山でストレッチ   三日月山~立花山まで

5月25日(土)
左肩の五十肩の痛みも、とうとう4週間目に入った。
じっとしていても、一向によくならない。


もうこんな毎日はいやだ!
と言う訳で、五十肩の痛み発症後、4週目 5月22日(水)から守りから攻めに転じる事にした。

どういう事かと言うと、
とにかく何もせずに、安静に、安静にという事でじっと左肩をかばってばかりだったが、水曜よりお風呂でゆっくりと左肩を温めてから、風呂上がりにリハビリ(ストレッチ)を開始した。

まったく上に上がらない左肩を右手で持ち上げて、15秒間制止×3セット。
ポーズはネットで調べた、いろいろなポーズに挑戦。
リハビリ(ストレッチ)の後に、湿布を貼って、その後は安静にする。

会社でも仕事の合間にとにかく一時間おき位に、ストレッチ。

水曜日、木曜日はまったく変化がなかったが、金曜から左肩、
如実に効果が表れてきた。

まず重い痛みがなくなる。
徐々に肩も上に上がるようになってきた。

山歩きにたとえたら、雨の日に歩いていて、徐々に靄、雲が取れて、頂上から晴れ間が見えてきたような喜び。

とてもありがたい。


土曜日、車の運転も、もう痛みはない。
久しぶりに三日月山を歩き、ストレッチしながら歩く事にした。
ザックを背負わず、ウエストバックを腰に巻く。
三日月山霊園駐車場より。

c0077338_1144731.jpg

山歩きしながら、左肩を右手で持ち上げて、時々大きな木の下でストレッチ。
知らない人が見たら完全に変なおじさん(笑)
c0077338_11443791.jpg

ストレッチしながら、のんびり歩いて、三日月山山頂まで42分。
c0077338_11443132.jpg

気持ちがいいので、立花山まで歩く事にする。
c0077338_114507.jpg

素晴らしい縦走路である。
c0077338_11445950.jpg

立花山からの眺望は霞んでいた。
c0077338_11452712.jpg

往復 2時間20分の山歩き。
歩いた距離 5.5km位。

c0077338_1812015.jpg


山歩き後も、自宅で風呂上がりにとにかくストレッチ。
如実に、ストレッチの効果が表れてきました。

どうもわかりやすい単純な体のようです(笑)
健康のありがたさに、ただただ感謝!
[PR]

by katuyamak | 2013-05-25 18:08 | 山歩き | Comments(11)

佐賀側から背振縦走路 宴は終わっていた

5月18日(土)

明日が雨予報らしく土曜日、11時過ぎから背振縦走路を歩いてきた。

しかしその登山口に車で行くまでに、すでに苦労した。

五十肩による肩痛の痛みが依然続いており、左肩なので、
車(マニュアル車)のギアチェンジですでに苦しい(笑)

登山口では、ザックを担ぐのが苦労するので、ウエストバックを腰に巻いて歩く。
c0077338_8273999.jpg

ミツバツツジは散っていた。
わかっていたが、あえて背振縦走路を歩いたみたかったのだ。
c0077338_8252239.jpg


c0077338_826358.jpg


c0077338_8254951.jpg

1株だけ残っていてくれた。
ありがとう。
c0077338_8262794.jpg


c0077338_8261192.jpg

日曜日は、さすがにジッとしてました(笑)
[PR]

by katuyamak | 2013-05-19 08:26 | 山歩き | Comments(8)

その3 お伊勢参り 外宮から内宮まで歩く

5月12日(日)
山登りで午前の部が終了。
近鉄電車で朝熊駅から伊勢市駅に向かう。
いよいよ本日のメイン。
通常であれば、別段、私の体力から考えてなんて事はないのであるが、左肩が少々うずいており、
通常であれば山登りだけして、観光は無難に止めておくべきではあった。

あとで振り返って、大失敗だったと思ったのが、山の重量のザックを担いだまま、3時間 6.5kmを歩きお伊勢参りをしてしまった事。
手ぶらで歩くべきであった。
おかげでホテルに帰り、夜、肩痛で痛み止めの薬もなく、大変であった。

11:45分 伊勢市駅を出発

c0077338_652145.jpg

まずは外宮(げくう)参りから
c0077338_652487.jpg


c0077338_6524776.jpg

外宮は、ここでお参りする。
ここから先は撮影禁止。
c0077338_6531597.jpg

外宮のお参りは、アッと言う間に終わった。
伊勢市駅から500mの距離だし、すぐに終わる。

問題はここからである。
内宮(ないくう)まで3.8kmと距離が出ていた。
普通の人は、ここから目の前の行列が出来ているが、ここ外宮から内宮まで、バスで移動するようである。

私はバスの行列に並ぶのが、いやなので、ここから歩く事にした。
それに若者とか、何人かは歩いていく人がいると思っていた。
c0077338_6531284.jpg

これが大失敗。
誰も歩いている者等いなかった。
また道路沿いに、伊勢参りの風情など何もなく、ただの道路沿いの沿線であった。

せめて白装束の団体さん達が歩いているかと思いきや、その人たちもいない。
下の次から次に出発していくバスに10回以上、追い抜かれた(笑)
c0077338_653448.jpg

本当にこの道であっているのだろうか?と疑問を抱き始めた頃にようやく到着。
午前中の山歩き 7.7kmの後の、炎天下の下、ザックを担いでの道路歩きで疲れはピーク。
肩の痛みはMAXに達して、ボロボロである。

c0077338_6534133.jpg

そうは言いつつ、おかげ横丁に入り、本日のメイン。
今日は、赤福本店で赤福を食べる事と、伊勢うどんを食べる事を目的にしていた。
その赤福 本店にやっとたどり着いた。
c0077338_6541042.jpg

予想通り、行列。
最後尾に並ぶ。
と思いきや、店の中で赤福を食べる方は、並ばずに中へどうぞとの案内。
これはありがたい。
c0077338_654887.jpg

お土産コーナーの風景。
とても笑顔がいい女の子がいて、私の疲れも吹き飛ぶ。
c0077338_6543967.jpg

赤福を、手作りしてある。
本店の従業員は、すべて、10代後半~20代の女性でとても感じがよかった。
c0077338_6543690.jpg

お茶付き 3個 280円
ここまでとても暑かったし、ホッとした。
c0077338_655557.jpg

ここからは、のんびりとおかげ横丁を歩く。
c0077338_655148.jpg

岡田屋の伊勢うどんを食べる予定であったが、行列であきらめた。
c0077338_6553070.jpg


c0077338_6594723.jpg

ここの伊勢うどんを食べる。 450円。
おいしゅうございました。
c0077338_701568.jpg


c0077338_701333.jpg

おかげ横丁から、内宮まで意外に距離があった。
c0077338_70401.jpg


c0077338_703797.jpg


c0077338_71664.jpg

6.5km
よく歩きました。
通常ならなんて事がない歩きだが、今日はしんどかった。

日曜日は、名古屋にもう1泊。
銭湯にまた入り、21時には爆睡。
(のはずが肩の痛みで何度も目が覚める)
c0077338_713415.jpg

明けて月曜日。
5時に起きて、月曜 名古屋名物 モーニング。
11:10分発の飛行機で、福岡に戻る。
c0077338_732747.jpg


福岡着。
午後少し、会社で仕事し、整形外科で肩に、2本目の注射をしてもらった。
体調不十分のままの旅はやはり、こたえました。
[PR]

by katuyamak | 2013-05-14 06:55 | Comments(6)

その2 三重県 朝熊ケ岳(555m) あさまがたけ に登る。

5月12日(日)
昨晩20時に寝たせいか4時半に目が覚めた。
今日は朝熊ケ岳に登って、午後からお伊勢参りの予定。

当初は御在所岳 1本に絞っていたので、他の山のルート等、まったく知識がなかった。

ただ一応、五十肩で行けない時を考えて、三重県の山を見ていて唯一登ってみたい山があった。

伊勢神宮の北東 鬼門に当たる山で、
福岡で言うと、太宰府天満宮の鬼門の山 宝満山にあたる山

朝熊ケ岳(555m)である。
c0077338_21461535.jpg


「お伊勢参らば、朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」の文句が三重県の山 に書いてあり、この言葉が妙に胸に引っかかった。
標高もわかりやすい GO!GO!GO!である。
これは登らねば・・・・

よってこの山に決定。
c0077338_21535845.jpg

朝、近鉄名古屋駅 6:10分発の急行に乗り、近鉄 朝熊駅に着いたのが、8:10分頃。

朝熊駅は無人駅であった。
c0077338_21541879.jpg

駅から山方面に向かう。
c0077338_21554090.jpg

いい雰囲気になってきた。
登山者も宝満山ほど多くなく、朝8時台は人も少なかった。

c0077338_2156848.jpg


c0077338_21563099.jpg

ところどころで、ネットでこうやって、花を守ってある。
c0077338_21563682.jpg

歩き出して90分程で山頂。
555mだし、簡単に登れるかと思っていたが、案外と登りがきつく、朝からいい汗が出た。
c0077338_21565979.jpg


c0077338_2157622.jpg

c0077338_6293176.jpg

島々が見えるのは、行った事はないが、伊勢志摩と言うところだろうか?
日曜日の景色は前日の雨のおかげで、空気が澄んでおり素晴らしかった。
c0077338_630923.jpg

山登りメモ
登山口8:10-登山口11:10頃
往復約3時間 7.7km
間違って軌跡を消してしまっていたので、軌跡はイメージ。
こんな感じでした。

下山して、登山口でトイレを借用すると、車でいっぱいだった。
下山中、たくさんの方とすれ違った。

山ガールも若い男性達と一緒にたくさん登っており、朝熊ケ岳は年齢層が若い。
大変、いい事である。
c0077338_2159399.jpg

c0077338_21595216.jpg

駐車場に停めれない車は沿道に。
くじゅうの大曲を思い出す。
おそらく100台以上あったのでは?(なんとかく感覚ですが)

5月12日(日)
山登りの午前の部が、終了。
午後からお伊勢参り編に続く。
[PR]

by katuyamak | 2013-05-13 21:46 | 山歩き | Comments(2)

名古屋、伊勢参り編  その1

5月11日(土)
土曜、日曜と名古屋市観光と三重県伊勢市のお伊勢参りに行ってきた。
別にどうしても名古屋や伊勢に行きたかった訳ではない。

4月末から左肩の五十肩がうずき出し、注射してもらっても肩の調子が今ひとつ。
ぎりぎりまで行こうか?迷っていたがセコイ性格ゆえ無理をして行ってきた。
旅の結果はやはり、どうもいまいち。
体調不十分の時の観光はやはり考えものでしたね。



話がさかのぼる事。
2月のある日。
平日 自宅に帰り、ジェットスターのHPを見ていて、偶然、福岡~名古屋 5円セールの宣伝を見てから名古屋行きの話が始まった。

まあその時間でも5円で買える空いている便を探すと名古屋~福岡の5月13日 11:10発の便が空いていたのですぐ予約した。
これで名古屋行きが決定。
5月13日は月曜日であるが、有給を使う事にした。

まあ、座席指定やなんだかんだで往復6000円程度の運賃だったかと思う。
考えたら、この値段も驚くほど、安い値段である。

そんな訳で朝8:30発の名古屋行きジェットスターで出発。

当初の行動予定は、
土曜日 名古屋城と徳川美術館
日曜日 御在所岳(三重県の山 1200m位)

だったが、4月末に左肩の五十肩が発症し、左肩が上がらないので、ロープ、鎖場が多いらしい
御在所岳は断念。

代わりに朝熊ケ岳とお伊勢参りに計画を変更した。



さて、土曜日の朝の名古屋。
天気予報の予報通りの雨である。


久しぶりに名古屋の地下鉄に乗り、まずは名古屋城から。
c0077338_18562792.jpg

ザックは軽いザックと重いザックを使い分けているが、軽いザックでも左肩がすでに少々痛い。

顔をしかめて雨の中、名古屋城へ。
観光客がとても多く、すぐ人酔いする私には少々つらい。

一体なにをやっているのやら・・・・・
体調不十分だとほんとにつらい。

名古屋城はアジアの観光客が多かった。
原色の服を着ているので、すぐにそれとわかる。
あと、意外に日本の若い娘さん達が多かったのには驚いた。

c0077338_18563519.jpg

金の鯱(きんのしゃちほこ)
名古屋城は展示物が多く、大いに楽しめた。

人の多さにもだんだん慣れてきた。
c0077338_18565718.jpg


c0077338_1857681.jpg


c0077338_18572623.jpg


c0077338_1857337.jpg

祝い膳
c0077338_18575458.jpg



c0077338_1858263.jpg

火縄銃。
c0077338_185820100.jpg

この人形もよく出来ている。
c0077338_18582746.jpg

私は大きな城の門が好き。
その大きさ、壮大さに圧倒される。
c0077338_18584529.jpg

名古屋城には2時間程いたと思う。
けっこう疲れた。

1時間程、近くの愛知県図書館で雨宿りと本を読むふりをして昼寝。
やはり体が疲れやすくなっている。
なお県立図書館には、ホームレスのおいさん達がいっぱいいて、私のように寝ていた。

いいソファのところには、このおいさん達が多いです。
私は気にせず近くで寝てましたが、周りはそんなおいさんばっかり。

おもろい経験でした。


次は徳川美術館の予定であったが、雨が降っているし、場所も離れているので近くの名古屋市美術館に変更。
名古屋駅で見かけた駅の看板で、上村松園展をやっている事を知る。
序の舞で有名な 上村松園さんの絵を見る事にした。
こんな計画通りではない、行き当たりばったりの旅がいい。

入場料1300円と音声ガイド500円。
音声ガイドは借りようか?どうしようか迷ったが、音声が女優の羽田美智子さんだったので借りる事にした。
借りて大正解。
穏やかな優しい羽田美智子さんの声を通してみる松園の絵は実によかった。

大いに上村松園を堪能した。
しかし肝心の序の舞が展示されてなかったのは少々残念。
でも初めて見た絵も多く、十分 楽しめた。
c0077338_18585157.jpg

絵を鑑賞した後は、名古屋駅 味噌カツ 矢場とんで夕食。

しかし味噌カツが美味しくない?
私が年をとったからか? 味が落ちたのか?

味わって、味噌カツを食べれないので、白飯おかわり3回。
思い切り、仇のように、若者のようにガツガツと白飯を食べる(おかわり自由)
味噌カツは少々残した。
c0077338_18591152.jpg

2000円のビジネスホテルでは、1人用の風呂になっているので、近くの銭湯に行く。

まだまだ名古屋は銭湯が健在なのである。
入湯料 400円
c0077338_18591684.jpg

完全に昭和の匂い。
懐かしい。
c0077338_18593335.jpg

お湯も無茶苦茶 熱い。
水をじゃぶじゃぶ出しながら入った。
いい湯でした。
c0077338_18593615.jpg

なお土曜日は、肩の痛み 疲れで20時に寝る。
さあ、明日は天気になってくれ。

名古屋市観光終わり。


5月12日(日)
伊勢 朝熊ケ岳~お伊勢参り編に続く。
[PR]

by katuyamak | 2013-05-13 18:59 | Comments(4)

佐賀側 小爪峠登山口~鬼ケ岩山 シャクナゲ

5月5日(日)
佐賀側の小爪峠登山口より鬼ケ岩山までのピストン

c0077338_1732461.jpg

今が一年の中で、背振が一番輝く季節でしょう。
c0077338_1741472.jpg

小爪峠~鬼ケ鼻岩山までの縦走路は今が咲き始め~見頃。
c0077338_1734957.jpg

私は、シャクナゲとミツバツツジが一番好き。
c0077338_1743822.jpg


c0077338_1741428.jpg


c0077338_175524.jpg

佐賀側の登山口までは、自宅から往復2時間半。

12:00~14:10
山歩きは、往復2時間10分

山歩きの方が短い


でも、夢のような時間を過ごさせてもらった。


19時からは、50代の仲良し4人組で「さつま」で飲む。
5月5日は子供の日ですが、おじさんも童心に帰れた、いい一日でした。
[PR]

by katuyamak | 2013-05-05 17:04 | 山歩き | Comments(4)