紅葉の三俣山へ

先週はレポを見ると、つい仕事の愚痴を書いてしまっていた。
最近、ずっと土曜出勤が続いているので今週はとにかく気分を変えたい。
今週は、仕事は残っているが、そのままにしておく(笑)
逃げるようにとにかく山へ行くぞ!

阿蘇に行くか、くじゅうに行くかギリギリまで、変更のバタバタがあったが三俣山に決定。
実はくじゅう 三俣山への変更は、正直に告白するとあまり気持ちが入らなかった。
人がうじゃうじゃいる山はほんと近年、特に苦手になってきつつある。
どちらかと言えば、うらびれた、ひなびた、登山者の少ない山歩きがやはり私は好きなようだ。

大曲の駐車スペースも予想通り、道路わきに車・車・車。
道路脇に停めている車には、白線をはみ出ている車も多く、これは牧の戸峠までのドライブも危ないなあと感じた。
大曲登山口から5~10分上に駐車して登山口に向かう。
c0077338_1021197.jpg

すがもり越への道。
正直、こんなに多くの登山者がいるとは思わなかった。
一緒に歩いていて、前の方にも団体さんらしき影。うしろからも・・・
あらためて、最近の中高年の山ブームの凄さを知った。
c0077338_10212367.jpg

c0077338_10213896.jpg

三俣山の峰どこも満員御礼。少々うんざり。
c0077338_10222122.jpg

ここも満員御礼。うんざり×2倍。
帰りたいよう~。正直そう思った。
別に中高年の顔を見にきた訳でもないしさあ。
c0077338_10225943.jpg

途中で最近はすっかりくじゅうの主の、いーさんとお会いした。
元気そうで大いに山歩きを楽しまれてあるようで何よりである。

大鍋の紅葉を見て、ここで初めて心が和んだ。
そうか、みんなこれを見る為に来られたんだよなあ。
わかっていたんだけど、あらためて見るとやはり素晴らしい紅葉だ。
俺の中でなんともこわばっていた気持ちが少しずつ安らいできたのを感じる。
自然の力はやはり素晴らしい。
ここまで来たら鍋底まで行こうと元気になる。
とたんに人の多さが気にならなくなった。よかった。
c0077338_1027427.jpg

鍋底について、ほんと久しぶりにサスケ&ミーコさん、N婦人にお会いする。
2007年11月10日の岳滅鬼山以来じゃないかなあ?
鍋底でゆっくり昼食。
帰りに思いがけなく、サスケさんから小鍋の絶景撮影ポイントを教えていただく。
ここはまったく知らなかった。
小鍋の紅葉はこれまた見事だった。サスケさん、ありがとうございました。
c0077338_10231277.jpg

c0077338_10232859.jpg

帰り際には凧さんともお会いする。
相変わらず山に対して、熱い情熱を持ってあり、頭が下がる。

くじゅうの紅葉を満喫して山歩きを終えた。

でもこれからもこんな素晴らしい山の景色を見ようと思えば、たくさんの中高年の登山者との遭遇は覚悟しないといけない。
避けられない事なんだろうなあ。
やっぱし、近場の低山でも登ってるのが俺には向いてるのかなあ?
高速が1000円になり近くなったくじゅうなんだけど、やはり背中を押してくれる人がいないと、俺には遠く感じてしまうくじゅうでもある。

山歩きメモ
大曲登山口8:30頃ーすがもり越9:30頃ー鍋底11:30頃(昼食)ー大曲15:30頃

今年45回目の山歩き
[PR]

by katuyamak | 2009-10-25 10:15 | 山歩き | Comments(12)

慌しくも何とか頭巾山ルートをピストン

最近、ずっと忙しいんですよねえ。
とにかく土曜のフル出勤(ほとんどサービス)が当たり前になってしまって日曜はのんびり山登りという時間を作るのがほんとに難しくなってきました。

なにせプライベートの用事を済まそうと思うとこの日曜だけしかないわけで、山登りもままならず~なんだよなあ。
さて今日の日曜は下記の事をこなす予定です。

草むしり
掃除
嫁さん(なぜか地区委員の代表)からの依頼の地区育成会のパソコンワード入力作業(笑)
入院している婆様のお見舞いと買い物
風呂用品の買い物依頼。
床屋
山歩き
さらにこれに読書とDVD鑑賞も入れようとするからとても貪欲な奴です(笑)

図書館から借りた本が10冊近く全部読みたい本ばかりでとても読みたい。
それに会社関係の仕事の本にも目を通したい。

まあ、ハッキリいって書くのは自由ですが、すべてやろうという事がそもそも無理ですよねえ。

午前中、草むしり、ワード入力、掃除としてもう11時です。
山登りしてそれからお見舞いと買い物と床屋の予定。
さあ、とにかく慌しく頭巾山へ向かおう。
なんだかんだで頭巾山登山口からが12時10分から
どんな山でも登りだした時は、単独だとピリッと緊張します。
c0077338_2134409.jpg

すっかり山は秋の季節に変わり、山歩きが歩いていてとても楽しいですねえ。
でも思うけど、なんでこんなに忙しい中、わざわざ山の時間を作って毎週登っているけど自分でもよくやっているなあと我ながら思います。
今年がこれで44回目の山歩きなんだけど、でも山があるから仕事もいろんなストレスにも耐えられる気がしますねえ。
最初はとにかく博打を止めたくて博打を止める為に、山に毎週登る事にノルマを課したのですが、最近は山登り出来てるから救われている自分がいますねえ。

だって、平日はずっと朝から夜まで緊張した会社にいて、得意先からのクレームとか、折り返し電話くれとか、ずっと電子音とかパソコンの画面を見てて、ストレスまみれの中で仕事している訳なんですよ。
月曜から金曜まで仕事が山のようにあり、さばききれずに仕方なく土曜出勤でやっとこさカバーして対応しているんですよ。
まあ、仕事の能力がないと言えばそれまでなんですがね。
あれ?失礼、仕事の愚痴とか書いてるよねえ。
c0077338_21421633.jpg

それがねえ。
こうやって単独で歩いていると山の静かな音、山の緑、風、鳥の声すべてが心地いいんですよねえ。
当たり前ですが、電子音は聞こえて来ない(笑)
無理やり時間作って山に来てますが、なんとしても毎週やっぱり来るようにしないといかんよなあ。
まあ、そんな事をぼんやりしつつも考えたりして登ってましたねえ。
山頂近くなるとチョコっとですが、紅葉しております。
c0077338_2145911.jpg

70分で頂上 頭巾山です。
15分休憩してかしわご飯を食べる。
c0077338_21463679.jpg

さあ下山するか。
でも俺からこの山歩きをもしとったらたぶん、いろんなストレスでいつかすべての事にプッツンと切れてしまう気がするんですよね。
だからなんとしても毎週登る山登りの習慣をこれからも続けたい。
俺ってほんとにいろんな事すべてに山に救われていますからねえ。

山はいつだって、そこにいてくれてありがたい頼もしい存在です。
今日は、何か変な独り言になってしまったなあ。
でも山はこんな俺の独り言にもいつだって、どっしりと受け止めてくれるんだよなあ。
山はほんとにありがたい。心からありがとうだよ。

山歩きメモ
頭巾山登山口12時10分ー13時20分山頂(15分休憩)ー登山口14時30分

2時間20分の山歩き(休憩15分含む)
[PR]

by katuyamak | 2009-10-18 21:34 | 山歩き | Comments(4)

猫谷川新道の素晴らしさを長崎の方に教えてもらう

10月10日(土)午前中サービス出勤して、午後から移動中にそよかぜさんからメールが入る。
「明日裏宝満の猫谷川新道を登るけどご一緒しませんか?」

猫谷川新道とはまたマイナーな渋いルートを歩くなあ。
明日は遠くの山には行けないけど、息子を駅まで送っていけば時間には間に合いそう。
単独で金山あたりでも登るかなあと思っていた。
ご一緒しましょうと即返信。

メンバーは長崎市からそよかぜさん、みつばさん、山馬鹿さんとはこれはこれは懐かしいメンバー。
私を入れて4名で登るのはたぶん2005年5月の津波戸山、田原山以来4年半ぶりくらいじゃないかなあ。
懐かしさで涙が出そうである(笑)

なんでも猫谷川新道は山馬鹿さんが登りたいルートだったらしい。
地元の私としては、10月の天気のいい連休にこのルートを選んでもらって嬉しい限りだ。
先頭で案内役を務めさせてもらう事にする。
待ち合わせ場所のコンビニで今日のルートは猫谷川からショウケ越えまでのプチ縦走を提案するが、もう歩いたからと昭和の森への内ノ畑ルートへのルートを提案される。

猫谷から登って、昭和の森へ下山する山歩きはおそらく地元の人もそうそうやった事がないやろう。
さすが長崎組ばい。こりゃおもしろくなりそう。
車のデポで時間がかかり猫谷登山口を10時45分遅い出発。
c0077338_7441532.jpg

c0077338_7443636.jpg

2合目 大谷尾根と猫谷川新道との分岐。
大谷尾根に向かうには左、猫谷は右を歩く。
後ろから聞こえる久しぶりのそよかぜさんとみつばさんの会話が実に楽しい。
c0077338_7445115.jpg

c0077338_745841.jpg

c0077338_7452317.jpg

山馬鹿さんもそよかぜさんもいいルートですねえと猫谷川新道のルートをしきりにほめてくれる。
先頭を歩いていた私は連休にこんなルートを歩いてもらって申し訳ないと思っていたが、もしかしたらこんなルートだからと思っていたのは私だけでほんとに素晴らしいルートなのかも?と思った。

いつもは単独でどちらかというと天気の悪い日ばかり登るので、少々気味悪くサッサと登ってしまっているが、初めて歩いた時はやはり素晴らしいルートと思っていたはずだ。

県外からの方は、福岡市周辺の山に来るのは真冬の難所ガ滝くらいだと思ってある方も多いだろう。
この裏宝満ルートや、先日歩いた金山の花乱ルートも県外の方達にも喜ばれるルートなのかもしれない。
地元の私はいつも登っていて、マンネリ気味になっているだけで、山を知り尽くしている方にとっては、玄人好みするいいルートなのかもしれないなあ。

ただ言える事は山歩きは正面からの人気ルートを登るだけが山歩きじゃないんだよって事だね。
宝満山のいろんなルートを知ってもらうには、今回はとてもいい機会だったな。
そういえば、タクさんのブログでも堤谷ルートが素晴らしいとほめてもらっていたなあ。
c0077338_7454063.jpg

c0077338_7455350.jpg

金の水にて長崎組。
c0077338_74646.jpg

この後、三郡山~前砥石前から内の畑ルートを下る。
今日の山歩きはとても楽しかった。
ネットで知り合った初期メンバーでの山歩き。
そよかぜさんに山馬鹿さんを紹介してお二人がそれから一緒にたくさんの山歩きするをするようになるとは当時は思ってもなかった。
みつばさんはシャイな方で大人数より少人数での方が絶対みつばさん「らしい」。
2005年からの思い出を語りあいながら、久しぶりに童心に戻れたような山歩きだったなあ。

猫谷川登山口10:45~三郡山~昭和の森15:45頃 約5時間の山歩き(休憩含む)
そよかぜさん
山馬鹿さん
[PR]

by katuyamak | 2009-10-12 07:33 | 山歩き | Comments(10)

今日の空の青さは素晴らしいのに・・・・

今週は来週の第二四半期決算作業もあり、平日はずっと夜が遅く、土曜も21時まで仕事。
それでも仕事が終わらない。
日曜だけは、仕事は持ち込みなくなかったが今回は、それも仕方あるまい。
そうしたらなんと今日の空の青さが素晴らしい事か・・・・・

ああ、山に登りたかったぞ。

やっと自由の身になれたのが16時過ぎ。
婆さんの病院の見舞いで日が暮れた。
夜の春日公園を4km走った。
今週の休みはあっけなく終わり。
まあ、山は来週楽しみましょう。
山は逃げません。
仕事を山のように、たっぷりさせてもらえる事にありがたく感謝しよう026.gif
[PR]

by katuyamak | 2009-10-04 21:21 | Comments(4)