夏のくじゅう 「黒岳」

7月25日(日)
風来坊さんからの希望で、25日は黒岳となる。
とてもいい山で、私も何度登っただろうか?
福岡 筑紫野インターから6時過ぎに出発。

男池登山口は出発は、7時50分だったと思う。
c0077338_643226.jpg

男池からソババッケ~風穴~黒岳のルートは、今の時期はヤマアジサイくらいしかないせいか、人がとても少なく、素晴らしい自然豊かな森を、ほぼ貸し切り状態であった。

来てよかったと思う。
いい森。
c0077338_753449.jpg

c0077338_6433490.jpg

バイオハザードの人食い犬に似てない?
c0077338_6435795.jpg

高塚山山頂からの夏山を感じるいい風景。
c0077338_64538100.jpg

天狗岩をバックに、最高の笑顔。風来坊さん。大満足の様子。
c0077338_714325.jpg

大満足で男池に戻る。今日はピストン。
c0077338_6504645.jpg

帰りは白水鉱泉 黒嶽荘により、水汲みとソウメン。
今までは、ここでは食事する人は水は無料だったが、別途お金をとられるようになった。
まあ、とてもいい場所なのでよしとしよう。
気のせいか、ソーメンの味も数段よくなったような気がする。
なぜか現地で遭遇した「かずさん」から野郎3名の食事風景を撮ってもらった。
黒嶽荘では
炭酸水
ソーメン
ゆずこしょう。
と私が希望する3品があり、これを黒岳からの自然の恵みのおみやげと思って、帰路に着く。
夏の黒岳。長いコースだったが、森、夏山の素晴らしさが感じられ、いい山歩きだった。
c0077338_646597.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-07-26 06:44 | 山歩き | Comments(4)

大分県 佐伯 元越山 582m

7月18日(日)
夏の3連休の中日です。
土曜、月曜とは何かと用事がありますが、日曜の今日は、ゆっくり山登りできる日程です。
日曜日はどこの山に行くか?となって、祖母、脊梁、くじゅう いろいろな案が出ましたが、私がまだ登った事がない山。
日頃、とても遠くて連休でないとなかなか行く事ができない大分県佐伯の九州百名山「元越山」の提案をしました。
2009年 3月に登れたコヨーテさんのレポ゚を拝見しておりましたが、とにかく頂上からの眺望が素晴らしいらしいのです。
あの、きっと素晴らしいらしいであろう、眺望を、風景を見てみたいのです。

山仲間お二人に無理なお願いをして許可をいただき出発。
3名とも初の山で楽しみです。
福岡6時10分集合から、2時間半過ぎて3時間弱で登山口。
ジャスト9時。出発!
c0077338_17592554.jpg

7月、梅雨明けの尾根歩きです。いきなりの登りで汗が噴き出ます。
c0077338_17594778.jpg

途中の石仏様の前で一息。
c0077338_180410.jpg

いろんな方の元越山のレポを見ましたが、林道から、ここを左に登るルートの画像をよく拝見しました。
c0077338_1802346.jpg

とにかく暑いですが、ひたすら登り。
頂上手前で、ヒグラシの蝉の鳴き声を聞き、夏だなあ♪と実感する。
c0077338_1803935.jpg

1時間20分で山頂。ふう~、やれやれ、やっと着いたか。
c0077338_1805881.jpg

さあ、頂上に着いたら、すぐに、その素晴らしいらしい眺望を拝見しようではないか。
四国まで見えるらしい。日本の山を代表するらしい、その眺望を!!!

う~~ん、素晴らしい。
山歩きして本当によかった。
涙が出そうなくらいに素晴らしい。
これが噂に聞く元越山の景色だったのか。四国まで見えるではないかあ~。
c0077338_1812031.jpg


さあ、みんなも一緒に楽しみましょう。
この素晴らしい風景を。四国まで見えてます。
わかりますか?
素晴らしいですねえ。

(注: 要イメージングする脳の力必須)

c0077338_1813561.jpg

おかげさまで大変素晴らしい風景でした。
山頂に40分間おりましたが、ガスがかかったまま、空が晴れてきません007.gif
11時、後ろ髪を引かれる思いで、下山する事にしました。

これは、元越山が「また、来いよ」と声をかけてくれたと前向きに受け止める事にします。
次回は、冬の時期に来て、この辺りの低山と合わせて2座登りたいと思います。
c0077338_1815452.jpg

12時過ぎ、無事に下山いたしました。


追記 元越山で感じた事、あれこれ

まず登山口で感じた事を書いてみます。
これはとても嬉しい、素晴らしい体験でした。

感じてある方も多いと思いますが、登山口、出発点での山のトイレ、簡易トイレってどんなイメージ持たれてますか?

臭い、汚い、近寄りたくない、気持ち悪い等

私も山歩きの前にいろんなトイレに入りましたが、ここはとにかく素晴らしく良い。
こんな感じの簡易トイレが登山口の前に作ってます。
c0077338_1821065.jpg

食事してある方ごめんなさい。
トイレはこんな感じです。
びっくりしました。
掃除が行き届いているのです。臭くありません。
山のトイレでこんな綺麗なトイレは見た事がありません。
私が入る前に、腰の曲がった村のお婆ちゃんが掃除してくれてました。
頭が下がりました。
こんなに綺麗にしてあったとは・・・・
c0077338_1822848.jpg

こんな看板も
ようは、宮脇さんとこの湧水が出ようけん、飲みたい人がおんしゃったら、無料でもらって飲ましてもらいなさい。
って書いてあります。嬉しいねえ。
c0077338_1824397.jpg

さらには、こんな看板も 
 
c0077338_1825991.jpg

ようは、山登りするのに、遠方から来た人で、寝床がほしい方は、村の地域の公民館ば貸すけん、無料で寝てよかよって書いてある。  泣ける!
この地域の方のやさしさが伝わる看板や標識、トイレ。
地域の方のやさしさ、温かみをとても感じる内容であった。

山からの眺望は見る事は出来なかったが、こんな地域の温かみのあるところを感じる良い山だった事は間違いない。

また、いつか来て、この山に登れる日を楽しみにしていたい。
最後は道の駅「やよい」で湯につかり、
佐伯の名物うどん   ごまだしうどんを食べて帰路に着く。 おいしかったなあ。
c0077338_18451796.jpg


ありがとう。元越山 またいつかきっと来るから・・・
[PR]

by katuyamak | 2010-07-18 18:03 | 山歩き | Comments(8)

2008年 韓国映画 「クロッシング」

先々週の雨の城山に登った時、GENさんから「クロッシング」という映画がよかったあ~
と言う報告を受けてました。
GENさんが、しみじみと久し振りにいい映画を観た。との事で、北朝鮮に興味がある私は絶対に観たいと久し振りに強く思った作品。

福岡ではKBCシネマでしか、上映してません。
7月13日(火)この日は代休だったので、13時まで仕事して午後から映画鑑賞としました。
16時過ぎの上映では、観客は年配の方の方が多く、若い方がちらほらというところです。

感想はとてもよかったです。

涙ボロボロと鼻水ズルズルで上映後男子トイレで鼻水と涙をふきとり大変でした(笑)
子役の子が出てたから、たまりませんね。
泣くしかすべがありません。
c0077338_23262771.jpg

北朝鮮、南北問題等興味がある方は是非。
また家族、父と子というごく当たり前の事もいろいろと考えさせられる作品でした。
また常日ごろ、いかに自分が贅沢な暮しをしているか、あらためて考えさせられます。

ほんとに久々に骨太のメッセージが伝わってくる、いい映画を観た気がします。
GENさん、ご紹介ありがとうございます。
また、いい映画あれば是非、ご紹介ください。

上映後、KBCシネマから歩いていたら、KBCで仕事を終えられた徳永玲子さんを見ました。
やはり綺麗な方ですね。
それから長浜まで歩いて、久し振りに長浜ラーメンを食べて帰りました。
雨がようふる、火曜のとある一日です。
[PR]

by katuyamak | 2010-07-14 23:26 | 映画 | Comments(4)

新ブログの紹介

山登りの知り合いの風来坊さんが、やっと重い腰を上げられて(笑)新ブログを開設されました。
キス釣り、畑、山、グルメと多彩な趣味をお持ちの風来坊さんのこれからのブログの更新が楽しみです。
是非、一度訪問されてみてください。


風来坊のアウトドアライフ
[PR]

by katuyamak | 2010-07-13 08:30 | Comments(2)

2009年作品 「NINE」

7月11日(日)
朝から雨予報の今日は、会社からの宿題の通信教育の勉強にうってつけ。
9時からはじめて、午後からは、部屋の扇風機でも、もう限界。
図書館で続きをする事にする。
図書館の本を眺めつつ、勉強もちょこちょこと・・・・
図書館は冷房がほどよく効いてて、静かで、シートも固めで、読書と勉強にちょうどよい。
まさに読書、勉強するには天国である。

自分なりによく勉強したので、自分のご褒美にと、天神ソラリアの再映600円
「NINE」を見る為に西鉄電車に乗り、天神ソラリアへ。

売店でスーパードライを買って、映画を楽しむ事にする。
日頃、映画上映中はアルコールはまったく飲まないが、たまにはいいか。

ところが今日は、このアルコールと午前中の勉強のせいか、いやいやあまりにも映画の内容が退屈で途中で居眠りタイム。

こりゃ、いかんと思って観るがやはりおもろくない。
映画から30分後、途中で退席しようかと思う。
しかし、600円がもったいないので、しつこくいた。
1時間後、同じく1時間半後、退席しようかと思う。
とてもつまらない。
天神ソラリアで、観客が若いお嬢さんが多いので、出にくいのもあったしなあ。

けっきょく最後までいたが、2時間がとても長く感じて、時間の無駄と痛感した。
DVDなら間違いなく途中で、止めてる。

私がここ5年で観た洋画の中で、金をかけてある予算たっぷりの映画としては最低。
「シカゴ」の監督さんだから、期待して来たんだがなあ。
少なくとも映画を脚本として観る映画としては、どうしようもない。
画像を楽しむ点だけならよかったかもしれんけど・・・・
c0077338_2239218.jpg


とりあえず
ここ5年で映画館に足を運んだ作品としては、

洋画   NINE
邦画   パッチギ2

という事が私の観た映画の最低ランキングで、決定した。
[PR]

by katuyamak | 2010-07-11 22:39 | 映画 | Comments(2)

花乱ルートから 「金山」

7月10日(土)
7月9日(金)に第一四半期決算の提出が終わり、久し振りに土曜日は出勤しなくてよさそう。
日曜日が雨予報という事もあり、土曜の午前中、山登りする事にする。
歩きたいコースは花乱の滝ルートからの金山と決まっていた。
夏の定番ルートにしたいルート。
自分でも気がつかなかったが、昨年S.TAROUさん達を案内した時にみんなが口々に素晴らしいルートと言ってくれた事が忘れられない。
福岡市、福岡県を代表する夏のお勧めルートと言っても言い過ぎではないくらいだと思う。
尾根歩きだけではわからない、金山の自然の豊かさがわかるルートかもしれない。
c0077338_22323545.jpg

c0077338_22325481.jpg

c0077338_22331323.jpg

c0077338_2233405.jpg

c0077338_2234283.jpg

素晴らしいルートだ。来てよかった。つくづくそう思う。
登りでは誰にも会わずに、この自然豊かなルートを独り占め。

小さな滝では立ち止まり、のんびり歩く。
最後の急登でバテ始める。足が前に進まなくなる。
なんとか、やっとこさで頂上を目指す。
今回、水だけだったので、やはりスポーツドリンク、甘いお菓子等も必要と感じる。
c0077338_22342351.jpg

c0077338_22344492.jpg

登り2時間ジャスト。下り1時間45分 往復3時間45分。
c0077338_2235137.jpg

c0077338_22351834.jpg

金山の自然の恵みに感謝!
c0077338_22353484.jpg

c0077338_22354852.jpg

素晴らしい山歩きでした。
ただ、昨年のように額から顔から汗がボトボトとしたたり落ちる、ズボンもパンツも汗ビッショリのような暑さではなかった。
まだまだ涼しい。
夏本番は今からですね。
[PR]

by katuyamak | 2010-07-11 22:35 | 山歩き | Comments(4)

先週に引き続き 雨の城山

7月4日(日)
昨晩は、ドイツ対アルゼンチンのwカップサッカーを1時過ぎまでテレビ観戦。
日曜日は、雨でもまた城山の予定であったが、今日は朝からしっかり寝坊。
ボケーっとしたままやっとこさで登山口に、 単独 10時過ぎ。

しかしこの寝坊のおかげで知り合い4名との出会いがあるからおもしろいもんだ。
傘をさして、のんびりとウスキキヌガサダケを探しつつ登るが、どこにも見当たらない。
登山道はとても薄暗い。
c0077338_21464394.jpg

登りの途中で、山越さんと久し振りの出会い。
立ち止まって10分くらい立ち話してた。
こんな雨の日に知り合いに会うとはなあ・・・
c0077338_2147039.jpg

話しこんだのもあり、40分くらいかかってのんびり山頂。
雨がとても激しくなってきた。
頂上の小屋の写真を見てたら、登ってこられた方がなんとGENさん。
GENさんとは、これで3週連続で日曜日にお会いした事になる。
それも3週とも雨で・・・・
お互い、山が好きだねえ(笑)
c0077338_21471661.jpg

GENさんと話していたら、続いてプリンパパさんとママさんも・・・
これは驚き!久し振りですねえ~
下山は4名で下る。
c0077338_21473191.jpg

単独で雨の中、傘をさして登った城山だったが、こんな山歩きになるとは思ってなかった。
寝坊もたまにはいいもんです。
[PR]

by katuyamak | 2010-07-04 21:47 | 山歩き | Comments(2)