雨の大船山

10/12(日)  雨の大船山(1787m)   3名

起床3:10-太宰府出発4:00-男池登山口6:55-大戸越え8:33-北大船山-大船山避難小屋(休憩約15分)-大船山9:58-風穴-男池登山口13:30-白水鉱泉-星座-自宅19:00頃

行きも帰りも高速使わずのケチケチ登山。


10/11、12、13はやっとの3連休だ。私としては絶好のこの機会に祖母山に行こうと思っていたが、8/24編に書いてあるMさんからくじゅうに行こうというお誘いのメールをもらった。
私にとってはMさんは三郡山系では神様みたいな方だし、この伝説のような方からのお誘いでは、たとえ運転手でも、カバン持ちでも行かないといけない。
最近、山登りをどんどんしているごえもん君も誘っての、31歳、43歳、55歳という山登りをしない限りは普段、絶対遊ばないような12歳ずつ年が違う不思議な組み合わせでの山登り行きとなる。
Mさん私以上に信念持ってある方で、高速道路は使わずに今日もオール下道での移動となる。
くじゅうに往復、下道で行くのは私くらいと思っていたが、私以上の方がいたというのは大変嬉しいが、今日は少々疲れた。


さて福岡は雨は降ってなかったが、日田過ぎたくらいから雨になり、くじゅうでは完全に雨となり、私も7/20以来の雨の山登りとなった。

7時前雨の中を出発、Mさん、先日は犬を連れての散歩でこのコースを下見してあり、男池から大戸越えまでを75分とメールに書いてあった。

私が95分かかるのに今日はかなり根性入れてついていかないかんと覚悟を決めての出発だった。この3名では私が一番遅い。
ごえもん君も先日、かまど神社から宝満頂上までを49分で登っているので、このメンバー構成はかなり私にとっては無理があった。
先頭はMさん、ゆっくり登ってくれたと思うけど、休まないし、私にとっては少々苦しい、上に記載している時間ではたいした事はないようだけど、ずっと雨の中を登ってカッパは中から蒸れるし、帽子、軍手も絞って水がしたたり落ちるほどよく雨が降っているので雨の日は普通のタイム以上に時間がかかるもの。
1時間程して、ソババッケ過ぎた途中から何とか付いていった私が先頭を歩くように言われてちょっと楽になった。
結局大戸越えまで98分といつもの私のペースにしてもらった。
北大船山からの紅葉を見る余裕がなかなか無い。帽子も深くかぶらないと雨が入るし、回りの景色を見る余裕もこの雨の中、よく出来なかった。
すれ違う人もほとんどおらず、わずかに大船山頂上付近ですれ違った程度であった。

途中の大船山避難小屋でちょっと休憩。
唯一の写真となった。
c0077338_23183647.jpg


あとはまったく撮れなかった。小屋でも天井から水滴が落ちてくるし、霧のような雨が舞っていたので、デジカメが濡れてしまった。
霊写真のようになっているが、かえって雨の中を写したというリアルな写真と思う。こういう日はデジカメが濡れてしまい、写さないほうがいいと思った。ここまで来たらなんとしても登らないといけない。

大船山頂上着。登り3時間3分。
先日、Mさん単独で2時間20分で登ってあるが、今の私では無理。頂上からは雨と雲でまわりはまったく何も見えない。
そういえば私は大船山には5回くらい登っているが、まだ御池なるものを見た事がない。いつも雨とか雲がかかったりしてどの辺が御池ですか?とMさんに言うとそのまま下って連れて行ってくれた。

うーん、これが御池か。デジカメで撮れないのが残念。紅葉も進んで、ゆっくり腰を落ち着けてみたい場所だ。いつか晴れた日にもう一度来ようと思った。何か秘密の場所を教えてもらったような嬉しい気分。

また山頂ではMさんがビールを担いできてくれていて頂上で雨に濡れながら乾杯。Mさんありがとう。
じっとしていると寒くなってきたので、下山開始、下りは私はまったく始めての風穴までのコースとの事。
このコース勾配も急で登り、下りは大変そうだ。でもそれだけに今度このコースからは一度登ってみようかなと思った。

下りでもMさんについていくのがやっとこさ。
とにかく早い。コケがはえた石の上などもすいすい。
後ろからついていって山登り2400回の男の凄さをあらためて感じた。でも私としては嬉しい。だって山登りは年齢ではないのだと思った。今からでもトレーニングと回数次第で私も少しはMさんに近づけるかもしれない。
自分に悲観的にならずに前向きにがんばろうと思った。
無事に男池に着き、カッパを脱いでも全身ずぶ濡れで男池の駐車場には誰もいなかったので、ごえもん君はパンツも脱いで着替えたので、私もパンツも脱いだが、代えがなかったので、そのまま素でズボンをはいた。
濡れた服、カッパ、スパッツ、タオルその他はすべてゴミ袋に入れた。これは役に立つ。


帰りに星座さんに寄り、Mさんを紹介し、少々おじゃまして山の話などをしていて、やっさんとMさんの会話を私とごえもん君が少々口をはさむ状態。
くじゅうの事、山のマナー、人命救助、山の植物の事。隣でレべルの高い話ばかりで参考になった。
その中でやっさんが私のHPは山のレベルが低レベルだからいいのだと褒められいるのかよくわからない言葉をいただき、だからそういう方達が見ているし、集まるので私の山のレベルが上がるとその方達も離れるかもしれないよみたいな事を教えてもらった。
そうか最近悩んでいた事がこの一言ですっかり目からうろこ状態となった。
そうなんだ私の山のレベルと経験はまったくたいした事はないのだ。
それでおもしろくないと思う人は他のHPを見ればいいし、初心者の方が読んで参考になればいいのだとすっかり自身回復。今のままで山での感じた事を素直に書いていこう。
さらにやっさんから山に対する情熱のDNAみたいなものが同じだからリンクしたんだみたいな事も教えてくれてこれで私もまたまた納得。
やっさんもMさんもごえもん君も私もこれを読んでくれている方も山登りに対する情熱のDNAが同じなんだという事がわかった。Mさんが私を誘ってくれたのも山登りの情熱だけは伝わったんだな思って最近悩んでいた事がこの雨の大船山と星座により、きれいに流されたようだ。

雨の中、大変苦しい山登りとなったが、Mさんとやっさんには感謝したい。
低レベルでも前向きに山登りを続けようと思った雨のくじゅうであった。山の情熱はますます最近高まってきている。しかし先週が山ビギナーの26歳の若者で、今週が大ベテランの2400回の方との山登りとまったく私が1、2ケ月前には想像すらしてなかった方達との山登りの展開で、この予想すらしてない山仲間の展開を一番楽しんでいるのはもちろんこの私です。
[PR]

# by katuyamak | 2003-10-12 00:00 | 山歩き | Comments(0)

猫谷川新道から宝満山

HP0/5(日)  猫谷川新道から宝満山   2名

駐車場出発7:50-宝満山9:15(25分休憩)-駐車場11:00
登り85分、下り80分午後から仕事する


最近とにかく仕事が忙しく、新規の山登りが全然出来ないので、いろいろと重い文章になっていたようで、shinoさん、コヨーテさんから気楽に登ろうという励ましもらい、気楽にやろうと随分気が楽になった気がする。本当に同じ山に10回登ってもいいし、いけないルールはないのだ。
そうしたらちょうどばばっち君からの嬉しい書き込みが来たので、ちょうど遠くにも行けないので、彼を誘ってみた。
時間があれば犬鳴山でも単独を考えていたが、時間的にちょっと無理のようなので、ちょうどいいので、裏宝満からのルートを彼に教えようと思った。

何でもかまどコースから毎週午前中に5月から登っているらしいやる気満々の若者だが、何せいろいろなルートや山の事を知らないらしいので、ちょうどいい機会だったかもしれない。
思えば私もちょうど彼の年の頃に宝満から登っていたが、それ以上の進歩もなく、自分で進んで登る事を止め、いつの間にかずるずるとギャンブルの悪の道に吸い込まれていったが、あの時に先輩方でいい方がいたらと思うと私の人生も変わっていたとは少し大げさだが、やはり人の影響は大きいと思うし、やる気のある若者はどんどん山登りという素晴らしい世界を知ってもらいたいと素直に思う。

そんなんでまったく初対面での43歳と26歳の男がいきなりの裏宝満となり、金をまったく使わずに3時間一緒に遊んだ。
普通、他人同士だとまずありえない事だが、これをさせてくれるのもやはり山登りのよさだろう。


ばばっち君、水泳とマラソンをしていたスポーツマンで、なんでその彼が山登りがいいのかよくわからないが、その素晴らしい世界へ案内するにはやはり経験者が必要だろう。とにかく山登りは気持ちが前向きになるし、仕事でもいい方に体力もつくし、根気も続くし、いい方向に変わってくる。
c0077338_23263646.jpg


ばばっち君とは縁があったんだろう。これからくじゅう、祖母、傾と機会があれば一緒に割り勘で登ろう。これでごえもん君、ばばっち君と割り勘山仲間が出来、安く遠征が出来る。(せこいオヤジだ)もうすでにばばっち君はかまど神社から頂上まで50分切るスピード持っているので、あとは少しずつ山の道具を揃えていくだけだ。しかしHPを始めた事で26歳の方と一緒に登るようになるとは思わなかった。
c0077338_23272054.jpg

ネットの事でいろいろ書かれてあり、殺人なども増えているが、逆にこういういい出会いと、機会も与えてくれる。こういう人との出会いは大事にしたい。


話は変わり、前回より前のザックから新らしいザックに変えたが、これが実に体に合う。55-66リットルでMILLETというザックだが、とにかく背負っていても重くないし、ペットボトルを入れるポケットはあるし、デジカメ、携帯電話ももウエストベルトに左右に収納できるし、とにかくお気に入りのザックになった。
c0077338_23281089.jpg

知らなかったが、これがミレーという人気のザックであった。登山靴、ザックを買えたのも競馬から少々足を遠のいたおかげだ。前は物として何も残らなかった。
[PR]

# by katuyamak | 2003-10-05 00:00 | 山歩き | Comments(0)

昭和の森から三郡山、頭巾山

9/28(日) 昭和の森から三郡山、頭巾山、 4名

昭和の森出発8:00-前砥石ルートから縦走路より三郡山10:30-頭巾山11:00-休憩後頭巾ルートから下山-昭和の森12:30


 なぜかちょっとブルーな気持ち


今回はちょっとパターンを替えて違う感じでの日記風にしてみます。正直9/28の山登りでは取り立てて書く程の事もないので、ちょっと感じた事など気がついた事を書いてみます。


9/27(土) 
中間決算に備えての準備が万全でないので、仕事をしにいく予定が、キャンプ2で創業祭とかでかなりの割引があるとチラシにあり、覗いてから仕事をする事にする。
ついた途端にビックリ。駐車スペースがなく、どこにも停められない。仕方なく路上駐車して店内に入りまたビックリ。人が多い、それも中高年の人達で店内は大賑わい。ここで妙な事を連想してしまった。こんなにたくさんの山人口があるのに今の九州のHPの少なさはどういう事だ。きっとみなさん私以上の山登りの経験をお持ちな訳で私のHP体験なんて本当に小さな事な訳でそういうのをいちいちアップしている自分が妙に小さな存在に思えてきた。
まったくの素人山2年生が偉く生意気な事をしているのではないかとやっと開設から3ケ月目にして今ごろそういう事を考え出した。始めた当初は全然こんな事を思った事がなかったのに、自分が好きな事を書くのに精一杯だった時期から他人の目が気になりだしたのだろうか。ちょっとは自粛しようという事も考えている最近である。


9/28(日) 
午後からサービス出勤の為、午前中で登れるようにと先週に引き続き、亀師匠チームに入れてもらい、三郡、頭巾を登ったが別段とりたてて書くことも写真もなく、楽しく過ごせた。夜に五右衛門君から西山、犬鳴山をバスでの縦走のメールをもらいえらく羨ましく思った。先週、今週と亀師匠の後ろからついて行って楽しい山登りもできた。しかし自分の心が満たされない。もちろん楽しい仲間との山登りもいいし、危険もないし何の不平不満もないはずの山登りだけど心は満たされない。なぜかと思うにやはり低山でもいいから自分でルートを考えての山登りの方がずっと楽しいからというのを体が知っているからだろうか。もちろん勝手知ったる道を何度も登るのも楽しい。でもそれでは今の私は少々満足しないようだ。たとえいつも登る標高差600m以上のきつい山よりもまったく初めての頂上が300mくらいの山の方を選ぶと思う。それなのに2週続けて仕事が忙しいという理由で同じルートから仲間と登ってえらく自分に後ろめたさを感じてしまった。来週は時間がなくても自分で考え違う山、違うルートから登ってみようと思う。仕事が忙しいという理由で楽な山登りして山人口に対しての自分のちっぽけさなんかを考えてえらく自分がやってる事に自分が満足してない自分がいるようだ。

正直、いつも登っている山では何も考えなくても登れる。それよりも駐車場をどこに停めるか考え、駐車スペースを考え、登山口を考え、登山道がこれでいいのか地図とにらめっこして考えて標識のひとつひとつに気を使い、赤テープを探し、神経を使う初めての山登りがやはり楽しい。こういう気持ちも大事にしたい。別に私としては初めての山登りの薦めを書くつもりもないのですが、自分としてはやはり初めての山での山登りでの先の登山道はどうなっているのだろう。これからどうなるのだろうという期待と不安や頂上はどうなってるなどいろいろと空想をする先にどういう展開があるのかさっぱりわからない山登りが好きなようだ。もちろん私は冒険家でもなくただの平凡な勤め人ですが、山登りでは子供のような気持ちをいつまでも大事にしたいです。ちょっと最近仕事が忙しく新規開拓の山登りをしてないし、回数をこなす事のみのせこい山登りをしていたようです。しかし標高差がある山のトレーニングの必要性も大事だし、このへんのバランスがむずかしいところです。とえらく生意気な事を書きましたが、ようはいつも新鮮な気持ちと少年のような感性と好奇心、小さな冒険心を持った気持ちで山登りを続けたいです。まだ知らない山への憧れ、たとえ低山でも山登りへの憧れの気持ちはいっこうに変わりません。来週もおそらく中間決算で土、日と仕事でしょうが、午前中時間をさいてでも新しい低山に登ろうと思います。結局何が言いたかったのかよくわからん文章になってしまって失礼しました。
[PR]

# by katuyamak | 2003-09-28 00:00 | 山歩き | Comments(0)