西山 6回目の撤退

1月24日(日)
今週もまたまた福岡近郊の無名山へ。
1月9日に何気なく決めて歩いた西山(430m)に3回、別ルートを変えても登れなかったので、今日はその再チャレンジとする。
あれから曲淵方面に車で出かけた帰りに別の登れそうな登山口を捜していた。
前回、曲淵ダムから歩いた時に錠がしてあって登れなかった場所を地形図で探し、その回り込んだ登山口に続く車道がわかったので、今日は登れると思っていた。

曲淵ダムの回り込んだ道から出発。
今日は、私のレポを見て一緒に登りましょうと言っていただいたタッチーさんと一緒だ。
c0077338_22544491.jpg

GPSで探し当てた、たぶんここからだろうと思う登山道を登る。
ビンゴ~♪。
見事前回、空振りに終わった錠の反対側に到着。
c0077338_2255336.jpg

さあ、これで西山に登れると思った数分後、ヤブが多く進めなくなった。
c0077338_2255202.jpg

こんなところ、掻き分けてまでさらに行こうとは思わない。
西山のこのルート撤退。西山ルート撤退はこれで4回目。
c0077338_22553646.jpg

曲淵方面からの西山ルートは歩けない?のだろうか?
最後の望みをかけて、地形図にある最後のルートを探す事にする。
この集落の間?から入る?ようだ。
こんな好天に恵まれた日にいったい何してんだかねえ(笑)
c0077338_22555566.jpg

完全に民家の庭先のところから登山道に入る。
この家の方から怒られそうで急いで登山道に入る。

今度は登れそうな感じ。
でもなんか雰囲気暗い。
c0077338_22561075.jpg

やっぱし暗い。だんだん不安。
ほんと行けるのだろうか?
c0077338_22562833.jpg

やっぱし行けなくなった048.gif
倒木と急傾斜の尾根。ピンクテープの先は道がわからず、GPSでは道もそれてきている感じ。
でも登山道らしきものなし。この先で断念。撤退 5回目。
c0077338_22564467.jpg

今日のこの2回の撤退。約2時間の山歩き。歩いた距離は4.6km
道がないところを探したせいか、けっこうな疲労度。
曲淵うどんで休憩と作戦会議。
ごぼう天セット 700円
今日の画像の中で唯一の明るいというか、まともな画像(笑)
c0077338_22565929.jpg

午後からは、タッチーさんが歩いたと言うNHK電波塔経由の西山を目指す。
やぶこぎ301山にも紹介されてあるらしい。
c0077338_2257146.jpg

林道からいよいよ登山道に入る。
登山道というより、電波塔道への道と言った方がいいかもしれない。
c0077338_22573512.jpg

登りのこの道は楽勝のはずであったが、週末の寒波なのか?よくわからないが登山道がべちゃべちゃでえらくむかるんでいる。
ずるずる滑り、下りはかなり危険。
でも何とか登りなので電波塔までは登り詰める。
ここで13時半。
ここから西山までさらに小一時間かかりそう?
下りのぬかるんだ道、これからのさらなるアップダウンを考えると戻りは確実に15~16時近くかかりそう。
今日は用心を決めて、ここで撤退とする。
西山 撤退 6回目(でも6回目は次回に西山まで登れる希望がある撤退であった)
c0077338_22575084.jpg

下りはずりずりに滑るところを木の根っこ、草の根っことかをつかんでなんとか下る。
今日はどのルートも大変であった。
c0077338_225834.jpg

山歩きメモ
たかだか430mの福岡の里山であるはずの西山。
結局6回、ルートを変えて挑戦したが今だ頂上に行けず。
今までいかに自分が恵まれた歩きやすい山歩きをしていたか、あらためて西山さんのおかげでわかった。
有名山とは正反対の無名山。
とにかく初めてのルートばかりなので、慎重に怪我、道迷い、転倒に注意していきたい。

午前中の1、2回目の撤退 4.6km
午後     3回目の撤退 3.4km   今日の山歩き 8.0km 
電波塔まで歩いたので、山歩きの回数は 1つカウントしとく。


GPS、カシミールも2週間経過し、だいぶ使えるようになってきた。
集中して覚えているせいか、今年いまだ映画、DVD観てないなあ。
低山の無名山、GPS、カシミール、地形図、地図、山の本。
50歳の頭脳では、あらたに覚える事があまりにも多すぎる今日このごろ。
でもおかげで脳はフル回転でかなり活性化してます045.gif

タッチーさん、今日は好天にもかかわらず、マニアックでネクラでアブノーマルな山歩きに、お付き合いありがとうございました。
そういえば、当たり前ですが、登山者には誰にも会いませんでしたね(笑)
二人とも怪我なく、何事もなくてよかったです。
c0077338_2258289.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-01-24 22:58 | 2010年福岡県の山 | Comments(14)

那珂川町 矢岳 早々と撤退

1月17日(日)
午後から用事があるので、午前中だけ軽く登る予定。
今日の予定は那珂川町の矢岳(385m)
しかし今日のなんと天気がいい事か。
こんな日に低山の予定を入れてしまった自分がもったいない。
そんな事を思いつつ林道を左に。
この林道は前回、調査していたのでここまでは調査済み。
c0077338_22554958.jpg

ここから先は知らないが、なんとかなるだろう。
c0077338_2256319.jpg

谷で道路工事をしている脇の林道を歩く。
歩きだして10分足らず。
ガ~ン!
林道が土砂崩れか? 台風の影響だろうか?
通れない。
c0077338_22561875.jpg

下の谷に降りて登ろうかとも思ったが、手頃の下りの場所がなく、どこもけっこう危ない。
ここであえなく、実にあっけなく撤退とは・・・トホホ 今年 6度目の撤退。
歩いた距離 ピストンで 1.3km足らず。
つまり650m歩いたところで山登りがすでに終わった。

この後、南畑ダムからの一ノ岳の登山口を捜すが今日はわからなかった。
また次回・・・今年 7度目の撤退。
自宅に帰って、入念に地図を調べてみる事にする。
今日は本だけで軽く下見程度だったからと言い訳。

まさかこんな好天の天候に登れないとはねえ。
まあ、登れない時はこんなもんでしょう。

しかし低山歩き始めてすでに2日間の山登り 0回で 7度目の登山道からの撤退。
こりゃ、なかなかおもしろいです。
エジソンではないですが、失敗があるから成功(登頂)ができるのではないか。
と前向きに受け止めたいと思います。
[PR]

by katuyamak | 2010-01-17 23:00 | 2010年福岡県の山 | Comments(2)

雪の二丈岳

1月16日(土)
先週、やっと2010年福岡県の山 1座目のスタートをする事ができた。
最近、土曜日はずっとサービス出勤が続いていたが、今日は休めそうなので山に行く事にする。
今までまったく歩いた事がなかった糸島、前原方面の山が気になり、まずは楽チン?のような気がして二丈岳に登る事にする。

何でも登山口は加茂ゆらりんこ橋?
とからしいが、ここに来るのはまったく初めて。
今日もまったくのぶっつけ本番で臨む事にする。

私の予想としては、往復2時間程度と軽く考えていたが、現地に着いたら
?? むむ 標高が200m前後程度しかない?
あれ?
これもしかしてここから登るわけ?
そんなに標高差があるとか?
標高差500m以上あるので、1時間半以上はかかりそう。実際その通りになった。
あとで調べたら二丈岳の一番長くかかるルートから登ったみたいである。
c0077338_21152555.jpg

歩き出しても、まったく山の姿が出てこない。
植林地帯を渓谷沿いにずっと歩いた。
ようやく加茂神社?だったかなあ。
ここまで着いたがどうも山はまだまだ遠い。

ここからまた二丈岳の登山口を捜した。
c0077338_21154171.jpg

ここからがまた意外と山頂まで遠く感じた。
c0077338_21155764.jpg

結局登りでゆっくり歩いたからか、1時間45分くらいかかる。
こんなに時間がかかる山とは思わなかった。
標高600m過ぎたあたりから雪が多くなり、ストック、アイゼンも持ってこなかったので苦労した。
c0077338_21161739.jpg

山頂はこれはこれはの絶景。
海が見え、雪があり最高の山頂風景である。
c0077338_21163241.jpg

下の雪だるま人形は私が作ったものではありません。(がよく出来てますねえ)
c0077338_21164546.jpg

下りでは、博多弁で言うところの おうじょしたバイ。

けっこうな急斜面をへっぴり腰でロープにつかまりやっと、やっとで下山。
アイゼンは要るねえ。それかちょっと登山靴にひっかかる道具がほしいところ。
ツルツルやった。

休憩入れて往復4時間
11:00~15:00まで。

歩いた距離
GPSで調べると 7.4km
GPSの標高は723mを指す(+12mの誤差)

この後、糸島半島の立石山に登る予定だったが、今日はここだけ。
糸島の山はまた次回予定としよう。
[PR]

by katuyamak | 2010-01-16 21:16 | 2010年福岡県の山 | Comments(0)

那珂川町 鷲ケ岳(454.4m)

1月10日(日)
昨日の山歩き 0座スタートがどうもすっきりしない気分。
だいたい、今まで山歩きをする予定の日に 0回になった事なんてまったくなかったから・・・・
天気予報はすっきりしないが、今日は雨でも登る予定で自宅を9時過ぎに出発。

向かった先は 那珂川町の 鷲ケ岳(454.4m)
昨日の今日でどうして那珂川町?なんでやねん?
というとこでしょうが、この変わり身の早さが低山歩きの魅力。
今日はさすがに前日の予備知識無しの山歩きはまずいやろ~と本でしっかり調べた。
「ふくおか無名山」 改訂 中・南部篇
この本で紹介してある交通アクセスに従い、登山口を目指す。
本の通りでやっと登山口がわかった。
地形図だけで、この登山口を捜せでは無理だった。
またGPSがないとやはり来る事もなかった山だろうと思う。
歩いていても、GPSがしっかり道を教えてくれて心強かった。
この林道入り口手前に駐車した。
c0077338_18193446.jpg

この林道を歩く。
c0077338_20433174.jpg

車で登れない事はなかったが、道が細いので歩く。
舗装された林道を歩いて登山口まで30分近くかかった。
c0077338_20475949.jpg

杉の木の下の標識。
これは嬉しかったなあ。
福岡やぶこぎ探検隊の標識 ここで間違いない。
02-1-29の文字が読める。
7年前に来られた時の標識だろう。

山の特徴として、最初、植林からのスタートで全然くそおもしろくもないスタート。
山頂近くの尾根に上がって、途中から自然林に変わり、山のイメージががらりと変わる。
二つの顔を持った山。
千石の郷から尾根を登る背振の金山を小さくしたような山かな。

また454mとあなどっていたが、どうしてどうしてなかなか険しい山であった。
とても低山と馬鹿には出来ない。
ほんとの山と言える。
感想としてそんな印象。
でもたぶん、もう来る事はないやろうねえ。

歩き出して思ったが、この山で人とすれ違う事はまずあり得ない。
もちろん、往復 誰にも会わなかった。
怪我しないよう注意して登った。
c0077338_20444216.jpg

c0077338_2045083.jpg

c0077338_20451630.jpg

GPSの高度計は466を指していた。
+12mの誤差なら十分だと思う。
c0077338_2045272.jpg


何はともあれこの山が福岡県の山の 1座目。
これからの山歩きが楽しみだねえ。
帰りは 同じく那珂川町の矢岳の登山口を確かめ、次につなげた。

駐車しているところから往復 1時間38分(休憩なし)
[PR]

by katuyamak | 2010-01-11 18:17 | 2010年福岡県の山 | Comments(7)

2010年 福岡県の山は 無念の0座からのスタート(泣)

1月 9日(日)
とりあえずわかる範囲で、取説を読み、とにかく新しく買ったGPSを持って山に向かう。

私がGPSを買った今の気分をわかってもらえるだろうか?
私にとっての高嶺の花。遠目に眺めるだけのあこがれの女性。
今まで知り合いが山で、何気なく使っていたGPSを横からどんなにうらやましく思った事だろう。

いや、うらやましいとは当時は思っていなかった。
俺には無理、縁がない物だと思っていたから・・・
でも、やはり心の中ではそう思っていたんだろうなあ。

そして今日、そのGPSを持っていよいよ山に向かう。
2010年 新しい山歩きのスタート。

ちょうど小学生がクリスマス、お年玉で新しいゲーム機を買ってもらった時のようなウキウキした気分。
まさか50歳過ぎてこんな嬉しい気分になれるとは思わなかった♪。

向かう山は曲淵ダム付近の、福岡市西南部の西山(430m)
その理由はなんとなく(笑)
GPSがあるから登山道があれば、どんな山でも、どこでも登れると思っていた。
c0077338_8573357.jpg


なにげに2万5千の地形図を見てて、目に飛び込んできた山。
どんな山なのかもまったく知らない。
あえて本でも、ネットでも調べなかった。
歩けばどうにかなると思っていた。
ダム付近に駐車し、いよいよ初めてのGPSを立ち上げ、電源を入れる。
そうかここから歩けるみたいだ。
c0077338_8565919.jpg

知らない道だし、緊張する。この気持ちよし!
ダムからこの橋をわたっていよいよと思ったら! ガ~ン 扉に錠がしてあって行けない!
c0077338_92213.jpg

c0077338_921851.jpg

この塀の先には、しっかり登山道がある。しかし行けない。
回り込んでいけそうかも確認したが、ダムがあり無理。
巻き道を探したがこれもわからない。
塀を乗り越えようかとも思ったが、さすがにそれは大人気ない。
結局、ここからの出発はあきらめた。
ここで約1時間近くのロス。

次にあと2箇所の登山口を探す。
地形図には、しっかり登山道が載っているし、GPSでもその場所を指したが、やはり道らしいのがわからない。
この3箇所の西山の登山口を捜すので、2~3時間のロスタイム発生。
登山口がわからず、3度目の撤退

頭がくたくたに疲れたので、曲淵うどんに入り、地形図を再度眺めて作戦会議(一人ですが)

ここでわかった事。
たぶん西山はとてもマイナー(私も知らなかった)
マイナールートはたぶん、曲淵ダムが出来た頃は登山道もきちんとしていたのかも?しれない。
しかし長年の風化、登山道を歩く人が少なくなったので、道が消滅したとしか思えない。

違うかもしれない。
たんに私が見つけられなかっただけかもしれない。
(しかしGPSはちゃんとその場所を指定したが結局わからなかった)

曲淵うどんを食べて、次に選んだ山は王丸山(453m)
末永交差点から曲がって、集落から登るようだがこの登山口もよくわからなかった。
撤退 4度目。

次に向かったのは、高祖山(416m)
高祖神社駐車場に停めて、出発しようとしたが、すでに15時近い。
歩き出してわかったが、どうもこの山は天拝山のように、30分程度で登れる山ではないようだ。

新しい初めての山で15時近い出発はさすがに無謀。
撤退 本日5度目。

結局GPSを初めて使った1月9日福岡県の山は 0座からのスタート(笑)

まあ、行きあたり、ばったりのスタートは、こんなもんでしょうか?
でも自分の中ではとてもおもしくて、新鮮なスタート。

今までは、地形図を見てだいたいこの辺りにいると思ってはいたけど、GPSがハッキリ今の場所を指定してくれているのは何とも言えない安心感。

それは地図だけで7年半登ってきた私の正直な感想。

またこのGPSの大人のおもちゃ、ゲーム機で山で、ずっと遊べるとも思う。

これはもう手放せない。

1月10日も雨模様ですが、福岡市近郊の近場の山をどこかさまよってみたいと思ってます。
[PR]

by katuyamak | 2010-01-11 08:57 | 2010年福岡県の山 | Comments(4)

GPSを買う

2009年の12月27日の事だった。
長崎七高山巡りを歩いていて、いーさんがGPSを3万円台で買ったという話を聞く。

英語版だが、光度計もコンパスも内臓して、日本版と遜色ないとの事。
これには自分の中では、驚きであった。
3万円台なら、それなら俺でも買える。

正直、GPS購入と日本アルプスの山歩きは暇無し、金無しの貧乏サラリーマンにとっては、高嶺の花。
私の中では、山歩きは近場の背振、三郡の週末の近郊山歩きがせいぜいと思ってたからだ。

しかしGPSが3万台なら話は全然違ってくる。

まず知らない低山でも今までは、単独だと地形図だけでは少々不安がつきまとっていたが、GPSで自分の居場所がきちんとわかってさえいれば、怪我でもしない限りは道迷い、遭難の心配はない。

思えば、2002年の6月から毎週の山歩きをはじめて7年半。
毎週の山歩きの回数は394回。

今まで何座登っているかは調べればわかるけど、まあ2009年までの今までの、山歩きはすべてリセット。

0座からのスタートとしたい。

2010年からの山歩きは、ちょうど50歳と区切りもいいし、GPSを買ったので、これから福岡県の山を 何座登ったか記録していきたい。

尊敬する偉大な大先輩のCJNさんのような、ピークハンターになっていくのか、ピークハンターになるのかは、自分の中でも不明。
正直、福岡県の低山は植林がほとんどだろうし、そうなると時々は自然林が恋しくもなるだろう。
さらにいくらGPSがあるからと言っても、今まで以上に道迷い、遭難の危険性は増える。
だってまったくの知らない山、知らないルートに単独で登っていくわけだから・・・・

どうなっていくのかは、自分の中でもよくわからない。

ただこの7年半。
最近は、正直、同じようなルートを何度も歩いてきているし、少々マンネリ気味になってきているのも事実。
まあ50歳からのリニューアル肉まんのブログをそんな感じで読んでいってください。
1月 9日の挑戦は文章が長くなったので、次に・・・・
[PR]

by katuyamak | 2010-01-11 08:30 | 2010年福岡県の山 | Comments(2)

GPS

私が買ったGPSです。

ガーミン VISTA HCX AP版 日本語解説付き  31500円。

いーさん、紹介してもらってありがとうございました。
Haruさん、インストールありがとうございました。

お二人のご協力のおかげです。感謝します。
[PR]

by katuyamak | 2010-01-11 08:10 | Comments(2)

よく働いた

1月4日から1月9日まではほんとによく働いた。
朝7時から夜23時過ぎまで6日間。
正月ボケとか言ってる状況じゃないが、自分なりによくやったと思う。
これも毎週の山登りのおかげかなあ。
仕事できる体力があってこそだ。

今回は、月次決算提出と、第三四半期決算提出の両方を6日でこなした。
出荷と経理の両方をやれと言われてなんとかこなしているが、要領も少しずつだがだんだんわかってきた。

前もっての仕事の段取りをどれだけ終わられておくかが、これからの鍵。
前もってやっておく事でその仕事が30分でも、5分でも短縮できるのなら、それをやっておく事だろうか。
あと女性3名にどれだけ仕事をしてもらって、お願いするかの段取り。
(これがむずかしいのだが・・・)

とにかく仕事を短縮する工夫、段取り、方法を考えたい。

映画、DVD、本ものんびり観たり、読んだりしたいんだが、GPSも覚えたいしなあ。
今、したい事
寝たい。
HDDに録画してたテレビがみたい。
とにかく仕事されてもらえる事をありがたいと思わないとなあ。
[PR]

by katuyamak | 2010-01-11 07:47 | Comments(0)

矢筈峠~椎原峠

1月1日は寒くて山を止めて、2日は動けず。
1月3日は雨でも登る予定であったが、見事な快晴。
これは楽しみ
残雪を期待して、標高330m付近に車を停めて、椎原登山口より矢筈峠を目指す事にする。
c0077338_18222553.jpg

登山口は思っていたより、雪が残っていない。
もっとあるか?と思っていたが・・・・
c0077338_18224634.jpg

標高600m付近の林道を横切り、登山道へここからはきっと雪が残っているはず。
下の画像は標高700m付近。
雪がだんだん見られるようになってきた。
c0077338_1823256.jpg

ここから矢筈峠までの標高900m付近まで慎重に登った。
11時過ぎてたので雪は緩んでいたので、結局アイゼンは使わなかったが、早朝なら雪が締まってツルツルだったと思う。
アイゼンを使わない分、登りも縦走路も下りも神経を使った。
ゆっくり登ったので、通常1時間半の登りがたぶん1時間40~50分くらいかかっていたはず。
c0077338_18231994.jpg

背振山に行くか?ちょっと迷ったが、椎原峠まで歩こう。
縦走路をのんびり歩きたい気分
c0077338_18234163.jpg

気になる足跡発見! 何の動物かご存知の方は教えてください。
c0077338_1824285.jpg

ピーク833mで背振の景色の楽しみながら、ゆっくりここで休憩。
登ってきてよかったなあ。
山登りしにきてよかった。
何も考えず、ボ~としとった。
c0077338_1824162.jpg

いいなあ。
c0077338_18243167.jpg

背振山にも、鬼ガ鼻岩にも寄らずこのまま椎原峠から下山。
自分としては満足な山歩きだった。
帰りは鳥飼豆腐店で水を汲んで帰宅。
今日から20時の竜馬伝は見ないといかんぜよ。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今日の山歩きは休憩入れて4時間ちょっとだったかなあ。
カシミールで調べたら8.4kmけっこう歩いてたんだなあ。
標高差約600mは雪があったので、いい運動。
実は1月1日のジョギング5kmでちょっと筋肉痛。
山歩きだと出ないんだけどねえ(笑)
[PR]

by katuyamak | 2010-01-03 18:24 | 山歩き | Comments(12)