パッチギ! LOVE&PEACE

5月20日 福岡ルクル 1番スクリーン 21:20~23:40  1200円

最初の作品をついこの間、DVDレンタルで観ておもしろかったのと前宣伝からおもしろそうだったので、観てきました。
いつも行っているホームグランドの大野城マイカルで上映されてないので、ダイヤモンドシティまで足を延ばしました。
c0077338_215584.jpg


さて、その内容。

すみません、他人の作品を批判するのは、あの「幸せのちから」で経験済みですが、書いたあとに自分自身が引きずってしまって、あまり後味がいいものではありません。

しかし、すみません。
 昨年 32本、今年 18本の映画を観た中で最低ランクの最下位の映画でした。
前回のは内容が在日という過激な内容の中にも、高校生の弾けるエネルギーを感じそれはそれでおもしろい作品でしたが、今回はちょっと最悪でしたね。

具体的な内容は作品批判になるので、書かないでおきましょう。
でもこれはNANA2のズッコケより、さらにひどいですね。
途中で席を退席しようかと思ったくらい、内容がひどかった。

秋に上映予定の「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編だけはちゃんとした パート2作品を作ってもらいたい。

これはもしかしたら私だけだったんだろうかと思ったらヤフーのレビュー見て納得。
816件のレビュー投稿 5点満点の 1.51点とは上映すぐでこんな悪い点数見た事ありません。
このレビューの評価はあながちはずれてないし、
名作 善き人のためのソナタは ちゃんと 4.6点の評価を出してくれてます。

まあDVDレンタル半額セールで借りればいい程度の作品でした。
ただ作品としてはダメだったが、出ていた役者はそれなりにがんばってました。
中村ゆりさんは将来性を感じます。
はあ~、また作品批判してしまった。(ため息)
自分に対して、嘘がつけないんです。

[PR]

by katuyamak | 2007-05-21 21:09 | 映画 | Comments(4)

黒岳周回縦走 

今年初めてになりますが、4名でくじゅうに行ってきました。
もしかしたらまだ残っているかもしれないシャクナゲを見たい。
という訳で黒嶽荘から周回縦走をする事にしました。
メンバーは
特別ゲスト(友情出演) 宝満山登山2700回以上 の  M師匠
1分間の脈拍47回 スポーツ心臓を持つ          山ごえさん
今年は岩登りに夢中 昨年の山歩き 1年間で80回   カラビナさん
そして一番若いくせに一番体力がない体重増加中の   肉まん      以上4名    

c0077338_229218.jpg

朝、7時40分黒嶽荘下駐車場出発
c0077338_2294487.jpg

シャクナゲの木はそれはそれはたくさんありますが、下の方はもう咲いていないか花が咲いた後でした。
前岳まではシャクナゲの花はほとんど見る事はできませんでした。
前岳~高塚山の間でやっと見ることができた。
c0077338_2212461.jpg

c0077338_2212588.jpg

高塚山11時20分頃着 ここまで3時間40分くらいかかりました。
c0077338_22201893.jpg

天狗岩を目指すが、女性、60代のグループを待ち、上が詰まって進まないので8合目付近で撤退。 風穴を目指す。
風穴付近にもう咲いていたイワカガミ、くじゅうだなあ。
c0077338_22345080.jpg

今回の山歩きのポイント 風穴からちょっと岳麓寺に向かってからの分岐
上峠、雨堤方面に迂回、周回する。
c0077338_2241252.jpg

この標識にいたずら書きで ダメ、マヨウ と書いていたが確かにそうかもしれない。
ここから雨堤~黒嶽荘の道はそれは険しかった。
c0077338_1725266.jpg

前半の道は険しいが途中からは、自然豊かでとても素晴らしい登山道であった。
(金泉寺小屋からの多良~経ガ岳の縦走路に似ていた気がする)
15時ジャスト 黒嶽荘前に着いた時はホッとしました。

山歩き 7時間20分(休憩20分含む)
実は山歩きが終わってから実に楽しいハプニングがありました。
私たち山歩きを終えたおじさん 4名が黒嶽荘でそうめん食べて、水を汲もうとしていたら,
大分合同新聞さんから取材を受ける。
とてもかわいい記者のお嬢さんから何でもこの黒嶽荘のお風呂に入ってくれないかとの事?
かわいい女性に弱いおじさん達は素直にお風呂に入る。
せっかくだからお風呂に5名で入りましょうと誰かが言ってましたが、やんわり却下される。
(お風呂は黒嶽荘のご主人のご好意で無料でした。)
そして浴槽に入っているところを別の女性カメラマンから撮影してもらう。
なんでも来週の新聞に載って、来週の温泉紹介の動画画面にも出るらしい。
撮影が終わったら山歩き、取材が終わってホッとしてワイワイガヤガヤ
今日は自然いっぱいの黒岳を満喫、メンバーも楽しく、お風呂にも無料で入れておまけに新聞の取材を受けて若い女性と話せてと楽しい一日でした。

動画を見たい方は
大分合同新聞→動画→黒嶽荘から入れば見られます。
(入浴シーンはおじさん達だけです。ごめんなさい。)
c0077338_2332747.jpg

c0077338_23322030.jpg

[PR]

by katuyamak | 2007-05-19 22:13 | 山歩き | Comments(2)

DVD  ライアーライアー

昨日、今日と男の子の不憫さを思うと、悲しく気が重くなってました。

気持ちをひきずっていたので、仕事終わって、気分を変えようとDVDをレンタル。

1997年 ジムキャリー主演 「ライアーライアー」

c0077338_0313625.jpg

仕事でも、自分の息子にも嘘ばかりついている嘘つきのやり手弁護士が子供の願い事で嘘をつけなくなってしまってすべてに正直に話してしまうコメディ。

途中、途中にジムキャリーならではのセンチメンタルな、やさしい純粋な気持ちが随所に出て笑えるけど、とてもいい作品でした。

ジムキャリー自身、キャンピングカーやテント生活でとても貧乏で苦労している過去があるのにそれを気づかせない明るさとやさしさと素晴らしい笑顔がありますね。
無愛想な私なので、少しだけでも見習いたい。


なにげなくこの作品をレンタルして観たのも男の子の記事を読んだからなんでしょうね。

お父さんはがんばろう。
(自分自身に言い聞かせてます。)
[PR]

by katuyamak | 2007-05-17 00:20 | DVD | Comments(0)

赤ちゃんポストに 3歳児の男の子

ちょっと書き込みします。
山の話でも、映画の話でもありません。
赤ちゃんポストに 3~4歳児の男の子の記事はみなさん読まれた事でしょう。

仕事中にこの記事を読んだ時に、おもわず涙が出そうになりました。
3歳~4歳なら子供の時でも一番かわいい時です。
この時期の男の子はもうしゃべれるし、きっとお父さんの事、お母さんの事もよく覚えているでしょう。
ポストに入れた(あるいは預けた、捨てた)保護者の方もきっと人には言えない諸事情があったんでしょう。
私はこの保護者の方を責める気持ちは毛頭ありません。

また赤ちゃんポストの設置の是非についてもコメントはあえて書きません。

ただポストに入らされた男の子のこれからの幸せを思わずにはいられません。
これからは誰から愛をもらえるんだろう。

つらいだろうけど、どうか元気に育ってくれ!(涙)
[PR]

by katuyamak | 2007-05-16 00:18 | Comments(2)

5月13日 椎原~907mピーク

ラリーグラスさん主催のやぶこぎ隊に参加しました。
今回は珍しく男性の方が多く、13名、7名が女性でした。

椎原バス停より9時半、準備体操をしてから出発。
今回は背振山付近のほうにやぶこぎです。
標高260m付近から植林地帯にやぶこぎをする。
ええ! こげなとこから? おいおい、うそやろ?
このマニアックな入り方が好き。
c0077338_2027251.jpg

ここから三角点 502.2mを目指すが、いきなりなかなかハードである。
c0077338_20275334.jpg

画像は三角点 502.2m
いつもの事ながらよくここにたどり着けると感心します。
次は754mピークを目指す。
c0077338_20303749.jpg

754m付近。
ここまで佐藤隊長は絶好調。この調子でガンガン行ってくれます。
谷沿いで1時間休憩の後、さらに上に登る。
14時30分にまだ上を目指していました。
c0077338_2033183.jpg

今回は隊長の気合をひしひしと感じる。
c0077338_20331554.jpg

907mピーク付近でやっと下山開始。
暑いのと、なかなかの藪こぎでけっこうヘトヘトです。
ただみんな黙々とよく付いて行ってます。
初めて参加した20代のお兄ちゃん2人がこんな本格的なやぶこぎと知らずびっくりしてました。
何も知らずに、地形図もなし、半そでシャツを着ている。
次回から長袖を着てきましょう。
下りのやぶこぎも手ごわかった。
c0077338_20353875.jpg

今回はまともな登山道のありがたさがしみじみわかる。
でもこんな山登りも経験しなくてはいけません。
隊長のやぶに思い切って入れる勇気、見事な行動力、判断力、元気、気合に感謝です。
17時頃、椎原バス停に到着。今日はしっかり、ビッシリ歩きました。

今日は久し振りにハードなやぶこぎの山歩きで、自宅に帰ってから私もくたくたでした。
ビール飲んですぐ眠ってしまいました。
[PR]

by katuyamak | 2007-05-14 20:27 | 山歩き | Comments(4)

5月12日  スパイダーマン3

昨晩はDVDレンタル  「16ブロック」を観る。
疲れた時には何も考えないでいいアクション映画はいい。

5月12(土)  大野城マイカル 1番スクリーン 「スパイダーマン3 吹き替え版」
10:50~13:25 観客は家族連れ等で大きな1番スクリーンに8割くらいの入り。
久し振りに家族で観る。

この作品はうちの子が小さな時からハリーポッターと一緒で1、2と観ている作品。
c0077338_17263137.jpg

内容はとてもおもしろかった。
主人公のトビーマグワイアの演技がとてもいい。
庶民的で、人間臭い、どこにでもいる隠れたヒーロー。

彼はスパイダーマンはもちろんだが、私としては
「サイダーハウス・ルール」で孤児院で生まれ育ったとても純粋な青年の役を演じた時の彼の演技が忘れられない。
だから私は個人的に彼がとても好きなのだ。


これは小さな子供さんと一緒に観たい作品。
とてもよかった。
前売り券1300円で購入したが、3000円払ってもいいくらい映画としてとても見ごたえある作品だったと思う。
私と同年代のお父さん、息子さんと一緒に映画館に行かれませんか?
(yamaakiさん、デンターさん、カラビナさん、風来坊さんいかが?)
★★★★★
[PR]

by katuyamak | 2007-05-12 17:36 | 映画 | Comments(0)

5月9日  バベル

大野城マイカル 2番スクリーン 21:45~0:20

週末は家族で「スパイダーマン3」を観に行く予定にしたので、早めに「バベル」を観る事にする。
今日は暑かったので、映画館に薄着とおいさんスリッパでいつものように単独で行く。
すると館内は弱い冷房が入っていて少々肌寒かった。(失敗した)
私の記憶では冷房が入り始めたのは今年に入ってこれが初めてのような気もする。
(いつも人が少ない時間帯に行く為)
終わるのが0時を過ぎるのでさすがにどうしようか迷ったが行ってきた。

さて、感想。
まあはっきりいって私は別に観なくてもよかった作品。
重くて後にひきずる作品だった。
DVDレンタルで準新作になるまで待って、それで半額の時で十分かな。


ただ映画作りの着眼点、発想、切り口はたしかに凄いし、こんな映画の作り方もあるんだなとは思った。
東京のディスコでアースウインド&ファイアーの曲が流れていたのは懐かしかったなあ。
自分がちょうど20歳前後の頃よくレコードで聞いていた曲。
また聞きたいと思った。
なんていう曲だったかそれが思い出せない。
セプテンバーやったかいな?

まあ、収穫はこの曲を思い出した事。
今の話題についていけた事、菊池凛子さんを見た事、くらいかな。
菊池凛子さんは確かにいい演技してました。
ああ、あの女優さんも有名な人なんだよな。
ケイト・ブランシェット  存在感ありました。
c0077338_2352734.jpg


でもやはりお金を出してみるならどうせなら「ロッキー」にしておくべきだったなあ。

私の感想はどうも最近のアカデミー賞、アカデミー候補に感動して、心ふるえる作品が感じられない。
ただアカデミー賞外国語賞はとてもいい作品があると思うけど・・・
今なら断然邦画を観ている方がいいな。
[PR]

by katuyamak | 2007-05-09 23:33 | 映画 | Comments(2)

5月5日  DVDで「パッチギ」と「夜のピクニック」を観る

山歩きを終え、夕方からDVDを2本観る

「パッチギ」
5月19日からパッチギ2があるが、そういえばまだパッチギ1を観ていなかった。
さっそく観てみる
1968年の京都が舞台。
たしかにその頃の京都や福岡の高校生、在日の高校生はああだったんだろうなあ。
私が通っていた当時の博多駅付近にも在日朝鮮人の方は多かった。
昔は川沿いにたくさんの不法建築の家が多かったなあ。
みんな体張って生きていたんだろうと思う。
当時の時代背景がよく出ている作品だと思う。

どちらかといえば、この問題はタブー視されていて、みんな知っていても知らないふりして生きてきたのだが、あえてこの時代背景の在日朝鮮人と日本人との関係を映画にして上映したのは凄いと思う。

内容はきわめて真面目な作品であったが、エンターテイメントとしての楽しむ映画とはちょっとジャンルが違う気がするが、確かに大いに評価されていい作品だと思った。
ただし最初から最後までずっと喧嘩しているので少々疲れる映画ではあった。
5月19日からはじまる「パッチギ!LOVE&PEACE」は観にいこうと思ってます。
でもスパイダーマン3も前売り買っているけど、まだ行けてない。
「バベル」もみたいし、「プルコギ」の焼肉の映画もおもしろそう。
時間が足りんなあ。

「夜のピクニック」
80kmを歩き通す高校生の話。
まあこちらは昔のパッチギの高校生とはまったく対照的なちょっと冷めた現代の高校生の姿が素直に出ていてまあこちらのほうがのんびりと観る事ができた。
私も機会があれば40kmくらいなら歩いてみたいな。
[PR]

by katuyamak | 2007-05-06 08:42 | DVD | Comments(0)

5月5日 雨の鬼ガ鼻岩

今日も大掃除の続きをするつもりだったが、雨が降っていない。
今日は本来、背振大縦走をするつもりが雨予報だったので、中止した。
しかし雨が降ってないなら、ちょっと行ってみよう。
椎原を目指す。
今日はさすがに午後から雨予報で車は少ない。
まだ雨は降ってきてはいない。
遅めの11時登山口下の駐車場から出発。車は私の1台のみ。
c0077338_1726444.jpg

上の登山口に 3台とまっていた。

今日は静かだ。
やはり来てよかった。いい時間だ。

標高600m過ぎたくらいから小雨がだんだん強くなってきた。
c0077338_1727022.jpg

ただ上の木が守ってくれているせいかあまり濡れない。
c0077338_17281990.jpg

しかし鬼ガ鼻岩ではもうかなりの雨が降っている。
金山方面に足を延ばそうかと思ったが、椎原峠を目指そう。
縦走路も雨が強かった。

そうそう、椎原峠手前で3本のミツバツツジが見頃だった。
雨で写せなかったが、今日はこれが見られただけで十分だろう。
ありがとう。

久し振りに濡れながら単独で雨の登山道を歩いている。
ただ今の時期、それがなぜか気持ちいい。
メタセコイアの森を歩きながら楽しい静かな山歩きは終わった。
c0077338_173317100.jpg

ズボンはずぶ濡れだが、今日はとても気持ちのいい山歩きをした気分。 いい時間だった。

山登りメモ
登山口11:00-鬼ガ鼻岩12:15-椎原峠ー登山口13:30
2時間30分の山歩き
2リットル担いで登ったが、雨が降っていたせいか水は300cc補給しただけですんだ。
[PR]

by katuyamak | 2007-05-05 17:32 | 山歩き | Comments(2)

5月4日 曇り 大掃除と庭の剪定 よく働くお父さんに変身

GW期間中に自分自身のしたかった事、課題。
庭の剪定の続き、そうじである。

昨日ビール飲んで、あっという間に21時には寝てしまった。
5月1日、2日と仕事で遅かったせいか、疲れが出たのだろう。
そのせいか今日は4時半に目が覚める。

昨日、福岡市総合図書館に寄ったので、さっそく本を借りた。
朝から本をさっそく2冊読破。調子いい。

ぼちぼちとそうじにとりかかる。
網戸そうじと窓ふき、部屋のそうじ。
夕方から庭の剪定。

夜はまた本を2冊読む。

ちなみにこのうち3冊は偶然にも 「感謝」 がキーワード。
ありがたいことである。
ちなみにもう1冊は競馬必勝本でした。

しかしこうやって、文章にしてみると我ながらよう動いたなあ。
自分としては今日ずっと家にいて、たくさん本も読み、家もきれいになり、とてもいい時間が過ぎた。
[PR]

by katuyamak | 2007-05-05 17:19 | Comments(0)