山歩き666回目は、七曲峠から天山 一平カツカレー大盛り

1月24日(土)
今回、特別ゲスト Masayoさん初登場の為、山ガイドをマッスルさんにお願いし、
3名で七曲峠からピストンで天山を歩く。
c0077338_08111741.jpg






日頃、単独で歩かれてあるマッスルさん。
本日は山ガールMasayoさんの参加で、饒舌に天山に関するあらゆる事を名ガイドしていただきました。
マッスルさんも今回は、さぞかしガイドのやりがいがあった事でしょう(笑)

山頂でMasayoさんが、マッスルさんと肉まんの二人のツーショットを写しますよと、しきりに勧めてくれましたが、二人ともそれだけはと、固く固辞致しました。
オッサン2名の画像を想像するだけで、ゾッとしますからねえ(笑)



c0077338_8233112.jpgc0077338_8235972.jpgc0077338_8245482.jpgc0077338_8442359.jpgc0077338_8445045.jpg











c0077338_10311152.jpg
画像2枚 Masayoさんより

c0077338_10314233.jpg



マッスルさんと私 オッサン2名 いつもの山歩きでは、単独でただ黙々と景色を眺めながら歩いてますが、
今日は女性がいる事により、穏やかな和らいだのんびりした山歩きをとても新鮮に感じる。

山歩きメモ
出発9:10-13:35 4時間25分の山歩き(休憩30分位含む)  7.4km

おかげ様で2002年6月から続けていた山歩きの連続回数も666回目。
目標とする1000回の山歩きも視野に入ってきました。

c0077338_8273215.jpg
山の後は、温泉
そのあと ドライブイン一平


ちなみに、通常 山歩きの後、マッスルさん通常は現地解散で自宅にすぐに帰られます。
野郎だけの時は、風来坊さん、肉まんが誘っても、まず温泉、食事に付き合われる事はまずあり得ない.

そのマッスルさん、本日は、温泉、食事と最後まで付き合っていただきました。
ああ! 山ガールの力は偉大なり(笑)



ドライブイン一平
c0077338_10085098.jpg

私はカツカレー大盛り
数か月経つと食べたくなるんだよなあ。
1年ぶりです。

マッスルさん カツカレー小盛
Masayoさん 普通のカレーライス




c0077338_827591.jpg
断面図(笑)
店員さんにカツカレーのグラム数を聞いたら、ご飯だけで650gとの事。


  
c0077338_8274946.jpg





c0077338_828096.jpg
一平の昭和の匂いがプンプンするショーウインドーと食品サンプル。
右端のコカ・コーラがいいね!
福岡ではまず見ません。
このままいつまでも残していてほしいなあ。

通算666回目。
山ガール参加で思い出に残る山歩きとなりました。




[PR]

by katuyamak | 2015-01-25 08:11 | Comments(8)

12km歩くもカロリーオーバー 小岱山

1月18日(日) 5時起床

風来坊さんと待ち合わせて、玉名の小岱山(しょうたいさん)に登ってきました。
私単独の場合は、小岱山の距離位なら、まず高速は使わないが風来坊さんがいるので渋々(笑)
南関ICまで利用。

c0077338_2122564.jpg
小岱さんから歩き出してすぐ、島原 普賢岳が綺麗に見える。

c0077338_2123697.jpg
自然林の中を歩く。
何度来てもいい山。
前回、2013年 8月に大雨と雷で引き返したので、
自分の心の中に再チャレンジしたい気持ちがあったようです。

c0077338_2124787.jpg
登り1時間50分で筒ケ岳山頂(501m)

c0077338_213394.jpg
山歩きメモ
蛇ケ谷公園~筒ケ岳ピストン  7:30-11:20
3時間50分の山歩き  12.8km



c0077338_2153283.jpg
さて、山歩きの後は玉名市役所隣り 桃苑さんのラーメン
10~15分並ぶ。
ラーメンを食べるのに並ぶのは久しぶりである。
ここは2008年2月 あそ望会の方達と一緒に来た事があるお店
c0077338_216153.jpg


c0077338_2161412.jpg
ここのラーメン 美味しかったあ~


c0077338_2162326.jpg
今日はラーメンの連チャンをする事で風来坊さんと意見が一致。
食後すぐに今度は、千龍さんでまた並ぶ(笑)
同じく10~15分


c0077338_2163339.jpg
ランチタイムサービス 580円
2回目でなぜにご飯を食べるのかが疑問だが(笑)



c0077338_2164174.jpg
この後、玉名の公共浴場の温泉(200円)の湯に浸かり、帰宅15時。
天候にも恵まれ、いい山歩きでした。
玉名温泉は湯量が豊富そうだ。
至るところに温泉がある。
また行きたくなる場所。








[PR]

by katuyamak | 2015-01-18 21:06 | 山歩き | Comments(4)

55の手習い すべては磯間嶽のために・・

クライミング 55歳にして初挑戦
鹿児島 登れなかった0.1座
磯間嶽の最後の岩場 30mを登れるようになれるのであれば何でもします。

凧さん、Oさん、ご指導ありがとうございました。
とても感謝しております。
また声をかけて下さい。
よろしくお願いいたします
c0077338_23433920.jpg


c0077338_23435119.jpg

[PR]

by katuyamak | 2015-01-16 23:43 | 山歩き | Comments(6)

1月11日(日) 三郡山系を周回縦走

1月11日 5時起床

11日は朝はやっとこさ、年末年始のブログ更新作業
5日から仕事が忙しくまったく更新出来てなかったので。


仕事は1月10日 土曜までかかって何とか仕上げる。
おかげで日曜日に山に歩けるようになった。
本当は、宮崎、鹿児島方面に遠征しようと考えていたが、大学生の息子が数日前に
インフルエンザにかかる。
私も、もしかして感染しているかもしれず、遠征先でインフルエンザとかなってしまったら大変。
逃げ場が無い。

よって、近郊の山歩きでもしておこう。
福岡の山のさて、どこに登ろうか?と思案していたら、
S.TAROUさんのブログに1月11日は三郡縦走の予定と書いてある。

歩かれるなら間違いなく、JR篠栗駅側からなので、こちらは昭和の森から周回縦走してみようと
考えた。
これなら間違いなく、途中で遭遇する。


9:35昭和の森を出発
c0077338_1892693.jpg

宝満山山頂手前の鎖場。
ここで磯間嶽を想定した予行練習。
ここの岩場もツルツルで滑りやすい。
前は、まだしっかりした大きめの鎖があったが・・・
c0077338_1894144.jpg
宝満山山頂
登り1時間26分
いいペース
あまりここには来たくなかったが、2015年のスタート月でもあるし、寄ってみた。
予想通り人だらけである。
早々に退散。

c0077338_1895366.jpg
この鎖場がなあ。
これからの課題です。



c0077338_1810519.jpg

三郡山頂。

c0077338_18101817.jpg




歩き出してどれ位時間が経っただろう
休憩しているS.TAROUさん、風来坊さんとお会いする。
おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

話を聞くと、風来坊さんは
1月9日に 犬ケ岳と求菩提山
1月10日に津波戸山
1月11日に三郡縦走と物凄いスケジュールをこなしてある。

そんな事、20代の若者もしませんよと冗談を飛ばしたが、ほんと凄いですねえ。


登山道で山友と出会えると嬉しいですね。
c0077338_18104248.jpg

歩き出して、4時間ちょい。
砥石山に到着。
下山はここのルートを下る。

c0077338_1810548.jpg

このルートも踏み跡がしっかり出来てきましたね。

山歩きメモ
9:35-14:48
5時間13分の山歩き  歩いた距離 14km



c0077338_19385033.jpg

[PR]

by katuyamak | 2015-01-11 18:08 | 山歩き | Comments(8)

1月4日 脊振山へ

1月4日

1月3日は午前中 仕事
1月4日 福岡の山に登る事にする。
2014年1月1日にも登った脊振山へ。


所用を済ませて登山口へ10時半。
これ位の時間がちょうど良い。
早すぎると登山道で凍結している部分がある。





c0077338_21393050.jpg

標高600m付近の林道

c0077338_213948100.jpg
南鹿児島の遠征から帰ってきたせいか、体調が良い。
まったく登りでも苦しくない。

c0077338_2140228.jpg
いつもは何て事はない舗装道路だがいつも雪が積もっている場所。
私の好きな風景。




c0077338_21401399.jpg
脊振山へ1時間50分
ここで凧さんとドライバーさん、いつものメンバー3名とお会いする。
今年もよろしくお願いいたします。
3名はしっかりアイゼンを付けておられた。

c0077338_21402471.jpg


c0077338_21403471.jpg
私はアイゼンを付けてなかったので、慎重に下山。
寒かったなあ~

c0077338_21404596.jpg
山歩きメモ
10:30-14:50  4時間20分の山歩き  11.4km

昨年、1月1日は5時間10分時間がかかってます。
雪の質もあるし、一概に言えませんが、鹿児島遠征でやはり山の体力はついていたようです。



c0077338_21405984.jpg

2015年はどんな年になるのでしょうか?
本年もよろしくお願いいたします。







[PR]

by katuyamak | 2015-01-04 21:41 | 山歩き | Comments(4)

1月2日 熊本 甲佐岳へ

1月2日(金)


1月1日は、加治木のビジネスホテルでゆっくり休息し、19時半~4時まで熟睡。
おかげで疲れ切っていた体力もほぼ回復した。
今日は、当初、出水市の山 矢筈岳、もしくは紫尾山どちらかに登る予定で朝5時頃にホテルを出発。

国道504号線から出水市に行く予定が、すぐに山間部に雪が残り、道路凍結している状況。
チェーン無しで行くのは無理と判断し、また戻って、今は動いている高速道路に飛び乗る。


出水市の山を止めて、前回、大雨、大風で登れていなかった熊本 甲佐岳を登る事にする。
甲佐岳が今年、最初の山となる。
下の画像が駐車場スペース。







c0077338_21324874.jpg


ここから登山道。
c0077338_2133553.jpg



c0077338_21332072.jpg
山頂までどれくらいだったんだろう?
恐らく40~50分くらいかと。


c0077338_21333855.jpg


c0077338_213350100.jpg

当然、往復誰にも会いませんでした。

c0077338_2134246.jpg
お寺に掲げてあった
「一隅を照らす」
自分がいる場所でベストを尽くす。

の言葉にうなずく。

まさにその通りです。
頑張ります。


c0077338_21341314.jpg


c0077338_21342458.jpg
山登りメモ
10:07-11:37  90分の山歩き  2.6km

c0077338_21344253.jpg
甲佐岳の山歩きを終えて、福岡に戻る。
5泊の山旅を終えた。


登った山
冠岳(西岳)
金峰山
烏帽子岳
野間岳
磯間嶽(0.9座で計算)
開聞岳
甲佐岳

5.9座の山歩きを終える。

1月5日からの通常勤務。
私の鹿児島の山旅を若手社員に話す。
インターネットカフェ宿泊、車中泊3泊、夜はコンビニ弁当かスーパー弁当の生活。
12月31日は知らなかったとはいえ、太平洋戦争の慰霊碑の公園で車中泊、
1月1日は凍死するかのような寒さとの闘い。

そんな事していったい、何が楽しいんですか?
若手社員 2名から聞かれた。

そうなんだけど、本人は楽しくてたまらないんだよなあ。
また早く次の山旅に行きたい!!
以上、鹿児島の山旅の報告終わり。







[PR]

by katuyamak | 2015-01-04 21:34 | 九州146名山 | Comments(2)

1月1日 登れる山を探しさ迷う 結局登れず

1月1日(木)
3時頃
強烈な底冷えのする寒さで目が覚める。
この日、福岡は雪だったらしい。
ここ南国 南鹿児島の稲尾岳ではそんなに寒くないと思っていたはずなのに・・・

とにかく強烈に寒い。
-15℃対応のシュラフにじっと包まり、6時頃から始動。
俺、正月早々にいったい何やってんだろう(笑)


雨が降り、風が強い。
この雨の中、稲尾岳の4時間の山歩きはしんどいと判断。

どうせ雨の中の山歩きならば、本日は、鹿児島県の山で往復2時間で歩ける甫与志岳(ほよしだけ)登山口に移動を決断。
90分ほど移動に時間がかかり、ようやく登山口へ。


c0077338_2131339.jpg
ガ~ン
鎖で、林道が通行止めである。
本ではまだ、ずっと上まで林道が延びているはずだが、ここから歩くとなると恐らく往復4~5時間はかかりそう。




c0077338_2127388.jpg
これなら甫与志岳に来た意味が無いやんとまた、元の稲尾岳に引き返す。
稲尾岳は、大隅半島の最南端で、今回登っておかないと次回、いつ来られるかわからない山。
この移動のロスでえらく疲れた。

c0077338_21275888.jpg
9時半頃、戻ってみると大風、大雨となっている。
これでは山歩きは無理と判断。

ここで1月1日の山歩きの中止を決断。
当初は、1日に稲尾岳、2日に甫与志岳を登り、福岡に戻る予定がこの寒波と雨で大幅に予定が狂った。

c0077338_21283892.jpg
山に登れないとなって、なんか急に疲れを感じだした。
ここまでインターネットカフェ1泊、車中泊3連泊と山旅も4泊しており、
体力も、モチベーションもこの寒さのおかげで急激に低下してしまった。

とにかく鹿児島の北部の方に行ってみよう。
寒波が来ており、福岡に帰られなくなると判断。
大隅半島南部では、けっきょく何の足跡すら残す事なく無念の撤退。
寒いし、北上するにつれ、桜島の火山灰で車は白くなるし、ボロボロであった。
14時頃、鹿児島県北部の加治木のビジネスホテルに宿泊をし、温泉に浸かる。

ここで初めて、正月らしい気分を味わう事が出来た。
温泉はあるし、布団で寝られるし、テレビは見られるし、周りに食べるお店はあるし、この当たり前の事がえらく嬉しい。
19時過ぎから4時まで9時間たっぷりと熟睡。
車中泊生活をしだして、暗くなったら眠るを続けるうちに、19時過ぎに寝る習慣が身についてしまった。
夕食も食べるお店が無いので、ずっとコンビニ弁当かスーパーの弁当であった。

とにかく眠って、1月2日に備える。













[PR]

by katuyamak | 2015-01-04 21:28 | 山歩き | Comments(2)

12月31日 開聞岳 経由大隅半島 稲尾岳登山口まで

12月31日(水)

前日の夜、開聞岳2合目の駐車場に車中泊しようとしたら有料で車中泊は1260円との事
仕方なく、近くの公園で車中泊
この公園、真っ暗で灯篭などがあり、えらく薄気味悪いところだなあと思っていた。
この場所に入った途端、何かよくわからないが、ゾ~ッとする感覚を覚えた。

あとでわかったが、太平洋戦争の戦没者の慰霊碑の場所であった。
おかげで他に車もなく、ぐっすり眠れた(笑)


c0077338_21202939.jpg

開聞岳の画像はたくさん撮ったけれど、本日から仕事
流します。
更新が間に合わないので(笑)

c0077338_2120502.jpg
山登りメモ
7:00-11:20 4時間20分の山歩き  歩いた距離 9km位

c0077338_21212758.jpg
開聞岳の山歩きを終えて、さて半島の反対側の稲尾岳に移動しようと思う。
九州道路地図帳をよく見ると、開聞岳のすぐ近く山川というところから反対側の根占というところまでフェリーが出ている。

このフェリーに乗れば、相当の時間短縮が可能。
行ってみると、13時出港ですぐ出るらしく、次の15時半の便は時化の影響で欠航の可能性があるらしい。
カツオでも食べて、ゆっくりと思っていたが、あわてて乗船する事にした。
たしか軽自動車と運転手1名で2800円と結構なお値段。




c0077338_2122381.jpg
開聞岳を後にする
いい山でした。
鹿児島で初めて、4時間 たっぷりと山登りを堪能できた山でした。

c0077338_21221646.jpg
大隅半島上陸
鹿児島県の右側の一番南
ねじめ温泉の湯に浸かる



たまたまかもしれないが、大隅半島
薩摩半島に比べて、風が実に強く、寒い。

何か、寂しい感じがした。

稲尾岳の登山口まで行ってみよう。
登山口に着く頃は夜。
タヌキや、うさぎがヘッドライトの前を横切る頃、登山口に到着
風が強く、底冷えのする寒さ。

c0077338_2130227.jpg
1月1日 福岡は雪。
寒冷前線が近づいてきていた。

マイナス15度対応の寝袋で寝ていたが、底冷えのする寒さで目が覚める。


2015年編に続く

内容は大したことありませんので。
1月1日は大雨、大風で登れませんでした。






[PR]

by katuyamak | 2015-01-04 21:23 | 九州146名山 | Comments(4)

12月30日鹿児島の山を1.9座(0.1が重い)

12月30日(火)
c0077338_07284404.jpg

火ノ神公園で車中泊して、6時前 鹿児島の南 野間岬の手前の山 野間岳に向かう。
日の出が7時過ぎの為、地図帳がよく見えない(笑)
車の中のライトとにらめっこしながら、やっと野間岳の登山口へたどり着く

c0077338_7183088.jpg
ここが神社の駐車スペース


c0077338_7184524.jpg


c0077338_719370.jpg

まあ、何事もなく、特に感動もなく・・・
淡々と頂上へ 591m
c0077338_7191812.jpg
山歩きメモ
8:27-9:27  1時間の山歩き 1.7km

c0077338_7204272.jpg
磯間嶽に向かう途中のドライブの風景
うん? 人が見えたような・・

c0077338_7194327.jpg
凄い、岩にへばりつくようにして釣りをしてある。
その根性に、びっくりです。

c0077338_720330.jpg
さて、次は磯間嶽
最初、北口の登山口がわからず、1度ここを通り過ぎる。

c0077338_721078.jpg
一度、山を降りた。
この標識があり、やはり登山口を見落としている事に気付く。
登山口まで3.6kmを忠実に計測して、やっと上の登山口にたどり着いた。
1時間以上、うろうろしてやっと見つけた。
c0077338_07413245.jpg



駐車は路肩に路上駐車。

c0077338_721171.jpg
急登です。

c0077338_7213439.jpg
人形岩
鑑賞する余裕はない。

c0077338_7215036.jpg
山頂まであと5分
最後の岩場
しかし・・・

c0077338_7221215.jpg
最初の1歩、2歩が登り上がれない。
何度か挑戦するも無理
足場が少々ぬかるんでおり、岩場に足がガチッと踏ん張れない。

情けない
女性も年配の方も多数、登っているはずなのに・・・

ここで言い訳がましいが、40代なら登れたと思う。
しかし、高所恐怖症に加えて、単独。
誰も連れはいない。

さらに、ここ数年で両肩の五十肩に悩まされていて、すでに完治はしたが肩の筋力はおそらく40代の半分以下。
腕の力がまったくなくなっているのだ。

無念のリタイア。
あと 最後の0.1座が登れなかった。

福岡に帰り、腕立て伏せや、軽い鎖場の登りの練習をして、また出直して来ます。
次回、来るときは、ヘルメットとクライミングシューズ持参でまた来ます。
(靴は買おう)

磯間嶽
課題を背負わされた山となる。
でも私にとっては、これからの後半の山登り人生を考えた場合、今回の事は、かえって良かったかも。
鎖場や岩場を最近は極力避けていましたので・・
やはり山登りをする以上は、逃げられないようですね。
前向きに受け止めるようにします。
c0077338_7222581.jpg
山歩きメモ
11:38-12:18  40分の山歩き  0.6km


c0077338_723298.jpg
少々、落ち込んでましたが、気分を変えて、枕崎市で昼食。
枕崎の名物はカツオです。

c0077338_7234216.jpg
奮発して、カツオのたたき定食(杉)を注文。
意外にも、魚の出汁が効いていて、みそ汁が旨かったあ~


c0077338_724934.jpg
信ちゃんさんに教えてもらった番所鼻自然公園
ここで車中泊しようかとも思ったが、明日の開聞岳を考え開聞岳
付近まで行ってみることにする。


日本地図を作った伊能忠敬が測量に来た時、天下の絶景と言われた場所らしいです。

c0077338_7244116.jpg
枕崎を後にする。



c0077338_7242575.jpg
12月31日 開聞岳編に続く
山三昧の日々
磯間嶽は登れなかったけど、毎日 ただ登山口を探す事だけを考え、山の事だけを考え、夜暗くなれば、19時でもそのまま眠り、また夜明けと共に起きてと、充実の時間でしたね。



[PR]

by katuyamak | 2015-01-04 07:24 | 九州146名山 | Comments(6)

◆2016年度山登り一覧◆


2002年6月~2015年まで通算山歩き回数  773回

2016年はすべて新規の山に登る

    
■観光■ (舞鶴引揚記念館 )・12月25日(日)・単独
     ・  16.まぐだら屋のマリア 原田マハ 17 ノルウエイの森(上)(下)村上春樹18 仕事と人生 城山三郎
        19.阪急電車 有川 浩
     ・
■59回■ (関西100名山 七種山)・ 12月19日(日)・単独
   ・青春きっぷ 姫路駅からレンタカー 2時間5分 3.6km  15.生きるぼくら 原田マハ

■58回■ (九州146名山 花切山)・ 12月11日(日)・単独
     ・車中泊2日目 寒い 3時間50分 7km位  14.屋久島ジュウソウ 森絵都

■57回■ (九州146名山 鰐塚山 )・12月10日(土)・単独
     ・3時間27分 5.7km 登山口手前で車中泊  寒かった。  

■56回■ (大阪の山 星田山 )・ 12月 4日(日)・単独
 ・ 星田山~北山師岳~大谷山 周回 4時間
 ・(本)8.なりすまし TEAM-J 9.プライド 藤堂志津子 10.墨攻 酒見賢一
 11.レインツリーの国 有田浩 12.世界最強の女帝 メルケルの謎 佐藤伸行 13.永遠

■55回■ (関西100名山 池小屋山1396m)・ 11月12日(日)・単独
 ・関西の方と初めて登る おとみんさん (本)7.終わった人 内館牧子

■54回■ (関西の山 横山岳 1132m)・11月6日(日)・単独
     ・駅からバス利用 
     ・本 5.ゼロ戦と日本刀 百田直樹・渡部昇一、6.ばかもの 絲山明子

■53回■ (関西100名山 蘇武岳1074m)・ 10月30日(日)・単独
 ・ 前日ホテル泊 5時間30分 18.3km 
 ・ 本 3.ニキの屈辱 山崎ナオコーラ  4.韓流不貞女、一刀斎夢録(下) 浅田次郎

■52回■ (関西100名山 由良ケ岳)・10月22日(日)・単独
     ・ 熊にビビりながら登る 3時間  (本)一刀斎夢録(上) 浅田次郎
  
■51回■ (関西100名山 長老ケ岳)・10月18日・単独
     ・駅からバス移動  3時間5分 10.9km  (本)BOX上・下 百田直樹

■50回■ (関西1006名山 笠形山939m)・10月15日(日)・単独
      ・レンタカー 姫路の山 帰りに姫路おでんを初めて食べる

■49回■ (関西100名山 赤坂山)・ 10月10日(日)・単独
     ・マキノ駅から  3時間25分 9.5km

■48回■ (関西の山 旗振山344m)・10月2日(日)・単独
     ・駅から駅へ 13km

■47回■ (関西100名山 釈迦ケ岳1800m)・ 9月25日(日)・単独
     ・ いい山だった。4時間10分 9km

■46回■ (関西100名山 学能堂山)・9月18日(日)・単独
     ・ 小雨の中、傘をさして登る
  
■45回■ (関西100名山 玉置山)・9月17日・単独
     ・レンタカー使用 割と簡単に山頂へ

■44回■ (九州146名山 鹿児島 大箆柄岳 )・9月10日・単独
      ・鹿児島の山 前日から車中泊

■43回■ (関西100名山 七々頭岳 693m)・ 9月4日(日)・単独
     ・JR余呉駅からレンタサイクルを借りて登る

■42回■ (関西100名山 御岳、東床尾山 1047m 57座)・8月21日(日)・単独
     ・1時間25分 2.6km 2時間30分 4.8km

■41回■ (関西100名山 扇ケ峰、千ケ峰 55座)・ 8月13日(土)・単独
     ・ 50分、距離不明 千ケ峰 不明

■40回■ (九州100名山 扇ノ山、 依遅尾ケ岳 53座)・8月12日(金)・単独
     ・Rカー6日目 2時間30分 7km 1時間50分 3.5km 
      依遅尾ケ岳では倒れそうなほど、暑い 
  
■39回■ (関西100名山 氷ノ山、51座)・8月11日(祝 山の日)・単独
     ・Rカー5日目 2時間10分 5.8km その後、植村直己冒険館 上山高原で移動

■38回■ (関西100名山 鉢伏山 1221m 50座)・ 8月 日(日)・単独
     ・ニコニコレンタカー4回目 50分 2km ハチ高原の最短距離からでもすごく暑かった。 

■37回■ (関西100名山 日名倉山 1047m 49座)・7月30日(土)・単独
     ・ニコニコレンタカー3回目 47分 2.1km 山の後に竹田城を観光 

■36回■ (関西100名山 大江山833m 48座)・ 7月24日(日)・単独
     ・ ニコニコレンタカー2回目 59分 2.7km

■35回■ (九州100名山 百里ケ岳931m 47座目 )・7月17日(日)・単独
     ・京阪電車ーバス 4時間10分 10km位  いい山だった
  
■34回■ (関西100名山 八ケ峰800m 46座目)・ 7月16(土)・単独
     ・山登りの為にとうとうトヨタレンタカー借りる1日目 2時間10分 6.1km

■33回■ (福岡 龍王山 615m)・ 7月9日(日)・単独
     ・新規の山に登りたくて 1時間50分 3.1km

■32回■ (関西100名山 帝釈山45座 )・ 7月3日(日)・単独
     ・ 3時間半 10km 小さな虫に苦労、道間違い 夏の低山はたまらない JR三の宮~バス

■30回■ (関西100名山 雲取山 44座)・6月26日(日)・単独
     ・梅雨の晴れ間に 2時間4分 6.1km  バスに間に合う為に慌ただしい

■29回■ (関西100名山 蛇谷ケ峰 43座)・ 6月18日(土)・単独
     ・ 3時間30分 8.4km  旅費 4470円

■28回■ (九州100名山 宮崎県 釈迦ケ岳 )・6月11日(土)・単独
     ・福岡から宮崎の日帰り 2時間55分 8.2km
  
■27回■ (関西100名山 奈良県 稲村ケ岳1726m 42座目)・ 6月4(土)・単独
     ・洞川温泉からピストン5時間20分 16.6km 曇り空で歩きやすかった。

■26回■ (関西100名山 京都北 桟敷ケ岳896m 41座目 )・ 5月28日(日)・単独
     ・岩屋橋バス停から3時間35分 13.1km  岩屋橋の料理屋でにしんそばとビール

■25回■ (関西100名山 京都 皆子山972m、蓬莱山1174m )・5月21日(土)・単独
     ・担いだ水4リットル 7時間20分 19.6km  平バス停からJR蓬莱駅まで
  
■24回■ (関西100名山 三重 迷岳1309m )・ 5月14(土)・単独
 ・6時間18分の山歩き  12.2km  登りごたえのある山 前日、松阪駅前に素泊まり

■23回■ (関西100名山 奈良 額井山813m~戒場山 )・ 5月8日(日)・単独
     ・ 行き榛原駅から玉立橋バス停    2時間57分の山歩き  8.2km

■22回■ 九州100名山 烏帽子岳(宮崎)市房山(熊本側)・5月2日(日)・2名
     ・午前中 烏帽子岳 5.8km 3時間45分 午後市房山 7.0km 4時間45分
  
■21回■ (九州100名山 宮崎 夏木山、五葉岳 )・ 5月1(日)・5名
     ・久しぶりのグループ登山 6時間30分 9.6km アケボノツツジ

■20回■ (関西100名山 奈良 高野3山)・ 4月24日(日)・単独
     ・3時間8分 8.9km  静かないい山 また歩きたい。

■19回■ (関西100名山 三重 大洞山985m、尼ケ岳1029m)・ 4月 9日(土)・単独
     ・ 4時間55分 14.2km 関西100名山2座は実に美味しい 三多気の桜も

■18回■ (関西100名山 奈良 吉野山698m)・4月2日(日)・単独
     ・3時間50分(休憩含む) 10.9km 葛きり、鯖寿司も食べてまったり。
  
■17回■ (関西100名山 大阪 岩湧山897m )・ 3月27(日)・単独
・滝畑ダムバス停から 3時間20分  10.9km おじさんに南海の駅まで乗せてもらう

■16回■ (関西100名山 三重 藤原岳1165m)・ 3月20日(日)・単独
・福寿草を見るために 5時間25分 15.4km 電車移動往復8時間(待ち時間含む)新登山靴

■15回■ (九州100名山 宮崎 尾鈴山)・3月13日(日)・単独
・いい山だった。午前中たぶん私だけ貸し切り 3時間45分 9.3km 林道道悪し
  
■14回■ (九州100名山 宮崎 比叡山 918m)・ 3月12(土)・単独
 ・カランコロン岩経由 3時間35分 6.5km 日向の民宿 1泊夕食3900円

■13回■ (関西100名山 三重  局ケ岳 1029m)・3月5日(土)・単独
     ・山のウエアを忘れて、寒い 4時間5分 14.1km 舗道歩き5km含む
  
■12回■ (関西100名山)高見山(1248m)・ 2月27(土)・単独
     ・ 3時間5分 8.5km 2週連続の霧氷バス いい山だった。 
  
■11回■ (関西100名山)三峰山 1235m・ 2月21日(日)・単独
     ・山頂付近で樹氷を楽しむ 3時間30分 9.3km  バス待ちが辛かった

■10回■ (関西の低山)根古峰・2月13日(土)・単独
     ・天見駅から紀見峠駅まで  10.2km  ジャスト3時間(三角点わからずじまい)
  
■ 9回■ (九州100名山)牛の峠・ 2月07日(日)・単独
     ・往復2時間25分  8.0km  2度下りで道を間違える

■ 8回■ (関西100名山 高御位山304m)・1月31日(日)・単独
 ・播磨アルプス 鹿嶋神社前バス停~JR宝殿駅 3時間30分 9.6kmいい山だった。
  
■ 7回■ (兵庫県の低山)甲山(309m)・ 1月24(日)・単独
     ・ 阪急 仁川駅から甲陽園駅まで  2時間  6.1km 寒かった

■ 6回■ (関西100名山)三輪山・1月23日(土)・単独
     ・近鉄桜井駅~JR三輪駅まで 3時間25分  10.5km 登拝料 300円を支払
  
■ 5回■ (関西100名山)太神山~矢筈ケ岳周回・ 1月16日(土)・単独
     ・ アルプス登山口から 4時間20分  13km

■ 4回■ (関西100名山)和泉葛城山(858m)・1月11日(月)・単独
     ・山頂付近の景色は素晴らしい  2時間40分  8.6km
  
■ 3回■ (関西100名山)三上山(432m)・ 1月10日(木)・単独
     ・ 約2時間 5.4km  地元で愛されている里山

■ 2回■ (関西100名山)剣尾山(784m)~横尾山(785m)・1月09日(土)・単独
     ・3時間50分 13.3km  舗装道路の歩きが多く、帰りに足が痛い
  
■ 1回■ (九州100名山)御岳、 甫与志岳(ほよしだけ)・ 1月 1日(木)・単独
     ・ 御岳9年ぶりの御来光登山4.7km、甫与志岳(ほよしだけ)11km 


[PR]

by katuyamak | 2015-01-04 06:21 | 山歩き