三池山(388m)~大牟田、荒尾を観光

デンターさんと二人で、三池山(388m)と大牟田観光を企画。
おっさん2人で楽しく山歩きと大牟田観光を堪能してきました♪
今回は私がとにかく仕事が忙しいので、山歩きと観光はすべてデンターさんに企画をまる投げ。
私がデンターさんの企画に便乗させてもらう形で大牟田まで行ってきました。

新しく出来た「有明海沿岸道路」を通って大牟田へ(よか道路やったなあ)
c0077338_21483310.jpg

三池山の登山口。
臥龍梅で有名な「普光寺」下の標識のところから出発。
c0077338_21422999.jpg

普光寺にちょっと立ち寄り、さっそく臥龍梅を見る。
もちろん2月から3月に来れたらいいのでしょうが、そうは、なかなかうまくいきません。
いつか行きたいと思っていたので、来年の2月の楽しみにしておきましょう。
樹齢400年のもあるとか? 凄いねえ。
c0077338_21425411.jpg

三池宮を過ぎると山らしい、いい雰囲気の登山道。
c0077338_2143144.jpg

頂上まで下の標識から58分。
普光寺とかにも立ち寄ってますから、まあゆっくりで1時間程度。
今日は暑かったせいか、頂上で汗びっしょり。
c0077338_21432726.jpg

下山後、大牟田の満月の湯の温泉でゆっくり。 
よか温泉やった。今年入った温泉の中で俺のベスト1。
温泉の後は、楽しみな食事。
今回は、ちょっと洒落て、デンターさんが調べてくれた旧三井港倶楽部でカレーのランチ
いや~、懐かしいカレーでとてもおいしかったよ(1575円)
ここに、きのこさん、お母ちゃん、のどかさん、かずさん達を連れてきたらきっと喜んでくれただろうなあと思わず想像する001.gif
いや~、当時はとても贅沢だった建物での豪華なランチもいいもんだねえ。
c0077338_21434141.jpg

c0077338_2144618.jpg

c0077338_21442026.jpg

山にも登って、温泉にも入って、ランチも食べたらさあ、大広間でちょっと1時間ほど寝ようか。
いやいや、三井倶楽部にそんなとこはないし、こんなおじさんはダメだよねえ。
でもおっさん、2人ここはゆっくりしたかったなあ。
そげん、あくせくせんでもよかろうもん。
c0077338_21443214.jpg

まあ、せっかく大牟田に来たので、観光ばしよう。
大牟田石炭産業科学館(400円)へ。
入場したらすぐに14時からなんでも葦ペン画展さん主催で無料のコンサートと紙芝居。
いや~、せっかく来たのでみせてもらいましょう。
小さな横笛はなんて名前だったかなあ?
カタカナでカから始まる4文字の名前のなんかだった。
カトリエ、カリエナ。 う~ん、なんやったかいな。
癒しの音楽のあとは
「お父ちゃんの遺言」の紙芝居。
ところが俺、この紙芝居みて思わず涙が出てきてしまったよ。
まわりの年配の女性も泣いてあった方が多かった。
大牟田炭鉱の昭和30年代の悲しい事故の紙芝居だったんだ。
でも当時は、きっとこの紙芝居の状況の家族がいっぱいいただろう。
死者400名以上の悲しい事故があったんだね。
ここに来て、初めて大牟田炭鉱の歴史を知ったよ。来てよかった。
c0077338_21444597.jpg

最後の観光は荒尾市の万田抗跡地の見学。
ここも歴史を感じたなあ。
c0077338_2145040.jpg

最後は佐賀 諸富町の大臣閣ラーメン(替え玉は必須)
今日も楽しい一日だったなあ。
c0077338_2145131.jpg



山登りと大牟田観光を振り返って・・・・

最近、山のスタイルもこれから、ちょっと変えてみたいと思っている。
とにかく一日中 山・山・山 ではなく、午前中 1座。
午後からはその街のご当地の食事、麺、歴史や観光をのんびりしてみたいと思うようになった。
50代も目前になり、あくせくして山を縦走したり、ガンガン登るより、そんなスタイルがいいなあと思う年代になってきた気がする。
(最近、あまりにも仕事が忙しいせいかもしれないけど・・・)

毎週、毎週はとても無理だけど、ちょっとプチ遠出、ドライブをしたら今日のような地元の低山と観光をしてみたいと思う。
そうやって、九州の山と歴史と観光ができたら最高だろうね。

山歩きはこれからも俺の一生の大切な趣味。
いろんなバリエーションで楽しんでみたいね。
[PR]

by katuyamak | 2009-09-27 21:44 | 山歩き | Comments(6)

シルバーウイーク

シルバーウイークはねえ。
この本を3冊読みたかったんだよなあ。
カラマーゾフの兄弟 3冊。
5日あればメドがたつかなあと思ったが、どうして、どうして・・・
読書時間 7時間過ぎたところでギブアップ。
何かと野暮用と午前中仕事が3日じゃ無理だった。
しかしいつか読みたい!
でもそのいつかは一体、いつ来るんだろう。
時間は作り出さないといけないがやはり今の状況の俺ではあと5年は無理かも008.gif
お盆休みから10冊以上の本を読み、スタンバイOKだったが、やはりこいつは手強かった。
c0077338_21381233.jpg


スクリーンは「カムイ外伝」と「ココ・シャネル」
DVDは昭和37年作品「秋刀魚の味」
[PR]

by katuyamak | 2009-09-27 21:38 | Comments(2)

南阿蘇外輪山 大矢岳~冠ケ岳 地蔵峠からピストン

秋のマツムシソウを見る為に南阿蘇外輪山へ
今まで見たマツムシソウで今年が一番のベストタイミングでした。
色の濃さ、花の開き具合、一番いい時だったようです。
楽しい花見トレッキング&山歩きだったなあ。
c0077338_2049741.jpg

c0077338_20492275.jpg

c0077338_20493599.jpg

c0077338_20495265.jpg

c0077338_20509100.jpg

c0077338_20502185.jpg

c0077338_20503345.jpg

[PR]

by katuyamak | 2009-09-13 20:50 | 山歩き | Comments(10)

幸せはシャンソニア劇場から

仕事して夕方から久しぶりに映画を観てきました。
日活シネ・リーブル博多駅 「幸せはシャンソニア劇場から」
いい映画でしたあ~
洋画では「グラン・トリノ」以来の見てよかった映画だったなあ。

何と言っても見どころはこの映画ではまだ19歳のノラ・アルネデゼールさんかなあ。
歌はうまいし、ほんとに美しい。
これからの要注目女優です。
たぶんこれからフランスを代表する女優さんになっていく事でしょう。
若い時の安田成美さんに似ているんだよなあ。
フランス人の安田成美さんだよなあって思って映画で見とれてました。

彼女を見られただけでも博多駅まで足を運んだ価値がありました。
フランスで130万人が見た大ヒット作と納得です。
c0077338_23351273.jpg

映画もいかにも1936年頃のパリって感じでレトロっぽくて、人間臭くてとてもよかった。
子役のとてもかわいいジョジョのアコーディオンには泣けた。(思わず涙が出た)

文句なく 星 5つ!
やっぱ、フランス映画ってよかあ~。
ひそかにもう一度よくノラ・アルネデゼールさんを見ようかとも思ってますが(笑)
[PR]

by katuyamak | 2009-09-12 23:35 | 映画 | Comments(0)

名古屋駅にて

名古屋経由で出張
八丁味噌づくし
すっかり味噌カツに惚れてしまった。

木曜 生ビール、味噌カツ2人前(あまりのうまさにまた頼む)、
味噌煮込みうどん、天むす(この後食べすぎでしばらく動けず)。
c0077338_0213732.jpg

c0077338_0215146.jpg

金曜  熟成ねぎ味噌カツ御膳 キャベツ、ご飯おかわり自由 当然しっかり利用(笑)
c0077338_02257.jpg

c0077338_0221816.jpg


土曜
このまま香川にうどんを食べに行こうか?
あ!そうだった。山の約束しとったばい(笑)
[PR]

by katuyamak | 2009-09-12 00:22 | Comments(2)

筑豊の低山へ 大将陣山(112m)、白馬山(261m)

時間がないので写真程度に

スクーターで筑豊の低山へ
大将陣山(112m)
登山口から登り7分は自己最短スピード(笑)
c0077338_22291617.jpg

c0077338_22293066.jpg

c0077338_22295178.jpg


白馬山(261m)
やぶ蚊、小さな虫を振り払い、いたるところに張っている、くもの巣をかき分け、スズメバチの斥侯におびやかされながら登る
登り25分。
今の時期の200m級の低山はまだ真夏の山だ。
まだまだ違った意味でやはりしんどい。
バクチノキ 
c0077338_22305072.jpg

c0077338_2231546.jpg

[PR]

by katuyamak | 2009-09-06 22:33 | 山歩き | Comments(6)

ホームページは閉鎖しました。

私のホームページで「サラリーマンの週末山登り日記」はウイルス感染により5月から休止しておりましたが、最近仕事も忙しく、再度復旧させるようなエネルギーがそもそもない為(笑)、閉鎖する事にしました。

2003年夏からスタートして、山登りの掲示板も設置し、数多くの山友と出会えた6年間の思い出多いホームページでしたが、山友との山を通しての交流とブログはこのまま続けさせてもらいますが、ホームページは閉鎖という事でお願いします。

リンクしていただいてある方には、毎週末に少しずつ数人の方に、メール&掲示板&ブログにてHP閉鎖の連絡をさせてもらっておりますが、ありがたい事ですが、6年間の長い期間を通してリンクしていただいたので、連絡する方が多く、まだ全員の方まで連絡できておりません。

このブログを見られてまだメールが届いてない方は、お手数ですが、この福岡の山の週末山登り日記へのリンク変更をよろしくお願いいたします。
[PR]

by katuyamak | 2009-09-06 09:13 | Comments(8)