鈴鹿山脈 御池岳(1247m)

4月29日(土)
昨年の11月以来の人と一緒の山登り
4名での山歩きは、2年ぶりとなります。
行きがけは、sarkoさんご夫婦の車に乗せてもらう。
人の車に乗せてもらうのも2、3年ぶり。
4名の山歩きも、最初はみんな慣れないせいか緊張しつつも
なぜか初めて会った気がしないから不思議です。
Image description Image description Image description



順調に行っていた山歩きも、雷が鳴り始めて、大雨で山歩きも一変。
Image description Image description Image description

Image description
道迷いしながらも、無事に下山できて良かったです。
聞くまでなく、すでにわかっていた事ですが、おとみんさんもsarkoさんご夫婦も
山が本当に好きなんだなあと、あらためてわかった事。
いつも一人で孤独に黙々と登ってますので、4名で山の話しがいっぱい出来た事。
僕の山の話しを聞いてくれた事、山の情報交換が出来た事が嬉しかった。
日頃は僕の山の話しを、うんうんと聞いてくれる人なんて誰もいませんから(笑)
みんな本当に山が好きなんだなあ。

そんな方達とご一緒できて、素晴らしい1日でした。
また天候に恵まれた時に、自然林の残る人の少ない山で、又、ご一緒したいですね。



[PR]

by katuyamak | 2017-04-30 06:50

JR粟野駅から野坂岳(914m)

4月23日(日)
敦賀駅前のビジネスホテルで5時前に目が覚める。
ホテルを7時半頃出発するかなあと思って、ぼんやり何気なくスマホを見ると
6時半台に粟野駅に行く電車がある事を知り、6時過ぎに出発。
JR野坂駅を6時50分に出発。
Image description Image description Image description
今日は、昨日 標高差 810m 5時間歩いた疲れのせいか、体が重く感じる。
それが山頂まで続き、最後まできつかった。
Image description Image description Image description

途中、途中で、ゆっくり休憩して、往復タイムは、本の標準タイム往復4時間より、
さらに遅れて4時間20分

二日間で、歩いた距離、ストック無しで25km 9時間
標高差 1600mは、よく歩いたと思う。

野坂駅に戻ったのが、11時10分
Image description
次の電車が12時53分
1時間40分ほど、無人駅のベンチで読書してました。
ブラックコーヒーを2本飲む。
本を持ってて、良かったです。

今週読んだ本
「カフーを待ちわびて」   原田マハさん
予想通りで、すごくおもしろい本でした。
日本ラブストーリー大賞 賞金500万円を獲得した内容だけあります。
情景が目に浮かんでくるような、離島の生活
明青は、幸に会えたのか?
気になるラストです。
無人駅のベンチで、一人、ほっこりして、小説のラストシーンの余韻を楽しんでました。


[PR]

by katuyamak | 2017-04-24 08:11 | 関西の山歩き

JR十村駅から三十三間山(842m)へ

4月22日(土)
久しぶりに、2日間 どちらも山に登れそう。
山三昧の週末にしよう。

JRを使って、敦賀周辺の山を2座登る事を計画
どちらの山も関西100名山。
まずは福井県 若狭町の三十三間山から
4時40分起床
千林駅発5時40分
京阪 千林駅ー京橋駅
JR 京橋駅ー大阪駅 特急サンダーバード1号
   大阪駅ー敦賀駅
   敦賀駅ー十村駅
十村駅に着いたのが8時52分
用意して、9時頃から出発
風が冷たい。
Image description Image description
北の方に来るといつも感じるが、風があきらかに違うのだ。
大阪の、関西の風とまったく違う。

三十三間山は、昨年 下見で登山口を調べていた時に、
この山はJR十村駅から歩ける事を知る。
ウイキペディアより
登山口に「三十三間山」の由来についての石板にがありそれによると京都市の三十三間堂が創建された際にその棟木をここの山中から切り出したという伝説があり「三十三間山」と呼ばれるようになったと記されている。

駅から歩いて、登山口まで到着するだけで、すでに53分もかかった。
Image description Image description Image description
あとは何の問題も無し。
歩きやすくいい山だった。
土曜日だった事もあり、すれ違った方も数人程度。
Image description Image description Image description


Image description Image description Image description


山歩きを終えて、敦賀駅 徒歩1分のビジネスホテルに素泊まり 4200円
ホテルから歩いて600mの
昭和7年創業 創業から84年って言われていたかな?
敦賀の銭湯
サフラン湯の湯に漬かり、疲れをとる。
Image description
番台には、私と同年代の女将さんが真ん中に座って、ニコニコ笑ってある。
私の素っ裸も、見られただろうけど、真ん中の番台に女性、人が座っているのを見たのは
いつ以来だろう。
昔はそれが、当たり前だったのに、とても懐かしく、かつ新鮮であった。
夕食は、ちょっとだけ
福井県名物らしい ソースカツ丼(小)
Image description
中、大はアゲがたくさん入っているらしいが、見ただけで、アウト
でも(小)でも十分 美味しさは伝わりました。
JR敦賀駅
まだカードが普及してなくて、手切りの切符、改札に駅員さんがいる。


また、スーパーで明日のポカリとビールを買っていたら、手にもっていた2つだけを見られて、
老夫婦からお先にどうぞと、先にレジに入るように進められる。
レジがとても混んでいたんだれど、大阪でこんな事をされた記憶は1度もない。

銭湯、JR、スーパーの出来事
敦賀では、最近、忘れかけていた昭和の時代を思い出させてくれた。

ホテルでは、早々と驚異の20時台に就寝。
敦賀でぐっすり睡眠できた。

明日は、JR敦賀駅から2つ目のJR粟野駅から野坂岳に登ります。




[PR]

by katuyamak | 2017-04-23 07:55

大阪府  生駒山系 大原山(522m)に登ったと思う

4月16日(日)
近鉄 瓢箪山駅に降りて、始めてこの駅が瓢箪山駅(ひょうたんやまえき)と呼ぶのを駅のアナウンスで知った。
Image description Image description Image description
今日は凄くいい天気。
山に行く予定では無かったが、自宅にいるのがもったいない好天。
2週間、本決算と会計監査が重なり、毎年の事ではあるが、いつもこの時期 桜を見られずに
2週間が過ぎた。
あまりの好天に誘われて、自宅を11時に出発。
近場の低山を歩く事にする。
「大阪の山100」から駅から歩ける大原山を選択
でも歩いたみたが、大原山の山頂がわからなかった。
たぶん、数m付近を通っているはずだけど・・・
でも今週、登山道を歩けた事、
山歩き出来た事だけで十分、満足です。
Image description Image description Image description

今週読んだ本
爆買い後、彼らはどこに向かうのか?
中国人の本音 日本人のとまどい        中島 恵

輝く夜                    百田尚樹


[PR]

by katuyamak | 2017-04-17 06:33