昭和の森から 頭巾山(900m)

8月31日(日)の今日は疲れていて、ヤット、ヤットで朝起きました。
とにかく疲れてましたねえ。

日曜の山歩きの事を書く前に土曜の事に触れておかないといけません。
なんで土曜日に俺がそんなに疲れたのか・・・

①実は昨日も仕事だったんだけど、そのあと仕事終わってから激しく動いたもんなあ。
まず土曜だったので、17時半までで仕事をスパッと終わる。
仕事ばかりして縛られていたから自分のしたい事したかった。遊びたかった。
その後、西鉄電車で天神まで
天神から大濠公園方面まで歩いて、

②2回目のボストン美術館の浮世絵名品展をまた見る。
18:30~19:30 1時間集中してみる。
若い人が多く、まだまだ大盛況であった。
2回目で発見があった。
絵師の喜多川歌麿は 女性だったんだね。
その後、また天神まで歩いて途中、ラリーグラスさんにも立ち寄る。

③ソラリアプラザで21時05分から映画 「しあわせになる為の27のドレス」を鑑賞。 
メールマガジンの会員登録をしたので料金は500円。
観客20数名ほとんど女性、 男性2名でそのうちカップルの若い男性が1名。
単独での中年おやじは私のみ。
このオッサンなんやねんとかなり注目の的かも・・・・
 
いや~女性的な作品の映画は席に着くまで、オッサンはかなりの勇気を必要とする。
私の年齢でさらに単独だと、痴漢かストーカーかと間違えられそうでやっかいです。
席に座るのにも気を使っているんですよ。
作品は 主役の女優さんに気品があって、作品としても楽しくよかったです。


その後、まだ異常に目がさえていたもんで、
④自宅に0時近くにもどってそれからまたDVD 「ウオーク・ザ・ライン 君に続く道」を鑑賞。
この作品はよかったあ。
途中でやめるつもりが最後まで見てしまった。
見終わったら 2時をまわっていた。

まあそんなこんなで
日曜の今日は、かなり重い足取りで近場の昭和の森から頭巾山ルートのピストン。
c0077338_22173017.jpg

なにせ疲れているので、ゆっくりのんびりと森の精気に癒されながら登りました。
c0077338_22174485.jpg

単独の男性と 2名すれ違っただけで静かないい山歩きだった。
山歩きではずっと「ウオークザライン 君につづく道」の作品の事を考えていました。
とにかく俺にとっては、素晴らしくとてもいい映画でした。
山の静かな穏やかな安らぎで 忙しかった 8月もなんとか乗り越えられました。
c0077338_2218252.jpg

頭巾山山頂(900m)ではヘロヘロでした。
ほんと疲れていたんだなあ。
さあ、明日から 9月ですね。
9月もみんな前向きにがんばっていきましょう!
c0077338_2218146.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-08-31 22:24 | 山歩き | Comments(0)

あの美人は誰やったかいなの出来事

土曜日、仕事終わって天神までの西鉄電車での何気ない出来事。
途中の駅から、半年~1歳くらいの赤ちゃんを抱っこしたとても美しい若いお母さんが乗ってきた。

そのお母さんを見た瞬間に俺は思った。
この美しい女性はどこかで会ったよなあ?

思い出せない。しかし思い出したい。
席に座って、チラチラとその若い美しいお母さんを見る。

どっかで会ってるんだよなあ?
いつ?
俺がいくつの時?

お母さんは30代後半かなあ? いや30代前半かな?
そうなると20代だと10~5年くらい前か?

仕事の関係?居酒屋で見た人? 行きつけの食事のお店?
いろいろなところを想像するがどうしても思い出せない。

考えているうちにとても楽しくなってきた。
恐らく仕事していた彼女はもっともっと美しかったが、いまでも化粧は落としているけど土台がいいので美しい。

美人って徳だね。
目の前に乗っている彼女は Gパン生地の短パンから長い足が伸びて、その足を組んでいるんだが赤ちゃんがいなかったら、とても最近まで妊婦さんだったとは想像がつかない。

本人に直接どこかで会いませんでしたか?と聞こうかまで考えたが、いくらなんでも迷惑行為なので止めた。

天神で彼女も俺も電車を降りて、この事は頭の片隅に入れて忘れていた。

それから 浮世絵鑑賞して、映画みて、DVD見て土曜は眠った。


日曜の山歩きしていて、昨日の事を考えながら登っていて、歩きながら突然思い出した。
c0077338_23351459.jpg

行きつけの歯科の 元歯科衛生士さんだった。

結婚されて退職されてずいぶん時間が過ぎたから忘れていた。
彼女は俺の担当ではなかったけど、俺も一度歯を見てもらった事あったよなあ。
美しい人だからどこかで覚えてたんだね。

身近な人だったんで、思い出してとてもスッキリしたなあ。

ああ、オチがまったくない、つまらん話しでごめんなさい。
誰かにこの事伝えたかったもんで・・・
くだらん長い話を最後まで読んでもらってほんとありがとう。
男性ならこの気持わかりますよね。
あの美人どこかで見たけどなあ?、会ったなあって事・・・・
[PR]

by katuyamak | 2008-08-31 20:35 | Comments(2)

今年最後のオオキツネノカミソリ  背振 車谷ルート

事後報告
8月24日(日) 今年最後のオオキツネノカミソリと出会う為に、背振 車谷ルートを歩く。
車谷のオオキツネノカミソリは例年の事であるが、井原山のオオキツネノカミソリよりいつも2週間ほど遅く、開花を迎える。
その為、8月の中旬以降でもまだ十分、見ごたえがあるんだ。

8月はサービスでの土曜出勤も多く、クタクタの毎日だが、なんとか時間を作って背振山系へ。
先週もオリンピックで登ってないので、今週はなんとしても歩きたい。
しかし先週はわざわざ山歩きを止めてでもと女子マラソンを見たが、日本勢は惨敗。
あれはひどかったなあ。
野口みずきさんが普通の状態で出ていたら、八分の力でも楽勝で勝っただろう。
本当に残念であった。

さて、今日の椎原ルートに至る道路は人がえらく多かった。
山歩きの人ではなく、渓流で遊ぶ家族連れ、若者、BBQを楽しむ家族連れが多かった。
山歩きを楽しむ人はまあ、いつも通りくらい。
車谷からはほとんど人とはすれ違わなかった。
c0077338_7405.jpg

標高600m付近の林道を越えてからボチボチとオオキツネノカミソリとの最後のご対面。
終わりに近かったが、まだなんとか楽しめた。
c0077338_741655.jpg

今年のオオキツネノカミソリとは7月20日の井原山からいろんな場所で出会えて、さらに1ケ月以上も楽しめて、ほんとよかった。
山では次は秋の花達が目を楽しませてくれそうだね。
c0077338_742942.jpg

c0077338_75080.jpg

なぜか人も少ない縦走路をのんびり歩きながら、久し振りの単独を味わう。
単独の山歩きも歩きながらいろんな事を考えたりしたりと、やはりいいもんだなあ。
c0077338_751682.jpg

c0077338_76871.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-08-28 07:05 | 山歩き | Comments(4)

ボストン美術館 浮世絵名品展

8月16日(土)
お盆休みは4連休ですが、けっきょく今日入れて午前中 3日働きました。
この暑さもどうにかしてもらいたいものです。

さて午後から時間がとれたので、福岡市美術館で
ボストン美術館 「浮世絵名品展」 を見に行ってきました。
sasaguriさんからいいよ~と言われていたので、気になってたんです。

どちらかというと私はいい作品だけパッパと見る方なんですが、列がゆっくりしか進まず、すべて見るのに2時間くらいかかりました。
おかげで浮世絵も解説文も見て読むことができ、いい時間を過ごせました。
しかし見終わった時は、集中していたせいかクタクタでした。
c0077338_863324.jpg


ここであらためてわかった事。
いわれてみれば、当たり前の事ですが、浮世絵には
肉筆画と木版画がある事。
木版画の作品は安価でたくさん出回っていた事。
そのため江戸時代の一般大衆もたやすく手に入れる事ができた事。
木版画は額に入れて遠くから大事に見る絵としての作品としてでなく、手にとって眺めるものであった事。

日本人には大事にされず、外国人が驚嘆してコレクションした理由も少しわかった気がしました。

しかし250~300年前の浮世絵が私の目の前で当時の生活の様子などが、イキイキと描かれている様子。
当時の人達は死んで、もう何世代も生まれ変わっているのに、こうやって浮世絵だけはつい昨日できた作品のように目の前で残ってくれているのには、やはり感激しました。

これは見る価値ありです。いい時間を過ごせました。

8月31日までです。
もう開催されているのになぜか今でもローソンで前売り券を買うことができます。
(1100円)

次は九州国立博物館で「篤姫展」みたいです。
前売り券も前から買っているんですけど、まだ行けてません。
こちらは24日までだから急がないとなあ。
今日は17日(日)で山の予定の日ですが、8時30分から女子マラソンがあるのと、午後からばあさんのお見舞いなので、今日の山歩きは休みとしましょう。
[PR]

by katuyamak | 2008-08-17 08:20 | Comments(0)

純喫茶磯辺

シネ・リーブル博多駅18時50分から
シネリーブルの会員は金曜日は1000円で観れる。
もちろんそれを狙って自宅からJRで行く。
観客は40名くらい。
今回の客層は男性の方が多かった。
それも仕事帰りの人がね。

もしかしたら俺と一緒かなあ。
見る理由は 予告編でおもしろそうだったのと麻生久美子さんが出ているから。
c0077338_804942.jpg

彼女は「夕凪の街 桜の国」を見てからファンになりましたが、前回は原爆の後遺症で死んでいく悲運の女性を演じてましたが、今回は超ミニスカートのウエイトレスさんの役ですからね。

ほんと女優さんというかここまで見事に変わって演技してもらって嬉しい限り。
麻生久美子さんのミニスカートを見る為に来た男性は多いと思うけどなあ。

作品はとてもよかったです。
とても楽しい邦画でした。
出てた役者さんみんなよかったな。
博多駅まで足を運ぶ価値あり。

8月見たのはあと
ソラリアで「ジェイン:オースティンの読書会」
DVDで「マリと子犬の物語」
等かな 
[PR]

by katuyamak | 2008-08-16 08:00 | 映画 | Comments(2)

最近ハマッております。

マルキョウで買ってますが、酒飲んだ後によく食べてます。
おいしかですよ。
けっこうお気に入りです。
加ト吉のたこ焼き
c0077338_9175639.jpg

c0077338_918935.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-08-14 09:18 | Comments(0)

やぶこぎ隊に参加して金山周辺を

もう今日は14日ですね。
今日からやっと会社も盆休みですが、事情があって毎日会社には顔を出さないといけない。
今年の夏は猛暑の影響で、ほんと例年になくとにかく忙しい。
昨日なんて朝7時から夜22時まで途中、あわただしく食事しただけで、あとは目いっぱい仕事で、電話は集中するし、胃は痛くなるし、会社からほんと逃げ出したかったなあ。
まあ逃げ出さずに踏ん張れているのも週末の山歩きのおかげかな。


それでは8月10日(日)の山歩きの事後報告でも・・・・
2ヶ月ぶりにラリーグラスさんのやぶこぎ隊に参加。
精鋭の女性4名、男性10名。今日はなぜか女性の参加者が少ない。
今日は金山への新飼谷ルートを歩く。
途中までは歩いたコースだったが谷を歩き出してからは初めてのルートだった。
c0077338_854521.jpg

c0077338_8145919.jpg

今の時期の人がほとんど歩いていない谷ルートの歩きはやっかい。
最初からこれはちょっとと前途多難。真夏のやぶこぎはきつい。
でもこれもなかなかオツなものか・・・
標高580m付近で少々みんな疲れてきた頃にやっと休憩。
すかさずOさんがアイスとゆであずきのセットのサービス。
これはありがたかった。ほんとうまかった。
c0077338_8151767.jpg

今日のハイライト
標高635m地点のコルから標高650mラインをキープしてトラバースの山歩きはきつかった。
ついていくのがやっと。
山を巻いて歩くの訳だが、ちゃんとした登山道ではないので足元にも注意して神経を使う。
c0077338_8153030.jpg

食事休憩の時は、上着のシャツが画像のように汗と途中で乗り越えた倒木とかの汚れでとにかく汚れまくっていた。
通常真夏でも山歩きの時は着替えないでそのまま1枚で一日の山歩きを終えるが今日はシャツが汗を吸いまくっててとても気持が悪い。
山登り最中にシャツを着替えたのは今年初めて。
過激な山歩きだった。
最近、オオキツネノカミソリ鑑賞ツアーなどやさしい山歩きだったのかなあ?
でもこんな山歩きも大事だと思う。
c0077338_8154238.jpg

昼食後もさらにやぶを漕いで縦走路に出て、城山(846m)から北東の方角の尾根をくだりやぶこぎは続く。
今日はえらく佐藤隊長絶好調であった。
いや~ほんと今日は鍛えてもらいました。
飲んだ水の量は麦茶担いでいたけど3リットル。
シャツもタオルも汗でグショグショ。
精鋭の女性だけだったせいか、とにかくたくさん鍛えてもらいました。
最初の登りも標高130mの石釜バス亭のところから新飼ルートから花乱ルートを歩いているので、相当の高低差と距離を歩いているはず。
c0077338_8162611.jpg

山歩きのあと自宅に帰って、ビール飲んで篤姫見たらもうダウン。
最近疲れていたせいもあってそのまま21時から爆睡。
真夏にやぶをガンガン歩くこんな山歩きもいいもんです。
しかしまいった(笑)
[PR]

by katuyamak | 2008-08-14 08:15 | 山歩き | Comments(2)

昨晩は焼肉会

金曜の夜は福岡のオッサン達が集まって焼肉を食べる。
春日市 「玉福」へ

焼肉どれくらい食べたかなあ?
ビールは?
焼酎は一升瓶が見事1本空いた。
楽しいお酒でした。
c0077338_841988.jpg

c0077338_8413345.jpg

c0077338_1222716.jpg

c0077338_8435380.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-08-09 08:41 | Comments(7)

多良の金泉寺そうめんとオオキツネノカミソリ

ここ7,8年くらいの事であるが、私は夏が大嫌いである。
ここ数年の温暖化現象と猛暑で夏がますます嫌いである。

体力的には本来、夏は大好きな季節である。
夏バテもしないし、食欲も旺盛でうなぎも、もつ鍋も、ビールもなんでもとにかくうまい。

大嫌いな理由は仕事から来ている。
夏の期間があまりに忙しすぎるのだ。
まあ、そんなこんなで休める休日は逃げるように夏山へ。
そこでは山の友と、オオキツネノカミソリがやさしく迎えてくれる。
平日に逃げ場がない俺にとって休日の唯一の逃げ場なのだ。


今年も毎年の恒例の多良で、テクテク山の会、長崎組がそうめんを用意してもらっている。
自分としては真夏の多良にはとても思い出が多い。
久し振りに多良のよき思い出をふり返ってみようか。
2003年 7月20日
2004年 7月25日
2005年 7月24日
2006年 8月 交通事故追突により行けず
2007年 8月 6日

さあ、思い出多き真夏の多良へ今年も行こう!
c0077338_2272297.jpg

今年も長崎の友は、多良は、オオキツネノカミソリは俺を暖かく迎えてくれた。
ありがたいなあ。
最高じゃないか。一番いい時期に来れたなあ。
しばし至福の時を過ごす。
c0077338_2273819.jpg

c0077338_2275287.jpg

さあ、オオキツネノカミソリの鑑賞が終わったら、そよかぜ食堂の金泉寺そうめんの出番だ。
腹もすいてきたぜ!。
よろしく~そよかぜさん山馬鹿さん、長崎組のお姉さん達、PANDAさん
山の上で至福のとても贅沢な時間。
そうめん、漬け物、梨にアイス。
いい時間だった。
c0077338_2212720.jpg

下の画像は、そうめん 80束完食の瞬間の図。
24~5名でようけ食べました。
テクテク山の会、長崎組の陰での下ごしらえ、ボッカのおかげです。
そよかぜさんの笑顔がなんとも嬉しい。
タクさんテツさんも。今年知り合ったとはとても思えない。

画像後方は、tetu-1さん、ミラさんご夫婦
今年も裏方に徹していただいて、2年続けてのそうめんありがとうございました。
感謝の気持でいっぱいです。
c0077338_2212514.jpg

食事の後は、まるでスケジュールを合わせてくれたかのような長崎音楽隊の合唱と演奏。
こんな贅沢な時間を山で過ごせてほんと幸せでした。
c0077338_22131354.jpg

とても幸せな、贅沢で楽しい山の時間でした。
c0077338_2213358.jpg

楽しい時間を過ごした後は、福岡組4名
Haruさん、Hiroさんご夫婦sasaguriさん、肉まん
は鹿島の祐徳温泉で山の汗を落とす。
その後、これまた恒例の武雄の井手チャンポンへ。
今回、俺はひそかな野望が・・・・・
井手チャンポンとカツ丼を一緒に食べる。
しかし、しかし
店に入り、あのボリュームのあるチャンポンを見たらダメだと弱気の虫が叫ぶ。
この後、俺はカツ丼だけを注文して、食べだしたらカツ丼はあっさりと軽くクリアー
チャンポンを食べるべきだったのだろうか?
いや、やはり48歳の胃腸を考えると自重すべきだろう。
お前、そうめんをどんだけ食べたんや。
自重せれよ。

いや、されどチャンポンも食べたかったし・・・・

悔いを残す悩める肉まんはそうやって、楽しくも悩みながら帰路に着いた。
自宅に帰っても、ビール飲みながら、いろいろ食べた事は言うまでもない。
やっぱ、井手チャンポン、食べるべきやったっちゃろうか?
ギャル曽根偉大なり!
お前、ちょっと、シツコイ。
c0077338_22195568.jpg

c0077338_2220696.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-08-03 22:07 | 山歩き | Comments(20)