「ほっ」と。キャンペーン

京都府 大山崎町 天王山~十方山周回

1月15日(日)
週末は全国的に数年に一度という大寒波の予想。
関西100名山の山も交通機関がどうなるかわからないし、
日曜日は、こたつの中で、酒でも飲んで、全国都道府県女子駅伝でも見るかと
のんびり、だらだらする予定だったが・・・
9時過ぎに自宅から外を見ると、雲ひとつ無い、青空が広がっている。
こうなると、近場の低山を歩きたくなる。
低山を登ろう!
天下分け目の天王山(270m)へ
京阪 千林駅ー京橋駅  210円
JR 京橋駅ー大阪駅  550円
   大阪駅ー山崎駅
いや~、交通費が安いなあ。
近場の山だとこれくらいなんだねえ。


山崎駅から登山口に向かう舗装道路が危なく感じる。
大阪市内は、まったく積もってなかったのに、ちょっと郊外に出ると違うんだね。
舗装道路が凍結してないか?
おそるおそる歩く。
登山道に入ると、むしろ歩きやすくなる。

たっぷり雪の中の登山道を久しぶりに歩く。
いいですねえ。

山歩きが楽しい。


天王山(270m)から、十方山(304m)までの縦走路は、
トレースもわずかで、さらに雪がフカフカ。
雪がフカフカなので、アイゼンは必要なかった。

やっぱり、2日間も、こたつの中にいたら、ダメだね。
山歩きして大正解。

山歩きが楽しいなあと再認識した一日です。

山歩き後の充実感が実に良かった。

今週読んだ本
幕末の大誤解   熊谷光晃


[PR]

# by katuyamak | 2017-01-21 10:21 | Comments(0)

京都府 大山崎町 天王山~十方山周回

1月15日(日)
週末は全国的に数年に一度という大寒波の予想。
関西100名山の山も交通機関がどうなるかわからないし、
日曜日は、こたつの中で、酒でも飲んで、全国都道府県女子駅伝でも見るかと
のんびり、だらだらする予定だったが・・・
9時過ぎに自宅から外を見ると、雲ひとつ無い、青空が広がっている。
こうなると、近場の低山を歩きたくなる。
低山を登ろう!
天下分け目の天王山(270m)へ
京阪 千林駅ー京橋駅  210円
JR 京橋駅ー大阪駅  550円
   大阪駅ー山崎駅
いや~、交通費が安いなあ。
近場の山だとこれくらいなんだねえ。


山崎駅から登山口に向かう舗装道路が危なく感じる。
大阪市内は、まったく積もってなかったのに、ちょっと郊外に出ると違うんだね。
舗装道路が凍結してないか?
おそるおそる歩く。
登山道に入ると、むしろ歩きやすくなる。

たっぷり雪の中の登山道を久しぶりに歩く。
いいですねえ。

山歩きが楽しい。


天王山(270m)から、十方山(304m)までの縦走路は、
トレースもわずかで、さらに雪がフカフカ。
雪がフカフカなので、アイゼンは必要なかった。

やっぱり、2日間も、こたつの中にいたら、ダメだね。
山歩きして大正解。

山歩きが楽しいなあと再認識した一日です。

山歩き後の充実感が実に良かった。

今週読んだ本
幕末の大誤解   熊谷光晃


[PR]

# by katuyamak | 2017-01-21 10:21 | Comments(0)

和歌山県 田辺市 半作嶺(894m)へ

青春きっぷを使って、和歌山県 南部の山
関西100名山 半作嶺(894m)に登る。
青春18きっぷ 2回分を使用。
まず、前日 1月8日(日)
今日は移動だけだけど、凄い距離の移動となる。
京阪 千林駅ー京橋駅
JR 京橋駅ー天王寺
   天王寺駅ー和歌山駅
   和歌山駅ー御坊駅
   御坊駅ー紀伊田辺駅
   紀伊田辺駅ー新宮駅
   新宮駅ー紀伊勝浦駅 運賃 4030円×2回
移動だけで、待ち時間合わせると7時間半 JR運賃 4030円
おかげで小説を1冊と半分、読み終える
夜は、近くの居酒屋でマグロ定食
素泊まりの宿は 民宿こいで 素泊まり2700円
1月9日(祝) 
紀伊勝浦駅ー紀井新庄駅 移動2時間
朝、2時間も移動してきた理由は、前日の宿が素泊まりで安かったからと、また電車に乗れるから。
朝、ここでレンタカーを借りて、山へ
移動で約1時間
詳しくは調べてなかったが、なんとか半作嶺の登山口へ


人とは、当然ながら、往復、誰にも合わなかった。
まったく、人と会う気もしなかった。
滑落しても誰も助けてくれない。
慎重に登る。

疑似ピークらしい頂上に4、5回だまされ、ここか?、ここか?と登ってやっと山頂

往復2時間の山歩きだったが、距離と時間以上に神経が疲れた。
山は、雪があって、苦労するかと思っていたが、まったく雪も無く、さらに
登り終えてから、すぐに雨が降り出した。
先週は登山口探しに苦労したが、今週は、すぐに見つかり、雨にも降られずに、
とてもありがたい山歩きとなる。

今週読んだ本
夫婦善哉     織田作之助
楽園のカンヴァス 原田マハ
翼        白石一文 
幕末の大誤解   熊谷光晃(半分まで)
大阪難波のジュンク堂で、ブックカバーを2つ購入
合わせて4000円近くしたけど、とても気に入ってます。
JRの普通電車で、ガタン、ゴトンと列車に揺られながらの、
冬のとても寒そうな和歌山の海を見ながらの読書
すきま風とドアが開くたびに入って来る冷たい風に体が固まる。
駅から駅への移動では、平気で1時間の待ちぼうけは当たり前。
その間、少々寒い待合室での読書
列車が動き出し、暖かくなると、うたた寝し、また起きて本を読む。
温かいブラックコーヒー、お茶に日本酒のカップ酒
僕にとっては、至福の時間だったなあ。

青春きっぷ 5回分 使いきりました。



次回は3月。



[PR]

# by katuyamak | 2017-01-12 07:00 | Comments(2)