レ・ミゼラブル &  今年の山歩きを振り返る

12月30日(日)
「レ・ミゼラブル」を大野城イオンにて鑑賞
c0077338_737595.jpg

私、2007年からスクリーンで映画見てますが、

くどくど言いませんが、2007年からここ5、6年見た洋画の中では、最高傑作です!
日頃スクリーンに行かれない人も、是非この作品は、スクリーンに行かれてみて下さい。


洋画でもう一度見たいと思う作品は、滅多に無いけどこの作品は近いうちにもう一度見に行こうと思ってます。


2012年の山登りを振り返る。

別段、過去を振り返る事はしないが、ちょうど12月31日なので、2012年の山登りの分析だけはしておこう。

山登り回数 50回

新規の山と新規のルート回数  18回

単独行率(タクさんから教えてもらった) 
50回のうち単独行41回    単独行率 82%

福岡県の山(背振、三郡以外)   13回
背振山系                 9回
三郡山系                 8回
長崎県の山                5回
大分県の山                3回
山口県の山                2回
佐賀県の山                1回
熊本県の山                1回
島根県の山                1回
滋賀県の山                1回
奈良県の山                1回
京都府の山                1回
天拝山                   2回(実際は4回)
片縄山、井野山             2回(実際は4回)
合計                   50回


2012年を振り返ると、テントとシュラフを買った事、山陰本線をすべて列車でまわった事が思い出される。
テント泊は、3回か4回だったと記憶している。
テント泊は、もっと実行したかったが、決行しようと思った日に雨が多かった事、週末の未処理の仕事が残り、
けっきょく、実行できなかった日が多くあったのが悔やまれる。

2012年の一番の思い出は、山登りではなく平戸の半元キャンプ場で夜に眺めた満天の星空であった。
星の素晴らしさ、自然の素晴らしさにあらためて感動した夜だったなあ。
あの夜は何度、流れ星を見た事だろう。
思い出に残る素晴らしい一夜だった。

まあ、2012年も仕事が忙しい中でよく10年連続で、50回を登れたと思う。

来年の抱負は特にないが、毎回、怪我なく健康であれば十分である。
あ!そうそう、来年はもっとスクリーンに行ってみたい。
また読書もいっぱいしたい。

まあ、どうせ理想で終わるし、来年も時間が無いんだし、いろいろと欲張ったらいかんな。
でも山登りだけは年間 50回は、続けておきたい。


ブログを見ていただいた方、一緒に山に登っていただいた方、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
[PR]

by katuyamak | 2012-12-31 07:33 | Comments(12)

青春18きっぷ⑬ JR博多駅~熊本県JR三角駅 三角岳406m

12月24日(月)
福岡は、日、月と雪マークである。
青春18きっぷがまだ、あと3回残っている私はさて、どこに行こうかと思案。
本来は日曜日に外出したいところだったが、高校駅伝があったので、遠出は月曜日にした。

長崎か?大分か?熊本か?
時刻表と、駅から登れる山を調べていて、なんとなく熊本県に行きたくなった。
熊本地方には、雪のマークがない。
さらに調べて、天草の入り口、三角岳(みすみだけ 406m)が三角駅から徒歩で登れる事を確認。

JR博多発07:10-JR熊本駅09:51着
ここで熊本駅から三角線に乗り換える。
三角線に乗るのは初めて。単線であった。
c0077338_2224157.jpg

JR熊本駅10:02-JR三角駅10:52
駅から見える山が方角からして、三角岳なのだろう。
c0077338_222559.jpg

初めての地。JR三角駅に降り立つ。
c0077338_2232429.jpg

駅のまわりは特に店もなかった。
閉まってしまったお店も多い。
歩いて登山口に向かう。
c0077338_2242194.jpg

ここからが登山口のようである。
c0077338_2244868.jpg

九州自然歩道の標識があり、ホッとした。
間違いない。
c0077338_2251421.jpg

最初は、竹の中からの、スタートのようだ。
c0077338_226469.jpg

歩きやすく、いい道。
天翔台との分岐。
山の下りに天翔台に、寄ろうかとも思ったが、帰りの時間を考え寄らずじまい。
結果論から言えば、歩いておけばよかった。
もったいなかった。
c0077338_2284183.jpg

途中、振り返れば海の見える風景が何とも言えない。
c0077338_2284628.jpg

三角駅から1時間23分で山頂。
登山口からだと、60分位。
今年も年間 山登り 50回。
無事達成。 感謝!
c0077338_2293810.jpg

自然林も多く、見晴らしもよく、とてもいい山であった。
わざわざ博多からでも、来る価値あり。
c0077338_22102058.jpg


c0077338_22103577.jpg

c0077338_22325028.jpg

下の軌跡、ダブルクリックすると拡大します。
c0077338_22331645.jpg

山歩きメモ
三角駅11:06-山頂12:30分頃ー三角駅13:46
往復2時間40分の山歩き
歩いた距離 6.7km  時速 2.51km/H

駅から歩いて山頂まで行ける素晴らしい山である。
こんな駅から歩ける山をもっと歩いてみたい。


下山後、2003年からついに、連続10年間 毎年50回登れた。
これって、意思の弱い俺がよくやれたなあ。
自分自身に祝い酒。 乾杯!
下の画像、水ではありません(笑)
c0077338_22105135.jpg

このお店で一杯たしなむ。
c0077338_2211579.jpg

途中、宇土駅で下車。駅から徒歩10分。
幸せの湯なるところで入浴。
よかったあ。
c0077338_22112455.jpg

お土産に買った、いきなり団子と宇土餅
なお、今まで私は宇土を UDOと発音していたが、UTOが正解であった。
この宇土餅は初めて見た。
c0077338_22113756.jpg

熊本駅で下車し、あたりをブラブラしてみた。
駅のあたりのあまりの変わりようにビックリ。
九州新幹線の影響なんだろうか?

申し訳ないが、昔の泥臭い熊本駅がよかったのに・・・
この近代的なビルが多い、熊本駅には何の魅力も感じない。
ただのミニ福岡、ミニ近代化ではないか?
これがスマートなんだろうか?
申し訳ないが、下車してみて、JR久留米駅も同じであった。
c0077338_2211513.jpg

熊本ラーメンか、久留米ラーメンをと期待していたが、がっかりだったよ。
くまモン君。
c0077338_2212563.jpg

都市は近代的になっても、山は今のまま、自然のままであってほしいですね。


JR博多駅~JR三角駅  154.9km  運賃2730円
ピストンなので、この倍である。
            往復  309.8km  運賃5460円を青春きっぷ 1枚あたり2300円

読んだ本
心がほどける小さな旅    益田ミリ
鉄道員 続き完読      浅田次郎
男の系譜(途中まで)    池波正太郎
[PR]

by katuyamak | 2012-12-24 22:06 | 青春18きっぷ | Comments(12)

今年49回目 天拝山

12月23日(日)
本日は、高校駅伝 午前中が女子の部、
午後から男子の部

朝10時までにはテレビの前に座っていたい。
そう思っていたが、朝、晴れ間が出ているではないか?
午後から天気がくずれそうな気配。

結局、高校駅伝は録画して、おっかけ再生しつつ、午後から時間ずらして、最初から見る事にする。

最初、金山に登る予定で移動していたが、背振方面に近づくにつれて、小雨か雪のような・・・・
峠が凍結したら困るので、場所を変えて天拝山に変更。

c0077338_21424631.jpg

c0077338_2143350.jpg

今日の山歩きは0.5回 今年49回目
明日で50回を決めておきたいところ。

自宅に帰り、テレビでどっぷり高校駅伝三昧。
高校生のひたむきに、純粋に走る姿にただ、ただ感動。
[PR]

by katuyamak | 2012-12-24 21:45 | 山歩き | Comments(4)

青春18きっぷ⑫ JR米子駅~JR博多駅 出雲 弥山編

12月16日(日)
ホテルで熟睡しており、朝4時50分、風来坊さんからのメールで起床した(笑)
さて、今日はどこに行こうか?
まったく何も決めていなかった。
当初は、石見銀山で低山を登る予定であったが、足の状態もよくないので、観光をしようと思う。
境港でゲゲゲの妖怪を見たいとも思ったが、今からだと6時22分に着いてしまう。
それだとまだ外も暗いし、店も閉まっているだろう。

次に考えたのが、出雲大社 ここは行った事がない。
朝早くても、神社には、朝の清浄な気があり、むしろいいかもしれない。
よって出雲大社に決定。

JR米子駅06:10-07:22JR出雲市駅
c0077338_6563120.jpg

c0077338_6564966.jpg

駅から降りてはみたものの、ここからどうやって、出雲大社に行っていいか?よくわからなかった。
ぼんやり駅前にいたら、直行バスがあった。これに乗る 460円

出雲大社は海に近い場所にあるが、その海方面に連なる山々が見える。
島根県の山の本で調べてみると、弥山と鼻高山とある。
c0077338_658392.jpg

私は出雲大社から見える弥山という山が気になった。
山には登れないだろうと思いつつ、しっかり山の渓谷社 島根県の山の本だけは担いできていた(笑)
c0077338_658593.jpg

まず朝の参拝を・・・
縁結びの神様という事で若い女性が多い。
c0077338_6592228.jpg

本殿までは距離が長い。
朝の新鮮な空気の中、神聖な神社に参拝とは、汚れた心も体も浄化した気持ちになり、いいものである。
c0077338_71523.jpg

さて、参拝も終わり何をしようか?
山には登れないだろうと思いつつも、せっかくGPSも持参してきているし、次に来るかもしれないので、とりあえず登山口までの下見をしようと思った。
境内から東に進路を変えて歩く。
c0077338_712715.jpg

10~15分程で、登山口を発見。
子安寺のすぐ近くに鹿よけか?イノシシよけ?の網がしてあるところが登山口であった。

さて、山登りが出来ないだろうと思っていたが、昨日の浜阪温泉の効果なのか?
1歩を踏み出してみると、痛めていた左足側面の調子が良い。
ズキッとする痛みがない。
痛みがないので、ゆっくり歩けるところまで歩いてみる事にした。
温度が上がってきた事もよかったと思う。
先週の寒波だったら、山は無理だったと思う。
c0077338_715172.jpg

登りの赤テープや、ロープ等があると、10年間の習慣なのか(笑)当たり前のように登っていく。
いきなり急登で大丈夫か?と思いつつも、足はなんともない。
しかし2泊3日の荷物、本、着替えすべてを詰め込んでいる55リットルのザックがずしりと重い。
とにかくゆっくりと登る。
c0077338_72750.jpg

ロープでの急登が続いたら、次は倒木を乗り越えての、登山道となる。
このルートはおそらくそう人がいつも歩いてないと思われる。
一般道とあるが、このルートに初心者の方は危険と思うが・・・
c0077338_722917.jpg

倒木ルートを超えると、歩きやすくなった。
c0077338_724972.jpg


c0077338_734190.jpg

最後の急登のようである。あと少し!
c0077338_73599.jpg

登り終えると、非常に見晴らしが良い。
海に近い山、独特の景色の素晴らしさ。
広角レンズが欲しいところだ。
この景色を伝えられないのが残念。
c0077338_74171.jpg


c0077338_743862.jpg

弥山山頂 506mとある。
c0077338_75236.jpg

5分程先の、三角点 496mまで歩いてみた。
足の調子が良くないのに、登れて大満足である。
来てよかった。
c0077338_752124.jpg

下りは時間がないので、そのままピストンで下る。
下りの方が、危険が伴う。
慎重に下る。
c0077338_754293.jpg

c0077338_965741.jpg

山登りメモ
出雲大社から出発8:47-戻り12:38 約3時間50分
登りで1時間50分程かかっており、往復約4時間近く。
島根県の山の本を見ると、下りで50分で下山してある。
こんなに早く降りれなかった。
通常の足の状態からやはり1.5倍程時間がかかっていたのかもしれない。

参考資料 島根県の山 山と渓谷社 

下山後は、また出雲大社に戻り、バス停を目指す。
c0077338_76462.jpg


c0077338_762343.jpg

出雲大社入口から見た弥山。繰り返すが、登れてよかった。
来てよかった。
c0077338_764997.jpg

出雲市駅に戻り、14:02分の益田行きの快速列車に乗りたいので、時間がない。
出雲そばを食べたかったので、時間がないので駅前のそば屋さんへ。
店主に時間が無いので、急いてくれますかと催促し、猛ダッシュで5分で割り子そばを食す
c0077338_774758.jpg

JR出雲市駅14:02-16:40JR益田駅まで
益田駅に到着。
駅から降りても、まわりに何もない(笑)
当初はここに泊まる予定であったが、足の状態も良くないし、山で4時間時間を費やして、
石見銀山の観光も出来ないので、このまま博多まで帰る事にした。
c0077338_78661.jpg

益田の滞在時間は次の普通列車までの41分間。
あたりに手頃な居酒屋も開いてないし、中途半端に時間も無いし、仕方なく駅弁を買う事にした。
カップ酒と売れ残りで1個だけ残っていて仕方なく買った蟹弁当1000円
c0077338_782564.jpg

JR益田駅17:21-21:24JR下関駅まで
この同じ列車に4時間近くいた。

食べる物がないので、仕方なくカップ酒と蟹弁当。
ところがこの蟹弁当。驚くほど、うまい。
これは・・・ 
駅弁がこんなにおいしいとは!
カップ酒を飲みながら至福のひととき。
酔いがまわり、あたりを見るとほぼこの車両、下関までほぼ貸し切りである。
平椅子に寝そべっても、誰にも文句も言われない。

c0077338_784332.jpg

食べ終わって、半分寝てました(笑)
c0077338_79298.jpg

JR下関21:45-博多着23:09

本日の行程
JR米子駅ーJR博多 433.3km 運賃6980円が青春きっぷで1枚あたり2300円

土、日の全行程
新今宮駅ー博多まで山陰本線経由  782.0km  

かかった旅費と宿代
福岡空港ー関西空港 ピーチ  4060円
関西空港ー新今宮駅       1030円
西成ホテル             1980円
土、日の青春きっぷ 2枚     4600円
米子のホテル            2630円
出雲大社往復のバス代       950円


計                  15,250円
c0077338_791739.jpg


旅をふりかえる。

山陰本線全線を普通列車と快速を使って、青春きっぷで全線をまわってみたいと思った。
のんびりの旅とは程遠く、何度も何度も乗り換えし、その度に時刻表とにらめっこ。
新規の列車に飛び乗ると、まずは座席の確保。
トイレに行くのも時刻表とにらめっこである。

思えば、山陰の地は、時間がなく観光できなかったところばかりだったような気がする。

でも行き当たりばったりではあったが、観光バスに乗って、連れていってもらう旅とは全然違う。

すべてが、私自身が作った、私が考えた、私自身がその土地に触れた手作りの旅でもあった。
いつもは仕事に追われ、提出書類に追われて、自分をふりかえる余裕もない毎日。
私にはこのような息抜きが必要なのだ。

移動までの暇な時間。
普通列車の中の読書がなんと嬉しい至福の時間な事だろう。
平日は、常に仕事に追われ、本を読みたくても読めないのだ。
訪問したところは、わずか浜坂と出雲市だけではあったが、また山陰を旅してみたいと思った。
c0077338_1013763.jpg

c0077338_1014941.jpg


読んだ本
砂の女    タクさん、ありがとうございました。 最高でした。
美しい雲の国
鉄道員    読みながら、涙がボロボロと出た。映画もよかったが、本も実に良かった。
[PR]

by katuyamak | 2012-12-20 06:58 | 青春18きっぷ | Comments(4)

青春18きっぷ⑪ 大阪府JR新今宮駅~鳥取県JR米子駅まで

12月15日(土)
4時50分起床
睡眠時間は4時間足らずである。
あとは普通列車でうたた寝しよう。
西成のホテルを出たら、外は小雨だった。
歩いてすぐのJR新今宮駅まで歩く。

青春18きっぷにて、新今宮駅の外環状線から出発
JR新今宮駅05:42-JR大阪駅時間忘れた
JR 大阪駅06:12-JR京都駅 7時頃

下の画像は京都駅。
c0077338_22432535.jpg

ここから山陰本線の旅がはじまる。
スタートは
下の電車
JR京都駅07:34-JR胡麻駅08:37まで
c0077338_22443095.jpg

JR胡麻駅09:11-10:00JR福知山駅
JR福知山駅10:10-11:30JR城崎温泉駅着

下の画像は11:24分なのでJR玄武洞駅付近と思われる。
しっかり雪が残っている。

ウキウキした旅が始まったと書きたいところであるが、睡眠不足とそのはこのような寒さ。
心は暗いなか、タクさんに紹介された本
「砂の女」の読書中
この本の出だしがまた暗く、かなりぼんやりしていた。
(砂の女は、後半、どんどんおもしろくなっていくのであるが・・・)

c0077338_22353776.jpg


c0077338_22361242.jpg

11:30 城崎温泉駅に着く
次の出発が11:54なので20分ほど降りてぶらぶらしてみた。
c0077338_22363071.jpg

この駅までは電車も賑やかだった。
c0077338_22365637.jpg

城崎温泉を出てから、人が少なくなる。
途中で何気なく撮影したJR久谷駅。

c0077338_22371826.jpg

JR城崎温泉駅11:54-13:05JR浜坂駅

車窓から外を見ると、夢千代の里とある。
夢千代日記の映画の舞台なんだろうか?

まったく自分でも予期していなかったが、なんとなくこのJR浜阪駅で途中下車してみる。
温泉の看板に心をひかれたのだ。
足を痛めていたので、温泉にゆっくり入りたかったのである。
c0077338_22374471.jpg


c0077338_2238467.jpg


c0077338_22382537.jpg

駅から降りてすぐに、下の画像の看板があった。
どちらかの温泉に徒歩で歩いていけるか、地元の人に聞いたが、言葉がよく聞き取れず
なんと言っているのか?よくわからなかった。
でも歩いてはいけないというのは何となくわかった。

自分で歩くしかあるまい。
と思っていたら看板に加藤文太郎の墓と、加藤文太郎記念図書館の標識。
早速、歩いて墓に行ってみる事にする。
(なお、この行動はまったくの思いつきで、事前に観光情報誌や本など一切見ていない)

これも旅のおもしろさなんだろうなあ。


c0077338_22384810.jpg

墓場についたら、墓だらけ。
数千はあるんではないだろうか?
ここから探せとは無理バイ。
c0077338_2239686.jpg

あきらめて、次の道を歩いていたら、いきなり標識を発見。
これで行けるだろう。
c0077338_22393240.jpg

そう思っていたら、次の標識の最後の看板の文字が消えていて、わからない(笑)
最後の最後が肝心なのに・・・
c0077338_2239524.jpg

まあこのあたりのどっかとわかっただけでよい。
これもいい思い出である。
c0077338_22404453.jpg

あの山にも加藤文太郎は登ったのだろうか?
下の画像は、寂しく寒い、山陰らしい風景と思いませんか?
c0077338_22385415.jpg

さらに歩き、高齢者いきがい施設「ユートピア浜坂」に着く
300円で温泉に入れるらしい。

c0077338_2241875.jpg

下の画像が笑える(笑)
漁師さんが来るからなのか?雪が深いからなのか?
とにかく九州で長靴用は見た事がない。

ユートピア浜坂はお湯がやわらかく実にいい温泉であった。
70~80代位の腰のまがったじいさんが5人位おられたが、若い人はいなかった。
高齢者いきがい施設だからだろうか?

普通列車の中で、同じ姿勢でずっと読書していたので体が硬くなっていた私は、
とにかく湯でストレッチを入念にして、心身共に生き返った。
c0077338_22413058.jpg

温泉を出て、歩いていたら、加藤文太郎記念図書館を発見。
図書館としては素晴らしい施設である。
図書館に行っても本も借りられないのであるが、雰囲気だけでも味わってみよう。
c0077338_22415870.jpg

図書館に入ると、2階に加藤文太郎記念資料室があるではないか。
これはまったく予備知識がなかっただけに嬉しかった。
c0077338_22421881.jpg

ここから2階の資料をじっくり読ませてもらった。
来てよかった。
c0077338_2242454.jpg

c0077338_23134490.jpg




浜坂の観光も終わり、おでん3つにカップ酒とちくわ
小さな幸せを感じる。

9月の京都 伏見 月桂冠大倉記念館の訪問以来、カップ酒がすっかり好きになってしまった。
c0077338_2243720.jpg

山陰本線の電車で有難かった話し。
下のようにあける、しめると
2つのボタンがある。
各駅停車の電車が停まっても、自動ドアみたいに勝手に開かない。
ボタンを押さないと開かないのだ。
この地方が寒いからだろう。
各駅停車の旅をした私にはとても有難かった。
c0077338_2243261.jpg

JR浜坂駅ー鳥取駅ー倉吉駅ーJR米子駅に着いたのが18時頃。
あたりは真っ暗
c0077338_22435090.jpg

山陰の夜はどの駅からも暗い。
c0077338_224494.jpg

夕食の時にデジカメを忘れて、画像が無い。
米子の2630円の素泊まりのホテルで21時、早くも就寝。
体がとにかく疲れていた。

本日の旅の行程

JR新今宮駅~JR米子駅まで 348.7km 運賃5780円が青春切符で1枚当たり 2300円
乗り換え回数  7回


青春18きっぷ⑫ JR米子駅~JR博多駅  出雲 弥山山歩き編に続く
[PR]

by katuyamak | 2012-12-17 22:45 | 青春18きっぷ | Comments(4)

山陰本線の旅へ

携帯で旅行先からつい、メールしたりしてしまっていた。

自分でも意味がよくわからない山陰本線全線普通列車の旅。
このきっかけを作ってくれたのが下の本だったと思う。

c0077338_21453776.jpg

この本を読んで初めて、山陰本線とは京都から下関までの延長 676km
である事を知る。

この路線を青春18きっぷで行ってみたいと思ったのが、今年の4月に山口県を旅している時だった。
あれから構想6ケ月
ちょうど関西空港への格安航空券が購入できるようになり、大阪 西成への宿泊をセットにすれば、
山陰本線を普通列車で、格安の旅が実行可能になる事を確認する。

10月下旬 ピーチで12月14日発の福岡空港~関西空港を金曜夜の便を早くも購入 込み込みで4060円
出発は12月14日と勝手に決めた。

あとは12月発売の青春18きっぷを組み合わせれば、格安の旅が実現する。

12月に入り、
12月14日宿泊  大阪 西成  素泊まり1800円。
    15日宿泊 鳥取 米子  素泊まり2630円。
    16日宿泊 島根 益田  素泊まり3000円。

の3軒の宿をネット予約。
あとはそのまま飛行機に乗ればいいだけとなった。

しかし12月12日になり、朝から突然 左太ももの筋を痛める。触ると、とにかく痛い。
まったく歩けなくなる。
出発は12月14日の夜である。
なんという事か。階段の上り下りが手をつかわないと登れず、片足ずつ1段づつしか登れない。
整骨院で治療していただく。
9日のボランティアで寒い福岡を1日中歩いたり、仕事で1日 肉体労働の日があったので無理したみたい。
どうも体の冷えと凝りと疲れから来ているようだ。
12月12日 3軒の宿をすべてキャンセル。
トホホである。

しかし12月14日当日になり、なんとかザックを背負えて、ふんばれるようになってきた。
整骨院で治療していただいたおかげだろう。
まだ歩き方はぎこちないがなんとかなりそう。
このまま止めてしまったら、未練たらたらである。

なんとかなるやろう。
足が本調子でもないのに、強引に出発を決意したのが、当日の夕方であった。
宿は予約はしてないが、西成のホテルなら問題あるまい。
12月12日(金)仕事を終えて、20時に自宅を出発。
福岡空港へ向かう。
22時半 雨の関西空港へ降り立つ
関西空港は雨であった。
c0077338_22182293.jpg

ここからJRに乗り、大阪 新今宮駅に着いたのが、最終便であった。
なんとか間に合った。
ホテル着 すでに0時半。
ファミリーマートでおでん3ケとカップ酒で乾杯。
c0077338_2226137.jpg

そのまま寝る。
明日は4時50分起床予定。
なんという強硬スケジュールなんでしょう。

12月15日(土)
青春18きっぷ⑪ 大阪府 新今宮駅~鳥取県 JR米子駅編に続く。
[PR]

by katuyamak | 2012-12-17 21:59 | 山歩き | Comments(8)

最高の旅でした

c0077338_19174820.jpg

12月16日(日)
今、下関に向かって山陰本線を走る普通列車は長門市と言う駅に着いた
私はカップ酒に蟹弁当で心地よく酔っぱらい夢の中にいるようだ
平椅子に勝手に寝そべって夢の世界を楽しんでいる
弥山、
出雲大社、
タクさんに紹介していただいた本
砂の女
蟹弁当
すべてが旅の思い出
ありがとう。

山陰本線
[PR]

by katuyamak | 2012-12-16 19:17 | Comments(2)

島根県弥山 みせん

c0077338_11133797.jpg

12月16日(日)
出雲大社に参拝しアタック
まさか今日ここに登るとは思わなかった
野鳥がたくさんいる
[PR]

by katuyamak | 2012-12-16 11:13 | Comments(1)

山陰の浜坂を訪ねる

c0077338_1611124.jpg

12月15日(土)
京都駅を7時34分に出発し、いよいよ山陰本線の旅が始まる
今日の宿は米子
途中浜崎浜坂と言う駅で電車が20分時間調整の停車
したかなく観光してみると加藤文太郎記念館かあるではないか
300円のとても気持ちいい浜崎温泉浜坂温泉にも入れてラッキーですF995.gif

[PR]

by katuyamak | 2012-12-15 16:11 | Comments(4)

旅に出ます

c0077338_0571583.jpg

12月14日(金)
今、大阪です
仕事を終え21時半発福岡空港から関西空港
ピーチで4060円
明日から青春18きっぷで山陰本線を旅してきます

何しに行くんでしょうねえ自分でもよくわかりません
今、1980円のホテルでファミリーで70円のおでん3つにカップ酒で晩酌中F995.gif
[PR]

by katuyamak | 2012-12-15 00:57 | Comments(3)