雨が降らぬ間に 鬼ガ鼻岩

6月29日(日)
土曜も終日、雨がよく降った。
日曜も引き続き、雨の予報。
頭がさえている間に最後の通信教育の勉強に精を出す。
10時、さあ気分を変えて、たとえ大雨でも山に行くぞ!と外を見ると雨が止んでいる。
山に登るなら今がチャンス!
4週続けての、雨の山歩きはしなくてもいいようだ。

金山に行くか、椎原経由にするかなんとなく迷ったが、近い方の椎原から登る事にする。
今は雨が止んでいるが、最近降り続いた雨の影響か?沢から流れる水の水量、音が凄い。
ゴ~っと凄い音で流れている。
c0077338_0441224.jpg

今日の沢の渡渉は大変そうだなあ。
なんかいや~な予感がした。
椎原登山口では晴れていたし、なんとなく鬼ガ鼻岩直登ルートから登る事にした。
このルートは暑い時は涼しいからね。
c0077338_0185598.jpg

でも登る時は晴れていたが、すぐに薄暗くなった。
直登ルートには幅がせまい小さな沢を何度も右に左にと沢を渡渉するが、今日の水量は凄かった。
c0077338_0201743.jpg

通常はなんなく渡る沢がとにかく水量が多くて、恐いくらい。
また登り出してからなぜか薄暗くなって、夕方17時か18時頃の日暮れ前の山歩きをしているようないや~な気分。
通常は別に単独で歩いてもあまり恐いという感覚はないのだが、なぜか今日は恐く感じた。
これは暗いのと、沢の音がいつもよりも異常に大きいせいだったと思う。
私の短い足では今日の沢は渡れない。
こんな日は不安定な岩場に足を置いて渡るより覚悟を決めてズボズボと登山靴を濡らしながらでも沢の中にしっかり登山靴を入れて、濡れてでもしっかり足元を固めて歩いた。
今日は、こけたり、転倒したりして怪我したり、骨折したりする訳にはいかない。
こんな日に登る登山者はそうそういない。
怪我しても誰も助けには来てくれない。
とにかく注意しながら、コケない事を念頭に置いて登った。
なんでそうまでして登るんだろうね(笑)
c0077338_0305015.jpg

c0077338_031613.jpg

薄暗い登山道から明るい尾根が見えてきて、ちょっとホッとした。
実はここまで少々恐かったからね。
鬼ガ鼻岩には60前後の単独の方お二人とお会いしたが、あとは会わなかった。
縦走路は幽玄な世界にいるようで、別世界にいるようだった。
今日の山歩きは短い時間だったけど、不思議な感じだったなあ。
c0077338_035930.jpg

c0077338_0352182.jpg

椎原登山口に戻っている頃からまた雨が降りだす。
今日はちょっとの間だったけど、濡れなくてよかったよ。

山登りメモ
11:40標高330m付近駐車スペース出発~椎原登山口~直登ルート~12:50鬼ガ鼻岩~椎原峠~椎原登山口~14:10駐車スペース
登り 70分     2時間30分の山歩きであった。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-30 00:19 | 山歩き | Comments(8)

宗像市 雨の城山(369m)へ ウスキキヌガサダケ

ここ数日、九州地方はずっと大雨が続いてますねえ。
先々週、先週に引き続き、今日も雨の山歩きになりそうです。

先週はくそおもしろくもないとハッキリ書いてしまいましたが、今日の山歩きは同じ雨でもそれはそれは最高の山歩きとなりました。
一緒に同行した 5名、下山ではみんな満たされた充実の山歩き。
そう、たくさん ウスキキヌガサダケが開いてたんですよねえ。
その数、13~14本。
昨日の残骸も含めるとこんなにあっていいの?というくらい最高の出会いだったなあ。
それではボチボチとレポ報告しましょうか・・・・


ここ数日の降り続く雨で通常なら、今日の山歩きは雨で中止された方も多かったのではないかと思います。
日曜の今日は、5名で宗像市の城山に ウスキキヌダサダケを探す山歩きに決定。

通常は雨なら中止するのが、本来正しいやり方ですが、みんな思う事は一緒。
この大雨で、土の栄養をたっぷり吸収して、ウスキキヌダサダケは開くのではなかろうか?

この前向きな考え方がズバリと当たりました。
登りと下りで見たウスキキヌガサダケの数々。
いや~、大満足だったなあ。
さらに今日の雨の山歩きを嫌って、登られた方は少数。
おかげで人も少なくしっかり撮影タイムの時間もとれました。
雨の山歩きもまんざら捨てたもんじゃないなあ。
こんな書くと先週のコメントは何だったんだと怒られそうですが、いや~ほんとよかったです。
最初の画像 8時03分 開きはじめ
c0077338_18203473.jpg

同じウスキキヌダサダケ 8時53分
c0077338_18213728.jpg

他にも
c0077338_2133644.jpg


それでは最後に今日のヒロイン、登場してください。

登ってすぐのウスキヌガサダケ とにかく今日はあなたが主役だったね。
その開く場所を選んだかのような主役の舞台、大きさ、タイミング、気品。
どんな素敵な女優さんもあなたにはかなわないでしょう。

7時49分
c0077338_18242118.jpg

9時09分
c0077338_18245848.jpg

c0077338_18251729.jpg

c0077338_1825297.jpg


往復、ゆっくり鑑賞しながら歩いても2時間の山歩き。
とても充実したいい山歩きでした。
c0077338_18272137.jpg


ウスキキヌダサダケの情報は 歩く唐津街道さんのHPで確認されてください。
城山
[PR]

by katuyamak | 2008-06-22 18:21 | 山歩き | Comments(15)

イースタン・プロミス

今日はいろいろ動きました。
朝、通信教育をするつもりが、息子が「デジャブ」を見はじめたので、私も一緒にまた鑑賞(2回目)
2回続けてみてもいろんな視点、考え方、盲点が発見ができるいい作品ですが、逆に疲れましたが・・・・(笑)
ただこんな発想、こんな視点で映画を作れる発想はおもしろいですね。

午後はシネリーブル博多駅にて
「イースタン・プロミス」を鑑賞。
会員特典で1回無料だったので、今日の映画は 1000円で観れた事になります。
14時30分からの外が大雨の時の上映で観客が30名くらいいましたから、多かったんではないでしょうか。

c0077338_22253058.jpg


いやー、リアルでとてもよかったです。
ロンドンのロシアンマフィアって初めての分野だったのですが、リアルでした。
俺ってけっこうマフィア系の映画って好きなんですが、この作品はかなり上位にきますね。
むやみにピストルを使わず、ナイフとかの凶器がかえってリアルすぎて恐いです。

帰り道、人通りが多いところで思わず、秋葉原の事件ではないですが、誰かがナイフで襲ってくるんじゃないかとか不安になったりして、映画の余韻がありましたねえ。

残酷な映画ではあるけど、現実はやはりこうなんでしょう。
でも前途に希望も少し持てるようになっていてくれたので最後はなんとか助かりました。
この作品はマフィア、バイオレンス系が好きな方にはたまらない作品ではないかと思います。

レビュー評価 4・5

その後、気分を変えて焼き鳥屋へGO!
前向きに楽しく飲めました。
今日はようけ雨が降りましたね。


6月に入り、スクリーン、DVDでもう11本もの作品観ました。
いやー、なんか映画にハマッテます。

22本目  DVD       夕凪の街 桜の国
23本目  スクリーン    ヘヤスプレー
24本目  スクリーン    バイオハザード Ⅲ
25本目  DVD       恋におちたシャイクスピア
26本目  DVD       ローグアサシン
27本目  スクリーン    JUNO  ジュノ
28本目  スクリーン    ゲゲゲの鬼太郎
29本目  DVD       バイオハザード Ⅰ
30本目  DVD       ジャンヌ・ダルク
31本目  DVD       デジャブ
32本目  スクリーン    イースタン・プロミス
[PR]

by katuyamak | 2008-06-21 22:31 | 映画 | Comments(0)

宝満山手前鎖場まで 単独

雨の日曜日。
朝からずっと雨、通信教育の勉強などするが止む様子はない。
それでは行くか。傘をさしての裏宝満へ
11時半頃 シトシト降る雨の中を傘をさして出発。
単独での雨の山歩きは随分久し振りの気がする。
いつ以来かは思い出せない。
団体での雨は多いが、単独では、ほんとに前はいつ頃だったかなあ。
c0077338_19203579.jpg

c0077338_19205459.jpg

今日の山歩きはくそおもしろくもない、ただ淡々と歩いただけのピストンの山歩きだった。
c0077338_1921546.jpg

宝満山頂上まで行くつもりだったが、縦走路、鎖場手前からは風が強く、傘が吹き飛ばされそうで止めた。
c0077338_1924397.jpg

なんで人もいないこんな日に山歩きすんの?
それは山に年間 50回登るためさ。
理由はただそれだけ。
今年の回数を23回から24回にしたいだけの話。

じゃあ、なんで年間 50回登るの?
それは俺が遊びだすけんたい。
遊びださない為の俺のノルマ。
俺が遊びだしたら、ろくな事しないのわかってるから。
今さらまた競馬でボロ負けしたくないしね。
50回って決めないと俺、たぶん年間 20回も登らないと思う。

年間の山登りを通じても 本当に、ルートに恵まれ、天候に恵まれ、人に恵まれての楽しい山歩きなんて年間通してみれば10回もないものだと思う。

あとは地道に毎週、毎週の山歩きをとにかくただコンスタントにコツコツ登って行く事。
それでいいやんか。それでいいんだ。
続ける事が大事なんだよ。
それで俺は山からたくさんのプレゼントをいっぱいもらったじゃないか。

素晴らしい山の友人達。
いろんなたくさんの出会い。

まあ、今日はそんな事を歩きながら、考えながら自問自答しながら歩いていた。
まったく、くそおもしろくもない山歩きでしたが、それでも心は満たされ、十分満足。

ただ今日のような強い雨では傘はやはり邪魔。
素直にレインウエア着て登りましょう。

今年の山歩き 24回目

これで毎週、毎週の山歩きもちょうどまる6年、来週から7年目に突入。
まあ、自分のペースでこれからもボチボチ登りましょう。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-15 19:22 | 山歩き | Comments(16)

JUNO ジュノ

c0077338_923365.jpg

6月14日 マイカル大野城5番スクリーン21時50分から 観客は7名くらい。
今年スクリーン15本目

わざわざスクリーンまで行って観る作品だっただろうか?
これが観終わってからの素直な感想。
しかし今日の朝を迎え、昨日の映画を考えた時にいろいろな情景、シーンが思い浮かぶ。
そう考えるとやはり見てよかった作品だったかもしれない。
脚本は確かによかったし、役者ひとりひとりの演技も自然でとてもよかったと思う。
c0077338_930180.jpg


2億ドルを超える大ヒット。
アカデミー賞最優秀脚本賞受賞、主要4部門ノミネートとは出来すぎの感があるが、お国柄の違いもあるような気がする。
ただ心に残る作品だったのは間違いない。

DVD 恋におちたシェイクスピア 11本目
DVD ローグ アサシン      12本目

ローグ アサシンのような簡単に人を殺す過激なアクション映画はしばらく遠ざかっていたが、ランボーやバイオハザードをスクリーンで観てやはりこんな映画も割り切って映画として楽しもうと最近は思うようになった。
思えば20代、30代の時はアクション映画とエロビデオばかり見てたなあ(笑)
[PR]

by katuyamak | 2008-06-15 09:33 | 映画 | Comments(7)

小爪峠へ

ラリーグラスさんのやぶこぎ隊に参加  14名ほど
湯野から△464を目指すコースでかなりのロス。
どこも同じような尾根と谷の植林地帯。
どこ歩いているのかとてもわかりずらかった。
c0077338_22302133.jpg

c0077338_2230343.jpg

この付近のルート歩きはもういいだろう。
植林のせいか、歩いてきて気持いいところではない。
c0077338_22271978.jpg


小爪峠手前、午後1時からの昼食タイムに降りだした雨。
c0077338_22275512.jpg

雨で午後からのやぶこぎのやる気もいささか失せた気がした。
リーダーも同じ気持だっただろう。
自然歩道からちょっとだけやぶこぎして下山。
c0077338_22273723.jpg

登りで時間ロスしたが、私としては、久し振りの地図読みの楽しさに、なかなかにおもしろいと感じた山歩きだった。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-08 22:27 | 山歩き | Comments(7)

ワンコインで映画を2本観る(1000円也)

マイカル大野城
今日から1週間だけのワンコイン作品 2本を観る。 今年 13本目、14本目
 
1本目 「ヘアスプレー」 2番スクリーン
 まあまあ、おもしろかった。
女装したお母さん役の役者誰だったかなあ。
あのそうたい、え~と「サタデイナイトフィーバー」のう~ん?
映画の後半にやっと思い出した。
ジョントラボルタたい。

この映画観てたら昔の「サタデイナイトフィーバー」やオリビアニュートンジョンの「グリース」を思い出した。
なんかまた無性に観たくなったなあ。
俺が19歳と20歳の時の映画だった。

2本目 「バイオハザードⅢ」8番スクリーン
新鮮でとてもおもしろかった。
最初、ワ~気色悪か~、どげな映画やと思ったが、どんどん入っていってしまった。
ちなみに今頃やっとですが、初めてバイオハザード観ました。
こんな作品をでかいスクリーンいっぱいで観れてとても幸せ。
2500円でも堪能したでしょう。
500円でまったく申し訳ないくらい。
ランボーでも思ったけど、やはりアクション映画はスクリーンやね。

途中で静かなシーンからいきなりガ~ンと大きな音で体がびっくりして電気に触れたように、ピクっと反応したのが2回。
お父さんを急に驚かせないでください。
まわりに女性がいたら笑われたろうや。
まわりに人がおらんやったけんよかったあ。

ちなみに観客は私入れて 大型スクリーンなのにたったの 4名。
もうみんなDVDで見たのかな?

この前の「クイーン」もそうだったけど、ヘアスプレーもバイオハザードⅢもたぶんこのワンコイン作品がなかったら、まずDVDでもレンタルしてまでは見ないと思う。

そう考えると何もジャンルを考えないで無心で見るのでかえって新鮮。
500円で映画が観れることがとにかく幸せなのだ。

来週は「ゲゲゲの鬼太郎」だ!
[PR]

by katuyamak | 2008-06-07 23:22 | 映画 | Comments(0)

夕凪の街 桜の国

ずっと観たい作品だったんです。
レビュー評価も高いですね。
3月2日に春日市で上映予定だったのですが、最後のチャンスも行く事ができませんでした。
DVDでやっと鑑賞できました。

c0077338_17334235.jpg

いい作品だったと思います。
戦争、原爆というとても重いテーマにもかかわらず最後は、平成19年に舞台が移って、重い内容のテーマも最後まで観る事ができました。

今は戦争など暗い過去の話も風化しようとしています。
しかし現実に私達の親や祖父母が体験してきた事。

その時代をどう親達が生きてきたのか、生き抜いてきたのか学ばないといけないのでしょうね。
私が住む福岡市でも私の母親は春吉で福岡大空襲を経験しています。
焼夷弾とか、防空頭巾とかB29の話しも昔してましたが、最近は聞いてません。
今度病院で当時の話しをゆっくり聞いてみたいと思いました。

麻生久美子さん・・・・ドラマか何かで数回見たくらいでじっくり映画を見たのは初めて。
             美しい方です。
             昭和の時代がよく似合う女優さんですね。
田中麗奈さん・・・  平成の現代っ子らしい役でした
藤村志保さん・・・・ 作品の中での存在感たっぷり。
堺正章さん・・・   正直、この作品ではキャラが強すぎるし、あまりにも都会っぽいので私はずっと違和感を感じていた。
            前田吟さんとか控えめで誠実に生きてきた人とかが合っていたように思う。

同僚の打越さんと弟役の旭役の若手男優

吉沢 悠さんと伊崎充則さん
この二人は当時の広島から出てきたような、この作品にぴったりのとてもいい演技だったなあ。
最初、誰この人?と思ったけど当時の男性はやはりこんな感じだったと思う。

伊崎さんはそういえば、子役の時に「木村家の人々」に出とったね。面影残ってる。


個人的評価で 私は  4.5点

日本人だからこそ観るべき作品ではないでしょうか。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-07 17:51 | DVD | Comments(0)

本日は・・・

朝は集中して4時間の通信教育。
少々頭が痛くなって休憩。
勉強すると非常に疲れるが、最近本を読む機会が多いせいかそう苦痛ではない。

午後から映画を観に行く。
今日は映画を2本観る予定。
内容はまた今日の夜にでも書き込もう。
帰ってきたら、自宅に中一の息子の友達が5名来ている。
勉強と言う名目での遊びだというのはとっくにわかっている。

みんなかわいい子なんだが、お父さんの希望としては中学生の女の子が5名来てほしい(笑)
「ようこそ~」と冷たいお茶やお菓子を持っていくんだがなあ。

まあ「出てこんでよ。」と言われるのはわかっているけど、そんな事があったら楽しいだろうなあ。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-07 17:04 | Comments(0)

ガソリン価格の値上がりを、前向きに楽しく考えてみる

ガソリンの価格がガソリン税の復活の 5月 1日からずっと上がり続けてますよねえ。
ところで5月度に私の体験でおもしろいデータが残ったのでちょっと報告します。
これってなかなかおもしろい事ではないかと・・・・

ご存知のように政府のドタバタ劇のおかげで5月 1日からガソリン価格がいきなりドンと上がったでしょう。
私はもちろん4月30日にしっかりガソリン満タンにしました。

そして5月を迎えた訳ですが、GW頃からだったんですが、私がちょうど自宅で本を読んだり、ゆっくりしたかった事などあって、5月の私の行動はいつもは月に山に行くのが4回なのが、3回でそのうち 交通機関を使っての山登りの移動が2回。
さらにガソリンが上がったからと私も5月1日から会社の移動手段を晴れている日は、自転車通勤に切り替えました。

何が言いたいかと言うと、通常私は車の月間走行距離がだいたい700~800kmくらい走ります。
車はそれまで 月 31日 フルに乗っていました。
それが5月は 走行400km弱で5月に給油をせずに、6月1日の1回で済んだのです。

月の初めで計算がわかりやすかったのですが、つまりガソリン、CO2の削減率が 50%。
(計算式はざっくりですので、間違っているかも?しれません)

これって凄くないでしょうか?

日本全国で私と同じような事をやったお父さんはけっこう多いのではないかと思います。

これからガソリンがどんどん値上がりして、200円、250円、300円と上がりだすと、
たとえば 2000ccの車に乗って燃費が1km/L= 5の 車に乗ってた人が、これから1km/L=10の車に乗り換えたり、電車にしたり、自転車や徒歩にする人が少なからず出てこないでしょうか?
(参考までに・・・   燃費=走行距離÷ガソリン給油量)

これからはハイブリット車や電気自動車に乗り換えてくる人もさらに増えるでしょう。

車を止めて電車通勤で歩く人も増えてくるかもしれません。
メタボリック症候群の人は特に有効です。(私もですが・・笑)

国民全員がこんな事をしだすと、凄いCO2削減が達成できますよね。

スーパーのレジ袋を止めて、エコバックにしたりなんてもんじゃありませんよ。

自動車保険の営業の方に、実際聞いた話ですが、やはり車を大きいのから小さいのに乗り換えてきている人が最近特に増えてきているそうです。

もちろん自動車産業、観光産業等に携わっている方はこれからは、たまったものではありません。

それも重々承知してますが、日本の将来、世界の将来を考えるとCO2削減が叫ばれている昨今、ガソリンの値上がりは今後は悪い面ばかりではないのかもと思ったりします。

だってこんな事がないと、誰も今までの生活を改善したり、見直そうとは思わないでしょう。
私なんてまさにそうでしたから・・・・

値上がりが続けばハイブリット車の買い替えや電気自動車や次の燃料の開発が今後はさらに加速して進むでしょう。

自分が自動車産業等に関わっていないので、こんな無責任な発言が出来るのかもしれませんが、私としてはこれからは遊び感覚で楽しみながら、CO2削減に協力して行こうと思っています。
まあ、何が言いたいかと言うと私がやっている事は、単にセコイ事をやっているだけなのかもしれませんが、やっている事はまんざら間違っていないのではと思ったりもしているのです。

この前、三郡縦走して思いましたが、私が乗っても、乗らなくても電車は常に動いているし、時間通りに動いてくれる訳ですから、そう考えると電車はとてもありがたい。
交通機関を利用した山登りも月に 1回程度入れる事も視野に入れていくべきではないかと最近は思ったりもしています。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-06 23:09 | Comments(2)