍋グリーンホテル泊
江原駅付近で何か食べようと思っていたが、お店がまったくありません
18時半ですでに駅前を誰も歩いてない。お店が無い。
外が寒いんですよ。
仕方なくスーパーで食材を買い、ホテルで食事



10月30日(日)
朝、6時 ホテルからバス待ち
江原駅6:38-名色バス停 7:00  200円
朝、7時 現地 名色バス停で降りて、山へ。
c0077338_22441656.jpg
寒い。
耳あてが必要、実際、付けました。それと手袋
さすが神鍋スキー場があるところですね。
底冷えしてます。
電柵を手ではずして、登山道へ。
自分ではずして、また自分で装着しました。
c0077338_22454423.jpg
舗装道を延々と歩く、途中から林道へ変わる。
c0077338_22464174.jpg
長い林道歩きを終えて、残り2.3kmのところでいよいよ登山道に入る。
c0077338_22472882.jpg
ここである事に気が付く
この山、落葉してから、あまり人が登ってないなあ。
落ち葉の絨毯がフカフカです。
踏み跡をあまり感じない。
宮崎の山に似ているなあ。
途中、途中で匂ってくる、野生動物の獣の匂い。
宮崎の山を思い出す。
懐かしい。
途中で鹿を5匹以上見た。

c0077338_22483791.jpg

実は蘇武岳

かなり古いですが、36年前 私が20歳の頃に読んだ小説 植村直己さんの「青春を山に賭けて」の中に
出てくる山です。

あの植村直己さんが登った、歩いた山に登れる喜び。
気分は20代でしたね。
記憶が蘇ります。





c0077338_06392831.jpg

いや~、天候にも恵まれて、今日は良かったなあ。
山頂まで登り2時間50分 登りだけで8.4kmも歩いてます。
c0077338_22491013.jpg
標高1074m程度で片道 8.4kmも歩くなんて、山がでかいんですね。
すそ野が広いんだろうなあ。
帰りは神鍋温泉の湯に漬かり、江原駅から大阪へ戻る。
よく歩きました。5時間半で18.3km
いい山でした。
いい一日でした。
c0077338_22534560.jpg


今週読んだ本
「ニキの屈辱」  山崎ナオコーラ
韓流の本




[PR]

# by katuyamak | 2016-10-30 22:49 | Comments(4)