ランボー 最後の戦場

大野城マイカル 5番スクリーン 観客は20名程度  21:30~   1200円
今年12回目  5月度 5回目のスクリーン

「ランボー 最後の戦場」

評価  4.0
[PR]

by katuyamak | 2008-05-29 00:05 | 映画 | Comments(2)

生涯初体験 女優さんと握手 「春よこい」

営業マンから1枚の映画のパンフをもらいました。
私もまったく知らなかった「春よこい」
c0077338_8473850.jpg


今度佐賀県だけ先行上映らしいのでいかがと持ってきてくれたのです。
舞台は呼子らしいです。

その内容を読むうちになぜか無性に観たくなりました。
c0077338_8475787.jpg


日頃、こんなパンフなんていっさい持ってこない奴が私にやるとは私にこの
映画を観るべきではないかというような、なんかのひらめきがあったんです。
(ちょっとおおげさですが、そんな気がしてなりません 江原さん風なら)

じゃあ、佐賀に行こうかと思って、ふと 佐賀のお母ちゃんの顔がひらめく。

思い立ったら行動が早いので、早速電話すると「いいよ」との返事。
お母ちゃんともお会いするのは1年ぶりです。
せっかくなら上峰サティでの5月24日(土)15:35からの監督と女優 工藤夕貴さんの舞台挨拶に行きましょうとトントン拍子に話しが進んでマイカルのインターネットでいい席を予約。
予約して正解でした。満席でした。

監督さんは 三枝健起さん、偶然にも先週、三郡縦走後に観てボロボロに涙が出た
「オリヲン座からの招待状」の監督さんです。
2週続けて同じ監督さんの作品を観て、生で監督さんを見れるとは不思議です。
(こういう体験が意味ある偶然の一致 シンクロニシティっていうんでしょうね)

当日、私も劇場で多くの映画を鑑賞してますが、さすがに監督と女優さんの舞台挨拶は初めてでした。
司会の方がうまくお二人に質問されて呼子でのエピソード等交えて、とても和やかな、楽しい舞台挨拶でした。
舞台挨拶が終わって、お二人が帰られる時に、工藤夕貴さんが通路側の人中心に自分から進んで握手をしてくれてます。(さすが女優、自分の立場をよく理解されてます)
俺、通路側でした。
お母ちゃんと私、しっかり握手してもらえました。

まあ、まさか今頃になって、女優さんと握手する機会があるなんて、思ってもなかったので、とても貴重な体験でしたね。

工藤夕貴さんはさすが女優さんだけあって、とても綺麗な方でした。
真っ赤なドレスがよく似合ってました。(画像でお見せできないのが、残念)
デジカメでこっそり写そうと思ってましたが、劇場内撮影禁止でした。
画像記録では残ってませんが、握手した感触がしっかり残りました。


映画の内容は、正直 まあまあ

期待していた作品だっただけに少々残念でしたが、お母ちゃんとも1年ぶりにお話しできて、楽しい時間を過ごす事ができてよかったです。



[PR]

by katuyamak | 2008-05-25 08:48 | 映画 | Comments(5)

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

金曜の夜21時からマイカル大野城へ出動
5番スクリーン。観客は15名くらい。
1300円の前売りを買ってて、けっきょく1200円のレイトショーの時間に観る。
c0077338_10322223.jpg


トム・ハンクスの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
予告編でおもしろそうだったんだけど、内容は思ったよりはちょっとだけ期待はずれ。
予告編のままであった。
ただアフガニスタンの歴史、当時の情勢、政治の動き。
仕事、生き方に志を持つ事の大事さを学んだ映画ではあった。
評価 3.5

トム・ハンクスの作品は年代が近いせいかけっこう観ている。

1988年  ビッグ (傑作)
1989年  メイフィールドの怪人たち(内容は忘れた)
1993年  めぐり逢えたら
1994年  フォレスト・ガンプ(よかったなあ)
1998年  ユー・ガット・メール
1998年  プライベート・ライアン(リアルな作品だった)
1999年  グリーンマイル
2002年  ロード・トウ・パーディション(俺の中では最高傑作)
2004年  ターミナル
2006年  ダ・ヴィンチ・コード
[PR]

by katuyamak | 2008-05-24 10:45 | 映画 | Comments(2)

オリヲン座からの招待状が来たので三郡縦走

オリヲン座からの招待状の映画が笹栗クリエイトシネマで18時半から
その為だけの理由で三郡縦走してきました。
西鉄 太宰府駅~JR篠栗駅まで
水分 3.5リットル+ビール 250ml消費 とても暑く感じたなあ。


久し振りにホームページから作成しました
誤字、脱字たぶんあり    三郡縦走
c0077338_23504877.jpg

c0077338_23505961.jpg

映画はとてもよかったです。
主役の二人よりも、子役の二人、原田芳雄さん、中原ひとみさんのいつの間にか登場していた、おもわぬ脇役達にやられました。
涙がようけ出ました。

こんなに出たのは「鉄道員 ぽっぽや」「ALWAYS 三丁目の夕日」以来でしょう。
充実したいい一日でした。
c0077338_23511147.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-05-18 23:55 | 山歩き | Comments(11)

映画を観たくて 「三郡縦走」

単独   
西鉄 太宰府駅~JR篠栗駅  7時間35分


最近、ブログばかりを更新していて、すっかりホームページの更新を怠っています。
今回の山歩きは自分自身のコースタイムを今後の参考にする為、さらにもしこのページを見てある方で参考にもなるかと思い、ホームページにて残しておこうと久し振りに更新をしてみる事にしました。
(この記事はホームページより引っ越したものです)


実は「三郡縦走」は先々週の5月4日の休みにすでに歩いているのです。
しかし帰りのお風呂で立ち寄った、クリエイト篠栗にあった看板をみてしまい、また「三郡縦走」をしようと決意。
5月18日(日) 
クリエイト篠栗内のクリエイトシネマにて「オリヲン座からの招待状」上映
入場料 200円

この看板を見た段階でまた来ようと固く決意。
c0077338_11275734.jpg

この作品と松山ケンイチ君と永作博美さんの「人のセックスを笑うな」の邦画2本は今年観る事が出来なかったのでどうしてもスクリーンで観たい作品。

しかし三郡縦走してその後、映画観るとは考えたらとてもハードなスケジュールですよね。

さて、それでは本題の「三郡縦走」を自分で写した画像見ながら、思い出しながらタイムを確認していきましょうか・・・・
自宅を8時過ぎにぼちぼちと出発。
なにせ映画の上映が14時半と18時半からなので、18時半上映に合わせての遅い出発です。
しかし遅い出発をした為に、大量の水分を補給する事になってしまいました。

西鉄 太宰府駅を9時17分出発
c0077338_11291946.jpg


矢印のように太宰府参道を通らずにローソンの道から道路沿いを歩く
c0077338_11302255.jpg

参道を通ってもいいのですが、少し遠回りになります。
それとローソン、セブンイレブンとコンビニがあるので弁当も買いたいし・・・・


道路沿いを歩いて、内山入り口の交差点から右に入ります。
c0077338_11305620.jpg

かまど神社1900mの看板あり

西鉄 太宰府駅からかまど神社まで私の足で約30分でした。
しかし今日は日差しが強く、山歩きの方がちょっと心配です。


9:55分 かまど神社出発
c0077338_11322149.jpg

太宰府駅から38分
あれ? 思ったよりかかってるな。コンビニに寄ったからでしょう。


宝満山 登山道 百段ガンギ 
宝満山までもう少し
c0077338_1134919.jpg



今日も登山者は多かった。
福岡 あだると山の会の方々は登りながら、ゴミを拾ってありました。
頭が下がります。 ありがとうございます。
c0077338_11344188.jpg



宝満山山頂 11時23分  太宰府駅から2時間6分経過
c0077338_11353982.jpg

人がとても多いので、休まずそのまま縦走路を目指します。
正面からの山歩きは先々週よりこたえました。
正直、きつかった。
宝満山までですでに水1リットル消費。
今日は軽い熱中症かと思うくらいによく水を飲みました。
どうなる事やら。今日は暑い。



宝満から三郡を目指す。
九州自然歩道は左を歩きます。 間違えやすい場所です。
c0077338_11363971.jpg




仏頂山 2時間20分経過
c0077338_11374176.jpg



三郡縦走路  
あの騒がしさが嘘のように、正面からの宝満山登山者がここからは10分の1か20分の1くらいにガクンと減ります。
ここからの山歩きが実はとてもいいんですよ。
c0077338_11383223.jpg

c0077338_1139410.jpg



三郡山山頂 12時26分   太宰府駅から3時間9分経過
c0077338_1139403.jpg

休憩なしでそのまま縦走路を歩く
c0077338_1140589.jpg

しかし三郡山までで水分 1.5リットルを消費。体がとても水分を欲しがってます。暑い!
今日はザックに 3.5リットル スポーツドリンクを薄めたのを担いでいますが、少々心配になってきました。


前砥石山(805m) 13時24分  太宰府駅から4時間 6分
c0077338_13134092.jpg


砥石山(829m) 13時39分   太宰府駅から4時間22分
c0077338_13143694.jpg

砥石山で15分の食事休憩をとりましたが、喉が渇きすぎて、体はあまり食欲がない。
とにかく、いなり寿司、かしわおにぎりを無理して食べる。
砥石山までですでに水分 2.3リットルを消費。
若杉山の売店で水とビールを買わないと間に合わないと思ってました。
今日の縦走は相当の暑さとの闘いでしたね。



鬼岩谷山頂(774m)  14時10分   太宰府駅から4時間53分。
c0077338_13153362.jpg



途中で見たでかいシマヘビ
c0077338_13155499.jpg

今日は蛇によく出会った。 暑かったんだろうなあ。


ショウケ越えの上の橋  14時36分  太宰府駅から5時間19分
c0077338_131627100.jpg

ここでなぜか俺に話しかけてくる兄ちゃんと5分以上立ち話。
俺みたいな変なおいさんに興味あるのか?
まあ、映画を観る為だけに、三郡縦走する奴は俺くらいだろう。



若杉山登山道途中の倒木
c0077338_13171764.jpg


若杉ケ鼻      とても見晴らしがいいビューポイント
c0077338_13174427.jpg


シャガの花畑
c0077338_1318870.jpg

ここの花は先々週もこんな感じで咲いてた。息が長い花です。



若杉山山頂の標識  15時17分
c0077338_13185860.jpg

c0077338_13191662.jpg

標識に宝満山から5時間 太宰府から7時間とあります。  ちょうどいいコースタイムではないかと思います。
ここまで私の足で宝満山から 3時間54分  太宰府駅からちょうど 6時間でした。
これでやっとビールが飲めます。


若杉山山頂にある売店で小ビール(250ml) 250円
c0077338_13202755.jpg

350mlを飲んだら映画で眠くなるのでこれで我慢。
縦走中は小ビールくらいが適度な緊張感がまだ維持できるので、これくらいでちょうどいい感じです。 
若杉山途中で見かけたツツジ  綺麗でした。
c0077338_13205063.jpg



さて私が今回の三郡縦走でホームページを作成した理由。
実はここから若杉山からJR篠栗駅までの山歩きが案外わからないものなのです。
私が知る限り、ホームページで若杉山から篠栗までの山歩きを丁寧に載せているページは少ないです。
というかあるんでしょうか?  

とにかくこの若杉山、人の手が入りすぎてて、道がとてもわかりずらい山なのです。
車道あり、おへんろ道あり、どれがハッキリした道なのかいまいちよくわからん。
そういう私も今から下記に載せている道が正解なのか私もよくわかっていません。

私も最初の三郡縦走では車道を歩いてしまい、大変な回り道をしました。
まあどれが正解というのはない山なのかもしれませんが、今回はこんなコース歩きました。
もし参考にできる部分があれば参考にされてください。
ただしこのルートが正解だとは私も思っていませんので・・・・

太祖宮というところから下に石段があります。
ここを降りて下さい。
c0077338_1322124.jpg

右に車道を下る道があり、ここを歩きたくなりますが、遠回りになります。

ただし、このコースが正解?とは限りません。
あくまで時間が早いというコースです。

石段を下って、林道に出ます。
ここから少し20メートルくらい左を歩くとこの分岐に出ます。
c0077338_13225618.jpg



実はこの道、左に下っても右に下ってもいいです。
右側の道が急な分、早く着くかと思います。


下ると杉の大木があり、遊歩道入り口のところへ出ます。
c0077338_13233975.jpg

下ると車道がありますから、車道を楽園方面に右に歩きます。
c0077338_13241396.jpg


楽園に着いたら、大きなトイレを目指して歩いてください。
c0077338_13252894.jpg

その大きなトイレのところから下に下る小さな木道があります。
ここを下山します。
c0077338_13261150.jpg

せと小学校の子供達が作った標識が目印です。
車道を下るととても遠回りになります。

木道はこげな感じで下ります。
c0077338_13263618.jpg

下ったら車道にまた出ます。
犬を3匹くらい飼っているところに出ます。 それで正解です。
c0077338_13271627.jpg

ここのワンちゃんが元気がよくて、よく吼えるんですよね。

なんか俺が泥棒みたいな気持になるから不思議です。

まあ悪いことはしてないつもりです。

ワンちゃんの車道に出たら、下ってすぐの道をまた木道がありますので、右に下ります。
c0077338_13274512.jpg

先々週、三郡縦走した時はこの下りの道を見過ごしました。
わかりやすくもあり、わかりずらくもある。
私としてはここは、とても重要なポイントではないかと思います。
このまま、まっすぐ車道を下ると20~30分タイムロスする事になります。



ここに出たら正解
c0077338_13283027.jpg

c0077338_1329227.jpg

ここから車道歩きです。
下っていて右側にこの道が見えたらここを下ります。
c0077338_13294476.jpg


この道を下ると「若杉の湯」のところに出ます。

こうやって確認しながら書いていても、ほんとに若杉山はややこしい山です。

車道が時々は出てきて、とても邪魔というか、迷わせてくれるんですよね。
ああ、書いていてもとても面倒くさい。


若杉の湯を通って
c0077338_1331321.jpg

さらに車道からこの道を下ります。
c0077338_13314633.jpg



下ったらここに降りてくるはずです。
c0077338_13322332.jpg

おへんろ道だと思いますが、車道が途中、途中に出てきて、とてもややこしいです。

ここからJR篠栗駅まではもう少しです。
左に曲がらず、まっすぐ進みます。
左は若杉山の車道入り口のところです。セブンイレブンが見えてきたらすぐです。
c0077338_1340654.jpg

c0077338_1341419.jpg


セブンイレブン篠栗 尾仲店
c0077338_13422213.jpg

若杉山に行くには、覚えておきたいコンビニです。
篠栗駅からすぐ道路越えたところのコンビニです。
篠栗駅から登る場合、最初は案外方向がわからないものです。


三郡縦走路のゴール地点
JR篠栗駅です。
16時52分 7時間35分の山歩きでした。
c0077338_13433157.jpg



自分自身、最初とても体が水を欲しがり、水分補給したので、どうなる事かと心配しましたが
砥石山過ぎたあたりで体が水分をあまり欲しがらなくなり、助かりました。

先々週はけっこう、いっぱいでしたが、今回は、ゴールしてもまだまだ体力には余裕があり
まだ2~3時間歩ける山の体力があると感じました。
ほんとまだ余力がありましたよ。
ここ数週、ずっと長い山歩きしている成果かな。

しかし今回の山歩き、まだ終わりではない。
この後、映画も観る予定。

私の頭の中ではまだ終わっていません。
縦走が終わってみれば、水は担いだほぼ同じ量の 3.5リットルを消費。
さらに小ビール飲んでますし
下山後飲んだ今日一日の水分を消費した量は、たぶん5リットル越えているでしょう。

篠栗役場前の「だいあん」さんでラーメン。
c0077338_1345471.jpg

実はここでいつもなら生ビールとラーメン替え玉をするのですが、今回はまだ映画を観ます。

ラーメンだけで済ませました。
実はこの店、とてもおいしいです。
麺、スープとのバランスがよくほんとうまい!

ラーメン食べたらまずは風呂です。
私も知らなかったのですが、ごえもん君に教えてもらったのですが
このJR篠栗駅の歩道橋を越えて裏にクリエイト篠栗と言う篠栗町の施設があります
c0077338_13463526.jpg


ここにお風呂と映画がセットであるのです。

画像を撮ってないので、先々週のですが
ここのお風呂は 300円。サウナも水風呂も露天もあります。
ボディーソープ、シャンプー、ロッカー(無料)完備。文句無し!
c0077338_13472869.jpg

c0077338_1349091.jpg

若杉山の登山後には是非、来たいところです。
穴場ですよ~。
知らない人多いかと思います。
若杉の湯に入ったら、まだ駅が長いので、そこから変な汗かくでしょう。
ここなら篠栗駅がすぐそこなのでバッチリですよ。

お風呂に入ったあとは、ゆっくりくつろいで映画を鑑賞。
c0077338_13505100.jpg

映画の内容はこのページで書くと長くなるので、ブログで書いておきます。

新田次郎さんの作品だったんですね。
「鉄道員 ぽっぽや」「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た後と同じようにとても涙が出た作品でした。

充実した一日になりました。
なおこの映画を観たので、自宅着は22時でした。
なんか俺、こうして書いてみると元気ですね。

久し振りにホームページ更新して、なんかえらく疲労感がありました。
2003年頃は毎週、ホームページから更新してたかと思うとあの頃は、よくやってたと思います。
ブログの方が、サクサク出来てやはり簡単ですが、たまには自分の行動時間を記録しておくのは、
いつかまた歩く時の参考になりますね。
しかし、縦走後の「だいあんラーメン」と「オアシス篠栗」のセットメニューはこれはかなり捨てがたい
フルコースメニューですよ。
生ビールと替え玉付きにするかどうかは悩むところですが、本人の自由ですからね。
またクリエイトシネマで映画がある時はやってみようかな(笑)

     山登りメモ 使ったお金
   
     市内~西鉄 太宰府駅 片道   280円(旅費)
     JR篠栗駅~市内     片道   360円(旅費)
     若杉山の売店の小ビール     250円
     だいあんラーメン  たしか     450円くらい
     オアシス篠栗 風呂         300円(風呂)
     クリエイトシネマ            200円(映画代)
     セブンイレブン 飲食代       600円くらい       

1日  2500円くらいでこれだけ遊べれば十分でしょう。
実に楽しい大満足のお父さんでした。
              
[PR]

by katuyamak | 2008-05-18 00:00 | 山歩き | Comments(0)

最高の人生の見つけ方

昼休みに映画の作品をチェックしていて、突然無性に見たくなった作品。
早めの19時半で仕事を止めて、あわてて帰り、ダッシュで夕食を済ませて21時10分からのレイトショーに間に合った。

マイカル大野城 8番スクリーン 観客は火曜にしては思ったより多くて、10名程度。

いや~、とてもよかった。
映画の内容は書かないけれど、ジャック・ニコルソンはとてもジャック・ニコルソンらしかったし、、モーガン・フリーマンはいつものあのモーガン・フリーマンだったのが何よりよかった。
c0077338_028174.jpg
つまり映画の作品は違っていても、二人の主役は、いつものあの個性のままだった。

モーガン・フリーマンの笑い声がとてもよかったなあ。
彼が笑っている声ってそう言えばあまり聞いた事がなかった気がする。
彼みたいな人がそばにいてくれたらとてもホッとするだろうなあ。

ジャック・ニコルソンは目が恐い人だ。
ディパーテッドのマフィアのボス役ははまり役だった。
今回は演技としては、なかなかむずかしい人間臭い役だった筈だけど、さすがだな。

作品の中で、世界のいろんな名所のところにも観光できたし、スクリーンで観れてよかった作品。
アッという間に映画が終わりました。
それだけ作品にグ~と入っていたという事でしょうね。
二人も名優がいるんだから当然かな。
[PR]

by katuyamak | 2008-05-14 00:32 | 映画 | Comments(4)

今日の昼飯

c0077338_12463953.jpg

ローソンのギャル曽根プロデュース
大食いモダン焼きとおにぎり 603円
[PR]

by katuyamak | 2008-05-13 12:46 | Comments(0)

矢筈峠~椎原峠~猟師岩山手前~鬼ガ鼻岩

5月11日(日)   単独
大井手橋~椎原登山口~車谷ルート~矢筈峠~833mピーク~椎原峠~猟師岩山手前
~鬼ガ鼻岩~鬼ガ鼻岩直登ルート下る~大井手橋
c0077338_2183881.jpg

さて、日曜はラリーさんのやぶこぎだなあと思って、金曜にルートチェックしようとしたらなんと予定表は10日(土)になっているではないか。
10日はどうしても行けない。
ハア(ため息)。山の行動で、生涯初の当日、ドタキャンをしてしまった。
なんか雨が降ったからドタキャンしたのではと思われるようで心苦しいばかり。
隊長他、やぶこぎ隊のみなさん、土曜日は雨の中お疲れさまでした。
雨の中こそ参加しないといけないのにごめんなさい。

さて、そうして、しっかり日曜は晴れている。
今日は先々週に歩いた背振のミツバツツジがまだ残っているか気になるところ。
今日は車が多いだろうと大井手橋付近から出発。
椎原登山口までここから約20分で到着
c0077338_2185927.jpg

今日は登りは車谷ルートと決めていた。
縦走路沿いのミツバツツジを見る為。
c0077338_2191989.jpg

大井手橋から1時間40分、椎葉登山口から1時間20分で矢筈峠に到着。
のんびり歩いた割にはいいペース。
先週と比べたら全然汗かかないなあと思って考えたら沢沿いを歩いたからだろうか?
心地よい沢のおかげか?たいして汗もかかず、水もほとんど飲まなかった。

先週の三郡縦走では水を2リットルとビール350mlその後、居酒屋でビール等猛烈に水分を取ったが、今回は約5時間の山歩きでも水500ml程度であった。
c0077338_2193426.jpg

さて、矢筈峠~椎原峠までの縦走路のミツバツツジはどうだろう?
昨日の雨でやはり相当花が散ったと思われる。
ピークは5月6日頃だったかな。
ピークはちょっと過ぎているようだが、まだまだ縦走路ではなかなかに楽しめました。
c0077338_21103939.jpg

一人で縦走路をぼんやり歩いていると、突然「あなたどこかで見た事あるねえ?」と声をかけられる。
ああ、俺もどこかでなあ?と考えていたらそうそう、N婦人他のみなさん、次にサスケさんが・・
ラストは花先生のミ~コさん。
サスケ&ミ~コさんとは、昨年の秋の岳滅鬼山いらいだなあ。
お二人が山をこよなく愛してあるのが、俺にはよ~くわかる。
またどこかの山でお会いしましょう。
c0077338_21101157.jpg

c0077338_21114366.jpg

c0077338_21115718.jpg

833mピークで軽い食事をして、椎原峠から下山するつもりだったが、どうも背振のシャクナゲの様子が気になりはじめた。
そのまま猟師岩山手前まで歩いて、シャクナゲの様子を見てみよう。
c0077338_21121330.jpg

久し振りに背振でシャクナゲを見た気がする。
いつも今の時期は多良山系やくじゅう 三俣山など遠出していたから。
まあ、背振のシャクナゲも花芽がないと心配してましたが、そこそこに咲いてくれてました。
足を延ばしてよかったです。
c0077338_21123153.jpg

その中で オオ!と私が思わず驚いた木があった。
根が折れてもう根元もいずれ朽ちるであろうシャクナゲの木が花を咲かせていた。
sasaguriさんもHiroさんも確か覚えてませんでしたか?
c0077338_211247100.jpg

最後の力を振り絞るように必死で花を咲かせたのだろうか?
おもわず、「ようがんばったな」と手を当てて声をかけた。
「ありがとう、よう咲いとるぜ」
c0077338_2113180.jpg

来年はもう朽ちているだろうか・・・・
この花を見れただけでもここに足を運んだ甲斐があったということだなあ。
ミツバツツジもシャクナゲも今週いっぱいくらいまででしょうか。
c0077338_21131334.jpg

下りは鬼ガ鼻岩直登ルートをくだった。

山登りメモ
4時間50分の山歩き(休憩含む)  水分補給は 500ml。
今日は涼しく歩きやすかったが、縦走路と下りでは道がぬかるんでいるところがあった。
[PR]

by katuyamak | 2008-05-11 21:10 | 山歩き | Comments(6)

整理整頓でいい事が・・・

5月4日にごえもん君と一緒に長い時間、三郡縦走路をいろんな話しをしながら歩きました。
その中の会話でとても参考になった事。
彼の上司の課長がとても前向きな方で、机も引き出しもいらない書類すべて捨てさせて机まわりの整理整頓を徹底させているとの話し。

他社ながら立派な人だなあと思って、話を聞いてましたが、やり方が半端じゃないくらい凄い。

具体的なエピソードまではここでは書きませんが、やはり仕事が出来る人はそうなんだなあとあらためて整理整頓、片付け、掃除の重要性を再認識しました。

ちょうどその後、5日、6日そして10日と休みが続いたので、私も早速、その課長さんを真似して、自宅のいらないもの衣類、本、その他、すべて廃棄。
会社でもいらない書類をすべて廃棄。
捨てる基準は今必要か必要でないか。
おかげでスッキリして、とても綺麗に片づきました。

自宅でもそれを徹底して、自宅には書類はありませんが、私の場合、本棚が2つありまして、本がなんとなく多かったのです。
それに使わないデジカメが1つに、壊れたデジカメが1つ。

土曜がちょうど雨だったので、徹底的に整理してその後、読書。

本棚の読まないであろう本を50~80冊くらい処分。
今まで1500円もしたからと思って、飾ってあるような本や、いつか読むかもと思っていた本。
ようはこれから読むかどうかで考えてどしどし処分。

BOOK・OFFに持っていって約3000円程度で買ってくれた。

次はデジカメ
1つは壊れているのでそのまま廃棄。
次に使わないデジカメ。
俺の気持としてはまあ、1000円かなあ。3000円で買ってくれたら御の字という程度。
高山質屋の買取コーナーに持参。
待っている間、俺もとうとう、質屋で買ってもらっているのかという複雑な気分。
生涯、質屋で買取を依頼したのは初めてである。

「おまたせしましたあ~ 1万円でどうですか?」

ええ! 表情は固いが、(心の中では喜びまくり状態 ヤッタ~♪)

思い切り捨てるぞと、決断して、あっさり廃棄のつもりの物が 13000円に変わった。

ちょうど週末に読んでいた本が 2冊。
c0077338_23324695.jpg

たまたま偶然か、どちらの本にも整理整頓の重要性が書いてあった。
船井幸雄氏、カルロス・ゴーン氏 
共に机まわりはとてもきれいで、いらない書類がいっさいないらしいです。

「運のちから」の本には、いらない物を捨てないと幸運がやってこないとある。
この本は捨てようかと迷って、いや待てと週末に読み直した本。

さあ、さあ、まだまだいろんなもの、いっぱい捨てよう。
そして運をよくするぞ~!
運は流れなので、この流れをよくするには、いらないものを捨てないといけないらしいです。

ところであなたの机のまわり、いらない書類入っていませんか? 片づいていますか?
心当たりのある方、一緒に運をよくしていきましょうね。
[PR]

by katuyamak | 2008-05-11 19:12 | 読書 | Comments(4)

観光 みやざき 5月号の表紙に・・・

先日、きのこさんからの郵送物が着きました。
空けてビックリ!

なんと私が観光 みやざき 5月号の 表紙に載っているではないか・・・・・

ええ! 嘘やろ。 お前みたいな地味な顔がか?と疑り深いみなさん
ちゃんと見てくださいよ~
c0077338_23241691.jpg

まあ、確かに地味に写っておりますなあ(笑)
c0077338_23235114.jpg

c0077338_23243015.jpg

雑誌にまで掲載してもらって、ほんとに4月の霧島のいい思い出になりました。
きのこさん、本当にありがとう。
出来たら参加された他の 福岡、熊本、鹿児島の人達に配りたいが、なにせ私が宮崎までは、おいそれと行けません。
この画像でお許しください。

霧島では浜口兄弟と会ったり、この観光 みやざきに写真が載ったりと記念に残る思い出深い山歩きになりました。
計画~実行まで実現する事が出来て本当によかったと思います。
c0077338_23292183.jpg

[PR]

by katuyamak | 2008-05-10 23:25 | Comments(4)