犬鳴山

11/8(土)  犬鳴山(583m)   単独

(U君を偲ぶ山登り)

起床8:30-犬鳴登山口出発10:40-犬鳴山頂上11:36(休憩30分)-駐車場12:50頃


4週連続のくじゅう行きも終わり、さてどこへ行こうかと金曜日から考えるが決まらない。夕方から用があるので、あまり遠出も出来ないし、近場でもまだ登った事がない山を行ってみる事にした。
起きてみたら、もう8時過ぎ。
連日の残業で体も芯から疲れているようだ。
さてどこへ行こうか?
犬鳴山。先日、ごえもん君からの西山、犬鳴縦走レポートを見た時に鹿がいたという文章がえらく気になった。
山の本によると、この山系には日本鹿、猿、兎、狸が生息しているらしい。
本当は12~3月頃に三郡ばかりでなく、低山巡りをしようと思っていたが、今日はその偵察登山とする。
いずれ西山と犬鳴の縦走も考えたい。
それともうひとつ訳があった。


登り口をどうするかまったく決めてなくとにかく現地で状況を見て判断する事にした。新犬鳴トンネルを過ぎてすぐに犬鳴口という駐車スペースがあり、1台だけ車が止まっていた。藤七谷というのだろうか。詳しくはよくわからない。
ごえもん君のレポートではこのルートは藪がひどそうで引き返したとあったので、私としても不安はあったが、とにかく久し振りにストックを持参したので、これでマムシと獣が来ても大丈夫だろう。
心強い助っ人だ。

c0077338_2151024.jpg

上の写真の門の脇から入り


舗装道を10分程入って、いよいよ登山口発見。
c0077338_217253.jpg

人気のない低山の藪化している道は結構恐いものがあるが、不安と期待でドキドキわくわくで登り始めた。
結局、今日は3組の方とすれ違ったけど、誰にも会わないだろうと思っていたので、少々安心した。でもやはりこんな低山は寒い日がいいなあ。ちょっとここに春と夏は来れない。下りで、でかいヘビとやはりご対面。毒はないだろうけど、やはり不気味だった。
標高400mを過ぎたあたりから景色も変わり、登りやすくなる。56分で頂上。意外とあっけなく登れた。
眺望はよくないと書いてあったが、西山の方の木を切ってくれたのか、私としてはいい方だと思う。
c0077338_2174760.jpg

ただし西山の方のみしか見えない。


ここでお話を2つ程。
まず私が19歳の時。もう24年前に小、中学校とずっと同じだったU君がこの犬鳴峠で車の事故で死んだ。
あれから24年。私ももう19歳という年から2倍以上生きている。U君の彼女が泣きながら「 死んだ」という電話を聞いたのが昨日のような気がする。
久し振りに頂上で昔の彼との小学校、中学校の頃の事を西山方面を見ながら思い出していた。
c0077338_2191823.jpg

犬鳴山にはいつか来たいと思っていたが、願いがかない満足した。


ちょっとゆっくりしたところで、下山開始。約50分で戻れた。車に戻り、エンジンがかからない。脂汗が出てきた。そうだ。新犬鳴トンネルでヘッドライトを点燈させたままだった。ライトを消してなかった。エンジン止めてもう2時間たっている。
どうしよう。なんとか携帯は3本アンテナが出ている。
10分後、エンジンがかかった。
恥ずかしいというか私らしいというか、「ちょっと待て。」
U君がそう言ったような気もする。今回の山登りはいつもと少々趣が違った。いろいろな事を考えて歩いた犬鳴山であった。
[PR]

# by katuyamak | 2003-11-08 00:00 | 山歩き | Comments(0)

雨の稲星山

11/2(日)   雨の稲星山(1774m)   2名

起床6:00-福岡出発6:30-沢水展望台(本山登山口)10:05-稲星山12:15(約20分休憩)-沢水展望台14:40-赤川温泉16:40-福岡20時頃


11/2はばばっちと福岡の山でも行こうと昨日電話で確認してさてどこに行こうかと夜いろいろと思案して井原山がいいか三郡散策がいいか結論が出ず、私のわがままでくじゅうに決定。
この段階でもう夜12時明日ばばっちが行きませんと言えば11/2 三郡、11/3単独 くじゅうに行こうと勝手に決めて眠る。朝行きますと行ってくれて、ようし、4週連続でくじゅう下道決定。

今日は私も行った事がない沢水展望台登山口から稲星を目指す。しかししかし雨雲が黒川温泉を過ぎても取れない。それどころか小さな雨が降っている。
いやーな予感。でもこれくらいではメゲナイ。
写真は沢水展望台駐車場。トイレはない。約10台くらいのスペース
c0077338_20561949.jpg



10:05発というのは私としては極めて遅い時間。
でも月末の仕事が忙しく昨日も21時まで仕事したので、今日は絶対朝4時起きは出来なかった。福岡の山でもよかったのだけど、これから来春までくじゅうに行けない事になると思うとどうしても足を運んでしまった。(私は寒くなるとくじゅうには行かない)
しかし沢水登山道は先週の赤川コースと比べると随分道が険しい。
c0077338_20571299.jpg



石や岩場が多く、道も狭く登り、下りともに苦労した。
今日は特に雨降りで道が滑り、下の石、岩場、黒土は特に注意して歩いた。
ちょっと今日のような日は特に初心者にはつらい道かもしれない。
しかし紅葉は先週と比べるとかなり進んで、雲があって見えないのが残念だが、きっとよかったと思う。
道にもたくさんの落ち葉が目にとまる。
c0077338_20574955.jpg

もっと赤い赤い葉もあったのだが、雨で写せなかった。


標高1300m位からいよいよ雨が強くなり、写真撮影もここまで。
c0077338_20584815.jpg

あとは濡れながらたんたんと登る。
でも今日は若い女の子とよくすれ違った。
こういうルートにも来てくれるのが嬉しい。
稲星山頂上はまったく何も見えず雲があるだけ。
風も強く濡れながらパンを食べて足早に下山開始。
これではまた稲星からの景色を見に必ず来ないといけない。
じっとしてると体感温度が下がり歩いている方がいいようだ。
絶対また来ると言い聞かせ下山。


こんな日であったし、ばばっちに申し分けなかったが、彼はむしろ楽しんでいる様子。先に希望が持てる。
c0077338_20593548.jpg

本当は稲星山から白口岳、鉾立峠くたみ分かれを周回するつもりだったが、辺りがまったく見えない状況だし、知らない道での下山は危険を伴うので、素直に登った道での下山に決めた。しかし私もようと考えたら4週全部オール下道でくじゅうにきてしまった。本当にこれが多分今年最後だろう。



無事駐車場まで戻ったが、私は替えのパンツとズボンを持ってこなかった。今日がまさか雨とは夢にも思わなかった。
体が冷え切っており、とにかく温泉へ。
c0077338_2101764.jpg

国民宿舎 久住高原荘 温泉のみ500円。
ここは最高。洗面箇所も10あり、シャンプー、ボディソープもあり、とにかくお風呂が最高に清潔。
サウナはないが、露天風呂もあり、ちょっと2人で1時間以上ゆっくりしてしまった。かなりお薦め(登山者の方に)
オルゴールのようなBGMが室内に流れていてすっかり癒されてしまった。くじゅうの山の写真もたくさん展示してあった。
さて帰りのパンツとズボンがない私は素の下半身に黄色のカッパのズボンのみとシャツで、清潔な国民宿舎をうろうろしてしまった。グシャグシャに濡れた1000円札は出すし、かなり汚かった登山者に赤川温泉は心地よくやさしかった。
(ババッチわがままなオッサンを許せ。これも山の修行だ。)
[PR]

# by katuyamak | 2003-11-02 00:00 | 山歩き | Comments(0)

久住山、星生山

10/25(土)  久住山(1787m) ,星生山(1768m)  2名

起床4:30-福岡出発5:00-赤川登山口出発8:00-久住山10:00-星生山11:15(休憩50分)-扇ケ鼻-赤川登山口13:50-赤川温泉-自宅着19:00頃

10/25はさてどこへ行こうかといろいろ思案して、天気が凄くよさそうなので、3週連続でくじゅうに行く事とし、ばばっち君を誘ったら「行きます」との事で彼は温泉が好きなので、私も登った事がない南ルートの赤川ルートから登る事にした。このルートはグリーンウオーク夏号の「くじゅう南面ルートを行く」を参考とした。
いつか登ろうと考えていたが、暑い日のこの急登はちょっと無理と思っていたので、今日はもう登っていい季節。最高の眺望が見れそうで、くじゅう初登山のばばっち君には感動の一日になったと思う。
私も初めての赤川登山口、駐車スペースは40~50台くらい駐車できそう。トイレもある。もちろん近くに温泉も。
c0077338_22534661.jpg


今日はまだばばっち君が登山靴を持ってないので、登りに久住山への直登コースに登り、星生山に登り、下りにゆるやかそうな扇ケ鼻から下る事にした。
ここから久住山まで標高差約800m。夏はこのコースとても大変そうだが、今はもうかなり登りやすくなったので、楽ではないが、そう苦しくもなかった。
とにかく息が上がりそうになるとゆっくり登るようにして登る。後ろを振り向くと阿蘇がハッキリ見える。
c0077338_22544173.jpg

ここで三郡山系しか知らないばばっち君が景色を見て、凄い、凄いの連発。まだまだくじゅうはこんなもんじゃないぞ。
急登をゆっくり登り久住山がやっと顔を出すようになった。ここは私としては登りで使った方がいいと思う。
c0077338_22555198.jpg

下りの方がこういう急登はこけそうで恐い。きついけど。

南ルートの方が登りがいはある。もうちょっと、もうちょっとと休みながら登る。
c0077338_22564643.jpg

しかし息が乱れているのは私だけでばばっち君はまったく正常。「ゆっくり登ってもらっているのでありがたいです」という言葉が私には、つらく聞こえた。(がーーん)
そりゃ年の差も違うしもの凄く早く三郡縦走路を走るくらいやけん、馬力が違うたい。ふん。(私の心の叫び)

なんとか久住山頂上に着く。
c0077338_2257516.jpg

頂上から見ると南ルートはやはり険しい。またほとんど登って来る人も少ない。
しかし私は登る人も少なくいいコースだと思う。
私としてはまだまだ登っていない南ルートから登ってみたいと思った。そうすればどんどんくじゅうの山登りが楽しくなる。
久住山で少し写真を撮って、そのまま星生山に向かった。
人が多いところは苦手だ。
南ルートからの静かな山登りから一転、頂上はうその騒がしさ。

そのまま久住分れ、避難小屋からの星生山ルートを登る。
先週、Mさんに教えてもらった道。
c0077338_22593165.jpg

c0077338_22595098.jpg

今日は風が無く、雲も無く、寒くもなく年にそう何回もない最高の山登り日和だ。今の季節の秋空は最高だ。
いい日にばばっち君に最高のくじゅうを見せてあげられたようだ。私ももちろん大満足。

星生山頂上で冷凍庫でギンギンに冷やしたビールを私が担いできて、乾杯。ごえもん君から先週もらっていて忘れていたサラミがザックから出てきて、これをあげたらばばっち君にはこれがとどめだったようだ。少しは私を見直しただろう。
私を神様と思っているかもしれない。
ばばっち君、くじゅうはよかろうが。
また遊ぼう。

今日のガソリン代割り勘は1000円。温泉はもちろん赤川温泉500円。もう最高だった。
山登りは安い遊びだ。帰りはもちろんせこく下道。
写真は扇ケ鼻の下りの下山途中の紅葉の写真。
c0077338_2304366.jpg

[PR]

# by katuyamak | 2003-10-25 00:00 | 山歩き | Comments(0)