47都道府県別の森林率/人工林率の話し

先日、途中の黒髪山からマッスルさんとご一緒させてもらった。
その会話の中でマッスルさんから興味深い事を聞く。

佐賀県の山は植林が多いという話から、
佐賀県の山の人工林率(植林率)は66%なんですとの事。

相変わらず、噛めば噛むほど味が出てくる方である。

知識として知ってあるのはもちろん、その%までパッと頭に数字が出てくる方は
なかなかいないと思ふ。

さすがだなあ。

この言葉が心に残り、自宅に帰ってそんなデータがあるのか調べてみた。

パソコンから「佐賀県」「人工林」で検索。

ヒットした!


林野庁/都道府県別森林率・人工林率


ふむふむ。
なかなか興味深いデータである。
上をクリックされればそのままだけど、わかりやすく九州・沖縄を列記してみる。


福岡県人工林率     64%
佐賀県人工林率     67%
長崎県人口林率     43%
熊本県人工林率     61%
大分県人工林率     53%
宮崎県人工林率     61%
鹿児島県人口林率    51%
沖縄県人口林率     12%


47都道府県別で調べてみると、佐賀県の人工林率 67%は全国1位である。
また最下位は沖縄県の12%
花粉症が発症しない県で有名である。

九州、沖縄に全国 1位同士の県があるというのもおもしろいデータだ。

他でおもしろいところでは、
東京都   44%
北海道   27%
京都府   38%



ちなみにマッスルさんの66%の数字はピシャリ当たっていた。
どういう事か?というと、平成14年での都道府県別人工林率は、佐賀県は確かに66%
それが平成19年のデータでは、67%

5年で人工林率が1%増加していた(笑)


その為、マッスルさん、恐れ入りますが、頭の中のデータ変更お願い致します。
これからも私の知らない事をいろいろと教えて下さい。

やはりマッスルさんは、噛めば噛むほど味が出てくる方であった。

そう言えば、なんで日本の国土はスギ、ヒノキが多いのか?の話しになって、
国からスギ、ヒノキしか補助金が出ないというような話も聞いていた。
今度調べてみよう。
興味のある方、詳しく知ってある方は教えて下さい。



ともかく人工林率の件では、おかげで私の頭もスッキリする。
それでは会社に行きますか・・・
[PR]

by katuyamak | 2012-05-30 06:33 | Comments(6)

竜門キャンプ場より、青螺山(618m)~黒髪山(516m) 周回縦走

5月27日(日)
朝、5時15分起床

2座: 青螺山、黒髪山
2麺: ローソン冷し中華、肥前有田うどんのごぼう天うどん
1湯: 有田温泉

風来坊さんより山のお誘いを受ける。
登る山は、青螺山~黒髪山の周回縦走

以前の記録を調べてみると、2006年4月にそよかぜさん、山馬鹿さん達と登っていた。
6年ぶりである。


竜門キャンプ場 7時半頃。
全然、記憶になかったが、キャンプ場の駐車場に着いて、ああ、ここから登ったと思いだした。
用意をしていたら、HARUさん、HIROさんご夫婦が・・・
何年ぶりだろう。
今度はタクさん登場。
これにはビックリ。嬉しい出会いでした。
平六さんにもお会いしたかったなあ。
c0077338_222924.jpg

2006年の時もそうだったが、誰かが企画してくれた山歩きに後ろの方からついていったので、まるでどうまわったのか?記憶がない。
前回とは、逆まわりになると勝手に思っていた。

やはり、山歩きは自分で企画して、自分で地形図を見て歩かないと他人に頼っていては、覚えません。
でも楽ではありますが(笑)
c0077338_644162.jpg

山歩き開始後、S.TAROUさんが先頭を歩き、ロケットスタートを開始。

まったくついていけなくなる。
yamagoeさんが、肉まんさん、「ハアハア言っているよ」と笑いながら声をかけてくれる。
息が上がっているのは私だけ。
出だしから体が山に順応せず、苦しかった。

最近、仕事ばかりしてたから、体力の違いが如実にわかりますねえ。
c0077338_6442383.jpg

今回は、タクさん等と話をしていて、時計を計ってなかった。
とにかく山頂。
c0077338_6443893.jpg

けっこうアップダウンがあり、ハード。
c0077338_6445560.jpg

初めて見ました。
c0077338_64562.jpg

雌岩だったかと・・・
c0077338_6452150.jpg


c0077338_6453158.jpg

黒髪山。 6年ぶりです。
顔のまわりにまとわりつく虫には閉口。
山頂で、ローソン 冷やし中華。
c0077338_6455199.jpg

温泉に入った後は、うどん店へ。
地元の有名店のようです。
「肥前有田うどん 大ちゃん」へ。
c0077338_646396.jpg

ごぼう天うどんを食す。
c0077338_6462029.jpg

私だけちまきを食す。
意外とちまきはどこの店でもメニューにはない。
ついつい注文。
c0077338_6402361.jpg

これで2座2麺を達成。
翌日、体重計に乗ったら、1.1kg増。

普通、山歩きで4~5時間も歩けば、1kgも太るはずはないのだが(笑)



追伸
今回は、タクさんとかとギリギリまで話をしていて、時間とGPSの軌跡を取るのを忘れた。
帰りに竜門キャンプ場のテントサイトをしっかりチェックしてきた。
またいつか訪問したい場所である。
[PR]

by katuyamak | 2012-05-27 18:12 | 山歩き | Comments(10)

私が毎週の山歩きをするようになった、きっかけ。

5月27日(日)
今日は、競馬の日本ダービーがあったようだ。
結果は知らないが、
日本ダービーかあ~・・・とえらく懐かしい気持ちになった。

17年前の1995年 5月28日(日)
東京競馬場の日本ダービーの結果は、
1着 タヤスツヨシ
2着 ジェニイン

一週間前からずっと予想していて、当り馬券となった。
翌日、当時36歳だった私に、息子が生まれた。

日本ダービーと息子の誕生で1995年の5月28日、29日の事は昨日の事のようによく覚えている。


息子が生まれても私の競馬狂いはいっこうに変わりはなく、競馬ブックを毎週購読、スカイパーフェストTVと契約し、阪神1R、京都1Rから馬券を買っていた。

毎年、50万~100万近くは競馬で負けていた。
小遣いは全部競馬関連。
週末は競馬ブックを朝から最終レースの16時まで予想していた。
嫁さんから当時、鬼の形相していると言われていた。
競馬で一体、いくら使ったんだろう?
パチンコで15年。
競馬で10年以上はしていた。


6年後、私の小遣いも底をつき、息子のもらったお年玉を貯めていた息子の貯金通帳に手をつけた。
馬券を買う為である。

ここで嫁さんに物凄く文句を言われて、真剣に競馬を止めようと思った。
嫁さんに言われたからではない。

息子の貯金通帳に手をつけてしまうまでになってしまった自分が、自分で恐くなった。
このままでは自己破産すると思った。
完全なギャンブル依存症である。


もう手元には、何もなく確か1000円位しかなかったと思う。





何もする事もなくなった時、でも何かをしたいエネルギーだけはあった。
何をしよう。
お金がなくても出来る趣味。

30代前半でまだ持っていたザックと登山靴をひっぱりだして山に登ろうと思った。
10年前の事だ。
当時の気持ちをよく書いている文章がある。
2002年6月の日記

10年前の私には、すがりつく事が出来るのは山登りしかなかった。
山登りをする事。
それもギャンブル依存症が再発しない為に、毎週、毎週、登り続ける事。
私の逃げ道はこれしかなかった。


あれから10年。
私は競馬をきっぱり止める事が出来、息子も今は高校2年生。

山登りの回数も500回を超える。

すべて、すべて山と山友のおかげですね。


今日のダービーのおかげで、山歩きを始めた初心の気持ちを思い出す事が出来た。


山と山友に感謝です。
来週からも初心を忘れる事なく、毎週の山歩きは続けていきます。

上記の理由により、私は、山に対しては、感謝しても、ほんとにどれだけ感謝しても、まだまだ感謝が足りないくらいお世話になりっぱなしですなのです。



よって、私が毎週、山に登るのは、山が好きだとか、花が好きだとか純粋でピュアな動機ではないのです。
汚れて、きわめて不純な動機ではありますが、毎週、山に登る事。
毎週、山に登られていただく事が、私の動機でもあり、理由でもあり、私の人間修業なのです。
[PR]

by katuyamak | 2012-05-27 16:58 | 山歩き | Comments(4)

サクッと片縄山へ

5月20日(日)

山:片縄山(292m)
麺:唐木屋ラーメン
湯:無し 別段、疲労もしてないので、そのまま帰る


月曜日からの広島出張に向けて、土、日の午前中は、仕事の資料作成等色々・・・
週明けの仕事が気になり、遊びもままならず。

午後から会社近くの片縄山に行くのが精一杯。
やよい坂から、ユニバーサルホームを山に向けて、いつものルート。
c0077338_19514350.jpg

40分程で山頂
c0077338_19542982.jpg

帰りは唐木屋 屋形原店 ラーメン290円プラス替え玉10円
初めて入ったが、このシンプルなラーメンは私に合う。
麺が粉っぽかったが、バリ固と思えばこんなもんだろう。
また来たい。
c0077338_1956857.jpg


読んだ本等

朗読CD
この前、くじゅうまで運転した時に、朗読CD 「雁の寺」を3時間くらいずっと朗読を聞いていた。
なんとも男にとっては、エロチックな小説で官能的であった。
キャストがまたなんとも言えない見事なキャスト
直木賞受賞作品とか・・納得。
3時間近いCDを往復 2度聞く。
TSUTAYAで「雁の寺」のDVDも鑑賞。(1962年作品)
若尾文子さんが若い。
映画の中に、昔の京都 嵐山の駅前が写っていて、びっくり。
確かにあの風景は嵐山だ。


ある有名な画家が死ぬ。
その画家の10年間、妾だった32歳の里子。

里子は、お世話になったお寺に初七日に奥さんに見つからないように、こっそり京都のお寺に行く。

このお寺には10年かけて、この画家が雁の絵をふすまに書いていた。
ここでこの寺の58歳のエロ坊主にくどかれて、このままこのお寺に住みつく。
エロ坊主は毎晩里子を・・・

このお寺には、捨て子の雲水を目指す12、13歳の少年がいた

続く・・(笑)
まさに何かが起こりそうな寺です。


他のDVD

まったく違って次は、DVD「みんなちがって、みんないい」
矢崎節夫さんの金子みすずさんの詩の意味を丁寧に教えてくれたDVD
あなたと私。私とあなた。

宇宙、神、私、自分
まったく私と違う、視点で語りかけてもらい、とても考えさせられた内容のあるDVDの講演である。



「相性」 三浦友和さんの本

那珂川図書館で新作の予約を入れて、初めて手にした本。
早速、2時間前後で読み終わる。
あと孫正義の「あんぽん」も予約待ち。
[PR]

by katuyamak | 2012-05-20 19:56 | 山歩き | Comments(6)

くじゅうへ・・テント泊

5月12日(土)
昨日、テント、シュラフを購入し、その性能等も知りたく、用事を済ませて、
福岡の好日山荘で買い物をし、福岡を12時頃に車で出発。
外は青空が広がり、最高の天気。
明日も雨の心配もなさそう。

下道でどれくらいかかっただろう。
途中、日田の想夫連本店で焼きそばを食べる。
c0077338_6191339.jpg

840円もするのに、お客さんがとても多い。
従業員さんは15人位いる。
人気店である。
おいしいが、高すぎるなあ。

くじゅう 長者原には16時頃に着いた。
福岡から高速を使わず、下道で来た。
c0077338_6221577.jpg

実は今日のキャンプの場所をまだ決めていない。
今から探すのだ。
長者原でキャンプ出来そうなところを捜すが、ないようだ。
牧の戸経由で、南久住方面に移動する。

車でいろいろと移動して、チェックするが、案外といいところがない。
泉水キャンプ場が開いていたが、管理人さんに聞くと、確か
入村料250円。持ち込みテント代1500円とか言われた。
こんなに高いとは・・・
途中、キャンプ場の中に入り、場所をチェックしていると、アサキマダラ蝶がたくさんいた。
10匹以上いた。
3匹同時の画像を撮ってみる。
このキャンプ場は高いので止めた。
c0077338_6281712.jpg

次に久住山荘とか?言う名前のオートキャンプの場所は最高だった。
ここで確か持ち込みテントだと2100円だったかな?
ここも高いので止めたがとてもいい場所だった。

自宅に帰り、今思っているが、キャンプ場の値段は
安全料とロケーション代金ではないかとも思う。
あの雄大な、ロケーションをお金で買う訳である。
そう思えば、思い出作りに、決して高い訳ではないのかもしれない。
ここも見学のみ。
でも次回、機会あれば利用するかもしれない。

また長者原方面に戻ってきた。
もう17時半になった。
このままキャンプ場が見つからなければ、暗くなったら福岡に帰ろうかとも思うようになった。

何の為に来たのだろう。
でもこれもいいだろうと思う。
別に決められた旅でもない。

18時になり、
何となく調べていたくじゅうエイドステーションに着く。
榎なんとかさんの美術館の近くである。
c0077338_637539.jpg

ここで料金を聞くと、
入村料500円、テント持ち込み500円=1000円との事。
1000円を払い、今日のキャンプはここで決定する。
キャンプしてあったのは、家族連れの1組のみのようだ。

あと、第二、三、四、五と空いていて、適当なところの場所にテントを張る。
テント組み立ては前日、教えてもらっていたのでペグを打つまでで約8分で完成した。
c0077338_6433248.jpg

さて、日暮れまであと1時間である。
米を持ってきたので、カレーを作り、急がなければいけないはずだが、近くの温泉に行く(笑)
温泉から戻ると暗くなっていた。
作るのが面倒になり、学校の近くに売店があり、弁当を売っていたのを覚えていたので買いに行く。
このお店は19時過ぎのせいか閉まっていた。

まさかお店が閉まっているとは予想せず。
ここから焦るが(実は一向に焦っていない)
どうにかなるやろう。
暗くなったキャンプ場でLEDランタンを点けて、食事の用意。
c0077338_656786.jpg

カレーを最初から作る気力もなく、カップヌードルを作る(湯を沸かすのみ)
ベーコンを焼く。
c0077338_6563938.jpg

明日の朝食と、昼食用に購入していた、おにぎりがあったので助かった。
適当に酒も飲んで、酔ったので寝る。
まだ21時前である。
c0077338_657363.jpg

キャンプ場の家族の方は、今日は筋湯温泉で花火大会があるので外出すると言ってあった。
さすがに私も行きたいので連れていってくださいとは言えなかった。
花火の音が聞こえる。外から虫の声が聞こえる。
静かな夜である。

寒い。
厚手のフリースを着て、寝たが寒かった。
10回以上、途中で目が覚めた。
途中、催してトイレに行きたいが、指定の場所まで歩くつもりもなく、その辺でする。


朝は鳥の声で、5時過ぎに目が覚めるが、体がだるい。
5時半に起床する。

熟睡できずに、しばらくベンチに座り、ぼんやりする。
裸足で、スリッパだったが、足元が寒い。
しっかり靴を履いてないと、くじゅうでは寒い。
平地では何ともないのだが・・・

お湯を沸かして、コーヒーを飲む。
30分~1時間程、本を読む。
昨日から、ページ数が少ない本だったが、1冊読み終えた。

テントの朝露が凄い。タオルで拭いても、まったく乾く気配がない。

とりあえず、そのまま適当にたたんで、車に放り込む。

続く~
[PR]

by katuyamak | 2012-05-14 06:20 | テント泊 | Comments(4)

テントを購入 その予備知識(byジュンペイさんから)

5月11日~5月13日

このレポはまったく作成するつもりがなかったレポですが、
「うすきさん」と「natsucoco」さんに見てもらいたく、
もしテント泊について、何かしらのヒントあるいは、参考にあれば、とても嬉しい限りです。



テントを購入しようと考えた。
きっかけは、青春18きっぷからである。
c0077338_21353793.jpg

知らない土地にザックのみで移動して、テント泊出来たらどんなに楽しいだろう。

正直、青春18きっぷを利用しての、毎回の日帰りピストンに少々疲れたのもある。
朝4時起きで、1日で8時間以上普通列車に乗っているのは、さすがにしんどい。

最初は格安の宿を探した。
でもそんなところ滅多にない。


日本の宿泊代金が高すぎるのだ。
せめて素泊まりシングル2000円みたいなところが、日本各地にあれば私はテントは買わなかった。


でも日本にそんなところがそうそうない以上、テントを購入して旅をしよう。
きっかけはこれです。


まず何も知識を知らないので、
(20代の時に石井スポーツのドームテントを持っていたが、処分していた。)


GENさんに相談して、鳥栖市のトレイル・フィールドのお店を紹介してもらった。

購入したあと、メンテや取り扱い方等を細かく教えてもらいたかったからである。


アドバイスを受けて、購入したのは下記である。

アライテント(日本製)  エアライズ2 1人~2人用
ナンガ(日本製)     オーロラ450(シュラフ)
イスカ(日本製)     ピークライトマットレス165(エアマット)
UCOルモラLEDランタン

当たり前だけど、テント、シュラフは是非共、やはり日本製がいいとの事である。


値段を書いておきたいが、トレイルフィールドさんの立場もあるので、価格は、合計7万少々位としておく。


私とジュンペイさんと意見が分かれたのは2つあった。


① 私はテントは1人用で十分と思っていたが、ジュンペイさんは中の容積、
  荷物を置く事を考えて絶対に1人~2人用がいいと言うのでエアライズ2にしたが、
  これは正解だった。
  確かに1人用でも場所が広い方がありがたい。
  忠告はごもっともであった。

② シュラフである。
  私は夏用の10000~15000円で十分と思っていたし、
  別に暖かいのはいらないと思っていた。
  これもジュンペイさんはー5度対応ののオーロラ450を熱心に勧められた。
  これまた、土曜日に実際にキャンプしてみてまさにその通りであった。
  土曜日のくじゅうは、天気が良すぎたせいか、放射冷却もあり、息は白くなり、
  厚手のセーターでちょうどいい位であった。
  夜中、緊張と寒さで何度も目が覚めた。
  安いシュラフだと凍死していたかもしれない(笑)
c0077338_2150596.jpg


c0077338_21512966.jpg

あとエアマットは確かに大助かりだった。
これは便利。

あとはジュンペイさん一押しのLEDランタン。
これも便利。
テントの中で確かに本が読めた。
c0077338_2244632.jpg

カレーを作るつもりだったが、面倒くさいので止めた(笑)
カップヌードルを作る(作ると言うのか? お湯沸かすだけだけど)
c0077338_225496.jpg

ベーコンを焼いた。でも次回はもうしないだろうと思う。
コッフェルが汚れたし、黒くなったのが、落ちないし、面倒くさいのだった。

料理上手な、コヨーテシェフと、風来坊シェフがいてくれたら・・・
私はやはり、作る人より、食べる人が向いているようだとつくづく思った。
c0077338_2253329.jpg



購入したもの

アライテント(日本製)  エアライズ2 1人~2人用
ナンガ(日本製)     オーロラ450(シュラフ)
イスカ(日本製)     ピークライトマットレス165(エアマット)
UCOルモラLEDランタン                     4点で7万ちょい
ランチャー1クッキングセット 3024円の10%引き(好日山荘)
ガスカートリッジ       528円の10&引き
ガスを沸かす器具       4980円の10%引き
酒類           600円位
カップヌードル       98円
カレー、米        作らず
おにぎり         現地でいくらか忘れた。
キャンプ場        入村料 500円、テント持ち込み500円
ガソリン往復       3200円位
缶詰類          忘れた



問題点について

日曜日朝の、朝露が凄かった。
これをどう収納すればいいのだろう?
放射冷却のせいか?テントも、フライシートも濡れ濡れである。
まったくわからないので、そのまま車に放り込んだ。
これが、ザックのみでの行動の場合は?どう対応する?


ペグの打ち方がわからない。
土曜にジュンペイさんに習ったはずだが、しっかり忘れていた(笑)
今度覚えておこう。




明日は一応、
キャンプと山歩き(久住山、星生山)と黒嶽荘のレポの予定ですが・・・
いつになる事やら。
[PR]

by katuyamak | 2012-05-13 21:35 | テント泊 | Comments(8)

頭巾山のシャクナゲとテント購入

5月11日(金)
山:三郡山系 頭巾山
湯:二日市温泉 御前湯 200円

当初、会社の有給休暇を利用し、5月10日、11日は有給。
よって4連休を利用して、山口に行くか?広島に行くか?関西に行くか?
一人でニヤニヤしながら、計画を練っていた。

ちょうど昨年の同じ時期に香川七富士巡りをしたのが懐かしい。

ただし、今年は母の介護の問題や、仕事等で遠出遠征は止めておく事にする。
旅行代金の3万~4万が残ったのでテント、シュラフを購入した。
この件は後ほど・・


さて、一応、休みの金曜日、朝から山に登り、その後会社で2時間程、仕事し、午後からテントを買
いに行った。

5時半起床。
まずは昭和の森 頭巾山ルートのピストンから
7時出発
朝は涼しく、気温は低いので山歩きには最高の天候かと・・
c0077338_7582426.jpg


先週、三郡縦走と背振周回をして、体が山歩きの体になっている筈だが、いっこうに体が重い。
普通、三郡縦走した後は、爽快に山歩きが出来るのだがなあ。
朝の頭巾山尾根ルートを、息も絶え絶えに、登っては、休憩を入れ、登っては、休憩を入れてゆっくり登る。

だいぶ、登って、頂上もだんだん近づいて来て  アッと驚く。
シャクナゲが咲いとう!
c0077338_81414.jpg

別段、驚く事もないかもしれないが、私は山登りを10年しているが、頭巾山尾根でシャクナゲを観たのは初めてである。

調べてみると、2003年、2004年、2008年のこの時期前後に頭巾山は登っているが、その時は見てない。

いつも花芽がついてないので、頭巾山のシャクナゲは咲かないと勝手に思っていた。

他のたくさん咲く山に比べれば、たいした事はないのだけど、この頭巾山でシャクナゲを見れたとは大感動である。

いい山歩きでした。
c0077338_812332.jpg


c0077338_813856.jpg

山歩きメモ
登山口 7:00-頭巾山8時19分頃ー下山
山歩き往復 2時間20分

時間は短いが、標高差があり、いいトレーニングになるルート。
今から暑くなると、このルートにはアブが出ます。
今はまだ大丈夫です。
c0077338_815546.jpg

GENさんからの紹介で、ジュンペイさんのお店でテント購入しました003.gif
早速、お店の横で組み立て方を教えていただく。
ここまでしていただけるお店はそうそうないでしょう。
ジュンペイさん、ありがとう。
c0077338_8183396.jpg

土曜日からくじゅう方面にキャンプに行こうかと考えてます。
さて、どこで寝ようか・・
[PR]

by katuyamak | 2012-05-12 07:58 | 山歩き | Comments(10)

車谷~矢筈峠~鬼ケ鼻岩~猟師岩~椎原峠西下山

5月6日(日)

山:背振 
麺:ふくちゃんラーメン 550円+替え玉100円
湯:博多湯 400円

風来坊さんよりお誘いを受けて、男6名で出発
久し振りに佐賀のマッスルさんとお会いする。
5月3日の三郡縦走から2日しか経ってなく、足の筋肉痛が残る。
今まで三郡縦走をしても特別、筋肉痛等なかったのに、長く歩いてないからだろう。


ニニンソウニリンソウと言う花らしい(笑)
c0077338_6295997.jpg

今日一番の美人さん。
c0077338_6301973.jpg

絵になります。
c0077338_6303887.jpg

鬼ケ鼻岩山
c0077338_6305411.jpg

シャクナゲ
c0077338_6311271.jpg

久し振りにマッスルさんとお話したが、やはりマッスルさんはおもしろい方です。
話せば話す程に味がある。
さりげなく山の表現に文学的表現を入れてある教養のある方。
私には使えない言葉ばかり。

またご一緒したいですね。


風来坊さん、S.TAROUさん、マッスルさん、yamagoeさん、デンターさん
お世話になりました。
男6人での楽しい時間でした。 本日の山歩きは周回して14kmとの事。
c0077338_6312999.jpg

最後は、風来坊さんの案内で、風来坊さんがこよなく愛する
福岡歯科大付近のふくちゃんラーメンを食す。
c0077338_6314863.jpg

うまし! 替え玉をする。
ここの味はどこのラーメンに似ているというところがない。
この味はふくちゃんの味。
超人気店
c0077338_63241.jpg

[PR]

by katuyamak | 2012-05-07 06:38 | Comments(12)

5月3日 西鉄 太宰府駅~JR篠栗駅 三郡縦走

5月3日(木)西鉄 太宰府駅~JR篠栗駅 三郡縦走

山:三郡山系
麺:セブンイレブンの素麺
湯:オアシス篠栗 300円は安い

c0077338_67153.jpg

朝、5時55分頃に西鉄 太宰府駅で下車
最近、たいした山歩きもしてないので、思い切って長い距離を歩いてみる。
c0077338_673420.jpg

宝満山途中でお会いしたM師匠とランちゃん、お元気そうで何より。
c0077338_675268.jpg

仏頂山山頂 駅からずっと小雨が降り続いている。
c0077338_681012.jpg

縦走路も小雨。
c0077338_683525.jpg

ミツバツツジもチラホラ
c0077338_685479.jpg

砥石山山頂から、ショウケ越えの途中でS.TAROUさんと風来坊さんにお会いする。
c0077338_691327.jpg


2012年度の三郡縦走 タイムは9時間25分
2011年4月29日も同じように9時間30分
2008年5月18日 7時間25分
2007年4月30日 7時間25分

2008年頃から比べると体力の無さをまざまざと感じる。
この2時間の差はとてつもなく大きいです。
最近、自分がいかに楽をしているかの裏返し。
もっと山歩きの距離と時間を長くしたいところです。
[PR]

by katuyamak | 2012-05-07 06:09 | 山歩き | Comments(4)