山中地蔵手前林道~金山へ

8月29日(日)
今日は、まだ残っている仕事をしなければならない。
6時起床で、先に仕事するか?山を先にするか?を考える。

山歩きを先にしたら、どうしても疲れてしまって仕事に集中できない。
またシャワーを浴びれないから、夏だし山歩き後の汗臭い体での仕事は不快。

よって会社で8時から11時40分まで集中して先に仕事をすませる。
キリがいいところで止めて、これでスッキリした気持ちで山に行ける。

石釜の鳥飼豆腐店で水汲みをしたいので、あのあたりの山がいい。
午後1時からだし、往復2時間程度の山がいい。

よって、今週も本意ではないが、佐賀側の山中地蔵手前林道から金山をピストンする事にする。
三瀬有料道路の旧道を進んで、下の画像の林道金山脊振線から登山口に向かう。
c0077338_6374937.jpg

下の標識の登山口より登る。
車はちょっと手前のところに止めた。
c0077338_782778.jpg

出発は13時15分。通常ならもう下山してくる時間帯だ。
このあたりの標高がGPSで約580m
金山が967mだから大体標高差400m近い山歩きである。
1時間程度で約400m登る訳だからなかなか密度は濃い。

歩き始めは足取りが重い。
昨日も仕事してるし、今日も仕事した影響か?
体の疲れをハッキリと感じる。
通常はこのルートなんでもないショートカットコースだけど、夏の一番暑い時間帯で、炎天下のせいもあるがきつかった。
c0077338_650999.jpg

ちょうど1時間後の2時15分で山頂。
山頂には誰もいなかった。
暑いのですぐ下山。下山後、冬とかはそのままブナ林に行くが今日はその元気もない。
c0077338_6545751.jpg

山頂からは雲仙方面がくっきりと見えた。
c0077338_656131.jpg

下山もちょうど1時間かかって、往復2時間。
短い時間だったが、汗びっしょりとなった。


8月は忙しい月であった。
世間では二八(にっぱち)とか呼んで、2月と8月は景気が悪く暇な月が多い業種も多いだろうが、私の仕事ではこの猛暑と残暑のおかげで具合が悪くなりそうな位に、絶好調(泣)

お盆休みは4日間休みで会社に3日通った。
先週と今週も 土、日仕事した。
それでも追い付かない。

まあ、この状況下で8月は山登りを月間6回。スクリーンにも2回。
体調もまったくの健康で、何の病気もない。
ありがたい事である。

今月は自分なりに、このきびしい中でよく働いたし、よく踏ん張ったと思う。
そしてよく山歩きも出来た。
健康がなによりである。
これも山登りのおかげと思う。
しかし、この猛暑もそろそろ落ち着いてもらいたいものである。
[PR]

by katuyamak | 2010-08-30 06:39 | 山歩き | Comments(6)

ソラニン

8月28日(土)
会社は休みだが、出勤する。17時半までみっちり仕事。
夜まで仕事したら明日は出勤しなくていいがもう自分の頭、脳は限界。
あえて明日の朝、持ち越した仕事は日曜日にする事にしよう。

スパッと仕事止めて、スクーターで天神へ。
天神ソラリアで宮崎あおいさん主演の「ソラニン」を600円で再映鑑賞予定。
当たり前だが、天神は若いお姉ちゃん達でいっぱい。
ミニスカートで胸元ドキリのお姉ちゃんが多くて、こちらが恥ずかしくなりそう。
おじさんには刺激が強すぎる。
(でも実は楽しかったりしてさあ)

さて「ソラニン」
c0077338_2222580.jpg

なんの情報も知らずにただ、宮崎あおいさん主演だから見に来た。
天神ソラリアの観客は多かった。私のように宮崎あおいさん目当てかなあ?
前半、とても眠たくなったが、後半から「NANA」のようにどんどんおもしろくなってきたが、残念ながら「NANA」ほどでもなく、作品としては まあまあか。
そういえば、初めて宮崎あおいさんを見たのはDVDの「NANA」が最初だった。
とても新鮮で、あれからずっと彼女を見てきているが、「純情きらり」「篤姫」であまりにも有名になり、遠い存在となってしまったが、「陰日向に咲く」「剱岳」以来の彼女の映画作品鑑賞となった。

「陰日向に咲く」の宮崎あおいさんは彼女らしくて、とてもいい演技だった。

今回はあれから1、2年?
正直、彼女がやせてきたのが気になった。
体重は変わってないのかもしれないが、なんかはつらつとしたモノが薄かった。
もちろん、そんな演技をしていると言われたら、大変な役者なんだけどなんか足りない。

疲れかな?演技かな?
それはわからないけど、あと5kg位太ってほしい。

好きな女優さんだけに少々心配であった。
あと20年後、私が70歳になった時にも宮崎あおいさんには、さらに進化して現役バリバリの女優さんであってほしいのだ。

まあ、彼女の作品がスクリーンで見られただけで今日は、十分に満足であった。
[PR]

by katuyamak | 2010-08-29 22:07 | 映画 | Comments(2)

2009年作品 「クレイジー・ハート」

8月24日(火)
今日は、代休の予定だったが、相変わらず忙しく、休める状況ではない。
まあ、形の上では代休なので、どこかの時間で止めて逃げる事にする。
15時半。仕事にメドがついたので、気分を変えてスクーターにてスクリーンへ

16時20分からのKBCシネマ 「クレイジー・ハート」

いい映画であった。
人間臭い57歳の男の人生。アルコール依存症に苦しむ姿や売れなくなったミュージシャンの正直な生き方に好感。
アルコール依存症はこわい病気です。
知り合いにおりましたが、家族は地獄です。
私も41歳までギャンブル依存症でしたが、山のおかげでやっと立ち直る事ができました。


息抜きに映画はやはりいいもんです。
KBCシネマは、どこも上映してない作品を見つけて上映してくれてるのでなかなかよかですね。
ハッピーなんとかで1000円でした。
帰りは長浜ラーメン 400円を食べる。
KBCシネマ経由長浜ラーメンはセットです。
c0077338_6462822.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-08-25 06:46 | 映画 | Comments(0)

汗が噴き出る 宝満山正面ルート

8月22日(日)
猛烈なる猛暑が続いています。
お陰さまでこの猛暑というか?残暑のおかげでこの週末は12時くらいからまた土曜、日曜とサービス出勤。

休んでいるのか?仕事しているのか?よくわからない週末となりました。

日曜日 午前中だけはなんとか時間使って山歩きとします。
本当はこれだけ暑いと、沢沿いのルートとか、高度がある涼しい山を歩きたいのですが、あまり時間のかかる山歩きもできません。
よって本意ではないんだけど、尾根歩きになる「宝満山 かまど神社からの正面ルート」とします。

5時半起床
7時30分過ぎからかまど神社出発。
暑いが、なかなか快調。足取りも軽く、オオ! 今日はこの暑さでも1時間10分くらいで歩けるかなあと歩いてました。

いつもはゆっくり入るのだけど、最初から飛ばしたせいか、3合目 水場くらいからがっくりと足取りが重くなってきます。

というか?今日のこの暑さは凄い。
今日は、頭、額から汗がドッと噴き出てきます。
この感触、昨年の夏以来 久々に大汗をかいた経験をしました。

通常は百段ガンギを登り終えたら、あとが楽になるんですが、今日はこの暑さのせいか、むしろそれからが長く感じた。

途中、フラフラした感覚が何度かあり、危ない。危ない。

結局、1時間18分で山頂。
もうバテバテです。
いや~、この時期の正面ルートはほんとに体力消耗します。
c0077338_6402499.jpg

c0077338_6404868.jpg


山頂で、ばばっち君と久し振りに会いました。
毎日、宝満山に登っているとの事。
元気そうで何よりです。
仕事もバリバリとこなしているようです。
c0077338_6422650.jpg


午後から仕事入りましたが、今の時期の仕事はやっても、やっても追いつかないので大変です。
ただこうやって、少ない時間でも山に登って、自然と触れ合う事は大切です。

自分にとっては、いい時間でした。

下りでは、登ってこられる人がいつもよりかなり多く感じた。
若い人が多かったのですが、このくそ暑い中でもいい汗をかきたいという事かもしれません。
ただ20人以上の団体さんには少々閉口。

でもみんな、がんばって登ってあります。
みなさん、いい汗かいてます。
[PR]

by katuyamak | 2010-08-23 06:26 | 山歩き | Comments(6)

脊振 車谷ルート ピストン

8月15日(日)

4時15分起床。
会社からの指示の通信教育の勉強を9時まで。
おかげで第二回 完了。
朝だからやれる。夜はまったくダメだったけど・・・

9時~10時 天拝山のブログ更新

10時 さて、脊振に行くか(笑)

11時10分 椎原、車谷登山口 下10分の駐車場から出発。
c0077338_2133324.jpg

30分程で標高600mの林道に出る。
c0077338_21332646.jpg

この林道を登った標高700m過ぎたあたりからオオキツネノカミソリが現れる。

あった!あった! 今年も車谷で見る事ができた。
このルートには今の時期、3年連続で来ている。

2009年 8月の時のレポ
2008年 8月のレポ
2007年 8月のレポ

c0077338_2221822.jpg


c0077338_2225014.jpg

矢筈峠手前の群生地は若干時期を過ぎた感じ。
色が薄いのが多いか?
今年は井原、多良ともに裏年との声もあるが、ここ車谷では この時期に、この地味な場所でオオキツネノカミソリが見られる事がなにより嬉しい。
c0077338_21355741.jpg

8月15日だったせいか、人と会う事もなく、静かな山歩きを楽しめた。
とりあえず矢筈峠まで登る。
片道1時間30分。下の駐車場から歩いてきているので、今の時期を考えると早い。
最近、夏山をよく歩いているせいか、体が知らないうちに鍛えられているようだ。

ここから椎原峠も考えたが、昨年の大量のササをかき分ける事を考えるとピストンとする。
脊振山まで歩く元気は最初からない(笑)
c0077338_21362938.jpg


c0077338_21365041.jpg

c0077338_2243283.jpg

下りではアサギマダラ蝶と出会う事ができた。
私の前をいつものように、ヒラリヒラリと飛んできてくれた。
人好きの蝶だ。
c0077338_21371258.jpg

最後は、水浴びを楽しんだ後、ここでボーっとして昼食。
のどかさん、かずさんもいないので、自由形 フリースタイルで・・・
頭からズボッと潜った。童心に戻れた。
いい時間であった。
c0077338_21373110.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-08-15 09:53 | 山歩き | Comments(4)

天拝山

8月14日(土)
5時半起床。
12日、13日とサービス出勤で本日も山歩き後に会社に行く予定。
4日連続休みは形だけであるが・・・

10時過ぎには会社に着きたいと思っているので、近場の宝満山正面ルートを目指す。
ただ西鉄 太宰府駅に着いたくらいから雨が車に落ちてきた。

傘をさしての、山歩きだと宝満山はちょっとつらいので、この時点で天拝山に変更する。
天拝山だと傘でも安心して登れる。

ただ結果論であるが、けっきょく雨は降らなかったが、あの時の判断はあれでよかったと思う。


登山口の公園。最近、感じているがやけに猫が多い。捨て猫だろうか?
c0077338_9242076.jpg

そういえば、朝から天拝山に登るのは初めての事である。
今日、初めて知ったが、中高年の方が異常に多い。
まさに健康山歩き、人気の山である事がわかった。
c0077338_9243777.jpg

武蔵寺で寄り道。裏の道には滝が2つあった。知らなかった。
c0077338_9245497.jpg

正面のコースだと、いちいち「おはようございます」とすれ違う方に挨拶するのが、わずらわしいので、裏の天神さまのみちを歩く事にする。
今日は異常に歩いている人が多く感じたので・・・
c0077338_925857.jpg

頂上は曇ってはいたが、雨は降らなかった。
下りでは正面コースからくだった。
下りでわかったが、8時頃だったので、登ってくる人は割と少なかった。
みんな6時台、7時台に散歩感覚で汗を流してあるかと思われる。
c0077338_9252590.jpg


この後、0時過ぎまで会社で仕事する。

午後からはビジネス書を2冊読書。
本の内容は映画と違って、あまり書きたくはないが、
石田 淳氏 「すごい実行力」「自分マネジメント整理術」どちらもブック・オフにて

本を読んで趣味の山歩きの部分で感じた事あり。

本日、天拝山に登って今年の山歩きは30回目となる。

実は毎年の山歩きの目標は常に年間 50回であるが、今年は正直、仕事もさらに忙しくハードになり正直、もう年 50回はあきらめていた。

しかし本を読んでて思った。
8月にあと3回登れる。
9月、10月、11月、12月と毎週日曜日に登れば16回。
どこかの祭日で登れれば年間50回は可能。

よって、目標を再度、見つめなおし、年間50回は是非、なんとしても登る事にする。
もうギャンブルはしなくなったが、せっかく続けているいい生活習慣です。

おかげでまったくの健康体。これも山のおかげです。
さて、それではブログも更新したし、今日も登ってきますか(笑)
8月15日(日) 今日はいまから車谷を歩く予定です。
[PR]

by katuyamak | 2010-08-15 09:25 | 山歩き | Comments(2)

洗谷から井原山とオオキツネのカミソリ

8月8日(日)
先週に引き続き、渓流沿いのルート。今回は洗谷経由井原山。
今回は風来坊さん欠席だが、今日のゲストは、一日の王でよくお見かけしていたアキさん。
山は2ケ月半ぶりとの事だけど、元気に歩かれてありました。
c0077338_21295356.jpg

c0077338_21301594.jpg

第1ロープ地点
c0077338_21303668.jpg

自分の中ではけっこう気に入っている写真。
なんか洗谷の様子が伝わってくる。
c0077338_21305737.jpg

夏山って感じ伝わってきません?
c0077338_21311481.jpg

第3ロープ地点 最後のロープポイント
c0077338_21314016.jpg

第3ロープ地点を登るアキさん。
画像で見ると凄いところを登っているように見えますが、そう大した登りではありません。
c0077338_2132586.jpg

同じくかずさん。
c0077338_21322514.jpg


c0077338_21325245.jpg

やっと縦走路に出た。縦走路に出るまで3時間。
夏って感じがいい。
c0077338_21331320.jpg

山頂です。山頂で休憩しました。
c0077338_21372599.jpg

水無方面へ向かう。
c0077338_21532187.jpg

今年の初キツネです。
時期は過ぎた感がありましたが、私としては、今年も見る事ができて、十分満足です。
c0077338_21333681.jpg

c0077338_21335130.jpg

c0077338_2134883.jpg

c0077338_21343489.jpg


やまごえさんの「休日の山登り」をリンクさせていただきました。
[PR]

by katuyamak | 2010-08-08 21:34 | 山歩き | Comments(10)

真夏やけん、山ば歩かんね。 花乱ルートから「金山」

8月1日(日)

連日の猛暑が続いてます。
お陰さまで仕事の方もありがたい位に忙しく、相変わらず土曜日は休めません。

昨日の土曜日は長崎のそよかぜさんから恒例の多良岳 キツネノカミソリのお誘いがありましたが、残念ながら参加する事はできませんでした。

そよかぜ食堂の「金泉寺ソーメン」食べたかったんだけどなあemoticon-0106-crying.gif

たまたまだったんですが、今日は臨時開店の のどかず食堂で、日本庭園でソーメンを食べさせてもらう事ができましたemoticon-0100-smile.gif 

井原山のキツネノカミソリが少ないとの事で今日は、花乱の滝ルートから「金山」のピストンです。

c0077338_21512324.jpg

昨年の2009年は8月23日(日)に歩いてますが、今年も同じメンバーです。
昨年のかずさんのレポ参照

c0077338_21525113.jpg

いいですね。平地では、立っているだけでも暑いんだけど、ここではそよかぜが気持ちよかった。
c0077338_21531222.jpg


c0077338_21533897.jpg

途中で花があれば立ち止まってとのんびりの登り。
登りでは、山頂まで2時間40分ほどかかりました。
c0077338_2158486.jpg


c0077338_21535783.jpg

金山山頂は暑く、山頂からすぐに下り、山中地蔵方面すぐの日本庭園を目指します。
ここには、テーブルとイスとか置いてあるのをご存じでしょうか?
単独の時は、景観が損なわれるなあと思ってましたが、まさか私たちがこれを使わせてもらうとは思ってませんでした。
でも、ソーメンを置くスペースでは最適でした。

のどかず食堂のソーメンはちょっと固め。
パスタでは、アルデンテ?
私、ソーメンの知識で50歳まで知らない恥ずかしい話がありますが、これは最後に
c0077338_21541954.jpg

さて、先週 くじゅうの黒岳に登った時に、最後に寄った黒嶽荘で買った「ゆずごしょう」
の事であれからわかった事。

下の黒嶽荘のゆずごしょうですが、ある雑誌の中の企画で
日本一おいしいもの部門の ゆずごしょうの部門の
第一位なんだって!

まあ、ゆずごしょう部門があることが少々、怪しいですが、それでも確かにこの「ゆずごしょう」
は他の物とくらべて、食べやすく全然違います。
私も知り合い二人に差し上げましたが、大評判でした。
c0077338_2154389.jpg

下りでは、アゴサカ峠経由で花乱ルートを目指す。
c0077338_2202918.jpg

最後は、私も水着になり、金山の沢での水遊びができました。
画像は、かずさんから。
c0077338_6262582.jpg

沢の水は、無茶苦茶気持ちよかった。
おかげで、汗臭いにおい、ベトベトした不快感。すべて水で洗い流せた。
これは病みつきになりそう(笑)


最後に、のどかさん、かずさん。ソーメンごちそうさまでした。
大変おいしかったです。


おまけ。
肉まん の まったく無知なソーメンの知識披露。


かずさんが、ソーメン用の水を持ってくる。担いでくるって言うから変な事言うなあと思ってた。
自分で作らないから、知らなかったんだけど、ソーメンの時に使う水ってあるでしょう。

① 私は、その水は 沢から流れている沢の水を使うと本気で信じてた。
まさか、家庭の水じゃないといけないとは、まったくわからず。

風来坊さんに聞くと、不衛生だからだそうで・・・

だから多良の時は、ソーメンは金泉寺でしてもらってたのか・・・
私はなんで、水を家から持ってくるのか?その意味がわからなかった。

② ソーメンに固麺とやわ麺があるって知らなかった。

これって、わざと作れるんやね。
かずさんが、わざとちょっと固めに作ってきたと教えてもらって、わかった。
私はゆがく時の出たとこ勝負で、麺の固さが決まるって思ってた。



今年の夏は、おかげでソーメンに対する知識が2つも増えました(笑)
[PR]

by katuyamak | 2010-08-01 21:51 | 山歩き | Comments(8)