背振縦走路を散策

4月29日(日)
当初は、くじゅう方面に朝早く出発する予定だったが、いろいろと用が入り、行けず。
午後から時間を取り、佐賀側より背振縦走路の散策を2時間程度。
c0077338_523084.jpg

c0077338_52318100.jpg

c0077338_5233432.jpg

ミツバツツジはまだこれから。
見ごろは5月3日~6日位でしょうか?
c0077338_5235156.jpg

c0077338_5255980.jpg


読んでいる本
GWが終わる5月6日までの目標
c0077338_544894.jpg

歳月(上)(下) 司馬遼太郎
上下合わせて900ページ
量がたっぷりあるが、昨日までで(上)を読み終える。
タクさんに教えてもらった佐賀藩出身 江藤新平の話だが、この小説はおもしろい。
後半から大久保利通が出てきてさらにおもしろくなってきた。
下巻も引き続き楽しみ。


山田洋次が選ぶ藤沢周平傑作選
倍賞千恵子 朗読CD「約束」
朗読CDは10枚以上聞いているが一番よかったかもしれない。
倍賞千恵子さんは女優だけど、声優でもプロだね。さすが。
最後は泣けた。
3度、聴く。

藤沢周平
「たそがれ清兵衛」
GW後半までに読み終えたい。
[PR]

by katuyamak | 2012-04-30 05:26 | 山歩き | Comments(6)

元祖長浜屋

4月27日
今週、仕事で長浜の福岡中央労働基準監督署に2回行く。
その為、当然、帰りに長浜ラーメンを2回食べた(笑)
c0077338_827480.jpg


実は、「元祖 長浜屋」が移転し、リニューアルしてから、駐車スペースがなかったので、
今まですぐ近くの「元祖 長浜家」で食べていた。
「元祖 長浜屋」と「元祖 長浜家」 実にややこしい。

スクーターだったので、リニューアル後、初めて「元祖 長浜屋」で食す。
う~ん、やっぱ、うまかばい♪。

最初、今から34年前。
18歳で元祖 長浜屋に連れていって、食べた時は、衝撃だった。
店に入り、何も、一言もしゃべらないでよかった。
黙って、入る。おばちゃんが「1パ~イ」と声をかける。
私の前に「元祖 長浜ラーメン」がどんと置かれたってなあ。
c0077338_8331880.jpg

店は食券買ったり、すっかり変わったが、懐かしい。
c0077338_8351953.jpg

c0077338_8353629.jpg


これから無理してでも、時々「元祖 長浜屋」に食べに行こう。
「元祖 長浜屋」は通い出すと、食べてしまうと、食べずにはおられない麻薬性、中毒性があるようです。
なぜか、常連はついつい食べずにはおられない、何か?

いったい、何だろう?
また食べたくなった(笑)

リンクさせていただいている「山・麺・ツーリング」さんの気持ちが食べて、よくわかった。
c0077338_850756.jpg

これからは、たとえ駐車場代を出してでも、「元祖 長浜屋」に行こう♪
[PR]

by katuyamak | 2012-04-28 08:27 | 食べ歩き | Comments(4)

2週続けて、山には登れず

4月22日(日)
先週は、関西方面に急遽、出張や社員旅行、日曜は母の病院見舞い2回、バイクの故障、修理等でけっきょく、山登りは出来ず。

歯の方はやっと、口が開くようになった(先週木曜日に、口を開いて2.5cm)
関西方面の出張の時は、まだ固い物が噛めず、
ビールも飲まず、串カツも食べれず、カレーとたこ焼きでした(笑)
c0077338_6411224.jpg


今週読んだ本(うすきさんの影響)
移動時間を利用し、4冊読む。

「一言変えるだけで人に好かれる話し方」
「大久保利通」
「長崎オラショの旅」
「花のれん」

山崎豊子さんの「花のれん」はおもしろかった。
吉本興業の創業者の方をモデルにしたらしい。
朗読CDで「しぶちん」「船場狂い」を聞いた後だっただけに、すんなり読める。
大阪商人の女ド根性物語はなかなか読みごたえあり。
[PR]

by katuyamak | 2012-04-23 06:47 | Comments(6)

うすきさんと「ハッピーリタイアメント」

4月14日(土)
火曜日に親知らずを抜歯した。
50歳過ぎでの抜歯だったせいか、親知らずが巨大化し、抜くまで40分ほどかかり、抜いた後も気持ち悪く、体力もがっくりと消耗。
片頬がボッコリ腫れて、コブとりじいさんのようになり、まともに食事が出来ない。

スープ、豆腐、麺類しか食べられず、体はだるく、休みまでとても長く感じた一週間だった。

さて、本日、土曜日は洗谷のお誘いを受けていたが、この体力で登る事は無理と自覚し、自宅療養とする。

こんな日は読書である。
さて何を読もうかと考えながら、朝にぼんやり他の方のブログをネットで眺めていた。
ちょうど、いーさんのブログでうすきさんとの会話の中で「ハッピーリタイアメント」の用語が出ていた。


これだ!
今日の本が決まった。
春日図書館で検索すると貸出可能である。

浅田次郎著 「ハッピーリタイアメント」
c0077338_21474132.jpg


「ハッピーリタイアメント」の用語がある事を知ったのは昨年である。

ちょうど、うすきハッピーリタイアメントさんが山友のブログにコメントをぼつぼつ書き込みをはじめられた頃だった。

まだ福岡で勤務されてあった頃の風来坊さんと、登山道で話していて、うすきハッピーリタイアメントって、ペンネームとして、洒落たうまいネーミングですよねえと風来坊さんに聞いた記憶がある。

かえって来たコメントが、なんでも浅田次郎さんの本に「ハッピーリタイアメント」って本があるんでそれから、うすきさんが考えられたんじゃないですかねえって話をしていたのが昨年である。

とても前置きが長くなったけど、そんないきさつがあっての本「ハッピーリタイアメント」である。

実は浅田次郎さんの小説を読むのは初めてである。

映画では、
鉄道員(ぽっぽや)     高倉 健  号泣した作品
椿山課長の七日間      西田俊之  これもよかった。和久井映見さんが印象的
壬生義士伝         中井貴一  よかった。
地下鉄(メトロ)に乗って  堤真一   これもよかった。
オリヲン座からの招待状   宮沢りえ  最後、号泣した。

と案外と映画では、名作を見ているのである。
またこの5本とも邦画として、とても印象が強いいい名作であった。


実は、私は浅田次郎さんの本は競馬に関する本しか知らなかった。
ネットで調べると「競馬の達人」が1992年だから売れる前だと思う。
だからおそらく私が30代前半の時である。
当時、浅田次郎さんが名作を連発してこんな偉大な作家になるとは夢にも思わなかった。
ただの博打打ちのオッサンとしか思ってなかったので(笑)



さて、さらに前置きが長くなったが(笑)
本はとてもおもしろかった。
最後がハッピーなのが何よりである。



私も7年後の2019年には60歳である。
その時、できれば「ハッピーリタイアメント」できる人生であったらいいだろうなあと思う。
(だけど、おそらく年金がもらえる65歳まで働かないといけないだろうなあ。)

なお、この4月から「ハッピーリタイアメント」になられた
うすきハッピーリタイアメントさん、これから第二の青春ですね。

長い間のお仕事、お疲れさまでした。

これから、大いに毎日をエンジョイされてくださいね。

今後、山登り、自転車、読書、音楽、園芸と趣味にますます忙しくなりますね。
そんな、うすきさんがブログを始められました。

山に癒されて(byうすきハッピーリタイアメントさん)

リンクさせていただきました。

うすきさん、これからもよろしくお願い致します。
(長くなりましたが、うすきさんがブログを始められたのを、みんなに伝えたかったのです)
[PR]

by katuyamak | 2012-04-14 21:43 | 読書 | Comments(4)

タイタニック3D

昨日、歯医者の予約を入れていた関係で、時間が取れたので20時~0時まで
イオン大野城で「タイタニック3D」を鑑賞。
スクリーンで見るのは、おそらく1998年頃だから14年ぶりくらいでしょう。
c0077338_21263683.jpg


よかった。
実によかった。
名作はやはり不滅、不変です。
まっすぐで純粋な愛を貫く二人も、やはりお見事です。
210分。大いに楽しむ。
休憩無しなのでトイレには、しっかり行っておこう。

10名くらいのガラガラのイオン大野城が誇る1番スクリーンの大画面で大いに名作を楽しむ。
映画はやはりいい!
4月20日までの上映

情報
イオン大野城 4月15日(日)はリニューアル1周年で1000円で映画が見れます。

15日に、私が観るのは、サッチャーか?A列車で行こうかな?
案外、2本とも観るかも(笑)
[PR]

by katuyamak | 2012-04-11 21:26 | 映画 | Comments(2)

青春18きっぷ⑩ 山口駅~湯田温泉駅を巡る旅

4月8日(日)

4月初めは毎年の事だが、年度末決算の総仕上げとなり、連日の残業で体も心もボロボロ状態となる。
2週連続出勤の昨日の土曜日になんとか決算書類を仕上げて、日曜日を迎える。

本当はゆっくりしたい日曜日であったが、青春18きっぷがあと1回残っており、4月10日までに使い切らないと無駄になるので、せこくもまた各駅停車の旅をする為に、日曜日に出発(笑)


博多駅発4:39-小倉駅着6:09着  乗り換え
小倉駅発6:13-下関駅着6:29着  乗り換え
下関駅発6:37-新山口駅7:47着  乗り換え
新山口駅発7:56-山口駅8:20着  途中下車



本日、10回目となる青春18きっぷの旅も、体力的に一番きつかった。
疲れが取れていないのがハッキリわかる。
いつもは車中で読書三昧であるが、本日は、寝てばかりであった(笑)

ザックにはいつものように本を5冊入れてきたが、けっきょく1冊も読めなかった。
かろうじて下の本を400ページ中280ページまで。

「侍とキリスト」
フランシスコ・ザビエルの生涯を知るつもりで借りたが、フランシスコ・ザビエル以外の人々の心情もよく書かれており、外国人の目線で書かれている日本の現状もなかなかおもしろい。
日本人の性の部分も書かれており、こんな事を書いてある日本の歴史書の本はなかった気がする。
まだ途中です。
c0077338_6275977.jpg

8時20分、初めての地 JR山口駅。
ここは過去、来た事もなくまったくの初めて。

ザックにはいつものように、でかい時刻表と本が5冊。
ザックが、ズシリと思いが、本日は観光もして、山も登り、湯田温泉まで歩く事にする。

けっきょく今日は、観光地と山を登って駅から駅へと15km程歩いた。
c0077338_21144673.jpg

まずは山口のザビエル教会へ。
c0077338_2115791.jpg

本が途中の為、ザビエルの生涯までは調べてなかった。
地下にあるザビエル記念館で310円を払い、過去の歴史物を見る。
ザビエルは日本には、数年しかいなかったんですね。
それにしても偉大な仕事です。
信仰の力ゆえでしょう。
c0077338_21152423.jpg

日曜日でミサがあるようで、一般信者の方が続々と教会に。
私はザックを背負い、明らかにこの教会では部外者。
c0077338_21154124.jpg

ヤフーで調べていたら、教会の横に山がある。
標高66mの亀山である。
c0077338_21155878.jpg

上は広場があり、公園となっており、たぶん地元の方は、誰も山と思ってないだろうが、私にとっては立派な山だ(笑)
地形図には、しっかり亀山 66mと表記がある。
1座にカウントしておく。
c0077338_2116143.jpg

次に山口博物館。
しかしザックがえらく重い。
c0077338_2116398.jpg

山口駅周辺の観光を2か所したので、次は山登り。
ヤフー地図で、兄弟山というおもしろい名前の山があるのを知り、登ってみる事にする。

山登りの開始は、木戸神社が目印。
c0077338_2117523.jpg

そう、あの木戸孝允の神社です。
額縁がかけてある。

そう言えば山口は、どこかに乃木神社もあるようだ。
c0077338_21172839.jpg

兄弟山と読まずに、「おとどい山」と読むようである。
ここに来て、初めて知った。
c0077338_21174571.jpg

舗装道路を別の場所までさらに上まで歩いたが、わからずに引き返したが、ここからが兄弟山登山口で正解だったようだ。
c0077338_2118272.jpg


c0077338_21181914.jpg

山頂には、人は誰もおらず、静かな山歩きとなった。
c0077338_21183789.jpg


c0077338_21185459.jpg

下りは、らくらくコースみたいなコースを下って、癒される。
c0077338_21191181.jpg

たった257mの山ですが、山口駅からなので、けっこう歩きました。
2か所観光もしてるし、ザックは重いし、ここまでで相当にくたびれた。
水分はビールを飲む為に、あえて必要以上は取らずにいたので、喉がカラカラだ。
c0077338_21192680.jpg

湯田温泉方面まで歩いて、簡保の湯を見つける。
早速、お世話になる。入浴料500円也。
ここはお湯がやわらかく、すべすべしていて、いい湯だった。
早速、風呂上がりにビールを飲むぞ~♪
c0077338_21194149.jpg

卓球の石川さんのポスターが貼ってあった。
試合中の真剣な表情と違い、笑顔がとてもいいので思わずパチリ。
石川さんは、そう言えば確か山口県出身だったと思う。
c0077338_21195658.jpg

青春18きっぷ~読書~観光~山歩き~温泉~
そして簡保の宿で、生ビールです。
いや~、やはり列車の旅はいいなあ。
車で来てたら、ここで生ビールは飲めない。
もうこのまま大広間で2時間くらい寝ていたい気分。
c0077338_21201212.jpg

この後、中原中也さんの記念館に寄り、湯田温泉へ。
中原中也さんの記念館の画像は酔っぱらっていたので、画像はない。
c0077338_21202865.jpg

今回は疲れていたけど、15km程歩けたし、またまた楽しい旅であった。
c0077338_21231161.jpg

青春18きっぷの6~10はすべて山口県がらみとなった。
c0077338_20204362.jpg

一番の収穫は、山口県の人のやさしさと、自然がそのまま残されたところが多い山。
そして本で知り合った山口の偉人の方達。

山口県は、知らないところばかりだったので大いに楽しめた、青春18きっぷの楽しい旅であった。


観光したところ

山口ザビエル教会と記念館。
亀山 66m(亀山公園)
山口博物館
木戸神社
兄弟山(おとどい山)257m
湯田温泉(簡保の宿)
中原中也記念館

歩いた距離 15km位 駅から駅まで
[PR]

by katuyamak | 2012-04-08 21:20 | 青春18きっぷ | Comments(8)

青春18きっぷ⑨ 萩駅~指月山(191m)

4月1日(日)
今日は、青春18きっぷで山口県 萩まで。
萩は青春18きっぷを購入して一番行きたいところだった。
でも、いろいろと後回しになってしまって、9回目でいよいよの萩。

いつものように始発で出発。
博多駅4時45分ー小倉駅6時09分 鹿児島本線乗り換え
小倉駅6時13分ー下関駅6時29分 山陰本線に乗り換え 
下関駅6時40分ー滝部駅7時56分 山陰本線 乗り換え
滝部駅8時04分ー長門市駅8時52分 乗り換え
c0077338_22281969.jpg

長門市駅9時00分ー萩駅9時32分 1両のみの列車 途中下車
c0077338_2229279.jpg


c0077338_22292011.jpg

さて、萩駅到着。
ここまですでに2冊の本を読破。
読書に没頭していたのか、2度程、来た事があったので、萩の事をまったく調べてなかった。

萩駅で降りて、唖然。
無人駅である。
そして駅を降りるとレンタサイクル屋がない。

ここで間違いに気づく。
「東萩駅」で降りないといけなかったのだ。

まったく気がついてなかった。
とにかく萩駅には何も無く歩くしかない。

100円バスが来たのでとりあえず飛び乗る。
市内を走る周回バスだったので、時間を40分ロス。
滞在時間 5時間位しかいないのに、このロスは痛かった。
c0077338_22294189.jpg

やっと東萩駅に到着。
c0077338_2230038.jpg

ここでザックを預けて、レンタサイクルを借りる。
c0077338_22302144.jpg

さてレンタサイクルでどこに行こうか?
今回は土曜日も仕事だったので、一切、旅の予習をしてきてない。
今日は好天なので、なんか山に行きたくなった。

山の格好はまったくしてないが、指月山(しづきやま191m)に登ってみたい。
東萩駅からレンタサイクルで10分ちょっとだったかな。
萩城跡の後ろにそびえている。
c0077338_22304140.jpg

萩城跡では210円を払う。
まあ、入山料みたいなもんでしょう。
c0077338_22305775.jpg

ここが登山道入口。
c0077338_22311579.jpg

指月山に生息する鳥達。
c0077338_22314411.jpg

この標識により、この指月山がまったくの原生林、自然林なのがわかる。
c0077338_223269.jpg

歩きだしてすぐにわかった。
200m程度の低山とは思えないくらいとても雰囲気がいい。
c0077338_223228100.jpg

とにかくいい。山らしい。

ここである事を思い出した。
しまった。
海に足をつけて登ればよかった。
高崎山以来での、海抜 0mからの山登りをすればよかった。
せっかく海岸線付近から登ったのに、タクさん得意の登山スタイルをパクリ損ねる(笑)
c0077338_22342798.jpg


c0077338_22324727.jpg


c0077338_2233339.jpg

15分程で山頂。もっとこの雰囲気を味わいたかった気もする。
着替えを持ってきてないので、汗をかかないようにゆっくり歩いた。
c0077338_22332291.jpg

意外な事に海にポツンとある単独峰なのに、頂上からの眺望が悪い。
原因はすぐにわかった。

登ってくる時にみた標識。
とにかく頂上だからと言う理由で、樹を切っていないので、樹が好きなように伸びたままでそのままなのだ。

でも考えてみると、私が今まで登った山は山頂からの景色はいいところばかり。
そうなるとそこには、頂上付近の樹が人間の手により伐採されているケースである。
本来、人の手が入らない山は山頂からの景色なんてこれが本当の姿なのかもしれない。
c0077338_22345636.jpg


なんか指月山に登って、山の伐採について逆に、考えさせられましたね。
c0077338_23271746.jpg

本来、海が見えてとてもいいはずの場所。

c0077338_22351520.jpg

往復、40分程で下山。

天守閣跡に行っている。
c0077338_22353544.jpg

桜の開花はもう少し先かな。
c0077338_22355499.jpg

昔の萩の地図にも指月山はしっかり記載されている。
c0077338_2236179.jpg

次に訪れたのが、萩博物館。
ここには、1時間以上いたかな。
c0077338_22363523.jpg

次に木戸孝允旧宅。
c0077338_22365250.jpg


c0077338_2237988.jpg

萩らしい何気ない風景。
c0077338_22372812.jpg

自転車で行動して何気なくみた看板。
美空ひばりさんの若かりし頃。
これは凄いよ。
調べてみると身空ひばりさんは1937年生まれ。
この看板が仮に25歳頃とするならば2012-1962=50
約50年前の看板と言う事になる。
恐るべし。

c0077338_22374629.jpg

萩では指月山、萩博物館、木戸孝允旧宅を見たところで温泉に入る事にする。
今日はもう3個所で疲れてしまった。
早起きして、すでに本を2冊読んだり、バスに乗ったりして移動だけで案外と疲れた。
c0077338_2238232.jpg

萩の陣ホテル 日帰り入浴600円。いいお湯でした。
c0077338_22381963.jpg

本日読んだ本4冊。

高杉晋作           古川薫
木戸孝允          一坂太郎
幕末を生きた女101人 
のんびり山陰本線で行こう! 野村正樹

山陰本線の本はおもしろかった。
いつの日か京都~下関間を列車の旅をしてみたいと強く思った。


旅の終わりに
①青春18きっぷを使って、移動時間合わせて萩まで約4時間40分かかる。
今回間違えてバスにも乗り片道5時間以上かかった。

今回の旅でわかったが往復の乗車が10時間近くなるとはやり疲れる。
片道4時間以内の旅が疲れも出ずにいいようだ。


②東萩駅、萩駅周辺はさびれていた。
温泉から出て、列車の時間がないので、東萩駅でビールを飲もうと思ったら14時時過ぎにどこのお店も開いてない。
どこにも売っていない。
(どこも開いてない)
まさか観光地でビールがないとは意外。
駅前にはタクシーが暇そうに空車待ちをしている。

旅に出てみてその土地の現在の現状が見える。
萩は20~30年ぶりだったが前はこんなじゃなかった気がする。


③山口県の人はやさしい。
今回、レンタサイクルの料金は800円だったのに600円におばさんが負けてくれた。
萩の施設で思うけど、意外に料金を割引してくれるケースが多い。

今回でもう何度目だろう。
こちらからは何も言わないのに、勝手に引いてくれる。

道や場所を聞いても、いつも丁寧に教えてもらえる。
長崎県と並び、好きな県民性である。

博多には21時頃に戻る。
今回もよく本を読み、よく遊びました。
[PR]

by katuyamak | 2012-04-01 22:33 | 青春18きっぷ | Comments(7)