10月29日 長崎市 さるく博へ

今日は11月12日である。
いまさら10月29日の長崎市のレポを更新しても遅いのであるが、この間、ADSLの不調、新しいパソコンの立ち上げとハード面での不調、不慣れが続いてなかなか更新できなかった。
かなり楽しい画像もたくさんあったのだが少しだけ画像をだしておこう。
c0077338_21543359.jpg

c0077338_21544877.jpg

c0077338_2155194.jpg

長崎に住んではいないが県外の者としてはかなりの長崎市通だと思っていた私だったが説明してもらう長崎市はボランティアの方に教えてもらった事が数えきれないくらいにそれはそれはたくさんあった。
c0077338_22135882.jpg

c0077338_22141621.jpg



みんなで一緒にさるいて(歩いて)、実に楽しい充実の2時間であった。
またこのようなさるく博のようなイベントがあればまた是非、参加したいと思う。

昼食、夕食は 長崎組の山の仲間と一緒にまたチャンポン、皿うどんを食べる。
夕食はどちらの店も私が知らない地元の人が行く隠れた名店であった。
デンターさんも私も今日は大満足で帰りのJR特急に乗り、帰路についた。
今日は長崎市の歴史、街、食、地元の人に一日ふるにふれあう事ができ充実の一日であった。
さあ、また近いうちに長崎市に行きたいなあ。
c0077338_220102.jpg

c0077338_2202268.jpg

[PR]

by katuyamak | 2006-10-29 21:51 | Comments(0)

10月29日長崎へ

c0077338_20211393.jpg

長崎さるく博のコースを歩きました。
ハイカラさんが往来しよらす。
丸山界隈、寺町、亀山社中
映画解夏のコースもたくさん歩いた。
夕食は長崎の人と一緒にちゃんぽん、皿うどん。
ほんとに楽しい充実した一日だった。
長崎組のみなさん、ありがとうございました。
[PR]

by katuyamak | 2006-10-29 20:21 | Comments(1)

10月28日 金山へ

実は10月28日は金山に登ったはずである。

というのも今日は実は11月12日である。
あとで記憶を思い出してもノートに書いてなかったのでもう遠い昔のことのように忘れつつある。
しかし確かに行ったはずだ。
この日に入れないとあとの日程が合わない。
なんかに書いておかないと2週間前のことなんて忘れるなあ。
確かに行ったはずである。だったよなあ??
ああ、そうだこの日はデジカメも携帯も忘れた日であった。
[PR]

by katuyamak | 2006-10-28 00:02 | 山歩き | Comments(0)

三俣山 下の段から読んで下さい。

c0077338_18505921.jpg

[PR]

by katuyamak | 2006-10-22 18:51 | 山歩き | Comments(0)

10/22 三俣山へ

10/22(日)
1ケ月前からこの日は熊本のyamaakiさんから根子岳ルートのヤカタガウドルートを案内してもらう予定であった。
しかし紅葉はもう少し先との事で急遽、三俣山の大鍋、小鍋の紅葉を見ると変更。
大曲から福岡 4名、熊本から1名の合計 5名で登る。
大曲からは三俣山への最短ルートである。
時間を正確に測ってないが、西峰~四峰を経由し、鍋底で休憩するまで登り2時間で着いてしまった。
c0077338_18354759.jpg

c0077338_18452576.jpg

鍋の底で1時間くらいゆっくり昼食タイムをとってのんびりする。
c0077338_1848249.jpg
c0077338_18481487.jpg

本峰では凧さんの青空に舞い上がった凧をまた見る事ができた。

三俣山の紅葉は最高であったし、久し振りに山の仲間と山の話を朝からたくさん出来た事がまた嬉しかった。

山仲間の山に対する各人の前向きさ、がんばり、苦労が会話からひしひしと伝わってくる。
車中一緒だった他の3名はみな、年間山登り回数が60~80数回の方達。
話をしていても楽しくてまた圧倒される事しばしば。

やはり単独ばかりでなく、たまにはこうやって情報交換の場としても山仲間と一緒の山歩きの時間も月に1日位は必要だなあと痛感した日であった。


山登りメモ
大曲登山口8:35-三俣山、西峰~四峰~鍋の底10:40(1時間程度休憩)
-本峰-大曲登山口13:45-筌の口第2温泉-帰路へ
[PR]

by katuyamak | 2006-10-22 18:35 | 山歩き | Comments(6)

10/17(火) 代休で宝満山へ短時間の山歩き

10/17(火) 今日は代休で仕事は本来休みであるはずである。
昨日は帰りが遅く夕食を食べているとすでに0時をまわっていた。
今日は6時に起きるつもりだったが、やはり早く起きれない。
代休と言っても会社に11時頃には出社してちょっと仕事をしておかないといけない。
代休とは名ばかりであるが私にとっては火曜日の午前中にちょっと山歩きができればそれで十分嬉しい代休なのだ。

かまど神社に着いたらもうすぐ9時になろうかという時間。
会社にも行かないといけないし、山にも登りたいし・・・
という事で今日はインチキ山歩きを決行。
一の鳥居のところまで車で登ろう。
これで往復約1時間近くは違う。
正攻法の山歩きからするとあまりしたくないがたまにはいいだろう。
デジカメも持ってきてないので携帯電話からちょっと撮影。
c0077338_21492682.jpg

一の鳥居から登りだすが、すぐに石段の急な山歩きが延延と続きこれはこれで体が慣れてなくていきなりの石段のせいかきつい。
すぐに汗が吹き出てゼーゼーと荒い呼吸になるがこれはこれでなかなか楽しい。
やはり週一回は山に来ないとねえ。
バタバタと登りバタバタと下る。
しかし仕事で疲れているせいかえらく疲れを感じた。やはり険しい宝満であった。

山歩きメモ
一の鳥居下路上駐車8:50-着10:35  往復1時間45分のバタバタの山歩き
[PR]

by katuyamak | 2006-10-17 21:55 | 山歩き | Comments(0)

今年の映画

ちょっとメモしておこう。
何かに書いておかないと忘れる。
メモ代わりに映画のブログでも作るかなあ。

私が今年スクリーンに足を運んだ作品

1月
 1.ALWAYS 三丁目の夕日    ☆☆☆☆☆   邦画では最高の5つ星です
 2.スタンドアップ            ☆☆        ちょっと内容が重すぎる。
 3.博士の愛した数式         ☆☆☆☆       まあまあ
 2月
 4.オリバーツイスト          ☆☆☆       良質な映画
 5.ミュンヘン              ☆☆☆☆+0.5 さすがスピルバーグ
 3月
 6.ALWAYS 三丁目の夕日   スクリーンで初めて同じ映画を4回見た。
 7.SPIRIT               ☆☆☆+0.5   こんな映画好き
 4月
 8.プロデューサーズ         ☆☆☆       ミュージカルは好きだ
 5月
 9.アンジェラ              ☆☆☆+0.5    個人的にかなり好き
10.ナイロビの蜂            ☆☆☆       俺にはむずかしい
11.ダビンチコード           ☆☆☆       まあまあ もう内容は忘れた
12.嫌われ松子の一生        ☆☆☆  いやなシーンを今も思い出してしまう。
 6月
13.タイヨウのうた           ☆☆☆+0.5  俺はこんな映画好き、また見たい
14.初恋                 ☆☆     わざわざ映画館で見る作品ではない
 7月
15.トリック2              ☆☆☆  子供と行く。映画でみるとなおおもしろい
 8月
16.東京フレンズ           ☆☆☆+0.5 俺には新鮮な映画。音楽もいい
17.ラブ☆コン             ☆☆☆☆   これは実におもしろいと思うなあ
18.花田少年史            ☆☆☆☆  これも実によかった。最後がちょっとなあ。
19.UDON               ☆☆☆    うどんがうまそう
 9月
20.涙そうそう              ☆☆☆     人気の2人が共演
10月
21.ワールドトレードセンター     ☆☆☆☆    いい作品だった。
22.ワイルドスピードX3        ☆☆☆+0.5   こんな映画大好き 役者にも金をかけてほしい そうすれば4つ星はいける
23.ブラックダリア           ☆☆☆  若手女優スカーレットヨハンソンは要チェック


今年は30本くらい見るかもしれんぞ。
[PR]

by katuyamak | 2006-10-16 22:50 | Comments(0)

映画を2本見る

10/15(日) 今日はマイカルシネマ15周年という事で映画が1000円の日である。
実は「涙そうそう」「ワールドトレードセンター」を見てしまってて正直あまり見たい作品はなかった。
しかし1000円という価格につられてつい来てしまった。
見るなら車のドリフトが見られる「ワイルドスピードx3」だろう。
1000円なら安いし見て損はないだろうくらいの軽い考え。
映画そのものには大して期待はしていなかった。
ところがなんとこれがとてつもなくおもしろい。
2時間釘付け状態。映画っておもろいやん。

思うに自分の頭の中で映画ってものは何か学べるような素敵ないい作品だけを見ようかなんて思っていたところがあった。
でもそんな事は別にどうでもいいのであるとわかった。
おもしろければいいのだ。娯楽なのだ。
エッチでスケベな作品でもホラーでも、主人公が狂っていてもそれでも映画が楽しければいいのだ。

あまりにもおもしろかったのと1000円なのでまた映画を続けて見る気持ちになった。
次は「ブラックダリア」
1940年代頃の設定だろうか?
ストーリー自体は展開が早すぎてよくわからなかったが、画像はたっぷり楽しめた。
スカーレットヨハンソンは久々にハリウッドの女優のなかでも飛びぬけて美しいと思った。
彼女の作品はこれからも見ておきたい。
ハリウッドの女優で久々にまた次の作品も見たいと思った女優である。
彼女を見ているとマリリンモンローを思い出す。
男を惑わす上品な色気があるのだ。

10/15は作品自体にはまったく期待しなくて2本も見てしまったが、映画ってやはり楽しい。
あまり自分の中で映画を美化しなくてもいいと悟った貴重な一日であった。
ようはおもろか映画ば見るごとしよう。
[PR]

by katuyamak | 2006-10-15 21:39 | Comments(0)

10/8(日) 井原山(983m)へ

長い長い仕事漬けの一週間がやっと終わった。
10/6の夜から夜行バスで香川県にうどんと山歩きの計画をたてて券も買って、宿も押さえていたが、仕事が長引いて昨日も出勤でいけなくなった。

そんなこんなで昨日は「ワールドトレードセンター」をレイトショーで見に行く。
今、生きている事、そしてやがていつか必ず訪れる死。
生と死、家族の事、 こんな事を考えさせられるいい映画だった。

そして今日は井原山へ山歩き。

この2つの行動をした事でうどんの旅が行けずにすっかりへこんでしまった自分の気持ちがだいぶ戻った。

いつも会社と自宅の往復の生活ばかりしているので自分だけの趣味の時間がほんとにありがたいと思う最近の私だ。

さてさて、昨日のレイトショーを見たせいか今日は朝も遅くなって8時頃にゆっくり起きる。
最近は山の近くの水をずっと飲んでいるせいかもうなくなりつつある山の近くの水を飲みたい。
よって自然林豊かな井原山に行く。
ダルメキ谷コースから登って途中でデンターさんとバッタリ。
それから下山、昼食までとご一緒した。
c0077338_2242348.jpg

井原山、やはりいい山だ。
眺望も360度見渡せて山らしいほんとにいい山だ。
c0077338_22435893.jpg

下りでは水無鍾乳洞ルートを迂回して途中からダルメキ谷コースにもどって下山した。
山登り中は楽しくて何も言う事はない。
自分の体も心も山に来られただけでもう大満足である。

帰りに末次交差点すぐの王丸の駅に寄る。
ここに バイキン具 うどんとあっておもしろそうで行ってみた。
うどんの具 つまりうどんの上に乗せる30種類の具がのせ放題で650円という。
早速 うどんと別皿にいっぱいの具を載せた。
(具の皿は上から見たら平面に見えますが、山盛り、てんこ盛り状態です。)
c0077338_22493346.jpg

うどんもスープもおいしかった。
これで650円は安い。
ちなみに自分のメニューは 
肉、いも天、ごぼう天、サラダ、きつね、わかめ、かいわれ、たまご焼き等うどんでした。

映画と山を見た事でへこんでしまった自分の気持ちもすっかり戻った。
仕事ばかりしていちゃダメだね。

山登りメモ
登山口9:40-井原山11:20(適当に休憩)-登山口13:20
3時間40分の山歩きであった。
[PR]

by katuyamak | 2006-10-08 22:54 | 山歩き | Comments(2)

10/1 蛤岳(863m)

昨日は仕事で山には行けず。
なぜか最近仕事がとにかく忙しい。
来週も中間決算等でずっと0時近い勤務が続きそう。
こんな仕事漬けで苦しい時こそ自分の大好きな趣味を楽しもう。
昨日夜はレイトショーで映画「涙そうそう」 そして今日は山登り。

朝、体は疲れている。重く感じる。しかし疲れているからこそ山登りに行こう。
先週、石谷山の帰りに寄った水を分けてくれるところのお店の水がおいしくてまたその水を飲みたいと思った。。
山はどこでもよかったが、水を求めて久し振りの蛤岳に登ることにする。
この登山道のよさはフラットな道が多く、傘をさして歩けるところがいい。
約2年半ぶりの坂本峠からの山歩きである。
c0077338_23165522.jpg

歩き出して気がついた事がある。
登山道をえらく猪が土のいたるところをほじくりかえしている。
前に来た時は猪がこんなにほじくりかえしている記憶がない。
歩き出して20分程で猪らしき動物がいる。逃げる音はたぶん猪だろう。
歩きだして50分程でまた猪。今度はハッキリ見た。
まだそんなに大きくはない。

なんでだろうと考えたが、この山の脇を立派な三瀬有料道路が出来、動物達も住む場所を追いやられてしまったんだろうなって考えた。
逆に坂本峠の方は車の量もめっきり減って、蛤岳も登る人が少なくなったようだ。
行きがけも、蜘蛛の巣をかき分けて行ったのでたぶん今日このルートを登ったのは私だけだろう。
今日は人間には往復誰にも会わなかった。
ほどなく蛤水道に出る。雨が降っていたので蛤水道の流れの音も大きい。
c0077338_2327221.jpg

しばらくして山頂。
c0077338_23293039.jpg

3分ほど休憩しただけで下山。
今日のルートには歩いていて思ったがすぐ近くに動物の気配をずっと感じて歩いた。
動物達も山が削られてえさには苦労しているだろう。

山登りメモ
坂本峠登山口10:00-蛤岳11:13(3分休憩)-登山口着11:20
2時間20分の山歩き  水はほとんど補給しなくてよくなってきた。

帰りに坂本峠ではたぶん営業マン達が捨てている弁当、ペットボトルのゴミを拾った。
とにかく汚い。駐車しやすいので弁当食って適当に登山口の近くに捨てている。
すぐに45リットルのゴミ袋がいっぱいになった。
便利になるとどこかにそのしわ寄せが来るんだなあ。
そういえば背振山系ではゴミの不法投棄をよく目にする。
山が削られたり、山が汚れるのは悲しい事である。
[PR]

by katuyamak | 2006-10-01 23:38 | 山歩き | Comments(3)