兵庫県 白髪岳(丹波富士 721m)、松尾岳(681m)

9月27日(日)

九州100名山を4座登った後は、関西100名山の山を登ります。
4月から赴任して関西100名山を登ってますが、駅から登れる山がだんだん無くなってきました。
あとは電車で移動して、さらにバスを利用、もしくは車利用と移動が大変です。
まあ、車を使うまでは出来ませんが、歩ける範囲で楽しみたいですが、
これから歩ける山を探すのが大変になりそうです。


今回は、兵庫県篠山市の山で、何とか駅から歩ける山
白髪岳(丹波富士)とおまけで松尾山の周回

5:50頃清水駅出発
地下鉄 清水駅ー蒲生4丁目  一日乗車券600円
地下鉄 蒲生4丁目ー森の宮  乗り換え
JR  森ノ宮ー京橋     1140円
JR  京橋ー大阪      乗り換え
JR  大阪ー古市

無人の古市駅 7:50頃到着
2時間の移動  移動距離  70km


JR古市駅
夜、下調べしていた時に、わからずに近鉄の古市駅で検索していた。
朝、地下鉄の移動中に本を読んでいて、間違いに気が付く。
早めに間違いに気が付いてよかった。
しかし私鉄とJRで、同じ名前の駅名 なんとかしてほしいですね。

8:05出発

c0077338_19272764.jpg

道路沿いに標識がしっかりあり、有り難い。
c0077338_19274361.jpg

道端に栗がたくさんある。
今日の山歩きで、たくさんの栗を見た。

丹波の栗です。
c0077338_1928010.jpg
遠くに見えるが、白髪岳かと

c0077338_19281118.jpg
名前がいいね。
まさに丹波栗街道

c0077338_19282229.jpg


c0077338_19283548.jpg

道路沿いを50分ほど歩いて、登山口へ
c0077338_19284877.jpg

最後の登りは急登。
c0077338_1929121.jpg
鎖場もあり。

c0077338_19291334.jpg

登り1時間50分で山頂
c0077338_19292687.jpg

次は松尾山への周回
c0077338_19294889.jpg


c0077338_1929583.jpg
松尾山からの下りは、わかりにくかったが、なんとか下山
出会ったのは、若いカップル2組、トレイルランの単独の方1名。

静かな山でした。
c0077338_1930818.jpg
山歩きメモ
出発8:05-白髪岳:55-登山口12:45
4時間40分の山歩き  13.6km

画像に出してないけど、蛇が多かったです。
3、4匹見ました。


帰りのJRで食事していて、奥歯のかぶせていた金属が取れてしまった。
スマホを持ってないので、京橋のインターネットカフェで日曜日でも開いている歯医者を
検索して、調べる。
自宅の近くにあったので、登山の格好で体が臭いまま、治療室へ
なんとか助かりました。

そう言えば、京橋では餃子も食べていた。
相当臭かったかも。 申し訳ない(笑)

c0077338_19304390.jpg

[PR]

by katuyamak | 2015-09-27 19:30 | 関西の山歩き | Comments(10)

宮崎県 鉾岳(1277m)~鬼の目山(1491m)

9月22日(火)

大崩山系の山歩きも3日目 最終日
明日は大阪へ戻ります。
ここ鉾岳は大崩山から相当離れているが、ここも大崩山系に入るらしい

鹿川キャンプ場で車中泊3日目の爽やかな朝を迎える。
昨晩が遅かったので、本日は7時頃ののんびりスタート
c0077338_617281.jpg
キャンプ場から伸びている登山口から6:55スタート
車はキャンプ場に置いてます。
車中泊でも1020円払っているので、キャンプ場に置いたままでも問題なし。

c0077338_6171411.jpg

さすがに大崩山を登った後の、山歩きは体が重い。
c0077338_6174330.jpg
最初の30分はとにかく体が重かった。

c0077338_618710.jpg

ヒメシャラの森を歩く大崩を二日続きの10時間、さらに3日目の、鉄人うすきさん
67歳 若々しいです。
c0077338_6183615.jpg
登り1時間50分で山頂

c0077338_6185621.jpg
山頂すぐの展望の場所

ツチビノキ
うすきさんが見つけられましたが、鉾岳でしか見られない貴重な花とか
咲いててくれてありがとう。

c0077338_6191073.jpg


c0077338_6192761.jpg
鉾岳の次は、鬼の目山
ここも簡単な山ではなかった。

c0077338_619429.jpg
次に目指す 鬼の目山
沢からの登りルートが、わからなかった。
単独なら、すでに鉾岳も登っているので、止めていたかも。

うすきさんとだから登れた山です。

c0077338_6195668.jpg

分岐から1時間程で山頂
c0077338_620878.jpg
帰りは鉾岳の展望所へ

c0077338_6202054.jpg
雌岳からクライミングで降りる方が見えた。

c0077338_6203312.jpg

見てる私の方が気持ちが悪かった(笑)
c0077338_6204529.jpg
山歩きメモ
出発6:55-下山13:55  7時間の山歩き
9.5km  

3日間 歩いた距離 34km 4座
思う存分に宮崎 大崩山系を堪能しました。
何も考えず、ただ目の前の登山道を黙々と登り、黙々と下った。
仕事の事も何も考える暇もなく、ただただ山の事だけを考えて、山とどっぷりと向き合った3日間。
充実の山歩きだったなあ♪




翌日、新幹線で単身赴任先の大阪へ戻る。
SW明けの関西の仕事もまた新たな気持ちで頑張れそうです。

c0077338_6211198.jpg



















[PR]

by katuyamak | 2015-09-25 06:21 | 九州146名山 | Comments(4)

高所恐怖症の者が登る山ではなかった 大崩山(1643m)

9月20日(日)
4時半起床
本日はいよいよ、九州100名山を目指す私にとって、いつか登らないといけない山 大崩山です。
単独だと高所恐怖症の私では、まず登れない山
ずっと避けてきた山でしたが、九州100名山制覇を目指すなら、いつかは登らないといけない山

山に対しての目標を持つ事はいいですね。
だって、そんな目標がないと、高所恐怖症の私が、
こんな遠くまで来て、大崩山系を登ろうなんて、絶対に思わないですもん。



でも、すでに数回登られている、うすきさんとご一緒なら、私もなんとか登れるかも
強力な助っ人にお願いして、2日間は、2名で登ります。

5:42出発
歩き出して、いきなりこれ
おんぼろ橋
何気ないこんな橋を渡るのも、うすきさんには黙ってましたが、私はひと苦労。
相当慎重に渡る。
こんな何気ないところで、すでにビビッていて、いいんだろうか(笑)
第一関門

c0077338_6173737.jpg
またか
第二関門

c0077338_6175494.jpg


c0077338_618722.jpg
沢を渡れんゾ
第三関門

c0077338_6182587.jpg
8名でロープを使って、石を飛び越して渡ろうとしたが、実に大変。
私は、あやうく沢に落ちそうになりかけたところを、手をつかまれて助けてもらった。
見ず知らずの8名がおのおのロープで沢を渡った。
いいッスねえ。

でも、この先どうなるんだろ・・・
すでにいや~な予感


c0077338_6184191.jpg
ワク塚を登ってから、こんな素晴らしい景観も、私はゆっくり景観を楽しむ余裕はない。
c0077338_6185797.jpg
登りでのハシゴはそんなに怖くはない。

c0077338_6191076.jpg

お元気なうすきさん
前日も大崩を10時間歩かれてます。
c0077338_6192399.jpg
ワク塚を超えたりしながら、登り6時間半もかかって、やっと山頂
6時間半も歩いているのに、画像が少ないのは、
私自身が、いっぱい、いっぱいで写真を撮る余裕がすでになかったからです。

c0077338_6193854.jpg


c0077338_6195843.jpg
坊主尾根の下り
これがまたまた、これでもかと続くビビりの連続

c0077338_6201310.jpg
ビビッても、ここを降りないと帰れないのだ・・・
気合いを入れて、とにかく下るしか残された道はない。
(実際、そうなんです)

そう思うとなんでも来いという気持ちになるから不思議。


c0077338_620271.jpg
ここが一番いやだったかなあ。
石の上をお尻からロープで下ったら、2段ハシゴ

この時、思わず下を見てしまった。
下は断崖絶壁で頭がクラッとした。


ビビりまくりです。

c0077338_6204279.jpg
まだまだたくさん、下りでいや~なところがたくさん、たくさんあったのだけど、
画像を撮る余裕はすでに無し。
20、30関門ぐらい、あったんじゃないのかなあ。
下りは、とにかく、いやなところだらけでした。


とにかく、まだ何とか生きてました。
下りでの沢はなんとか私でも渡れた。


c0077338_62105.jpg

今回の山歩きでわかった事があります。
大崩山は、ただ山歩きで登り、下りが出来るだけではダメですね。

根本的な、体全体のトータルバランスというか、
跳躍力、瞬発力、バランス力、筋肉のしなやかさ、みたいなものが要求されます。
そう考えると、20代、30代の方は何もしなくても、体に筋肉のしなやかさがありますので、
楽しい山と思いますよ。


年配の方でも、それを、まだまだ兼ね備えている方は、むきだしの自然の中で、体全体、両手両足を使いながら、
楽しくて、たまらない山だと思う。

でも高所恐怖症の方は登らない方が無難ですね。
ハードルが高すぎます。

私も鍛えられるものならば、また挑戦したい山ですが、果たして、どうだろう。


下山した時は、もう二度と登る事はないだろうと思っていたけど、数日が過ぎて、
また考えが変わってきました。
不思議な山ですね。



山歩きメモ
出発5:42-下山16:21
10時間39分の山歩き  14.5km


下山後は、祝子川温泉の湯につかり、夜のうちに、鹿川キャンプ場へ向かう。

c0077338_6213779.jpg



温泉後、車で2時間移動して、鹿川キャンプ場でうすきさんと乾杯!!
1~2時間 今日、一日を語り合いながらの楽しい夜でした。

うすきさん、飲めないお酒をお付き合いいただいて、ありがとうございます。
飲んだ後は、お互いの車 2台に分かれて、車中泊で眠りに着く
私はすでに車中泊も3泊目となる。
明日は鉾岳、鬼の目山 2座に挑戦だ。
 おやすみなない



c0077338_22121808.jpg















[PR]

by katuyamak | 2015-09-24 06:21 | 九州146名山 | Comments(12)

宮崎県 行縢山 むかばきやま(830m)

9月19日(土)

今回、SW休暇5日間とフルに休めます。
3日間かけて九州100名山(過去分含む)
大崩山系4座
行縢山、大崩山、鉾岳、鬼の目山を登りました。

前日、19日、18時頃に博多の自宅を出発、
いつものごとく、佐俣の湯に漬かり、スーパーのお店で夕食
c0077338_5411040.jpg

22時頃、六峰街道沿いの誰もいない神社の駐車場の片隅で車中泊
放射冷却の影響か、朝は寒かった。

9月20日(日)
5時半起床、218号線を2時間程運転してさらに南下し、山が見えてきた。
あれか!
c0077338_5414296.jpg

行縢神社の駐車場から出発
c0077338_5415826.jpg
いい感じの登山道
c0077338_5422740.jpg


c0077338_5425141.jpg
今日は最高の天気
昨年、秋の対馬の山を思い出すような好天でした。


c0077338_5431429.jpg
日本百選の滝を見に行ってみる。

c0077338_5433996.jpg
いや~、素晴らしかった。
これは画像より、是非、足を運んでみて下さい。


c0077338_543513.jpg
1時間40分で九州100名山
むかばきやまの山頂

c0077338_54475.jpg
ここから素直に下山すれば、3時間チョイで下山出来たのだが、
あまりにすんなり登れたので、帰りにに雌岳に足を運んでみた。

c0077338_5442155.jpg

簡単に登れると思っていたら分岐から1時間位かかってます。
けっこう大変でした。
c0077338_5443890.jpg

下山は県民の森ルートを下る。
c0077338_5445596.jpg
出発7:50ー下山13:00
5時間10分の山歩き 11.7km

翌日の大目標 大崩山に備えての山歩きだったが、10km以上歩いてしまい、
翌日に疲れを残す山歩きとなる。
雌岳までは無理しなくて良かったです。


c0077338_5451495.jpg
本日の車中泊をする祝子川温泉(ほうりがわ)
相当、オンボロのイメージを持っていたら、いや~清潔ないい場所でした。

c0077338_5461759.jpg
まさか、ここで温泉後に生ビールが飲めるとは思わなかった。
うどんを食べる。
ここに定食もあったんですね。

何も食べるところがないだろうとスーパーで弁当を買ってきていたので、
車でさらに食事。

遅くに大分のうすきさんとお会いする。
私の送別会以来です。


c0077338_5463127.jpg
いよいよ、明日
ついに高所恐怖症の私も 大崩山に登ります。

高所恐怖症の者が登る山ではない(´;ω;`)ウゥゥ 大崩山編に続く


[PR]

by katuyamak | 2015-09-24 05:30 | 九州146名山 | Comments(2)

三重県の山  御在所岳(1209m)

9月12日(土)

三重県の名峰 関西100名山で人気の山 御在所岳に登ってきました。

朝4時半起床

地下鉄 清水駅発 5:09

地下鉄 清水駅ー今里駅   1日乗車券600円
地下鉄 今里駅ー鶴橋駅
近鉄  鶴橋駅ー津駅   特急料金含む3760円
近鉄  津駅ー四日市駅
近鉄  四日市駅ー湯の山温泉
バス  湯の山温泉ー三交湯の山温泉バス停  280円
バス停着 8:55

電車での移動距離253km

近鉄 湯の山温泉駅から、さらに湯の山温泉へのバスを待ちます
c0077338_883363.jpg
終点の湯の山温泉バス停
ここからいよいよ、山歩きとなる

c0077338_885071.jpg
あれが御在所岳か。

c0077338_89687.jpg
山と渓谷社のルートの通りに中道登山道から

c0077338_892281.jpg
ここから登る

c0077338_893539.jpg
けっこうな登りでした。

c0077338_895129.jpg
今日のハイライトのキレットの下り
人が少なくてよかった。

c0077338_8101917.jpg
ここが濡れていたら、少々やっかい。
好天に恵まれて良かったです。

c0077338_8103665.jpg

山頂かなと思ったら、さらに15分ほど山頂までかかりそう。
c0077338_8104798.jpg
ここが山頂
登り2時間26分
けっこうな時間がかかりました。

ここで風来坊さんからの携帯メールに気が付く
「槍ヶ岳に登りましたあ~」とは、いや~凄いですねえ。

御在所岳から、おめでとうございます。

レポが楽しみ。

c0077338_8105761.jpg

下りは裏道ルート 沢コースを下る。
石がゴロゴロで慎重に下る。
c0077338_811899.jpg

こんなところも。
あやうく落ちそう~

c0077338_8111896.jpg
好天に恵まれて、いい山歩きでした。


山歩きメモ
出発9:05-下山 14:15
5時間10分の山歩き  10.1km


近鉄特急 アーバンライナーは座り心地が良くて、快適でした。

c0077338_811365.jpg

[PR]

by katuyamak | 2015-09-13 08:04 | 関西の山歩き | Comments(8)

佐賀県側から  雨の金山(967m)

9月5日、6日、7日と博多に帰省してました。

土曜の午後に博多に戻り、日曜日の山はどげんしょうか?
山歩きは天気次第で決めようと眠りに着く

日曜日
朝から雨。
まあ、こんな日は傘をさして甘木の大平山でもと思って、6時頃に甘木方面に向けて、自宅を出発するが、二日市付近で大雨に出くわす。

これは今日の山歩きは無理だと自宅付近のガストで読書をしつつ、ゆっくりモーニングを食べ終え、自宅に戻ると雨が止んでいる。

8時過ぎ  またまた山歩き出発
天候に惑わされますねえ。
今日は、読書と映画かと思っていたけど・・・



佐賀側から金山へ
小雨が降ってますが、山歩きができない程ではない。
ザックカバー、スパッツ、傘を持参し、登山開始

三瀬峠から来られたご夫婦1組に出会ったのみ
c0077338_20234340.jpg


小雨降る山歩きではあったが、金山に登れた事に満足

c0077338_2023552.jpg


c0077338_2024690.jpg


c0077338_20241877.jpg

よく知っているルートと雨の為、GPSは使わず
往復2時間弱


こんな日もあります。
なんかこんな日があったなあと思ったら、5月3日も同じような事してましたね。
[PR]

by katuyamak | 2015-09-07 20:24 | 山歩き | Comments(5)

肉まん  豚まんを食べる  最近の麺事情などなど

関西で有名なお土産に551HORAI(蓬莱)の豚まんがあるのはご存知でしょうか?

週末に梅田の大丸百貨店、阪神百貨店のデパ地下を訪問した時、551HORAIの店内で食事できる店があったので、入ってみました。


この時、初めて蓬莱の豚まんを食べてみる。
職業柄、豚まん、肉まんには、少々うるさいのですが、ふ~ん こんなものかというのが正直な感想。

ただ、いろんな方が食べられるように無難に仕上げているなあという感想。
逆に言えば、特にインパクトがある訳でもない。

まあ、ほんとに無難な普通の味です。
どうしてこんなに関西では人気があるんでしょう。

でもこんな味なんだとわかった事は大収穫でしょう。
お土産に買う事はありませんけど(笑)



c0077338_22351317.jpg

大阪で食べた麺では、
塩元帥の塩ラーメンは旨かったなあ。


c0077338_22332596.jpg
京橋では長崎皿うどんのお店があったので、思わず作っている方に「九州の方ですか?」
と問いかけたところ違うとの返事。

そうなると大阪の方でしょうか。

まあ、味は特に普通でしたが、やはり懐かしかったですね。

c0077338_22334094.jpg
こちらに来て、初めて
大阪王将のお店に入る。

味は「大阪王将」も「餃子の王将」もそう差はないと思うけど。


c0077338_22335230.jpg
こうしてみると、安いもんばっかり食べとるなあと思われるでしょうが、
実はその通りです(笑)

少々高いところも、会社関連では行く事もありますが、
仕事の延長だと思うだけで、とても画像を撮影しようとする勇気はありません。
そう考えると風来坊さんはたいしたもんです。





[PR]

by katuyamak | 2015-09-02 22:34 | Comments(4)