奈良県 行者還岳(1546m)

先週は、仕事で登れませんでした。


さて、今週
7月29日  行者還岳  11km   6時間40分
  30日  笠捨山    9km   5時間45分

と真夏の大峯奥駆道の山 2座を登る
どちらも登りでは、真夏のせいか、登りでは、標準タイムで登れず、あえぎながら
なんとか食らいついて登る。

まずは、金曜日の28日 
行者還トンネル西口を目指し、夜に国道309号線を走ったが、道幅が狭くけっこう大変でした。
特にみたらい渓谷を過ぎてからは、本当にこの道で合っているのか?不安だった。
みたらい渓谷の手前で、国道309号は、夜は通行止めと書いてあったのに納得である。
(僕は強引に入っていったんだけど)


行者還トンネル西口登山口を見つけてホッとして、手前の無人 駐車場にて車中泊
夜は、僕の車が1台だけだったので、ほんとに真っ暗でぐっすり寝れました。

c0077338_12152536.jpg

29日(土)

朝、5時起床 5時45分頃出発
有料駐車場1000円の朝の様子
まだ十分余裕があります。

c0077338_12162813.jpg
c0077338_12172837.jpg
前日は、ヤマップの地図が見れたが、朝方に受信がおかしくなり、地図が見れない。
GPSで対処する。
西口登山口から奥駆道出合まで、標準タイス 50分のところで、いきなり1時間20分も
時間がかかる。
c0077338_12173935.jpg


夏になり、登りのスピードががっくり落ちてきてます。

奥駆道出合から、ほとんどの方は、八経ケ岳(弥山側)を目指すが、僕だけは行者還岳を目指す。

c0077338_12174912.jpg
あとは、行者還小屋から、頂上までが長く感じた。
すぐに着かないんですが、昔の大峰奥駆道の雰囲気は十分味わえた。
下の画像は、ちょっと気を使う、いやなところ。

c0077338_12180033.jpg
登りだけで4時間かかりました。
c0077338_12181166.jpg
c0077338_12182511.jpg
帰りは、ショートカットで帰る。
地図は、帰りの道でヤマップが復活して、途中からの受信なので、まったく参考になりません。

帰りがけの駐車場の様子 満車です。
さすが、日本百名山ですね(八経ケ岳ですが)

c0077338_12183848.jpg


山歩きを終えて、
ほぼ来た道を引き返し、下市温泉の湯に漬かり、国道169号線から大和上市駅の近くで
17時頃にちょっと早い夕食。
コロッケ定食ご飯おかわりと、うどん。
ここで食事しておかないと国道169号から山に入るともう店は無い。
吉野川沿いで、今日は花火大会があるようで、みんなソワソワしている。


21時頃、笠捨山の登山口手前の真っ暗な道路で就寝
レンタカーのポルテだったかな。
2泊したが、なかなか寝心地がよい。
ただ蒸し暑くて、虫が入るのを覚悟で窓を開けて寝る。

外は雨である。
笠捨山 前回は、大雨で中止した事がある山
2度目も無理なのか?

ちょっと不安だが、明日になればわかる。
とにかく寝よう。

笠捨山に続く・・・


[PR]

# by katuyamak | 2017-08-05 12:11 | Comments(0)

兵庫県 六甲山

7月17日(月)
起床4時10分


3連休 最終日 
体力的に土曜日の大普賢岳の疲れも取れてない状況だが、最終日 山登りへ行く。
できたら2015年4月以降で、きっちり関西100名山を達成したいので、
前回2013年 9月に登った六甲山へ再挑戦


JR芦屋駅を降りたのが、6時13分

c0077338_12043139.jpg


暑くなるのは、わかっていたので朝一から行動開始
高級住宅街を通る
さりげなくベンツ。
どこの家もセコム、アルソックの警備万全

c0077338_12044688.jpg

c0077338_12045938.jpg
 
c0077338_12051261.jpg


平坦なところは良かったけど、登りになると、とたんに体が重い。
c0077338_12052698.jpg
風吹岩を過ぎたあたりから、登りで、いつものように、前に、まったく足があがらない。
おとといの疲労がまだ、かなり残っているのかなあ?
軽い熱中症でもなったのかなあ。

山登りでメッタに撤退しようとか思わないんだけど、
今日は、本気で途中で撤退しようかと真剣にどうしようかと思ってました。

そうしていると、平坦なフラットな道になると、なんとか普通に歩ける。
問題は、登り とにかく5m、10m歩いては休んで歩く。
いつものように、サッサと登れないんです。


途中で60代の初老の方達に多数、追い越される。
普通は、若い方以外では、登りで追い越される事はそうないんですが、
今日は足が、まったく、あがらない。

それでも粘って、粘って、なんとか六甲山最高峰まで
登り3時間45分 踏ん張りました(笑)

c0077338_12053638.jpg

途中、登りでは、立ち止まっては、じっとして心臓が落ち着くのを待つ作戦。


帰りは、楽して帰りたかったけど、元来た道のピストン
往復7時間 歩いた距離17kmはよく歩きました。


おとといは、8時間半歩いてますので、この暑さの中、よく踏ん張ったかと。

家で、のんびりエアコンの下で、読書でもしてればいいんですけどね。
おかげで汗、いっぱい大量にかきました。

昔のブログを調べてわかりましたが、
、2013年9月
その時も3時間50分かかってました。
やっぱし、僕にはきつい山ですね。

でも凄くいいトレーニングになる山だと思います。


京阪始発5:13
京阪 千林駅ー京橋駅  210円
JR 京橋駅ー大阪駅  390円
   大阪駅ー芦屋駅

往復旅費 1200円

六甲山だと、こんなに安い旅費で山歩きが出来るんだ。
財布に優しい、ありがたい山です。

帰りに芦屋の高級住宅街を歩いていると、バイオリンの音が聞こえてくる。
芦屋のお嬢ちゃんが練習しているのでしょうか?
あるいはおじさん。

大阪の住宅街で、バイオリンの音なんて聞いたこともありません。
ここは別世界のところなんだなあと、あらためて知る。



連休で読んだ本

最小限主義      沼畑直樹

先週、読んだ本で、「ミニマリスト」なる用語を知る
モノを持たない人達(最小限主義)との事
大阪市立図書館で「ミニマリスト」で検索して借りようとすると、
ほとんどが、貸し出し中と予約がいっぱい
唯一、すぐに借りれた1冊でした。

「ミニマリスト」、静かに人気が出てきているようです。
僕も単身赴任3年目で最近、物が増えてきているし、
興味がある事なので、ちょっと本から知識を吸収して、物を減らして
いきたいと思ってます。




[PR]

# by katuyamak | 2017-08-05 12:01 | Comments(0)

大普賢岳(1780m)

7月15日(土)
大普賢岳へ。
下山で遭難するか?と思いましたよ。
山歩き時間8時間半(彷徨い含む)

前日
和佐又口ヒュッテ駐車場手前10kmのところで適当に車中泊
朝、4時に目覚ましをセットし、登山口へ4時40分
出発は、5時

c0077338_11444597.jpg

c0077338_11452373.jpg
  
c0077338_11543715.jpg
c0077338_11544923.jpg
c0077338_11550911.jpg
大普賢岳の頂上手前で、まさかの雨。
すぐに止んでくれたが、これは想定外
でも笹が濡れており、スパッツをしてなかったので、登山靴に雨が染み込む。
いやな流れ。

国見岳のところから、ヤマップが不調
国見岳からの現在地の場所から、それからまったく動かないのだ。
ここから最後まで回復する事がなかった。
この事がこれから苦労する事となる。

行者還岳まで行こうかと考えていたが、予想以上に山が険しく、周回に変更

c0077338_11554072.jpg
七耀岳を過ぎて、無双洞のところから、道に自信がなくなる。
どうもおかしい、すごく道がヤバくなり、谷に降りている。
この道が合っているのか?さっぱりわからない。
また登り返すが、相当きつい。
元の登山道に出た時はホッとしました。

*山の軌跡の跡がまったくないので、道に迷ったのかどうかさえもわからないのです。


出発が5時だった事もあり、時間にかなりの余裕があったので助かった。
暑さと登山道が濡れており、下山に苦労した1日

でも大峰奥駆道のルートは存分に楽しめたと思う。

帰りは登山靴、ズボンは汚れまくり、ボロボロの状態
無事で何より。
携帯が不通になる対処法も考えておく必要を実感。
GPSは予備で持ってはいたが、時間に余裕がある事もあり、使わなかったが、
早く出しておいた方がよかったかと。


経費
旅費     2310円
レンタカー  4340円
ガソリン    995円
駐車場    1000円
合計     8645円 


今週読んだ本
体内大掃除ができる奇跡のフルーツ断食 ムラキテルミ

この方の本の影響で、ジューサーを買いました。


[PR]

# by katuyamak | 2017-08-05 11:58 | Comments(0)