それでもボクはやってない

1月26日(金) 仕事を終え、風呂、食事してマイカル大野城へ
 6番スクリーン 単独 観客30名程

それでもボクはやってない   
レイトショー 21:40~0:20 1200円

マイカル大野城の6番スクリーンは好きなところだ。
なかなか6番に当たる事は少ないが、席が立体的な感じで上映中は前の人の頭がまったく見えないので、よく映画に集中できる。
どこから見ても問題がない、なかなかいいスクリーンだ。

さてさて、今年、初めての映画はこれにした。
おもしろそうだなあとは思ったが、映画館でわざわざ見るほどでもないかなあと思っていたが、西山で偶然にお会いした、城南区のタッチーさんが「よかったですよお」との事で見てみる事にする。


見終わって感想はとてもいい映画であった。
見てよかったと思う。この映画を見て今の起訴、裁判の流れがリアルによくわかった。
しかし痴漢はしていないという冤罪のテーマの実に小さな話題で、よく2時間以上引っ張ったもんだ。
私が主人公なら時間がもったいないので、してなくても簡単に署名してあっさり前科一犯になるだろう。

総合評価  80点
途中、少し間があいたところがあったが、題材から仕方ないだろう。
しかし今の日本の裁判制度の問題点を痛烈に描いている点は見事!  

作品コメント
男性の側に受ける作品と思う。
痴漢というテーマに惑わされずに真面目に真摯な気持ちで観たい

監督 
よくこの題材で映画を作れた。見事!

好きな役者 
役所広司はうまい。
加瀬亮君は「硫黄島からの手紙」にも出ていた。
鈴木蘭々を久しぶりに見た。
子供っぽいと思っていたが、大人になった。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-31 20:51 | 映画 | Comments(0)

幸福な食卓

仕事を終え、夕食を15分で食べてまたマイカル大野城へ。
21:15~23:20 8番スクリーン 
実は土曜に行く予定だったんだけど、なぜか着いてから財布を忘れていた事に気づく。

月曜だし、人も少ないかなと思ったら、実に生涯で初めての体験。
観客は俺、たった一人。
広い映画館は一人だとさすがに少々怖い。

映画の内容は最初、なかなか流れについていけなかったけど、途中から感情移入してさあいよいよというところでズドーンってきた。
でも家族の大切さ、人への想い、自分の役割、いろいろな事を教えてもらった映画だったなあ。
ただもっと軽くて、楽しい映画ならよかったのに・・・
でもこの内容もまんざら悪くない。
こんな人の心を描く映画は好きだな。
総合評価  70点

最後に流れたミスターチルドレンの曲は、新曲のはずなのに懐かしく感じた。
いや? やはり昔の曲なのかな。
聞いた気もする。 まあ いい曲はいい。
帰りにCDをおもわず買った。

役者の感想
北乃きい  初めて見た人。とてもいい演技してたよ。
平岡祐太  好きだなあ。
羽場裕一  抑えて静かにいい味だしてた。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-29 20:47 | 映画 | Comments(0)

どろろ

息子(小学校5年生)と一緒に「どろろ」を観ました。
大野城マイカル1番スクリーン 16:05~18:40
お父さん ローソン前売りチケット 1300円 息子 1000円でした。

感想は後日

今日はブログの開設、入力、その他でヘトヘトになりました。
最近、山ばかり登っていたので、雨予報のおかげでいい家族サービスの日になりました。

★★★★
[PR]

by katuyamak | 2007-01-28 20:48 | 映画 | Comments(0)

湯野から小爪 △464付近をさまよう

1月27日(土) 湯野から小爪 △464付近をさまよう 小雨 単独

昨日は9:40~0:20までレイトショーで「それでもボクはやってない」をスクリーンで。
1時過ぎに寝たが、今日は6時過ぎには目が覚めた。
自宅から外を見るが、雨は降っていない。
よし、山へ行こう。

しかし椎原に向かう途中から小雨が降りだした。
山は止めようかとも思うが、とりあえず登山口の確認だけでもと傘をさして軽い気持ちで車から降りる。
車は椎原バス停のじゃまにならない付近に止める。
c0077338_16444538.jpg

湯野バス停から左折。
小爪登山口から小爪ルートを谷沿いに登り標高450m付近から尾根の登山道を捜し、三角点△464を見つけるショートカットコースの予定だった。
c0077338_16541065.jpg

c0077338_1658066.jpg


標高450m付近から赤テープを見つけて道を変えたがどうもここで合っているのか自信がない。
前回、ますもちゃんと迷った登山道(林道関係者の道?)のような気もする。
とりあえず進んで行くと少しずつ標高が上がってきたので間違いないかと思うがどうもおかしいという気持ちが残ったままだ。
c0077338_1742326.jpg
c0077338_1743320.jpg

赤テープに従い、尾根を上がり、ちょっとしたピークに出る。
やった!三角点? いや、おかしい?  村界とある。

心に引っかかったまま、とりあえず下山するようにしたがここから大変な目にあう。
赤テープの下りの予定の道が木の伐採、倒木でズタズタになっている。
おかしい? 道が完全に遮断されている。
出られなくなってしまった。
時間はまだ10時過ぎ、時間はたっぷりある。

しかし、今日は嫁さんにこの場所は言ってなかったなあ。
ここから出られなくなったら誰も見つけてくれんぞ?

落ち着け!、大丈夫! と自分を励ます。

この後、この付近を1時間ちかくさまよう。
どうしてもわからなくなれば、元の道に戻るつもりだったがここから降りられないかとか強引に下ったりといろいろ下りのコースを変えて試していたので、ズボン、シャツ、登山靴は小雨と重なって、泥だらけになってしまった。

いろいろ下っていて、林道関係者が貼ったと思われる白いテープが遠巻きに見えた。
やった! あそこまで下ればもう大丈夫だ。

最初に歩いた小爪ルートに下りてきたときはとにかくホッとした。
普通の登山道のなんとありがたい事か。
何気ないつもりでの傘をさしての山登りだったが、やはり山は低山でも登山道を外れると怖い。
小爪ルートはこれでしりもちをついて途中で撤退と、今日もまた道迷いだ。
2月にもう1回、来てみよう。
これでは気が済まない。
帰り道で小爪集落からの右(西)に行く登山道を確認した。
次回はこの道を歩いてみようと思う。

山登りメモ
小爪登山口8:30-登山口12時頃だったと思う
c0077338_19102584.jpg

[PR]

by katuyamak | 2007-01-27 17:28 | 山歩き | Comments(0)

西山~906ピークまで 素晴らしい!

1月21日(日)
今日は、先日、掲示板にて沢グルメさんに山田登山口(西山登山口)を教えてもらったので、背振山系の西山(816m)への調査登山とする。
メールで知り合った 「山ごえ」さんとご一緒する。
会うのは今日が初めてでいきなりの山行きである。

8時指示通り、ここで間違いないと思う林道を出発。
しばらく行くと右手に登山口らしきところにでる。
ここから植林地帯を登る。
千石の郷からの登りと実によく似ている。
植林地帯を過ぎると沢グルメさんの書かれた通りに藪があるところをさらに登る。
ここで3名の方がおられたが木の伐採の仕事で来られた方であった。

そして標高750m過ぎたあたりから別世界に入った。
突然、自然林ばかりのルートに景色が突然、変わった。
素晴らしい。とてもいいところだ。
自然林はとても気持ちがいい。
西山への指示に従って、途中から右(西)に方向を変える。
c0077338_22494960.jpg

少し進むと今日、目指していた三角点△816に到着。
c0077338_22514452.jpg

私はこの西山が大変に気にいってしまった。
せっかくなので、縦走路付近までちょっと足を伸ばしてみよう。
金山まではちょっとしんどいかな?
c0077338_22531641.jpg

沢グルメさんが書かれていたようにたくさんの石楠花と会う。
確かに今年は花芽がついていない。
しかし自然林が十分残っているこのあたりはとにかく素晴らしい場所だ。
906ピークまで足を伸ばして今日の山歩きはここまでとする。
c0077338_2256164.jpg

906ピークからもとの西山にもどる途中に人影が?
単独の方である。
こんな山になあ? 相当、山登りされるんだろうなあ?
と思っていたら、先方から話かけてこられた。
なんでもネットの1~2週間前の掲示板の西山の書き込みを見て、その通りに来たとの事?

なに? 1~2週間前の掲示板の書き込みだってえ?
もしかして俺のじゃないの?
「あのう? それ サラリーマンの肉まんのですか?」  「ハイ、そうです。」

「あのう 私が肉まんなんですけど!?」  「ええええエエエエエ!!!!???」

いやあ、先方の単独の方がびっくり仰天。
もちろん、私もびっくり仰天。
まさか誰にも会うはずがない、人影なんてまるでないような、西山の登山道でまさか私のホームページを見て、さらにそれを参考に登って来られた方があったなんて。
そして当の本人もしっかりその場所に来ていたのです。

ここからすっかり話が盛り上がってしまって、この単独の方とも下りではご一緒させてもらった。
ペンネームは 「城南区のタッチーさん」

いつもホームページ見てますよとか言われて照れくさいやら、嬉しいやら。
私の3年前の右足の骨折の事も知ってあった。
その頃から見てあったらしい。

下りでは 山ごえさん、タッチーさん、私と 山の話で盛り上がった。

みんな初めて会ったのに、みんな昔から知っているかのよう?
最後の締めは、山登りって素晴らしい趣味ですねという事がやはり結論です。

自然林が残る西山周辺は素晴らしいところだった。
また近いうちにこの周辺には是非、来たいと思った。

こんな素晴らしい山を教えていただいて、沢グルメさん、ありがとうございました。
あなたの返信によって、タッチーさん、山ごえさん、私と 登らせてもらいました。
今日は、西山から906ピークまでの自然林が夢に出てきそうです。
それくらい素晴らしいところでした。

山登りメモ
山田登山口8:00ー西山9:25-906ピーク10:05-登山口12:30
4時間30分の山歩き
[PR]

by katuyamak | 2007-01-21 23:13 | 山歩き | Comments(5)

手入れのよい中古車たれ!

1月20日(土)
今日は金山への新飼ルートから登るつもりであった。
新飼ルートは2003年 1月から4年ぶりのルート予定であったが、登山口付近に民家なのか私有道路かよくわからなくなっており、駐車スペースが1台として止めれずまったくない。

バス停付近から登ろうかとも考えたらまた次回としよう。残念。
ポプラ石釜店で水を汲み、地形図を見ながらどこに登るかいろいろ考える。
もうあれこれと1時間が経過してしまった。

椎原~椎原峠から背振方面の三角点 △911(唐人の舞)を目指そうと計画変更。
時間が遅いので、矢筈峠登山口、椎原登山口付近まで車で来た。
いつもは少し下の駐車スペースに車を止めるが今日は時間がない。
c0077338_2224559.jpg

先週の大縦走のおかげか登りがまったくきつくない。椎原峠を目指す。
c0077338_22263860.jpg

椎原峠から縦走路に。 雪はまったくなく、気温も1月にしては暖かい。
c0077338_22275678.jpg

縦走路から唐人の舞に立ち寄る。
c0077338_23173428.jpg

ここで引き返してピストンも考えたが縦走路が気持ちいいので、このまま矢筈峠まで足を伸ばす。
矢筈峠は登りで3回くらい登ったが、下りは初めて。
とてもいい沢沿いの道である。
けっきょく今日の歩きで人と会ったのは、椎原峠で鳥の声を聞きにこられた方1名とすれ違っただけであった。
実に贅沢に単独で背振の自然と対話できた一日であった。

地形図概要(間違っている箇所があるかもしれません)
c0077338_2303093.jpg

山登りメモ
椎原登山口10:50-椎原峠11:40-縦走路ー唐人の舞12:05-矢筈峠12:35
ー椎原登山口13:40
歩いた距離 約 7.4km この距離で2時間50分。
時計を見て、3時間50分の間違いではないかと最初に思った。
私にしてはえらく速い時間で戻ってこれた。
別に急いだ訳ではない。きっと先週の大縦走のおかげで山の体力ができたんだろう。

遅い昼食はウエストのうどん。
今日は土曜で390円のごぼう天うどんが290円。
さらにウエストカード10%引きで払ったお金が261円。
ネギをごぼう天が見えないくらい山盛りに入れて、まったく店側からすると、銭にならん客である
c0077338_22341583.jpg

今日はもう一つだけ是非、書きたい事。
ダイヤモンドシティで山の本を2冊買った。
別に買うつもりはなかったのだが、「登山の体をつくる」の本を立ち読みしていてその中の一行の文章、フレーズに目が釘付けとなる。

中高年者の体力特性
手入れのよい中古車たれ!
なんと言葉の響きがよくて、心地よいフレーズだろう。
思わず1680円のこの本を買ってしまった。
c0077338_2253375.jpg

そうだ、俺の体はもういまさら新車にはなれない。
しかし、手入れのよい中古車ならまだ今からでもなれるかもしれない。
山登りが終わって、今日はこのフレーズが頭から離れなかった。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-20 22:25 | 山歩き | Comments(0)

長崎港周回縦走西回り  1月14日

c0077338_1853210.jpg

携帯より。まだ長崎です。
久しぶりに24km歩きました。
いい山だった。
ちゃんぽんうまかった。
今日は早く寝ます。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-14 18:53 | Comments(10)

長崎港周回縦走西周り登山 24km

16名参加

起床4:00-太宰府IC4:50-東そのぎIC6:05-長崎平和公園出発8:30-岩屋山10:00頃-女神大橋17:00頃ー
共楽園にてチャンポン、皿うどんー自宅21:00頃

高速料金 往復 2050円×2  ごえもん君と車で移動。
太宰府~東そのぎまで約95kmなので、
ETCの100km以内の通勤割引に引っかかるように6:05に一度降りる 1300円
東そのぎICからそのまま長崎IC-出島有料道路の最後まで乗る
通勤割引で  750円  ETCカードは2枚使用


c0077338_10292297.jpg

昨年から新春に是非、やってみたい企画がありました。
昨年、hirokoさん、visionさん、かなこさん達が行かれた
「長崎七高山めぐり」です。
毎年、かりんさんが所属する長崎ミラン山の会が開催されてあるのを知っていたので、今年は是非参加させてくださいと昨年から、かりんさんに依頼していました。

そうしたらなんでも今年はその山歩きの距離を伸ばして、2週に分けて長崎港周回50km縦走をするとか?

私としてはそんなにだいそれた企画じゃなくてもよかったんですが、お願いした手前参加させていただく事にしました。
(少々恐怖ですが・・・)
でも結果的にこの縦走で本当によかったです。

c0077338_1031592.jpg

とにかく福岡を4時半出発、そして長崎の24km縦走です。
まあ、着いたらどうにかなるでしょう。
今日は福岡から昨年、フルマラソン 3回完走のごえもん君と2名で参加です。

今日の会は50名くらい来るのかと思ってましたら意外に少なく会員10名、一般参加6名の 合計16名です。
これくらいの人数がこじんまりしていい雰囲気です。

平和公園を8時半スタート
10年前にはなかった初めて見た母子像を見て出発。
岩屋山に行く時には小さな舗装道路を歩く。
こんなところに家が!う~ん、この雰囲気 長崎市だなあ。
狭い階段脇から猫がこっそりとこちらを見てる。
この雰囲気こそ長崎だぜ!
私はウキウキ、楽しくて仕方ありません。



c0077338_1031575.jpg

私は久しぶりの団体行動の参加です。
いつも勝手きままな自分のペースで歩いているので、とても団体行動が新鮮に感じました。

歩き出すと意外と休憩が少なく、同じペースでずっと歩き通しです。
ああ、これが本来の山登りの歩き方なんだなあといろいろと参考になりました。

岩屋山(475m)山頂からは好天に恵まれ、眺望も素晴らしく山登りしているなあと嬉しくなる時間でした。


c0077338_10324720.jpg

さあ、岩屋さんの次は夜景が有名な稲佐山を目指します。
街並みを歩き、こんなバスが通っている普通の場所から登り開始です。
こんな感じって長崎らしくっていいですねえ。
c0077338_10332192.jpg

c0077338_10334253.jpg




実は画像が少なくて本当に残念なんですが
稲佐山の南北に伸びている尾根を歩く登山道が自然林が豊かでとにかく素晴らしかった。
c0077338_10351152.jpg

もっといっぱい写真撮っておけばよかった。

稲佐山(342m)って私はロープウエイでも車でも来た事あるし、どちらかと言えばたいした事がない山って思っていました。
それがどうしてどうして、歩いてみてこそこの山の素晴らしさがわかりました。

私はこの縦走がどこがよかったと聞かれたら迷わず稲佐山の縦走路の登山道と答えたいですね。


それから立神山(229m)-帆掛山(172m)-
障子岩山(139m)-天門峰(164m)-女神大橋
と超低山を縦走しながら歩きました。
c0077338_1036516.jpg

天候もよくタオルまでは必要ない、程よい汗がにじむ程度の温度。
縦走するには最高の気温。
16名、全員 完走です。


これはなんていう中学校だったかな?
西泊中学校だったかな?
c0077338_10363040.jpg

間違っているかもしれませんが、縦走して尾根を下るとここの中学の裏側に出てきました。

サッカーをしている中学生を見ながら、ほとんど完走まじかの私達です。
夕日に照らされた中学の校舎が妙に印象的です。


ここからもうちょっと歩いて、たしか天門峰というところと思いますが、ここから見た女神大橋はそれはそれは見事でした。
c0077338_10371890.jpg

縦走を完走して女神大橋がゴールなんてとても素敵だなあと思いました。
この大橋を渡りきるのにさらに数十分かかりました。
c0077338_1037574.jpg

長い長い橋なんですよ。
とても、とてもいい縦走だったなあ。

最後に終礼でミランの会のみなさんの前で一般参加の者が一人、一人感想とお礼を言うのですが、もちろんみんな大満足の感想です。

たった200円の保険代のみでこの縦走に参加させていただいた長崎ミラン山の会の方達に再度、お礼を言いたいです。
縦走中は見事なコース設定、さりげない気配り、休憩中は暖かいスープを出してもらったりと一般参加の私達を終始、見守っていただいて本当にありがとうございました。


この後は、かりんさん、ごえもん君、肉まんと3名で別行動。
もちろん、行き先は中華料理。(あとから現地でそよかぜさん、山馬鹿さんとも待ち合わせです。)
今日は前回、さるく博で長崎に来た時に山馬鹿さんに教えてもらった、めがね橋付近の共楽園。
私はここでチャンポン、皿うどん(パリパリ)の2皿を注文。
c0077338_10385388.jpg

ここのチャンポンはあっさりしていて実にうまい。汁まで一滴残らずすべて飲み干す。
途中にちょっと山馬鹿さんから皿うどんの太麺をもらい、そのうまさにさらに驚く。

3皿食べたかったが、さすがにそこまでは胃袋に入らない。
太麺も食いて~ぞ~と、後ろ髪をひかれつつ、また次回来ようと思いなおし、楽しい長崎の新春大縦走はこうして終わった。
今回も長崎市の山、人、味、街の風景すべてに感謝しつつ、福岡に向けて高速に乗ったごえもん君と私でした。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-14 00:00 | 山歩き | Comments(0)

1月11日 かまど神社から宝満山

1月11日(木) 今日は年度末出勤の代休である。
会社には行かないといけないが、午前中はちょっと山に行かせてもらおう。
かまど神社より8:00出発。
往復、すれ違う方は年配の方ばかり。みんな元気がいい。
c0077338_17531181.jpg

帰りに太宰府の参道に寄って、梅が枝餅を買う。
午後から3時間ほど仕事。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-11 17:55 | 山歩き | Comments(1)

1月7日 小爪ルート標高650m付近まで

1月、4、5、6日と23時までの勤務が3日続いた。
本来、今日 7日は長崎の山歩きに参加する予定であったが、寒波到来のため、断った。
寒波もそうだが、仕事詰めでの朝4時半出発はさすがに最初からちょっと無理があったと思う。
くたくたに疲れていたので9時過ぎにゆっくり起床。

朝起きてみると雪は積もっていないし、風もないし、思ったより寒波は強くない。
ますもちゃんに電話。今日は長崎は二人で行く予定だったが中止としていたのだ。
聞けば小爪ルートを歩くとの事。
「ちょっと待っとってくれ~」とバタバタ自宅を出て、金山とのプチ縦走を計画する。
1台を金山ルートにデポした関係で小爪ルートの出発は11:05と雪の中を縦走するにしてはかなり遅め。
まあ二人だし車もデポしているし大丈夫だろうと安易な二人。(後ですごすごと引き返すとは)
c0077338_22323585.jpg

登山口はわかったがこのルートはおたがいに初めてである。
別に何も問題はないと思っていたが、ここから思いがけぬ展開があるとは・・・・・
c0077338_2234676.jpg

登り出してしばらくして工事の為の迂回の標識が?
結果的にこの標識から道迷いをしてしまった。
この標識に沿って、右に尾根を登ったが、ここからまたロープ越しかなりの急坂をに素直に下ればよかったのだが、この時はわからなかった。
尾根を登ればどうにかなると尾根を登るがどうも藪こぎモードに突入してしまった。
尾根を下って元の沢沿いの登山道に着くまですでに70分も時間がかかってしまった。
さらにその沢沿いを渡るときに私が石に滑って思い切り、しりもちをついて、ズボンが沢の水でグッショリ。
単独ならここでかなりへこむところだが、今日はますもちゃんがいる。
気を取り直して小爪峠を目指すが、どうも雪が少しずつ深くなり、さらに小雨、風も吹き、体が濡れてだんだん心配になってきた。
c0077338_2243575.jpg

歩き出して、2時間 まだ小爪峠にはつかないどころか峠というか山のピークがまだまだ先に見える。

縦走路に着いたとしてもさらに、雪の縦走路を歩いて金山山頂からの下山を考えるとちょっとやばい時間帯。
ここはかなり迷ったが、苦渋の撤退を選択。
どんどん登る、イケイケは簡単だが、撤退するとなるとやはりなかなか決める事ができない。
c0077338_22442987.jpg

このルートは初めて来たが、安易に考えすぎていた。

1.初めてのルートにしては登山口出発が遅かった、道迷いをした事
1.工事が入ってたぶん、以前の登山道が変わってしまっている事。
1.雪で踏みあとがわからなく、さらにお互い初めての道で自信がなかった事。
1.花乱の滝ルートのように意外と険しく簡単にやすやすと登れるルートではなかった事。

反省点は以上だが、このルートは沢沿いの山歩きが楽しめ、夏には最高のルートでしょう。
c0077338_2251855.jpg

撤退した事の反省は次回忘れずにおきたい。
しかしやはり初めてのルートは楽しいものだ。
ますもちゃんとは初めての二人だけの山登りだったが、会話も弾み、楽しい時間であった。
山登りメモ
小爪ルート登山口11:05-13:00頃 標高650m付近で撤退ー登山口14:20
道迷いもありこれでも休憩なしでの3時間20分の山歩きになった。
撤退して正解だったと思う。

この後、自宅に帰り、天神イムズで献血をしようと西鉄電車に乗っていくが、献血まで90分待ちとの事で今日はあきらめて、ジュンク堂書店により、山の本、その他、文庫本など購入して帰路に着く。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-07 22:54 | 山歩き | Comments(2)