山本作兵衛さん

田川市石炭・歴史博物館に展示されてある山本作兵衛さんの絵。
2011年5月 ユネスコ世界記憶遺産に登録されましたね。
炭坑記録画、日記等627点。

今日は人物・人物館の旅として、山本作兵衛さんの事を、「ヤマの記憶」に書かれてある年譜を参考に書いてみます。

人物館巡りではないけれど、世界記憶遺産に登録された事で、田川市石炭・歴史博物館がそのまま山本作兵衛さんの資料館と言ってもいいかと思います。


c0077338_644854.jpg

山本作兵衛
1892年(明治25年) 0歳  福岡県嘉麻郡松村鶴三緒で誕生
1899年(明治32年) 7歳  尋常小学校当時7歳。炭坑の仕事を手伝うようになる。
1904年(明治37年)12歳  ツルバシかじに弟子入り
1906年(明治39年)14歳  山内坑に入坑
1912年(明治45年)20歳  徴兵検査を受けるが、難聴等で兵役免除
1916年(大正 5年)24歳  水町タツノと結婚
1918年(大正 7年)26歳  長女ハツ子誕生(6月永眠)
1919年(大正 8年)27歳  長女(実際は次女)ハル子誕生
1922年(大正11年)30歳  長男 光誕生
1924年(大正13年)32歳  次男 大吾誕生
1928年(昭和 3年)36歳  次女ミ子誕生
1945年(昭和20年)53歳  長男 光戦死
1955年(昭和30年)63歳  長尾鉱業閉山に伴い、解雇。資材警備員となる。
1958年(昭和33年)66歳  炭坑の記録画を画用紙に墨で描きはじめる。
1963年(昭和38年)71歳  「明治大正炭坑絵巻」出版
1964年(昭和39年)72歳  交通事故 頭部内出血で九死に一生をえる。
1963年(昭和40年)73歳  初個展「山本作兵衛翁炭絵画展」開催
1967年(昭和42年)75歳  「炭坑(やま)に生きる」出版
                 勲六等瑞宝章受章
1981年(昭和56年)89歳  「王国と闇 山本作兵衛炭坑画集」出版
1984年(昭和59年)92歳  老衰のため永眠(5月)
                  妻タツノ永眠(12月)
2011年(平成23年)     ユネスコ世界記憶遺産に日本国内で初めて登録

c0077338_7123190.jpg

年譜をあらためて読み驚きました。
炭坑夫として50年も働いてあるんです。
50年間ですよ。
これは凄い事です。
今の福利厚生が行き届いた時代ではなく、明治、大正、戦前の昭和の劣悪な環境。
さらに三井、住友のような環境の行き届いた大手のヤマではなく、小さなヤマで50年間。

7歳から親を助けて、12歳から62歳まで

男性の方ならよくわかるでしょう。
一つの仕事を50年続ける事がいかに凄い事か・・・
それが、とてもつらい炭坑夫の最前線での仕事。

そして60歳過ぎてから死ぬまで絵を描き続ける強烈なエネルギー。


平成の現代社会の今でも、とてもハードな仕事は、今も多々ありますよね。

たとえば肉体労働の運送業などで、普通の人は、40代、50代ともなれば体が動かなくなり、管理職になったり、事務職や、配車の手配したり、別の業種の仕事をしたり、あるいは仕事を辞めていきますが、それを辞めろと言われるまで最前線の現役で62歳まで。

さらに絵描きになって、炭坑の記録画を画用紙に描きはじめたのが66歳。
そこからユネスコ世界記憶遺産に登録されるような絵を老衰で亡くなる92歳まで。
死ぬまで描き続けられたんです。


こんな芸術家の方っているでしょうか?
炭坑夫時代には、人に言えない、いろんな苦労がたくさんあったんではないか?と推測します。


長女ハツ子さんの病死、長男 光さんの戦死、72歳での交通事故。

作兵衛さんの絵は、地底からの心の叫びのようです。
地底でいろんな事を体験されてこられた事を、心の想いを60歳過ぎて、絵にすべてぶつけられたんだなあと推測します。


そうやって年譜をあらためて調べたうえで、「ヤマの記憶」を読むと、
(と言うか眺めてみると)ついつい涙が出てきます。



「ヤマの記憶」より 


昭和42年11月14日
思いもかけず郷土文化の振興で勲六等瑞宝章をいただきました。
ヤマの下罪人(抗夫)とても勲章をもらうような資格もなく、ただ私の見聞きしたことを忠実に絵や文にしただけでございます。
c0077338_701469.jpg
学者や小説家の人たちが書かれたものはありますが、実際にヤマで働いた人のはないと聞きました。
片言まじりで恥ずかしいのもかえりみず、絵や文にしたのは数百年後の子孫のため明治、大正、昭和のヤマはこうだったといっておきたかったからです。







c0077338_713077.jpg
よかったら、田川石炭歴史博物館に行かれてみてください。
絵を鑑賞する事で、今も山本作兵衛さんに出会う事が出来ますよ。

私も、近いうちに筑豊の低山を登った帰りにまた行く予定にしています。



参考資料
「ヤマの記憶」   西日本新聞社
[PR]

by katuyamak | 2012-01-30 06:44 | 歴史・偉人・人物館の旅 | Comments(2)

あまりの好天につられて 宇美町 井野山

1月29日(日) 5時10分起床。
本日は、山歩きの予定ではなかったが、登る予定は無かったが、あまりの好天に誘われて15時から井野山へ。
自宅から15分程で行ける一番近い山です。
登りでたぶん、宇美商業の野球部の生徒さん達と遭遇。
きちんと立ち止まって、帽子をとり挨拶してくれる。
とても気持ちが良い。
日曜日でも真面目に練習してるんですね。
c0077338_632842.jpg

26分で山頂。宝満山~三郡山方面が綺麗に見える。
c0077338_6325040.jpg

帰りは越後屋でラーメン580円。まあ普通かと。
c0077338_6333462.jpg

[PR]

by katuyamak | 2012-01-30 06:33 | 山歩き | Comments(6)

山本作兵衛さんの絵を見たくなり・・・  関の山(359m)

1月28日(土)
久し振りになぜか無性に筑豊に行きたくなった。
10時過ぎに自宅を出て、ショウケ越えを通り、飯塚市に入る。

田川石炭・歴史博物館に行く前に手頃な低山に登る事にする。
福岡から車で45km。
九州道路地図を頼りに関の山登山口に着く。
やっとこさ見つけました。
c0077338_685049.jpg


c0077338_69121.jpg

いこいの森キャンプ場方面の舗装道路を歩く。
夏場はここが通れるのかもしれない。
c0077338_693053.jpg

1合目 いい雰囲気です。
c0077338_69536.jpg

2合目
c0077338_6101147.jpg

歩きだして、30分?位。
見晴台と言うところに着く。
ここから金石山、大山方面が見える。
少々、汗をかいてきたので水を飲みつつ小休憩。
c0077338_6103114.jpg

こちらは関の山方面。
c0077338_6105089.jpg

途中ですれ違った方が、下りでアイゼンを装着して降りてきたとの報告。
ええ?300m程度の山でも凍結してるところがあるのだろうか?
ここで少々ビビってしまった。
さすがに今日はアイゼンは持ってきてないぞ。
c0077338_611778.jpg

だんだん謎が解ける。
ここの下りなんだなあ。
確かに滑りやすそう。
でもアイゼンを使うまでではない。
c0077338_6112585.jpg

登り47分で山頂。
誰もいなかった。
登りでは初老の単独の方と3名すれ違う。
c0077338_6114159.jpg

今日は珍しく、おにぎりを持参。
のんびり山頂で食べる。
c0077338_61215.jpg

この山は歩きやすく、とても気に入りました。
また春にでも再度、来たいですね。
今日は時間がないけど、次は金石山と大山も歩いてみたい。
c0077338_6121773.jpg

下りでは、子供連れのファミリーとすれ違う。
みんなに愛されている低山のようです。

登山口付近の杉の木の様子が違うので、そばに寄って見てみると・・・
立派に杉花粉が成長してました。
もうすぐ爆発しそう(笑)
c0077338_6123353.jpg

田川石炭博物館に向かうが、国道201号線沿いの途中で山本作兵衛の文字が・・・
中村美術館と言うところで特別展示してあるらしい。
寄ってみる事にする。
入館料800円也。
入場者は少なく作兵衛さんの絵のみをゆっくり鑑賞。
他の絵はすべて無視(見てもようわからん)
皿とか花瓶のようなものもあったが、さらにようわからん(笑)
c0077338_6125052.jpg

次に田川市石炭・歴史博物館
入館料210円。
申し訳ないが、こちらの方が入館料は安いのに、中村美術館より10倍おもしろい。
まあ、私に絵を見るセンスがないだけかもしれませんが・・・
風来坊さんと来た2010年1月以来の2年ぶり、2度目の訪問。

当時は入場者が少なく、こんな立派な施設なのにもったいないなあと思っていた。
たしか私たち入れても、5名~10名程度だったと思う。
ところが今日は、入場者がとても多い。
山本作兵衛さんの世界記憶遺産登録の効果でしょうね。
c0077338_613758.jpg

伊吹重蔵さんも元気でした。(表札より)
懐かしかった。
とても人形とは思えません。
また奥さんも相変わらず、仕事してありました。
当時と変わらず・・旦那さんがうらやましいです。
c0077338_6132356.jpg

香春岳もいつか登りたいです。
c0077338_613413.jpg

そう言えば、館内で60代の男性のボランティアの方の案内があり、途中から聞いてました。
しゃべり方、アクセント、方言が田川弁と言うのかなあ?
hirokoさんとまったく同じで久し振りにこのアクセントを聞き、懐かしく楽しかった。
盆踊りでの定番。
「炭坑節」を館内に響くような大きな声で歌ってありました。
その歌がとても上手。
その声がとても山本作兵衛さんの絵とマッチして、炭坑当時の田川にいるかのような錯覚。
関の山。
炭坑節
山本作兵衛さんの絵。
十分満足。
来てよかったです。
c0077338_6135716.jpg

帰りに、しる商人の塩ラーメンを食べようと思っていたら、14時過ぎに完売でもう閉店。
次回に期待しましょう。
c0077338_6143185.jpg

山歩きメモ
登り47分。往復2時間40分くらい。往復約4km。
山頂での休憩含む。
とてもいい山歩きでした。
また登りたい山。
参考資料
福岡県超低山100 の116ページ
[PR]

by katuyamak | 2012-01-29 06:14 | 山歩き | Comments(10)

背振の縦走路を歩きたくて 背振山(1055m)

1月21日(土)
今年に入って、初めての土曜休みである。
10時頃、さあ簿記の勉強しようと思い机に向かった途端に問題発生の仕事の電話が入る。
取り急ぎ会社に行って、問題を解決しなくてはいけない。

勉強を中止し、とりあえず、すぐに山の用意(なぜ?笑)
それは、外があまりにも天気がいいからだった。
今日は登る予定はまったくなかったが、外はあまりにも好天。

こんな日に登らないともったいない。
今日は、とことん勉強すると思っていたのだが、会社に行かないと決まり、この時、もうすでに勉強の事は忘れて、どこの山に登るかを考えていた(笑)

でもって仕事を大急ぎで終わらせて登山口へ。
背振の山頂が自宅からも、しっかり見えるので、背振山に登りたい。
だがすでに11時過ぎてる。
国道263号の旧道三瀬峠を越えて、佐賀側の椎原峠西の標識のところから出発したのが、12時20分を過ぎていた。
c0077338_2034178.jpg

背振山まで4.5kmのピストン。
果たして山頂まで行けるか?
c0077338_2034437.jpg


コースは11月27日に歩いた下の画像とほぼ同じ。
ただ11月27日の時は、矢筈峠までで折り返したので、背振山頂までは、歩いていない。
今日は、背振山頂まで登った。
今日は急いでいたので、GPSは持ってきていない。
c0077338_21176.jpg

背振縦走路の「木」を中心に縦走路を撮影。
c0077338_20375882.jpg


c0077338_20381750.jpg


c0077338_20384748.jpg


c0077338_2039594.jpg

途中で遠く、博多湾が見える風景。
c0077338_2039279.jpg

ズームにすると福岡ドームが見える。
c0077338_20394511.jpg

背振山頂手前の木道。
私の好きな場所。
c0077338_2040224.jpg


c0077338_20402631.jpg

14時過ぎ。やっと背振山頂。
遅くなりましたが、背振神社(上宮)で正月からの山の三社参りをやっとこさ達成。
c0077338_22483588.jpg

ここでなんと休日の山登りのyamagoeさんとお会いする。
「やあ、やあ、おめでとうございます。」と挨拶するも、まさか14時過ぎの冬枯れの背振山頂でお会いするとは思わなかった。
c0077338_20404879.jpg

いや~、来てよかった。
朝、自宅から綺麗に見えた背振の山頂に、下からうらやましそうに見ていた本人がまさかの到達です。
c0077338_2041869.jpg


c0077338_20412626.jpg


c0077338_20414748.jpg

空があまりに碧いのです。
c0077338_2042540.jpg


c0077338_2042239.jpg


c0077338_20424123.jpg

いい山歩きでした。

山歩きメモ
駐車スペースより、往復2時間50分(山頂で10分程休憩)
標高差はなかったけれど、しっかり往復9kmは歩きました。
今日の背振は1月にしては、日差しがあり、汗が出て、あたかかく感じる。
でも来週から大寒波が来るようですね。
[PR]

by katuyamak | 2012-01-21 20:29 | 山歩き | Comments(8)

大分県別府市 高崎山(628m)

1月15日(日) 起床4:30
いーさんよりお誘いを受けて、別府市の高崎山に登る。
実はこの山、私が前から登りたかった山。
いーさんがそれを覚えていてくれて、誘っていただきました。

集合は9時 田ノ浦ビーチの無料駐車場。
今回は、いーさんつながりで大分の山岳会 豊嶺会の山行に参加させていただきました。
海抜0mからの出発。
他に、佐賀からタクさん平六さん、うすきさん、豊津の俊ちゃんさん、信ちゃんさんご夫妻も。
総勢二十数人。
c0077338_2074536.jpg

高崎山は、登りたかった山なので、久し振りに前日からワクワクしていた。
とても楽しみでした。
実は、最近は感性が鈍くなり、くじゅうに行く前の晩でもそうワクワクしなくなってきているんですが、今回はなぜか無性に嬉しい。
やはり初めて登れる山が、期待と不安で楽しみなのかもしれません。
c0077338_20115556.jpg

総勢二十数人での山歩きは、2008年以来久し振りで楽しかった。
c0077338_20203090.jpg


c0077338_20205272.jpg

いよいよ尾根歩き出発。
このルートは正規の登山道ではないようです。
私は初めてなので、当然、ここしか知らない訳です。
c0077338_20211174.jpg

ハイキング気分で参加した山歩きでしたが、こんなマニアックルートを登るとは・・・・
いや^、これはれっきとした、山岳会の定期山行と気がついたのは、ずいぶん後でした。
藪っぽいルートかつ急登だったので、登りでは、両手、両足を使って、枝をつかまえてと、いや~、久し振りで楽しかった。
c0077338_2021282.jpg

視界が開けて、これから正規の登山道のようです。
開放的でいい山です。
c0077338_20214440.jpg

山頂と三角点。
c0077338_2022172.jpg

30分ほど休憩して、下山開始。
豊嶺会
リーダーさんも若く、平均年齢もみんな若い、女性もかわいい方ばかり。
みんな穏やかで、感じがいい方ばかりで、近頃珍しい、とてもいい山岳会だと感じました。
私がこんな好印象を持つ山岳会は、今は案外と少ないもんです。
c0077338_20221888.jpg

帰りも海岸に足をつける。
c0077338_20223582.jpg

帰りは温泉を探していて、偶然見つけた駅前温泉。
レトロチックです。大正13年くらいとか書いてあった。
当時は別府駅での待ち合わせに、みんな利用されてたんでしょうね。
200円。石鹸20円、シャンプー40円
男4名での貸し切りでした。
c0077338_20225245.jpg

c0077338_20332710.jpg

山歩きメモ
往復4時間ちょい(休憩含む)約10kmちょい歩いてます。
久し振りに、みんなと会話しながら、楽しい山歩きでした。

豊嶺会のみなさん、いーさん、お世話になりました。
[PR]

by katuyamak | 2012-01-15 20:07 | 山歩き | Comments(25)

青春18きっぷ⑤ 後編 長崎市 鍋冠山(169m)~帰路

1月8日(日)
前編からの続き。
さて、大浦天主堂の観光も終えて、次にどこに行くあてもなく、なんとなくぶらぶら歩く。
お土産屋さんの中に聖コルベ記念室があり、100円で中に入る。

ドイツ アウシュビッツ収容所で亡くなられたコルベ神父は長崎市の大浦天主堂にもおられたんですね。
なお、コルベ神父の身代わりの死のおかげで生き延びられた男性は90歳まで長生きされたらしい。
こんな事も足を運んでみないとわからないもんです。



さて、私はのんびりと一度、電停まで引き返したが、またなんとなく南山手の家並みを見ようとまた坂道をゆっくり登りつつ歩いてみる。

登ってて、ふと思い出した。
そうだ。このまま登ると鍋冠山に行けるのではないか?
グラバー園のところまで歩いてそう確信。
案内板があった。
c0077338_5593139.jpg

鍋冠山は、自宅に帰り調べてみたら2006年に1度登っている。
道はなんとなく覚えている。
とにかく坂道の登りがあるところをひたすら登る。
c0077338_624795.jpg

今日は登山靴を履いてきた。
登山靴にぶ厚い靴下を履いてないと、足元が寒いんです。
なにせ風が吹きさらしの、普通列車に4時間乗りますからね。
今の時期の青春18きっぷは女性の方にはしんどいかもしれません。
c0077338_631049.jpg

のんびり歩いて、30分くらいだったかなあ?
よく覚えていません。
鍋冠山山頂(169m)、公園になってます。
展望台からの眺望が実にいい。
長崎市、全体が見渡せます。
ここから見る夜景もいいらしいです。
c0077338_633596.jpg

女神大橋も見える。
ちょうど太陽が照らしてくれていたので、ベンチに座ってボ~っと日向ぼっこしつつ、しばらく、のんびりとしてました。
c0077338_635669.jpg

三角点もちゃんとあります。
c0077338_641575.jpg

下りはまた大浦天主堂の見える祈念坂をのんびり下る。
c0077338_64353.jpg

大浦天主堂下の電停近くのみらく苑で皿うどんを食す
c0077338_645681.jpg

まあまあ、かな?
c0077338_65168.jpg

諏訪神社前まで電車で移動して、長崎歴史文化博物館を訪問。
そよかぜさんより、前売り券をいただいていたのです。
長崎奉行所跡を訪問。
ここで取り調べがあってたんですね。
踏み絵等も展示してありました。
c0077338_6244043.jpg

博物館付近で、これはまた懐かしい看板を発見。
由美かおるさんが、まだ20代?
ネットで調べたら、由美かおるさんは1950年生まれの現在61歳。
そうするとおそらく40年位前の看板ですね。
c0077338_653878.jpg

帰りは長崎駅18時発の列車で博多へ。
対面式シートだったので、意外に疲れる。
2人掛けの席の方が、長い時間乗るとその方が楽。
c0077338_66361.jpg

帰りは酎ハイ飲みながら、「長崎ぶらぶら節」を読んでました。
c0077338_662288.jpg

青春18きっぷも5回すべて、使い切りました。
振り返れば、
12月11日 ①大分県中津市の旅
中津城、福澤諭吉旧宅、双葉山記念館

12月18日 ②長崎県長崎市の旅
永井 隆記念館、浦上天主堂、シーボルト記念館、立山防空壕跡

12月23日 ③長崎県外海地区の旅
遠藤周作文学館、ド・ロ神父記念館、出津教会、大野教会、バスチャン屋敷跡、大野岳

12月25日 ④熊本県熊本市の旅
横井小楠記念館

 1月 8日 ⑤長崎市の旅
日本二十六聖人記念館、大浦天主堂、鍋冠山、聖コルベ記念室、長崎歴史文化博物館

いや~、11500円で、5回分、たっぷりと楽しめました。

列車の中で読んだ、遠藤周作さんの小説もとてもいい思い出となりました。

52歳で初体験の青春18きっぷの旅でしたが、実にいい旅でした。

しかし、青春きっぷを買う前までは、私も全然予想もしていなかったのですが、遠藤周作さんの小説「沈黙」「女の一生」を読み、、長崎のキリスト教の歴史、隠れキリシタンの歴史をほんの少しでもわかった事が一番の収穫だったかもしれませんね。

自分が予想もしていない世界に、足を踏み入れていくのも、これまた旅のおもしろさなのかもしれません。
c0077338_6641100.jpg


最後に・・・
さて、自宅に帰り風呂に浸かり、布団に入り、まだ頭が冴えていたので、眠くなるまで読書をする。
本日、大浦天主堂横の売店で売っていた「長崎オラショの旅」の本を何気なく読む。
眠くなったので、ページの間にしおりを挟み、寝ようとした瞬間。

そのしおりをしばし、見ておもわず 「ワア!」と声が出てしまった。
年配の女性の店員さんが、本を買った時に、しおりを本にはさんでくれていたんです。
そのしおりがなんと「サンタ・マリアの像」のしおり。
私が記憶に留めておきたかった、あの信徒発見のマリア像だったんです。
c0077338_665933.jpg

このしおりならば、画像として撮影して、ブログで公開してもいいですよね?
いや~、この時はびっくりした。
まさか、こんな形で見れるとは思ってなかった。

寝る前の最後の最後で、神様はこんなサプライズを用意してくれてました。
私は特にキリスト信者でもありませんが、もしかしたら神様はこんな形で表れてくれているのかもしれませんね。

今日の旅は充実してました。
おかげで、最後はとても満たされた気持ちで旅が終わりました。





1月10日 さらに追伸(笑)
今日は会社で仕事しつつ、日曜日の夜、寝る前の出来事の意味を考えてました。
嬉しいサプライズでした。
こんな事ってあるんだなあ。
でも冷静に考えれば、ただ店員さんがしおりを入れてくれていただけの事。

まあ、こう思ってしまえば、身も蓋もないけど(笑)

でも私はやはり、違うと思います。
私がサンタマリアの像を見たいと思い、行動を起したから、神様から、こうやって「しおり」をいただく事が出来たんだと素直な気持ちでポジティブに受けとめたいんです。

年始そうそうに嬉しい出来事でした。
これからこの「しおり」を、本を読む時に大事に使って、神様からのプレゼントを素直な気持ちで、時々眺めながら読書していきたいと思ってます。

マリア様、こんな私に素敵なプレゼントをありがとうございました。
[PR]

by katuyamak | 2012-01-10 05:59 | 歴史・偉人・人物館の旅 | Comments(8)

青春18きっぷ⑤ 長崎市の旅 前編 二十六聖人、大浦天主堂

1月 8日(日)
青春18きっぷを使った旅も残りが1回となる。
当初は、最後の旅は、山口県「萩」を予定していた。
しかし遠藤周作の「沈黙」を読んで以来、私の心はすっかり長崎の虜(とりこ)となってしまった。

もうしばらく、長崎に関する読書をし、訪問先もあと島原、平戸を訪問しないと、他の偉人・人物を訪ねる旅をどうしても行く気になれない。
今はとにかく心は長崎だけなのです。

そんな訳でまたまた長崎市に行ってきました。

博多発5:13分の鹿児島本線の普通列車に乗る。
長崎駅着9:12分着

片道の電車の中で、図書館で借りた「浦上四番崩れ」を読む。
浦上四番崩れが残りあと50ページとなったところで長崎駅に到着。
最後まで読まないと気持ち悪いので、長崎駅2階のロイヤルでモーニングを食べながら、1冊読み終える。
c0077338_16344140.jpg

昨年12月から、ここまで読んだ本
「沈黙」          遠藤周作
「切支丹の里」       遠藤周作
「女の一生 キクの場合」  遠藤周作
愛のひと ド・ロ神父の生涯 西岡由香(漫画)
「浦上四番崩れ」      片岡弥吉
とここまで夢中になって読む。
12月23日の長崎 外海(そとめ)地区の旅から長崎キリシタンの歴史をもっと知りたくて、仕方ないのです。

今日はとてもいい天気です。
しかし朝の普通列車の中は寒かった。

c0077338_17125639.jpg

最初の観光は、長崎駅を降りてすぐのところにある
日本二十六聖人記念館。
c0077338_17132187.jpg

私もこの場所は何度か来ているが、詳しい歴史は知らなかった。
記念館の中もたぶん、初めて入る。(500円)
記念館入口付近のキリシタン墓地
記念館の中は撮影禁止。
二十六聖人の事を書こうと思ったが、長くなるので止めておきます。

1時間位、館内をゆっくり見学。
c0077338_17291657.jpg

チンチン電車で移動して、思案橋横丁のヨコハマへ。
本当は、隣の康楽(かんろ)という店のチャンポンを食べるつもりだったが、休み。
c0077338_1730057.jpg


c0077338_1730272.jpg

特製チャンポン 980円。
最初は普通のチャンポンかなあと思って食べていたが、なかなか旨し。
c0077338_17304851.jpg

ご馳走様です。
c0077338_1731945.jpg

食後は、本日のメイン。
大浦天主堂へ。
チンチン電車で西浜町から大浦天主堂下で下車。
c0077338_17313620.jpg

「女の一生 キクの場合」を読み終え、どうしても大浦天主堂に行きたくなったのだ。
c0077338_1732143.jpg

国宝 大浦天主堂は、長崎市の観光名所ですよね。
長崎市に来たら、まずは、こことグラバー園。
チャンポンとカステラは定番ですよね。

しかしこの大浦天主堂に当時から悲しい歴史があった事は、今回初めて知ったのです。
私は教会の中にある
サンタマリアの像を見たかったのです。
残念ながら撮影禁止でしたが・・・
サンタマリアの像は撮影して記憶に残しておきたかったのですが、残念。


遠藤周作 「女の一生 キクの場合」より
キクが大浦天主堂のサンタマリアの像に祈るシーン。

あんたがどなたかは知らん。ぱってん清吉さんが崇めとる女たい。
女ならうちのこん気持ち、わかってくだされ。おねがいします。
清吉さんば辛か目にあわさんごとしてくだされ。

あんたも女子なら・・・うちのこん悲しか思いば・・・・。

しゃくりあげ、嗚咽し、肩を震わせ、キクはその像に訴えつづけた。
恨みごとを言った。
彼女は切支丹ではなかったから聖母への祈りなど毛頭、知らなかったが、この恨みごと、この嗚咽もまた人間の祈りにちがいなかった。



c0077338_1732308.jpg

プチジャン神父
c0077338_17325069.jpg


c0077338_17331144.jpg

信徒発見のレリーフ
中央で立っているのがプチジャン神父。
c0077338_17333313.jpg

大浦天主堂とプチジャン神父の事

大浦天主堂
1865年2月19日完成
正式名は日本二十六聖殉教者堂
日本最古のキリスト教建築物。

その名の通り日本二十六聖人に捧げられた教会堂であり、教会は殉教地である西坂に向けられている。
建立間もない天主堂は、「南蛮寺」「フランス寺」と呼ばれていた。
しかし完成しても日本人は誰も来なかった。
キリシタン禁制が厳しく敷かれていたからである。


プチジャン神父 1829年ー1884年
フランス出身のカトリック宣教師


信徒発見の出来事(1865年 3月17日)
豊臣秀吉、徳川家康と続いたキリシタン弾圧により、日本にはもうキリシタンはいないと思われていた。
プチジャン神父は、まだ日本にこの長崎のどこかにキリシタンがいるのではないか?と密かに考えていた。

お昼頃、男女小児うち混じった十二人から十五人ほどの一団が天主堂の門前に立っていた。
「ここにおります私たちは、皆あなたと同じ心でございます。」
「サンタ・マリアのご像はどこ?」
プチジャン神父は大変喜び、フランスに宛てた手紙にローマ字でこう書いていたそうです。
「Santa Maria no go-zo wa doko?」
250年続いたキリシタン禁制から隠れキリシタンの信徒発見の瞬間だった。
ここからサンタ・マリアの像は「信徒発見のマリア像」と言われるようになったらしい。

しかし皮肉な事にこの信徒発見が、浦上四番崩れを引き起こす事となる。
(崩れ キリシタン弾圧の事。浦上地区 4回目の弾圧の意味)
隠れキリシタンが公然と信仰を表明するようになったため。

明治新政府は、3,394名を津和野その他の地区に流罪、殉教者613名。
1870年ー1872年(明治3年ー5年)
飢餓、寒さ、火責め、水責め、算木責め

私は当初、明治維新、明治新政府になったからキリシタン弾圧が無くなったと思っていたが違っていた。
当時の明治新政府はみなキリシタン弾圧 賛成、当然の事の人ばかりだったのだ。

しかしこの長崎 浦上村の出来事により、日本政府は全世界を敵にまわす事になる。
この事を知らなかったのは、実は日本政府だった。
1871年(明治4年)岩倉大使一行がアメリカ、英国、各国を歴訪したが、ブーイングの嵐でどこの国からも猛抗議を受ける。

現代なら日本人拉致を知らん顔してる北朝鮮みたいな立場でしょうね。

日本国内の問題だし、これは鎖国してたから知りませんでしたでは、もう通用しなくなっていたんですね。

これでやっと日本政府も目が覚めて、1873年(明治6年)2月24日
キリシタン禁制の高札を撤去。
キリシタン禁制は262年ぶりにその効力を失った。
浦上四番崩れも読んだせいか、いろんな事実を知りました。
c0077338_1734018.jpg


c0077338_17341959.jpg


c0077338_17344274.jpg

教会の中では、サンタ・マリアの像もゆっくり見る事ができました。
来てよかったですねえ。
c0077338_1735474.jpg


c0077338_1735222.jpg

祈念坂
映画「解夏」の中でもこの場所が撮影されてましたね。
c0077338_1885473.jpg

c0077338_17355749.jpg


旅の土産に大浦天主堂に隣接する場所で本を2冊買いました。
c0077338_184642.jpg

本日、私が日帰りで旅を終えて、自宅に帰り、23時頃、寝る前にアッと驚くサプライズがあったんですよ。
寝る前でしたが、私は思わず「ワア!」と声が出ました。

これは後編の最後の最後に書いておきますね。

青春18きっぷ⑤後編 鍋冠山の山歩きに続く~
[PR]

by katuyamak | 2012-01-09 16:28 | 歴史・偉人・人物館の旅 | Comments(8)

今年初の山歩き  天拝山(258m)

1月 1日(日)
城山からの続き。
那珂川町から車で30分程度で天拝山の駐車スペースへ。
正月のせいか、道路もすいている。
c0077338_9421511.jpg

いい雰囲気です。
ところが、ここから正月のせいか、天拝山に日頃、登ってない方も多数いる事が判明。
かなりの人とすれ違いそうな予感。
c0077338_942337.jpg

おはようございます。
こんにちは~
おめでとうございます。
とか、挨拶するのがいちいち、面倒くさいので、右の尾根の天神様の径に逃げ込む。
私は元来、無愛想だし、城山で誰にも会わなかったので、天拝山がとても人が多いので閉口した。
この登山道は人がとても少ない。
ホッとした。
c0077338_9425140.jpg


c0077338_943639.jpg

コナラの木。葉の色が違いますねえ。
c0077338_9432353.jpg

28分で山頂
c0077338_9434945.jpg

ここは天拝神社と思っていたけど、天拝山社と書いてあった。
ここで参拝。
往復57分の山歩きでした。
c0077338_9441077.jpg

帰りの県道31号線手前にて
下の画像の間違いわかりますかあ?
c0077338_9442860.jpg

こうですよねえ(笑)
c0077338_1091139.jpg

2座登った後は、大佐野交差点近くのらーめん「はくざん」
c0077338_9445240.jpg

このお店は、初めて入る。
c0077338_945770.jpg

ほう、運気が上がる石とか・・・
ナデナデしてみる。
c0077338_94522100.jpg

きわめて正攻法の、食べやすいとんこつラーメン。
ここは気に入りました。
c0077338_9453743.jpg

無料の替え玉なのに、ネギがサービスでついているのには、泣けた。
替え玉2玉まで無料です。
c0077338_9455855.jpg

おいしくいただきました。
注:左利き
c0077338_9461354.jpg

2012年も2座で山登り1回と1麺のスタートです。
[PR]

by katuyamak | 2012-01-02 09:46 | 山歩き | Comments(8)

今年初の山歩き。 まずは城山(195m)から

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年は2002年6月から始めた、毎週の山歩きも6月で丸10年となり、11年目の山歩きの年となります。
昨年末までで、山歩きも通算493回となっており、順調にいけば2月~3月で500回目。
私の山登りの夢の目標でもある1000回山登りの折り返しのシーズンとなります。

今年の抱負としては、勉強も読書も続けて、学びの1年にしたい。
出来れば毎週の山歩きも10年連続で、年間50回も合わせて続けられたらよかばってんがねえと思ってます。


早速、1月1日に登ってきましたので日記形式で書いてみます。


1月 1日(日)  
昨晩夕方から見た「ガキの使い 笑ってはいけない」は大笑いであった。
久々に笑いすぎて年越しそばを食べつつ、ウイスキーを3杯も飲んでしまった。

本当は池上 彰さんの番組を見なければいけないところだが、大みそかやけん、まあ、よかやろう。
紅白はHDDに録画したので、そのうち見よう。
ただし若い人はほとんど知らないけど(笑)
22時には寝るつもりが、23時に就寝。


 5時起床。
一応、朝から簿記の勉強を形式的にしたが、青春18きっぷで旅行して遊び過ぎた後遺症か、勉強が全然身に入らない。
とにかく毎日、反復を続けて、続けて頭に覚えさせよう。
正月休みを有効に使いたい。
自宅から外を見ると、8時頃から小雨が降っている。
雨の日には、雨の日の登り方がある。
どの山に登ると明確には決めてなかったが、小雨が降っているし、傘をさしても登れる山にしたい。
ふと頭に「山の三社参り」ばしようと思いついた。

傘をさしても登れる山。山に神社がある山。
思いついたのは、那珂川町の城山(高津神社)と天拝山(天拝山社)
雨だがとりあえず、今日はこの2つの山へGO!

那珂川町のここに駐車
c0077338_849014.jpg

c0077338_8492899.jpg

裂田の溝(さくたのうなで) 那珂川町が古代水路跡を再現して、作ってもらったようだ。
ここにトイレもあり、駐車スペースも3台ほど停める事が出来る。
高津神社には駐車スペースがないので、ここから歩く。
c0077338_850683.jpg

ここまで歩いて5分程度
c0077338_8502859.jpg

山の神社らしくいい雰囲気。
c0077338_8504849.jpg

約15分程度で、高津神社に到着。
ここにお神酒とするめが置いてあった。
参拝したので、お神酒を飲みたいところだが、するめのみを少々いただく。
焚き火をしてある人のよさそうな、おっちゃんが、「車ですかあ~」と尋ねる。
歩いてきていたら、おそらく日本酒を薦められただろうなあ。
焚き火にあたりながら、飲みたいところだが、残念。
c0077338_851128.jpg

この神社の奥から城山の登山道に出られる。
この山も3回目なので、よくわかっている。
c0077338_8513222.jpg

裂田の溝からちょうど30分で山頂
山頂からの景色は何も見えず
c0077338_8515583.jpg

どこにも城山とは書いていない。
岩門城跡と書いてあるのみ。
c0077338_8521497.jpg


c0077338_8523150.jpg

バイク用のカッパを着て、下はスパッツを着用し、傘を持参して登ったが、結局雨は降らなかった。
安物のバイク用のカッパのおかげで下が蒸れてシャツが汗びっしょり。
やはりゴアテックスじゃないと蒸れますねえ。
夏だと恐ろしい事になっていただろう。
c0077338_8524984.jpg


GPSは持参してなかったが、昨年とほぼ同じコースを歩く
c0077338_9362884.jpg


往復57分(休憩無し)
まだ山歩きも物足りないので、登山靴、スパッツを付けたまま車で天拝山に向かう。
天拝山編続く
[PR]

by katuyamak | 2012-01-02 08:34 | 山歩き | Comments(2)