11月29日(土)宝満山と忘年会

11月29(土) 
久し振りに裏宝満を歩くことにする。
向かっている時に、雨が降ってきた。
最初は猫谷川新道を歩く予定だったが、傘をさしても登れる大谷尾根のピストンとする。
c0077338_6155167.jpg

c0077338_6265685.jpg

c0077338_6311349.jpg

c0077338_631375.jpg

山を歩きながら、今日の山登りの忘年会の段取りを再度、再確認して考えながら歩く。
初めての方も多かったので、どうかなあと思ってたけど、みんな喜んでもらったようで何より。
来年は、みんなで山に集合しようという話しも出て、これはまた来年の楽しみで・・・
ご参加してもらった方々ありがとうございました。
c0077338_6161055.jpg

今年の山歩き 46回目
[PR]

by katuyamak | 2008-11-30 06:26 | 山歩き | Comments(9)

山登りに向かう途中で・・・・

隣のトラックに・・・・
c0077338_0412681.jpg

思わず笑ってしまった。
c0077338_0415467.jpg

どげな制御装置かいな・・・・見たかあ~(笑)
[PR]

by katuyamak | 2008-11-30 00:42 | Comments(2)

今日の昼飯

c0077338_130734.jpg

ファミリーマート
三ツ星パスタ 超大盛ミートスパゲティ(最近、ハマっている)
肉まん、ピザまん
午後の紅茶
[PR]

by katuyamak | 2008-11-25 13:00 | Comments(5)

頭巾山~三郡山まで

11月23日(日) 昭和の森から頭巾山~三郡山まで
昨日、グライダー山に登ったとはいえ、たいした山歩きしていない。
今日はしっかり標高差のある体に負担がかかる山歩きをしたい。
自宅から一番近い近場の頭巾ルートから登る事にする。
c0077338_6114411.jpg

c0077338_611597.jpg

歩きだしてわかったが、いつの間にか紅葉も終わりに近づき、山は晩秋から冬枯れへの時期を迎えようとしていた。

久々にほんとに汗を流して、苦労して山を歩いていると実感。
山はやっぱ、よかなあ。
自分の中のいろいろな悩みや思いを山に登ると山がやさしく和らげてくれる。
単独行もこれからもずっと、肩の力を抜いて、力まずに続けていこう。
c0077338_6174364.jpg

いろいろな事をぼんやり考える。この時間がとてもいい。
気がつけば、いつの間にか山頂。
c0077338_618770.jpg

足を延ばして、三郡山まで行ってみることにする。
c0077338_6195422.jpg

c0077338_6202113.jpg

今日はとてもいい山歩きだった。とてもいい時間が過ぎたよ。
c0077338_6215964.jpg

今年の山歩き 45回目
[PR]

by katuyamak | 2008-11-24 06:05 | 山歩き | Comments(6)

スーパーカブとグライダー山

今年の夏だったなあ。
無性にバイクが欲しくなったんだ。
モーター・サイクルダイアリーズを見たのが・・・
c0077338_5135571.jpg

このDVDを見て、バイクを買う決心をしたんだ。
どこがどうとかわからないけど、自分の心というか魂みたいなものが揺さぶられた。
それでずっとバイクを探してたんだけど、なにせ予算がねえ。

自分の中ではもう車は必要なくて、バイクだけ買おうと思ってたけど、家族持ちではそういう訳にも行かなくてね。
ほんとはヤマハのセローが欲しかった。
c0077338_522212.jpg

まあ自分の中の理想のバイク。夢かな。

今年の夏から本気で、こんなオフロードのバイクを買おうと思って探してたんだけど、息子がね。
お父さん、そんな若いバイク乗らないでって言うんだ。
お父さんのイメージでは、きっと若者のバイクに俺が乗るのが違和感があるんだろうな。

自分の中で一番、考えたのが後ろの荷台や荷物を乗せるスペース。
ここにザックを積みたいし、そう考えるといいバイクがない。
バイクの値段、燃費、運転しやすさ、耐久性、いろいろ考えて買ったのが、
下の究極のおっちゃんバイクのスーパーカブ90DX(笑)
c0077338_5231459.jpg

まあ、理想と現実はかなり違うけど、今から山登りにはいっぱい使おうと思ってる。
ほら、山歩きしてたら狭い舗装道路とかで車で通るのは無理なんだけど、ここから登れるのかなあ?って登山口多いでしょ。
こんなところをバイクで探してチェックできたらと思ってる。

11月22日(土)
昨日で49歳になり、スーパーカブがさらに似合う年齢になった(笑)
ネットで探して、うきはのバイク店で買ったので、高速バスで現地へ。
バイク屋のおやじさんに迎えに来てもらって、その場で納車。
その帰りにせっかくなので、耳納の発心山に登るつもりだった。
しかしなんだかんだで発心公園を探せたのが14時過ぎ。
今からの山歩きでは初めての山なのでいくらなんでも心配。
そこで山歩きは止めて、車道を登って次回の偵察にするつもりだったのだが・・・
車道を上がっていくと、グライダー山へと 自然歩道があるではないか。
c0077338_5342744.jpg

どれくらいの時間がかかるかわからんが、けっこう下から上がってきたので、せこくここから登る事にする。
ちなみに今、自分がどこにいてどう行こうとしてるかまったく不明。
かなり危険な山歩き。
このしっぺ返しは後でしっかりもらった。
登りで17分登頂は 15時くらいだったと思う。
山歩きではもうギリギリの時間の登頂。
c0077338_5355543.jpg

c0077338_5361060.jpg

楽勝で登れたので、帰りは車道を通って帰ろうと安易な下山開始。
車道を通ってバイクに戻ったのは1時間ちょいかかった。
途中、この車道で合っているのかととても不安になった。
なにせ初めての車道。耳納の道路状況を知らずに歩いている。
時間は16時を過ぎ、17時には日が暮れはじめるやろう。
やはり山歩きは午前中やねえと今更ながら思った。
帰りは久留米通って帰ったばってん寒かったあ~。
c0077338_5415053.jpg

途中で丸星ラーメンでラーメン380円とおでん90円を食べて、寒さをやわらげる。
日が暮れたらやっぱ、バイクはさむか。
鼻水を出しながら、無事自宅に帰ってきたときは、ホッとした。

ただ、バイクに乗って自分の中に眠っていた、バイク野郎の本能が出てきたのがよかなあ。
車に乗っているより、ほんと疲れた。
でもなんかよかったあ。
苦労してでも遠くにも行ってみたい。
自宅の風呂でゆっくりつかりながらそう思う。
本音はやっぱ、俺はでかいバイクが欲しかったんだあ。
まあ、山登りと通勤とこれから気軽に乗ろうか。
スーパーカブ君、これからよろしくな。
[PR]

by katuyamak | 2008-11-24 05:17 | 山歩き | Comments(4)

山は登れずに映画へ  「まぼろしの邪馬台国」

日曜日は身内を病院に連れていき、午後からは病院へ4名のお見舞いを済ます。
さすがに2週続きで山登りしてないので、ちょっとストレスたまってます。

夜はスクリーンに行って、なんとか週末らしく過ごしました。
マイカル大野城 8番スクリーン。 19時からだったので、マイカルカードで1500円。
観客はほとんどが60代のご夫婦らしき人達。
20名くらいかな?

映画はそう期待してなかったんですよ。
ただ主演が吉永小百合さんだから観にいった。
長崎ぶらぶら節の演技が忘れられないんですねえ。
今年の1月の母べえでは、我ながら、正直、吉永小百合さんをボロクソに書いてましたからねえ。
ただ吉永小百合さんは何も悪くなかったんですよ。
30代のお母さんの役をしたことがいやだったんで・・・

で、映画は、なかなかよかったです。
もう一度お金出しても、また観たい映画ではありました。
九州、博多、特にいっぱい、いっぱい島原が出てきます。

博多の花電車なんて、まだ私が6歳くらいの子供時代の頃の懐かしい記憶を思い出させてくれました。

竹中直人さんも元気でいい演技してました。
そしてやはりさすが大女優、吉永小百合という感じかな?

なんか二人からいっぱい元気をもらったなあ。
俺もまだまだがんばらないかんね。
c0077338_004325.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-11-18 00:13 | 映画 | Comments(8)

マディソン郡の橋

11月9日は裏英彦山に行く予定であったが、中止となる。
朝、5時半に起きる予定がゆっくりとなったので、昨晩はDVDを鑑賞。
寝たのは1時半であった(笑)

さてさて、そのDVDの感想を書く前にちょっと紹介。
c0077338_93469.jpg

図書館で借りた「映画でみつけた素敵なことば」
この本が読んでて実にいい本なのである。
ほんとにすぐにでもその紹介された作品を観たくなってしまうのである。
本は4章に分かれて、
第一章 父と子の情景
第二章 母と子の情景
第三章 夫と妻の情景
第四章 老いをめぐる家族の情景

と42の作品を紹介してあるが、私が観た映画はこの中で情けない事にたったの4本
これはいかんぜよと、と早速名作を借りようと、レンタル店に行ったが、本の中の紹介してあった観たい作品がなく、仕方なくなんとなくレンタルした作品がこれ。
「マディソン郡の橋」
c0077338_9114629.jpg

1995年の作品 ご存知クリント・イーストウッドとメリル・ストリープの主演。
映画の内容はあえて書くまい。
この作品は私が30代、40代前半で観ててもこの作品のよさはたぶんわからなかっただろう。
映画の途中から涙がとめどなく出た。
この作品間違いなく ★★★★★  超A級 5つ星の作品だった。
カメラマン ロバート(クリント・イーストウッド)が言った言葉を最後に書いてみよう。
これが私がこの「映画でみつけた素敵なことば」だったから

なぜ僕は写真をつくるのか。
ここで君と出会うためだった。
僕の今までの人生は君と出会うためのものだった。
なのに僕は明日去る。
君を残して・・・

一度だけ言う。
初めて言う言葉だ。
これは生涯一度だけの確かな愛だ。
[PR]

by katuyamak | 2008-11-09 09:11 | DVD | Comments(9)

レッドクリフ

11月 3日は 久し振りに映画 「レッドクリフ」 今年 30本目
c0077338_20163944.jpg

俺は三国志が好きで、諸葛孔明のファンなので見たんだが、金城武はちょっといただけない。
若さがなんとなく頼りなくみえるし、そう頭もよさそうに見えんとよねえ。
もっとカミソリのように切れる頭のよさを感じる役者を出して欲しかったかな。
ちょっとキャラ不足しとる。
それよりトニー・レオンがよか味ば出しとう

なかなか面白い映画だったが、あまりにも内容が壮大すぎて・・・
まあ、こんな感じかな。
制作費100億円の映画ば1200円で見たけん、贅沢は言うまい。
ヒロインの女性は美しくて、なんとなく加藤あいさんに似とったあ。


最近見た映画は

地球でいちばん幸せな場所
最後の初恋
奇跡のシンフォニー
ちょっとメモっておこう。
[PR]

by katuyamak | 2008-11-08 20:16 | 映画 | Comments(6)

南阿蘇散策  冠岳までふらりと

久し振りの更新である。
調べてみると13日ぶり。
肉まんは一体、どげんしとうとや?という声が出そうであるが、なんとか元気でした。
というか仕事、仕事でほんと毎度の事だけど、逃げ出したいよなあ。

月末、月初の期間は平日が忙しいので、日曜までアップできないと最近はこうなる。
3日は休みだったが、忘年会の幹事とかをやりながら他の事をして熱中してたらすっかりブログ更新が遅れてしまった。

さあ、なんから書こうか・・・

まずは事後報告の11月 2日でも
ほんとは 山登りした事は2、3日したらすでに忘れとる。
あまり過去は振り返りたくないし、まして1週間も前の事やら・・・
でも最近、ずっと更新してないし、とりあえず写真だけでも貼っておこうか。

11月 2日(日)
前日、会社は出勤で夕方から飲み会が入ってた。
山に行く予定はまったくなかったが、なぜか日曜に 朝3時半に目が覚め、それから眠れない。
昨日の生ビールのおかげか、体の調子よさそう。

布団の中でどこに行こうかと考え、10月12日に行った、南阿蘇がよかったのでまた行って水を汲んでこよう。
ついでにサクッと山歩きもするか。
それではフラットな道が続く、冠岳でも歩くか

朝、4時半、自宅を出発し(笑)、ほとんどの行程を下道で阿蘇まで行く(笑)


じゃあ、地蔵峠からいざ出発。 車は1台も停まっとらんやった。
c0077338_19492953.jpg

c0077338_19494367.jpg

c0077338_1950489.jpg

c0077338_19502186.jpg

c0077338_19503532.jpg

c0077338_1950527.jpg

c0077338_1951785.jpg


この後、南阿蘇の名所をゆっくりと観光、散策、水も汲んでのんびり帰る。
帰ってわかったけど、この日はGENさん、Haruさん、Hiroさん、タクさん達は根子岳やったんやね。
まあ、みんな阿蘇を堪能したようで何よりでした。
[PR]

by katuyamak | 2008-11-08 19:51 | 山歩き | Comments(3)