「ほっ」と。キャンペーン

和歌山県 矢筈岳に登れず、生石ケ峰へ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2017 私の今年の目標は、
山歩き年間 50回、読書年間 50冊 =100が目標


さて、1月2日
昨日、夜遅くに博多から帰省し、本日5時起きですぐに山登り
12月、けっこう腰が重く、登れていたのに、登れなかった日が多かったので、
今年は、まずは、ともかく自宅を飛び出す事にしよう。

青春きっぷ3回目 

5:58発
京阪 千林駅ー京橋駅
JR 京橋駅ー大阪駅
   大阪駅ー和歌山駅
   和歌山駅ー御坊駅 9:11着

帰りは、御坊駅からレンタカーを借り、和歌山駅に返す

JRの往復3350円だから、青春きっぷだと980円お得。

まずは、トヨタレンタカーを借りて、和歌山県 日高川町の矢筈岳に向かう。
たいした山ではないと、たいして気にも留めてなかったのに、登るまでの登山道というか、車道が狭く、
とても登山口まで行けない。
軽自動者がやっと、ギリギリで前へ行けるくらいの道なのです。
レンタカーを擦りそうで、また道に転落しそうで、山自体を断念。
自家用車なら、登山道を突き進むが、レンタカーは自重した方が無難。


この山は、また軽自動車か何かを借りて、山は次回とする。
時間は、他の登山口を調べたりして、すでに11時近い。
正月で営業所が閉まるので、レンタカーは17時までには、返さないといけない。

こうなると登れる山は、1つだけ
短時間で登れるはずの、生石ケ峰に変更
一応、こんな事もあるかもと調べておいた関西100名山の山。



1時間半ほど移動して生石ケ峰へ
歩き32分
1,86mと、「舐めとんのか」
とクレームが出そうな位に、簡単な歩きだったが、けっこうその前に、けっこう苦労しているので、
ここは御勘弁を





今年も地道に1座、1座登って参ります。

年末年始に読んだ本
 
阪急電車         有川 浩
生きてゆく力       宮尾登美子
ラッシュライフ      伊坂幸太郎
海辺のカフカ(上)(下) 村上春樹

「海辺のカフカ」
は、上下で826ページ 正月、朝から夜までテレビも見ずに読み終えるのに3日かかりました。

どっぷりと村上春樹ワールドの世界へ。






[PR]

# by katuyamak | 2017-01-05 14:36 | Comments(4)

兵庫県 七種山(なぐさやま 683m)

12月18日(日)
冬の青春18きっぷが売り出されているので、早速購入。
来年1月まで5回、有効に使わせてもらおう。
11,850円だから1枚当たり 2,370円の計算
まず、青春きっぷ 1回目はJR姫路駅へ。
JR京橋駅~JR姫路駅を往復で利用すると、3,320円なので
950円お得になります。

京阪 千林駅~京橋駅
JR 京橋駅~大阪駅
   大阪駅~姫路駅
   姫路駅~レンタカー利用
Image description


Image description

Image description
山歩きもたいした事はないかと思いきや、最後は急登の連続、汗もしっかり出ました。
Image description
Image description
Image description
今日の山歩きは、ピストンで往復2時間5分とえらく短い。
午前中で終了した。
午後から観光でもするかと、姫路城を見学する時間は十分にあったけど、
また次の機会にでも。
レンタカーを返す時まで、やはり、知らない間に、
けっこう緊張してて、山歩きと運転で、気疲れしてました。

帰りがけに、姫路駅前で、姫路の地酒と姫路おでん。
美味しかったあ(^^♪
c0077338_21465524.jpg

2016年山歩き  59回目
関西100名山  69座目


今週読んだ本
「生きるぼくら」  原田マハさん
この小説も、良かったなあ。
人への愛情と人を思いやる気持ちを、あらためて教えてもらった。
表紙の絵が、前向きな気持ちになり、とてもいい。
最後は、嬉し涙で、ティッシュで鼻をかみながら読み終える(笑)
紹介してもらった、〇〇さん、ありがとう♪
2冊目も引き続き、原田マハさんの小説読んでます。



[PR]

# by katuyamak | 2016-12-21 21:38 | 関西の山歩き | Comments(6)

宮崎県 花切山(669m)

土曜日に、鰐塚山を午前中登って、午後から飫肥城観光
昨晩のレンタカー 日産マーチの車中泊の朝方の寒さが、さすがにこたえて
今日は宿を一応、探すが「北郷温泉」に電話で聞くと、素泊まりで男1名7500円ですと、
言われる。
素泊まり7500円は僕の中で想像を絶する金額
4000円までなら、出す予定だったが、ここは却下。
仕方無く、もう1泊 車中泊で耐えよう
夜は23時くらいまで、インターネットカフェで暖をとった。
インターネットカフェでドリンク5杯、ソフトクリームお代わりで5皿も食べてる。
水分が不足していたとはいえ、どう考えても、おかしい身体になっている。

夜に登山口に向かい、誰もいない道路脇で車中泊。
あたりは真っ暗。かなり怖い。
光は星明りのみ。
明け方に底冷えして、シンシンと冷えた。
日産マーチでの、12月の2日連チャンの車中泊
57歳の体には、2日連続は、きつかった。
なんか宮崎に修行にきたようです(笑)
日曜日、キャンプ場のところから出発

昨日と変わって、とても寂しく感じる山だ。
沢沿いだけに少々危険を感じる山。
一番迷ったのは、下の画像

尾根を上に上がるところにある標識に滝コースとあり、沢沿いを歩く標識に尾根コースとある。
誰かがいたずらしたのだろうか?
いろいろと考えてしまった。
標識を引っこ抜いてみると、簡単に取れる。
誰かがいたずらしたと思って、尾根を上がる滝コースを歩く事にする。
(ややこしいが、僕は尾根コースと思っていた)
結果は、滝コースが正解で、壊れた橋は出てくるし、沢の渡渉は多いし、崖みたいなところを
カニ歩きでロープ沿いに歩いたりで、けっこう大変だった。
だから尾根コースを歩きたかったのに、逆とは・・・トホホです。

途中で、ここの縄張りのデカいイノシシに遭遇するし、けっこう大変でした。
標高は669mと大した事はないけど、昨日の1118mの鰐塚山よりはるかに大変でした。
でも怪我もなく、事故もなく、無事に大阪に戻れてホッとしてます。
何より2日間、好天に恵まれたのが何よりでした。
歩いた距離 たぶん7kmくらい  3時間50分
2016年山歩き  58回目
今週読んだ本
屋久島ジュウソウ  森絵都


[PR]

# by katuyamak | 2016-12-13 22:28 | Comments(4)