南くじゅうの紅葉 久住山と俊ちゃんの今日の山歩き

10月27日(日)
風来坊さんの呼びかけにより、くじゅうに行く事となった。
最近、近場ばかり登っているせいか、くじゅうと言われても億劫やなあ、と思う今日この頃の私である。
5年位前までは、単独で高速を使わず下道でくじゅうへ行き、登って、また下道で帰る事もしていたが、
最近は、どうもそんな元気もない。

昨年、7月に単独で白口岳を歩き、遭難するかと思った事も経験し、どうもくじゅう方面に、足が遠のいている。

ところが今回の山歩きは、過去のくじゅう歩きを振り返っても、メンバーもよかったし、歩いたルートも正解。
それに最高の紅葉とロケーションを楽しむ事が出来た。
まあ、これも呼びかけてもらった、風来坊さん、そして参加されなかったが、S.TAROUさんのおかげである。

朝、8時 赤川登山口に到着。
信ちゃんさん&俊ちゃんさん、サスケ&ミーコさん、それに宮崎組のメンバーが・・・
総勢 11名とはビックリ。

朝、8時20分頃出発
まずは赤川ルートから、久住山を目指す。
c0077338_644666.jpg

歩きはじめて、すぐに紅葉を楽しめる。
c0077338_6435620.jpg

赤川ルートが初めての風来坊さんもいいルートですねえと
c0077338_6443845.jpg

久住山 南斜面が赤い。
これは相当の紅葉が期待できるぞ。
c0077338_6442697.jpg

う~ん、見事!
c0077338_645287.jpg


c0077338_22283295.jpg


c0077338_22284167.jpg

さあ、山頂も近付いてきたぞ。
さて、ここからは、私が大好きな俊ちゃんさんにご登場願いましょう。

そう、私の人生の大先輩。
山関係の人のみ、知る人ぞ知る。愛されキャラ。

口数少なく寡黙で渋い、年配のはずなのに童顔でかわいいシャイな恥ずかしがり屋さん。
凄い山歩きをされてあるはずなのに、そんな事はちっとも言わず自慢もされない癒し系の俊ちゃんです。

c0077338_22291276.jpg

俊ちゃんの今日の山歩き

ふ~、そろそろ山頂だなあ。

c0077338_22292679.jpg
ほ~、いい景色じゃないか。 見事な紅葉だなあ。
c0077338_22295142.jpg


c0077338_22295963.jpg


c0077338_22302627.jpg

今日のくじゅうは最高じゃ。  ワハハハ
c0077338_22303977.jpg

さて、デジカメを写してから・・・
c0077338_22351961.jpg

休憩して、ビールを飲むぞ~。ウッシッシ~。楽しみだなあ。
思わずニヤニヤしちゃったなあ~。ヘヘヘ
c0077338_22353731.jpg

ふ~、やっと山頂だ。久住山(1786m)
c0077338_22355085.jpg


c0077338_2236491.jpg

懐かしい風景だなあ。
c0077338_22361742.jpg

さて、今日のクライマックス
扇ケ鼻方面から見た肥前ケ城の紅葉
c0077338_22363493.jpg

見事じゃ。
この凄い風景を画像でうまく表現出来ないのが、いらだたしい。
c0077338_22365228.jpg

最後は俊ちゃんさんの後ろ姿を4連発。

c0077338_2237565.jpg


c0077338_22372117.jpg


c0077338_2237371.jpg

④ 今日の山歩きは、楽しかったなあ  by俊ちゃん
c0077338_22375150.jpg


最後は集合写真、もちろん俊ちゃんも(笑)
お世話になりました~
またお会い致しましょう
画像は、信ちゃんさんより
c0077338_0145766.jpg


c0077338_22421682.jpg

山歩きメモ
赤川登山口出発8:20頃ー久住山10:50-赤川登山口14:10頃
歩いた距離 8.4km 6時間ちょいの山歩き(休憩含む)
c0077338_2238572.jpg

さて、山歩きの後は麺。
山頂で食事をしたが、私は全然足りない。
風来坊さんにどこかで麺をとのリクエストに答えてくれた。
日田チャンポンとの事で、日田駅前 寶屋 本店
c0077338_22423497.jpg

風来坊さんは小、私は普通盛りを
c0077338_22425435.jpg

これで普通 日田チャンポン 780円

さて、味がこれまた最高であった。
鶏がらスープに麺と野菜のバランスが実に良い。
c0077338_22425916.jpg

ここの鶏がらスープは美味しかったなあ。
野菜も食べきれない位入っていた。
c0077338_22431835.jpg

スープもすべて完食

正直、このチャンポンを食べるだけの為に、日田まで来ていい位の味であった。
日田と言えば、想夫恋やきそばしか知らなかった。
日田の麺は、まだまだ奥が深いようである。
風来坊さんは日田の旨いうどん屋も知っているらしい。
今度、日田駅前からの街歩きも楽しそうである。
いつかやってみよう。

いや~、山の紅葉に、俊ちゃんの笑顔に、チャンポンにと、大満足の一日でした。
[PR]

by katuyamak | 2013-10-28 06:30 | 山歩き | Comments(15)

金山 またサクッと

10月20日(日)
11時半より佐賀側 山中キャンプ場登山口より
c0077338_17345746.jpg

狭い山頂は人がいっぱい
c0077338_1734261.jpg

c0077338_17351985.jpg

山歩き時間往復 1時間40分 実に短い。

図書館からやっと予約の順番が回って
きて  「海賊とよばれた男 下」 土曜、日曜の2日間で下巻を読む
あと  「清貧と復興 土光敏夫」

久し振りに車の中で聞いた今井美樹「PRIDE」の今井美樹さんの透き通った懐かしい声、
布袋のギターの音色がえらく耳に心地よい。
やはり名曲です。
[PR]

by katuyamak | 2013-10-20 17:34 | 山歩き | Comments(6)

唐津 旧高取邸~唐津城

10月13日(日)  十坊山からの続き

さて、JR福吉駅で、午前中の5時間の山歩きを終えても、朝が早かったので、まだ12時10分である。
かなり疲れていたが、JR唐津駅に行く事にした。

目的はミントさんのブログで見た炭鉱王 旧高取邸を見学する事である。
c0077338_664367.jpg

JR唐津駅に到着
c0077338_616547.jpg

ここが炭鉱王 旧高取邸である。
武雄の杵島炭鉱で財を築いたとの事。
部屋数が34もあるとか
c0077338_6165410.jpg

高取伊好(たかとり これよし)
1850年~1927年
炭鉱の一番いい時代です。

平成10年12月に国の重要文化財の指定を受ける。
c0077338_6172966.jpg

いや~、来てよかったなあ。
ふすまの絵もあったりして、見どころが多く、ボランティアさんの説明を2度聞いて、2度邸内を案内させてもらい歩いた。
1度周回して帰るだけでは、もったいない。
それくらいおもしろかった。

そうそう、おもしろかったのが、ボランティアさんそれぞれ、男性と女性だが、説明が微妙に違い、
それもまた楽しめたところだ。

c0077338_6172794.jpg

邸内が撮影禁止だったのが、残念。
中は是非、お金を払って行ってきて下さい。

伊藤伝右衛門邸もよかったが、こちらの方がもっと洒落とう

c0077338_618023.jpg

旧高取邸から北に歩くと、すぐ目の前は、海である。
c0077338_6175865.jpg

海を見ながら、唐津城へ
c0077338_61835100.jpg


c0077338_6183336.jpg

私が好きな門の風景
c0077338_619851.jpg

唐津城の天守閣からは、宝くじの島が見えた。
宝くじが当たる神社。
宝当神社がある島。
え~と、何と言う島だったかな。忘れた(笑)
c0077338_619839.jpg

左の山が今日登った十坊山、右のとんがった山が浮嶽
いつか縦走するのもおもしろそうだ。
c0077338_6194456.jpg


c0077338_6194047.jpg

十坊山、旧高取邸、唐津城と大いに楽しんだ。
唐津城を後にする。
c0077338_6201242.jpg

唐津駅に向かうところにあったお店。
開いていたら、一杯飲みたい名前のお店である(笑)
c0077338_620975.jpg

唐津駅前のアーケード街は、シャッター通りでもある。
仕方がないんだろうなあ。
閑散としていたし、申し訳ないが入りたくなる、お店も少ない。
c0077338_6204374.jpg

唐津らしいお店に入りたかったのだが、そこまでは調べてこなかった。
駅の中のラーメン屋さんにて。
c0077338_6203825.jpg

生ビールとラーメンで一人、孤独に乾杯
さて何に乾杯(笑)
いや、山に登って、旧高取邸、唐津城と見れたけん、十分たい。
天気もよかったけんね。
c0077338_621870.jpg

ラーメンで足りず、列車の中でハイボールとイカゲソ
お土産は松露饅頭
c0077338_621517.jpg

列車の旅は、やはり身軽なのがいい。
孤独ではあったが、楽しい一日であった。

旅の友の本
壬生義士伝(下)  浅田次郎
[PR]

by katuyamak | 2013-10-15 06:06 | 歴史・偉人・人物館の旅 | Comments(11)

JR浜崎駅~十坊山(535m)~JR福吉駅

10月13日(日)

3連休であるが、私は土曜と月曜は仕事だ。
せめて日曜日だけは楽しみたいとJRを使った山歩きと観光をする事にする。

4時半起床
JR博多駅5:34-JR浜崎駅7:10頃着ーJR福吉駅12:10分
c0077338_658764.jpg


久し振りのJRである。
福岡の地下鉄 姪浜駅から先には、おそらくJRで移動した事がなかったので、海が見えて朝からなかなか楽しい列車の移動である。

朝7時過ぎJR浜崎駅に到着
c0077338_6533750.jpg

駅から山に向かって歩く。
c0077338_6541855.jpg

川を渡る
c0077338_6543232.jpg


さて、結論から書くが、JR浜崎駅から十坊山は非常にわかりずらくややこしかった。
いたるところが舗装されており、どれが十坊山に至る道なのか判断に迷う。

道迷い、道探しで十坊山山頂に着くまでに、片道3時間15分 10.4kmもかかった。
またこのブログで書いていいものか?迷ったがあえてコメントを残す事にする。
佐賀県の山 山と渓谷社の十坊山に至るルート図が違う。

ルート図の通りに道を探し、2回往復しても登山道がわからず
40分~1時間探してもわからず。

一番迷ったのは、石仏のある場所がルート図と違っていた事による道探しである。
「佐賀県の山」の本を持ってある方は、私の下のルート図と見比べてもらいたいが、明らかに石仏の
場所が違っている。


真剣に山と渓谷社にルート図が違いますよとメールしようかとも思うが、そんな時間、エネルギーもないので、
このブログだけで止めておこう。

下の画像が、本来佐賀県の山の本に石仏があるはずの場所である。
ここに石仏は無い。
c0077338_6544627.jpg


c0077338_701792.jpg

約1時間登山道を探し、非常にエネルギーを使い果たし、仕方なく東の白木峠を目指して歩く事にした
途端、例の石仏と遭遇した。
最初、地元の方が石仏の場所を移動されたのか?と思った。

しかし画像を見ると、佐賀県の山の本と、まったく同じ画像が撮れた。
そうなると、やはり本のルート図が間違っているとしか言えない。
いつも利用させてもらい、信頼している山と渓谷社だけに少々がっかりである。

c0077338_655375.jpg

かなりしつこく書いてしまって、自分でも申し訳ないと思うが、舗装道路から、いよいよ登山道に入るという、
十坊山の山歩きの一番大事なポイントのところが間違っているので、つい力が入ってしまった。

本を非難するつもりは毛頭無い。
ただデリケートなとても大事なポイントであり、私以外の方も間違いやすいポイントなので強調したまで。
ご了承いただきたい。
c0077338_6551780.jpg

あとは何事もなく山頂へ。
c0077338_6553080.jpg

雲ひとつなく最高の山頂
c0077338_655424.jpg

帰路は私もよくわからなかったが、JR福吉駅を目指す。
中村登山口と書いてあったような。
c0077338_6555429.jpg

無事 JR福吉駅に到着

山歩きメモ
JR浜崎駅ー十坊山ーJR福吉駅

4時間50分 14.8km(1時間前後の道探しと休憩15分含む)

浜崎駅から十坊山までルート間違い、ルート探し、登山道探しと片道だけで、
3時間15分 10.4kmも歩いた。
特に石仏の周辺でえらく時間がかかってしまった。

佐賀側からの十坊山は、ほとんどが舗装道路の歩きとなる。
佐賀ルートは、あまりお勧め出来るルートではない。


旧高取邸~唐津城編に続く
[PR]

by katuyamak | 2013-10-14 06:53 | 山歩き | Comments(2)

金山をサクッと

10月07日(日)
午前中まで仕事し、12時頃から佐賀 山中キャンプ場側登山口より登る。
11時頃登山口に着いたが、到着するなり、30分程仮眠。
どうも体が疲れきっているようである。

でも山はいい。
12時からの山歩きは、暑かった。
c0077338_66637.jpg

56分で山頂
c0077338_662783.jpg

ブナ林方面を歩く
ガスが出てきて、幽玄の世界が待っていた。

ブナ林付近をぼんやり歩き、心が癒される。
c0077338_6716100.jpg

c0077338_672895.jpg

10月23日に監査があるため、しばらく土、日の午前中の仕事もやむを得ない。
10月13日だけは、3連休の中日なので、一日、ゆっくり山と向き合いたいと思ってます。
[PR]

by katuyamak | 2013-10-07 06:12 | 山歩き | Comments(6)