平戸 安満岳(514m)~ 生月島~ チャンポン

8月26日(日)
5時半にテントの中で目が覚める。
眠れずに途中、何度も起きたが、夜明けは気がつかなかった。

テントを撤収し、そのまま登山口に向かう。
朝食はブラックコーヒーのみ。
朝は、食欲がない。

山野入口バス停を左折し、山野橋の手前の鳥居のところが登山口である。
登山口の鳥居のまわりは、草が生えて、行く手をはばんでいる感じ。
低山を登る人はよくわかると思うが、今の時期の低山の山歩き。
蒸し暑く、アブや、虫やヘビとの格闘でたまらない。
ここからの出発は気合が必要。
おそらく今日、ここから山に入る人はそういないだろう。
日曜日、朝7時~9時 案の定、誰にも合わなかった。
気合入れて出発。
c0077338_555538.jpg

道は案外と整っていた。
ムッとするような蒸し暑さの中を歩く
c0077338_5561473.jpg

2つ目の鳥居
c0077338_5563558.jpg

確か標高370m付近だったかな。
だいぶ雰囲気がよくなってきた。
c0077338_5565457.jpg

標高470m付近
石段がなくなり、歩きやすくなる。
c0077338_557937.jpg

3つ目の鳥居
c0077338_614454.jpg


4つ目の鳥居
頂上はもうすぐのようだ。
汗ビッショリである。
ここの石段で、ヤマカガシを2匹見た。
c0077338_5572861.jpg

62分で山頂。
山頂の三角点は無いようである。
山頂からの景色
c0077338_6172641.jpg

c0077338_617505.jpg


山頂付近は風があり、ありがたかった。
でも登山口からの途中は、やはり真夏はたまらない暑さだった。
c0077338_621095.jpg

山登りメモ
登り7時20分~山頂8時4分~登山口9時20分
ちょうど2時間の山歩き。
歩いた距離 ちょうど4kmのピストン


下山後、また半元キャンプ場に戻る。
海に入り、体を冷やす為である。
チェックアウトは12時までなので、シャワーを利用しても無料なのだ。
昨日の夕方と朝 2回、海に入った。
山登りの後の海への入浴。
考えたら初めての事である。
c0077338_6271953.jpg

朝から山と海を楽しんでもまだ 10時半である。
時間があるので、生月島(いきつきしま)に行ってみる事にする。
目的は大バエ灯台である。
生月大橋を渡り、生月島へ。
c0077338_5574794.jpg

塩俵の断崖
c0077338_558325.jpg

大バエ灯台
観光スポットになっている。
映画 「悪人」の事はどこにも書かれていなかった。

c0077338_5582019.jpg

生月島でアゴ出しラーメンを食べる予定にしていたが、人が多く店内に入れなかった。
仕方なく半元キャンプ場付近にあった
チャンポンのお店に入る
だるま食堂のチャンポン 650円
c0077338_5583692.jpg

目の前に置かれた時に、見た目、パッとしないチャンポンだなあと思った。
まあ、こんな場所のチャンポンなら仕方あるまいと思い、食べる。

ところが・・・・う! うまい!!
何が違うのだろう?
まずスープがうまい。
また野菜の炒め具合が固すぎず、炒め過ぎでもなく、絶妙。
お汁1滴も残さず完食。
とにかく美味しかった。
このお店はネット上に情報がないお店のようです。
いや~、平戸チャンポンあなどれず。

食後、12時半
これからのんびり帰路へ
帰りは5時間以上かかった。
往復440kmの旅 日帰りだったらとても来られない距離だ。

いや~、平戸の海と山と食を堪能した。
いい旅だった。
テントから見た星がやはり、忘れられない。
[PR]

by katuyamak | 2012-08-27 05:58 | 山歩き | Comments(15)

平戸 半元キャンプ場は満点で、夜は満天の星空

8月25日(土)


7月15日に雲仙でキャンプをしてしばらく間が空いた。
その間、ずっとキャンプの機会を狙っていたんだけど、週末になれば天気が悪かったり、お盆は前半の休みがまた雨となかなか行く機会がなかった。

26日の土曜日は久し振りに遠出も出来そうだし、天候も悪くない。
福岡の用事を済ませて、出発はそれでも、なんだかんだと11時発となった。

今回は、平戸の半元(はんもと)キャンプ場というところに行ってみる。
いつものように予約はしていない。
現地で、キャンプ場をこの目で見て、テントサイトの空き具合を判断して泊まりたい。

11時に出発して、高速は使わずすべて下道。
現地の平戸に着くまでに4時間半を費やした。

現地に15時半頃に到着。
海のキャンプ場に泊まるのは初めてである。
50過ぎのオッサンの単独でもいいのだろうか?

管理棟を訪ねると今日の宿泊は7組程で、テントサイトは4つ位しか使ってないとの事。
本では40位テントサイトがあるように書いてあったので、これは余裕である。
早速、今日の宿泊を依頼する。
入村料 210円 持ち込みテント520円=720円であった。

c0077338_21304453.jpg

キャンプ場は、段々畑のようになっていて、上のバンガローが2段とってあり、下にテントサイトがまた2段スペースがある。

私は家族連れがキャンプしている端の、はずれの方にテントを設営する。
c0077338_21151170.jpg

目の前が海である。
ロケーションが素晴らしい。
贅沢な空間。
c0077338_21152370.jpg

半元キャンプ場の素晴らしいところが、キャンプ場で海水浴が出来るところ。
この海水浴の砂浜は、キャンプ場の利用者しか使えないのである。

この画像ではカップルしか写ってないのだが、実はオジサンは、さっきまで困っていた。
20才前後の若者グループの女の子4,5人の水着が凄かった。
グラマーで色白で水着がとにかく・・・

オジサンは目のやり場に困っていたし、その子達を撮影するのも、なんか盗撮になりそうだし(笑)

正直、ここは私の来る場所でしょうかねえ(自嘲気味)

女の子達が立ち去って、私も久し振りにおずおずと海に入る。
久し振りの海は、気持ちいい。

しばらく体を冷やして、無料の水のシャワーで体を拭く。
生き返った!!
c0077338_21154420.jpg

シャワーの後は、管理棟で売っているビールで一人 乾杯!
日暮れの海を見ながら、静かに波の音を聞きながら・・・・
最高の贅沢な時間を楽しむ。

目の前は生月島で、先端の大バエ灯台の明かりが見える。
(映画 悪人の舞台で、最後のシーンの場所)
このキャンプ場は素晴らしい。
まず蚊や、小さな虫ががいない。
いるにはいるがほとんど気にならない。
また草の下に蟻(あり)がいない。

これは大事なポイントである。
蟻がいたら、テントの開け閉めが神経質になる。

テント泊 4回目で最高のキャンプ場、最高の日に泊まれた。
c0077338_21155378.jpg


素晴らしい。
最高の時に来れたなあ。
シュラフすらいらない。

おやすみなさい・・・


ところが、この大自然からの私へのギフトはこれだけではなかった。

20時か21時かつい、うとうととすでに寝てしまっていた。

23時過ぎに、ふと目が覚めて、寝たままの状態で、仰向けのまま、テントのファスナーを開けて、外を見る。


ア!!
星が・・・・

あまりにも、たくさんの星がテントから見える。
テント泊の素晴らしさは、こんなところにあったんだなあ。

感動した!

今日の空は、夜も雲が無く、快晴である。
その空に無数の星達。

もう言葉はいらなかった・・・・

23時過ぎ
2時過ぎ
3時過ぎ

何回も目が覚めて、その度にテントから星を見る。
いつの間にか眠くなり、また寝る。
また目が覚めて、起きてファスナーを開けて、星を見る。

この繰り返しだった。

贅沢な夜だった。
流れ星を何度見た事だろう。


上の女の子達の声が何度も聞こえた。
キャー、星がキレイイ~。

このキャンプ場は、青春の思い出、恋の思い出を作る場所。
誰にも教えたくないキャンプ場なのかもしれない。



8月26日(日) 平戸  安満岳編(512m)に続く・・・
[PR]

by katuyamak | 2012-08-26 21:16 | テント泊 | Comments(4)

佐賀側 山中ルートより金山(967m)

8月19日(日)
午後から用事もあるし、朝早くから長い距離を歩いて、午前中までには山歩きを終えておきたい。
そのつもりであったが、しっかり寝坊。
今年の3月24日以来、久し振りに佐賀側の山中ルートから金山を目指す事にする。

金山背振林道(しっかり舗装道路)の駐車スペースに車を停めて山登り開始
標識では50分であるが、53分で山頂
c0077338_64032.jpg

c0077338_6401857.jpg

途中、アブもいたが何とか刺されずに山頂まで
c0077338_6405643.jpg

c0077338_641898.jpg


c0077338_6431349.jpg

山登りメモ
登り53分。
山頂で少し休憩しても往復1時間48分で車まで戻れた。
短い時間ながら、山の雰囲気もよく、時間がない時に、もっと歩きたいルートだと再認識した。

標高560mからのスタートで50分で標高967mまで
50分で標高差400mは、なかなかいいトレーニングである。

水は2.5リットル担いで飲んだ水は500mlのみ。

終始、アブに付きまとわれるのが、夏山のつらいところ。
[PR]

by katuyamak | 2012-08-20 06:43 | 山歩き | Comments(4)

背振山(1055m) オオキツネノカミソリ

8月15日(水)
50代の男4名にて車谷ルート経由背振山へ
もちろんオオキツネノカミソリが目当てです。
c0077338_1711271.jpg


c0077338_17111945.jpg


c0077338_171138100.jpg

私は一番最後を歩きます。
よって前に写ってある方はすべてマッスルさんです。
マッスルさんも福岡側からの背振ルートを喜んでいただいたようで、よかったです。
c0077338_17115735.jpg

c0077338_17121455.jpg

坂の上の雲  笹の上の蛇
最初パッと見て、なんかマムシと違うなあとは思っていたが、自宅に帰りよく調べてみたら
ヤマカガシのようです。
c0077338_5334769.jpg


ヤマカガシは案外、笹の上とかが好きなようです。
体に赤みがあるのが特徴。

風来坊さんが撮影したのは見事なマムシ
最後尾から歩いていたので、撮影出来ず。
夏ですね。
背振でヘビ、トカゲ、トンボ、バッタ、蝶、いろいろ出会えました。
花もマッスルさんにいろいろと教えてもらったんだけど、すでに名前は忘れたなあ(笑)
[PR]

by katuyamak | 2012-08-15 17:12 | 山歩き | Comments(6)

宝満山 かまど神社正面ピストン

8月13日(月)  4時半起床

昨日が中途半端な山歩きになってしまった。
今日は長く歩きたいところであるが、午前中に会社でひと仕事しなくてはいけない。
朝、サッと登って、会社に行こう。
かまど神社を5時50分に出発。
この時点ではまだ雨は降ってないが、今にも降りそうな雰囲気。
蒸し暑さが半端ではない。

一の鳥居までは快調であったが、ここからガックリと足が前に行かなくなる。
実は宝満山 正面ルートのきつさは、一の鳥居からが本番である。

汗がボトボトとしたたり落ちる。
苦しくてたまらん。

実は私は、汗がボトボトとしたたり落ちる真夏のこの苦しさが案外と好きである。

百段がんぎのところでは頭がもうろうとなりフラフラであった。

このあたりから雨に変わり、ザックカバーをかけて、体は雨に濡れたままにしたが、雨が気持ちよかった。

登りに1時間27分もかかってやっとこさ山頂。
c0077338_2254760.jpg


下山し、かまど神社を出てすぐに雨が大雨に変わった。

早く登っていて、正解。
早起きは三文の徳。

朝から登ってよかったと清々しさで終われた、いい山歩きであった。
この後けっきょく仕事が15時までかかる。
[PR]

by katuyamak | 2012-08-13 22:10 | 山歩き | Comments(4)

大雨により、小城市観光   天拝山 

8月12日(日)

5時起床
本来天気がよければ、日曜~月曜と雲仙でキャンプをする予定であったが、天気予報は雨。
それに月曜日に少し仕事が入るので、日曜日はキャンプ泊の計画を中止して、日帰りの山歩きを計画。

朝、どこに登るか検討するが、なかなか決まらない。
ふと、以前タクさんに教えていただいた、小城の「ドライブイン一平」のカツカレーが久し振りに食べたくなった。

そんな理由から、まだ歩いた事がないルートの、七曲峠からの天山ピストンを計画。

天山に登りたいからではなく、カツカレーの為に天山を選ぶとは実に不純な動機の私。

本日の計画は
天山の山登り→羊羹資料館訪問→ドライブイン一平でカツカレーの予定^^

7時頃にぼちぼちと自宅出発。

福岡市はまったく雨は降っていなかったが、三瀬峠を過ぎたら雨に変わる。
さらに右折し、古湯を過ぎる事には大雨に変わる(泣)

しかし山間部は大雨であるが、平地は雨は降っていない。
山にだけ、すっぽりと雨雲が乗っているようだ。
10時過ぎに、仕方ないので、最初に小城市の羊羹資料館を訪問。
c0077338_10193591.jpg

村岡屋総本店の隣が羊羹資料館になっていた。
無料だったので、隣の売店の女の子に声をかけてから無人の資料館の中に入る。
c0077338_1019494.jpg

羊羹作りの解説を読んでいると、お店の女の子がやってきて、抹茶と羊羹のセットを出してくれた。
c0077338_10274792.jpg

羊羹資料館は一通り中を見たら、サッと帰る予定だったが、何か買わないといけない。
逃げられなくなってしまった(笑)
仕事上、羊羹については、何かとわかっているのであるが、ミニ羊羹のお土産を購入。
どら焼きの1個のおまけに感動。
ここのどら焼きはおいしかった。
なお、山のブログとはまったく関係ないが、村岡屋総本店の売店の女の子は高校出たてか、出て数年だろうか?
みな若くて、かわいかった。
そんな女の子から、けなげに抹茶のサービスをしてもらったら、お金のないおじさんもお金を落としますよ(笑)
c0077338_10293346.jpg


さて、それでもまだ11時前である。
そのまま「ドライブイン一平」へ行き、カツカレーを注文する。

出てきたカツカレーを見て、思わず唸る。
う~ん、食べきれるだろうか?
食べる前から恐ろしい量である。
ここのカツカレーを完食できるのは10代、20代、30代の若者かと・・・
c0077338_10302872.jpg

なんとか完食。いや~食べすぎです。

一平さんのほとんどのお客さんは、、20代、30代の方。
オーダーの半分はカツカレーばかり。
その他海老フライカレーとかあるが、オーダーの8割か9割はカレーばかりである。

店長は前と同じく、笑顔でニコニコといつも笑みをうかべている。
日本人離れしたどことなくダルビッシュ似の楽しそうな店長である。

この一平さん、雰囲気がとてもいいお店。
人気店ですね。
ここのお店の雰囲気はオープンキッチンという事もあり、とてもいいです。

カツカレーを食べ終えると、満腹おじさんの私はがっくりと眠くなる。
しばらく車で爆睡。
天山での山歩きもこの後、どうでもよくなり、そのまま福岡に帰る。


夕方から福岡 天拝山に登り、太った体もいくらかは軽くなった(笑)
c0077338_2129228.jpg

0.5回とせこく山歩きにカウントさせてもらい、今日がアッと言う間に終わってしまった。

今日は一体何しに小城市に行ったのだろう?
でも思い出深いプチ観光であった。
小城市はいいところです。
雨がよく降りますね。
[PR]

by katuyamak | 2012-08-13 10:20 | 山歩き | Comments(4)

宮若市 笠置山 かさぎやま(425m)

8月5日(日)
当初は、土曜日の午後より出かけてキャンプでもと思っていたが、結局、終日図書館にいた。
この暑さでまったく出かける気にならない。

それから日曜日に早起きしてと思ったが、4時半起きの予定がオリンピック観戦疲れで起床が6時半。
すでに外は暑く、さてどこに登ろうか?

まだ登る山が決まらない。
30分程、いろいろ考えて 宮若市の 笠置山に登る事にする。

福岡からショウケ越えをして、国道200号線に出て北上
飯塚市に入り、「幸袋」の交差点から県道30号線に左折し、さらにR471を左折
千石峡に着く。

新規の山でまだ情報はまったくないがなんとかなるだろう。
千石キャンプ場の駐車場に9時半頃について、サンダルのまま登山口を捜す。
登山口は、千石キャンプ場に車を停めて、キャンプ場に行く反対側の舗装道路を登ってすぐのところにあった。
c0077338_762383.jpg

登山口を確認し、車に戻り山登りの用意。
なお、このまわりの渓流では、子供達が川で遊んでおり、これから山歩きする私はかなり変(笑)
c0077338_782364.jpg

最初は竹林からのスタート
風があり以外に涼しい
c0077338_5575657.jpg

自然林の出現により、山の雰囲気もよくなってきた。
c0077338_5581875.jpg

ますます雰囲気がよくなる。
この山は静かだし好きだ。
低山であるが、山の雰囲気が何とも言えない
福岡県超低山100の本に、「深山幽谷の感漂う照葉樹林の山」と書いてあったが、まさにその通り。
c0077338_558536.jpg

最後の急登。ロープがあり助かる。
c0077338_5591828.jpg

63分で頂上。頂上の雰囲気がまたなんともよかった。
私は通常、山の頂上に着いてもすぐに下山するが、この山の頂上では、風があり眺望もよく、
15分程休憩して、山からの景色を楽しむ。
c0077338_5594093.jpg


c0077338_60123.jpg

下山したら、川から子供達の楽しそうな声が聞こえてきた。
私も川遊びしたかった。汗びっしょりである。
水泳パンツを持ってこなかった事が悔やまれる。
川で山の汗を落としたかった。
c0077338_602163.jpg

途中、東屋を捜し、自分で作った素麺(ほとんど嫁さんだが)を初めて食べる。
最初の1束、2束は旨かったが、作りすぎである(4束)
もうちょっと食べたい位がちょうどいいようだ。
c0077338_604128.jpg


c0077338_67947.jpg

山登りメモ
登山口10時頃ー頂上11時ー登山口12時20分位
2時間ちょいの山歩き
歩いた距離5.2km(ピストン)
担いだ水3.5リットル 飲んだ水1リットル位

新規の夏山の低山を歩く事は勇気が要る。
一番の心配は蛇である。
この日はキャンプ場をうろうろして一匹、山で一匹出会ったが、どちらも小さい蛇でたいした事はなかった。

笠置山は低山であるが、登山道も良く整備されとてもいい山であった。
ピストンで誰にも逢わなかったが、今日の天気なら誰にも逢わないだろうと思う。
今度、夏に登る機会があれば、水泳パンツを持参したい。
[PR]

by katuyamak | 2012-08-06 07:01 | 山歩き | Comments(10)