ちょこっと天拝山

11月28日(日)
長崎のそよかぜさんより、天拝山~基山の縦走のお誘い。
あのルート、わざわざ長崎、佐賀から来て登る価値があるルートやろうか?
地元民としては、どうも申し訳ないような(笑)
まあ、逆に長崎の方からのお誘いなので天拝山だけのピストンで参加する。

朝、7時
やあ、やあ。と懐かしいメンバーが勢ぞろい。
長崎、佐賀の方とも1年ぶりで嬉しくて、涙が出そうである
(冗談だけど懐かしくて、嬉しかった)
メンバー、私を入れて11名、いざ天拝山へ
c0077338_6403268.jpg

長崎組からは、そよかぜさん山馬鹿さん、みつばさん、クラッカーさん。
私は長崎の、この4名が大好きなのである。

あと佐賀、福岡の方もすべて明るい方ばかりで、このメンバーなら楽しい山行である。
c0077338_6404620.jpg

下の画像は一日の王 タクさん。
タクさんとも1年ぶり。
c0077338_641243.jpg

天拝山頂上で頂上におられる方にお願いして記念撮影。
(画像はそよかぜさんから借用)
c0077338_6412339.jpg

私だけピストンして下山。
今日は、映画も行かず、久し振りに自宅でゆっくりしました。
いい一日でした。
今日の山歩きは、短時間なので  0.5回とする。
今年の山歩き 46回。
[PR]

by katuyamak | 2010-11-29 06:41 | 山歩き | Comments(10)

堤谷から宝満山(829m)

11月23日(火)
「脳が冴える15の習慣」を読み終えて10時過ぎ。
自宅の用事を済ませる予定がなくなり、ポッカリ時間が空いた。
映画に行くか?山に行くか?

ちょうど朝、パソコン上で裏宝満からの堤谷から百日絶食の碑からキャンプ場へのルートがどんなだったか思いだせずに思案していたので、この課題を済ませる事にする。

裏宝満の登山口の出発が12時30分。
山登りするには遅すぎる時間だが、朝から読書した後だけに仕方ない。
c0077338_2236118.jpg
c0077338_22362557.jpg
素晴らしい紅葉の山歩きが続いた後だけに、裏宝満からのルートがなんとも寂しく感じる。
しかし、久し振りに歩く堤谷もところどころで道が変わっているのか、変化があった。
しかしやはり裏宝満はやはり全体的に暗い。
下の標識にあるように、百日絶食の碑から左に入り、宝満山を目指す。
c0077338_2240182.jpg


裏宝満の猫谷川新道、堤谷、大谷尾根を歩くと2002年、2003年と、何もわからずに、ただがむしゃらに山歩きしていた当時を思い出す。
懐かしい登山道です。
c0077338_2241453.jpg

c0077338_22421225.jpg

c0077338_22425255.jpg

登りは堤谷から宝満山。
休憩はせずそのまま下山。大谷尾根から下る。
往復2時間30分位。約5.5km位。
今日、GPSで裏宝満の軌跡を初めてとりました。
けっこう、嬉しいです。
こんなになってたんだねえ。
登ってる時はわかってなかったが(笑)

百日の碑の場所がいまいちよくわかってなかった。
もう22時過ぎてますが、今から頭文字D(イニシャルD)のアニメ見ます。
おやすみなさい。
[PR]

by katuyamak | 2010-11-23 22:36 | 山歩き | Comments(4)

大分県 田原山(鋸山) 542m

11月21日(日)
数年ぶりに田原山の紅葉を見に行く。
好天にも恵まれ、素晴らしい山登りというか、岩登りを楽しむ事ができた。
例年、11月の後半に来てますが、何度来ても楽しい山です。
c0077338_6293015.jpg

c0077338_631110.jpg

c0077338_6312621.jpg

c0077338_6315297.jpg

c0077338_6321156.jpg

c0077338_633398.jpg

c0077338_6332376.jpg

休憩ポイントでは、思いがけず私の51歳の誕生日を女性 3名より祝ってもらって嬉しいかぎりです。
ローソク1本の意味は50歳から折り返しで、新たに1歳という意味で火を消しました。
山の上のケーキの味は特別でした。
ありがとうございました。
c0077338_6334342.jpg

田原山。いい山です。ありがとう。
c0077338_634013.jpg

山登り後は、山香温泉の後に豊後高田市の昭和の町へ
風来坊さん、事前調査で下調べ ラーメン 一色亭 500円 うまい!
c0077338_6445873.jpg

ほそめん 替え玉 チャーシューが嬉しい。
c0077338_645181.jpg

昭和の町を散策
c0077338_6461187.jpg

紙芝居なんか45年ぶり位に見たと思う。
子供の頃はただ水飴が食べたくて見てた記憶がある。
c0077338_6501313.jpg

女の子の涙がおもろい。
紙芝居の紙は60年位前の本物とか・・・
c0077338_6503533.jpg

c0077338_6505952.jpg

c0077338_765631.jpg

楽しい一日でした。
c0077338_6512026.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-11-22 06:34 | 山歩き | Comments(16)

11月に購入した物

「いきものがかり」の「いきものばかり」ややこしいです(笑)
c0077338_8434464.jpg

「ありがとう」
「SAKURA」
「YELL」
「帰りたくなったよ」
なんかが好きだなあ。「SAKURA」が一番いいなあ。
このグループはおじさんの私でも好きだなあ。

福岡の山の本
c0077338_844635.jpg

まだよく読んでません。
ぼちぼちと使いこなしていこう。
[PR]

by katuyamak | 2010-11-20 08:44 | Comments(2)

山登りのおかげです

10月末に健康診断がありましたが、結果は A:異常なし
c0077338_8505695.jpg

c0077338_8511246.jpg

昨年は85cmでメタボにひっかかりましたが、今年は81cmでセーフ

私の職場の40歳以上で A:異常なし はたしか私だけです。


別に自慢したくて検査結果載せてるのではありません。
毎週、山登りしてたら体も健康体になりますと言いたいだけ。

山登りのおかげでありがたい事だらけです。

視力が1.2になったのがちょっと残念だなあ。
明日で51歳です。

老眼出てきてます(笑)
[PR]

by katuyamak | 2010-11-20 08:40 | Comments(3)

1964年作品 マイ・フェア・レディ DVD

ある本を読んでて、言葉の大切さ、言葉の使い方の大事さみたいなところのエピソードとして、「マイ・フェア・レディ」の映画の内容が使われてました。

オードリー・ヘップバーンの名作だったとは知ってますが、この映画は見た事はありません。
というかオードリー作品自体が「ローマの休日」しか観た事がない。

よってレンタルしてDVDで鑑賞してみました。
c0077338_883618.jpg

平日に観たんだけど、夜の10時から何気なく食事しながら見てて、終わったのが1時だった。
3時間もあるんやもん。知らんかった。

やはり名作でした。
とてもいい作品でした。

ただちょこっと言いたいというか、突っ込み入れたくなるところ

いらん事、書かん方がよかやろうかあ。
とにかく前半を我慢して見続ける事。後半からどんどんおもしろくなる。
イライザは21歳の花売り娘の役だけど、オードリーが「ローマの休日」の頃よりそんなに若くない。
この映画では35歳だもん。
でもこの人を使った意味が後半にだんだんわかってくる。
この人の立ち振る舞い、気品はやはり普通の女優さんでは、真似できない。

言葉の使い方で人はここまで変われるのでしょうか?
言葉の大切さを知るいい映画でした。
[PR]

by katuyamak | 2010-11-20 07:23 | DVD | Comments(0)

インセプション

11月17日(水)
今日は、一応代休なので15時までで仕事を止める。
格安映画を見ようと思って、安い映画が
大野城マイカル 「恋するバルセロナ」500円と
天神ソラリア 「インセプション」 600円のどちらかである。

なんとなく「インセプション」を観る為に天神までスクーターで行く。

レオナルド・ディカプリオと渡辺 謙との共演でおもしろい作品であった。

性格的にキチン、キチンとしてないとすまない人はつらい映画と思う。
たとえば本は1.2.3と順番にキチンと並んでないといけない人。

映画、DVD、本のシリーズ物は途中から観れない人、かならずシリーズの1から観ないと気持ち悪い人とか・
(ちなみに私は途中の3作目から見てもまったく平気だ)
バイオハザードも3からだったし、ボーンアルティメイタムも3からだった。

だって内容が無茶苦茶というか、脳が映像についていけないというか、話が飛びすぎるというか、話の進行が早すぎるというか、話がわからない、とにかくなんでもありである。
c0077338_2339264.jpg

でも私はたとえ内容が理解できなくても、感覚としておもしろかった。
夢とか潜在意識とか、夢の階層とか、なんかよくわからないけどおもしろい分野だ。
夢に出てたあの女優がよかったなあ。
パブリック・エネミーズに出てたあの女優。存在感と色気あった。
あと幼い学生さんのような女優。
学生が妊娠した映画 「ジュノ」お金出してみたなあ。
久し振りに見て可愛くなってて、懐かしかった。

振り返ると知っている役者ばかりで楽しい映画だった。
でも映像を真面目に見てたら、脳はハッキリ言って疲れる。
[PR]

by katuyamak | 2010-11-17 21:44 | 映画 | Comments(4)

仕事で長浜へ

c0077338_14251571.jpg

当然ここへ
[PR]

by katuyamak | 2010-11-11 14:25 | Comments(2)

懐かしかったなあ  英彦山(1200m)

11月 7日(日)
英彦山への山のお誘いを受ける。
なんでも私が歩いた事がない裏英彦山を歩くらしい。
過去の英彦山に登った記録を調べてみたら、2004年11月 7日と、ちょうど6年前である。
もう6年も登ってなかったとは思ってなかった。
道理で歩いていても、思い出せない場所、ルートがたくさんあった。

今日は、6年前の英彦山の山歩きのその時に、ご一緒させてもらったhirokoさんがちょうど来られてて、当時の事、当時のメンバーの事を懐かしく教えてもらった。
自宅に帰り、山のメモを調べて、ああ、そうかあ。あれから6年の月日が流れたのかと感慨無量であった。

hirokoさん、hirokoパパさん、いーさん、GENさんとは山で久し振りにお会いした。
マッスルさん、悟空の笑顔さんと新しい山友とも知り合えて、楽しい山歩きだった。

また今日の英彦山は紅葉も見事で最高の紅葉狩りが楽しめた一日であった。
c0077338_22163277.jpg

c0077338_22165359.jpg

c0077338_221711100.jpg

c0077338_22173234.jpg

c0077338_2217522.jpg

c0077338_2218950.jpg

c0077338_22182883.jpg

c0077338_22184263.jpg

c0077338_2219447.jpg

c0077338_22201013.jpg

c0077338_22202924.jpg

c0077338_22205015.jpg

c0077338_22211036.jpg

c0077338_22213069.jpg

c0077338_22215116.jpg

2009年10月以来、1年ぶりにサスケミーコさんにお会いしました。
サスケ&ミーコさんとはなぜか?紅葉の時期によくお会いする気がします
元気に登ってあるようでお元気そうで何よりです。
c0077338_22223686.jpg

山登りメモ
駐車場より出発7:40~駐車場着14:45 7時間5分の山歩き(休憩含む)
歩いた距離 約9.5km位
[PR]

by katuyamak | 2010-11-07 22:18 | 2010年福岡県の山 | Comments(18)

片縄山 浦の原バス停ルート

11月 3日(水)
今日は会社で仕事の予定であったが、朝 あまりにも素晴らしい好天に心が揺らぐ。
年に数回あるかという位の好天じゃないか・・・
今日、山歩き出来た方は幸せ者です。
会社に山登りもできる格好で行き、仕事後、13時過ぎより山歩きをする事にする。
3日前の日曜日に初めて片縄山に登った時に山頂で、やよい坂下のユニバーサルホームのところを曲がったところから登山口があると教えてもらったので、今日はそのルートを登る。
会社からスクーターで15分程で登山口に到着。

会社から、この片縄山が、登山口が一番近い山だ。
会社から15分なんて考えられない。
ユニバーサルホームのところから山の方角の西へ進む。
c0077338_22155271.jpg

この道をまっすぐ
c0077338_2216981.jpg

ここが登山口
ちなみにこの付近に路上駐車のスペースはない。だからスクーターで来たんだ。
c0077338_22162468.jpg

先日のルートと違って、尾根歩きなので快適そのもの。
とても気分が良い。
これはもうけものだ。素晴らしいルートの予感。
c0077338_22163785.jpg

ところどころに木の名前の説明文があり、とてもありがたい。
c0077338_22165231.jpg

小学生が作った標識もかわいい。
c0077338_221774.jpg

c0077338_22172879.jpg

とても、とても、とて~も気に入った。
この低山、里山 何度でも、何度でも来たいと思った。
c0077338_22174114.jpg

登り45分ほどで山頂。
先日の香川の山歩きからどうも右足に違和感があり、歩きだす時にとても足が痛い。
しばらくして、歩き慣れたら痛みがなくなる。
そのため、出足はゆっくり、のんびり歩いた。
素晴らしいルートだった。
c0077338_22175981.jpg

このルートからは、私のお気に入りルートに早速、登録する事にする。
こんなに近い登山口から、こんな素晴らしいルートがあるなんて思ってもみなかった。
これからおそらく午前中仕事して、午後からの気分転換に何十回と来る事になるだろう。
まさに灯台下暗し
c0077338_2218558.jpg


このルートは、これから何度となく来るだろうから山歩きは 0.5回でカウント。
自分勝手に2回登って 1回カウントとする。

下のGPSの軌跡 右側(東側)の青色のところからのピストン。
3日前の日曜日の分の軌跡(赤色)をあえて消さずにそのまま残してます。
c0077338_23133765.jpg



山歩きメモ
登り45分(通常は40分前後と思う)
往復1時間35分(山頂の休憩含む) 約 3.5km位

私にとっては、最高の近場トレッキングルートになる予感がする。
春夏秋冬に訪れたい低山だ。

このルートを教えてもらった方に感謝
とてもいいルートでした。
ありがとうございました。
[PR]

by katuyamak | 2010-11-03 22:18 | 2010年福岡県の山 | Comments(8)