カテゴリ:2010年福岡県の山( 25 )

南畑ダムより

3月22日(月)
画像①今日、歩いたルート
2.4km 11:00~12:52分まで 1時間51分。
本来の予定していた山歩きではない。
思い描いていた登山道はなかった。
さらにやはりGPSの受信状況が悪く、若干予定が狂う。
今日は登山道を探しての、調査登山に専念。
画像①
c0077338_23451478.jpg

画像②
私の予定では、下記のように考えていた。
ピンク色の軌跡が2月14日に歩いたところ。
赤色が本日、3月22日歩いた軌跡。

そして青色の予定が本来、私が考えていたルート。(青色は実際には歩いていない)
2月14日の下山時に間違ったルートを下ったときに、このルートからも登ってこれるのではないかと考えた。

だが尾根が思ったより険しく、さらに赤テープも見当たらず、人が登ったと思うような踏跡はなかった。
青色の尾根を登るかとも考えたが、単独で登った場合、まず人とすれ違う事がない山。
たぶん問題なく登れたとは思うが、危険を考え、今回は断念。
画像②
c0077338_094157.jpg


GPS受信状況
やはりこの南畑ダム、川原山ともに受信状況は悪い。
前もってポイント、ルートをGPSにアップロードしておかないと、現在地がつかみにくい。
事前の準備は絶対に必要。
c0077338_23454726.jpg

c0077338_2346351.jpg

c0077338_23461831.jpg

c0077338_23463582.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-03-22 23:46 | 2010年福岡県の山 | Comments(3)

山頂からボタ山の下はこげな感じ

c0077338_2246546.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-03-14 22:46 | 2010年福岡県の山 | Comments(0)

福智山 忠隈炭鉱跡ボタ山

3月14日(日)
鱒淵貯水池より福智山へ出発。
c0077338_22472447.jpg


山登りメモ 概要。
距離は途中で電池交換したため、正式な距離は計り損ねる(残念)

山頂付近から小雨に変わり、下りの登山道がグジュグジュでけっこう大変であった。

たまたまだろうけど、個人的にはいつも福智山のグジュグジュ道に遭遇する気がする。

福智山はたぶん5、6年ぶりであった。

多人数の山歩きも久しぶりで楽しかった。

hirokoパパさん、hirokoさん、幹事、リーダー、ルート先導お疲れさまでした。
ありがとうございました。感謝です。

登りで北九州の「がしんさん」に1年ぶりにお会いして嬉しかった。
c0077338_2253232.jpg

c0077338_22532011.jpg

c0077338_22533039.jpg


忠隈炭鉱跡ボタ山
風呂に入った帰り、次回の為にボタ山を偵察しておこうとなり遠巻きに調べていたら、登れるような道を発見。
休んであった、おじいさんにたまたま登山口はないですか?と聞いたところ、登山口を教えてもらい、登り17分で山頂?に立つ事ができた。
c0077338_2247262.jpg


●初めてのボタ山に登り、山頂に立ち正直、素直に感動した。
●ボタ山に自然林(もちろん植林はない)、木がかなり多い事にびっくり。
●まったく知らない人にこの山に登ってもらって、ボタ山と言われなければ、まずわからないはずである。
●さえぎる物がない360度の山からの景色を大いに楽しむ。
●立ち入り禁止区域を登ってしまったので、ボタ山に関するこれ以上の詳細は慎みます。



下の画像は2009年 9月に大将陣山(112m)から撮影したボタ山全景。
c0077338_2311883.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-03-14 22:36 | 2010年福岡県の山 | Comments(5)

牛頚山 (うしくびやま) 447.9m

3月7日(日)  中央公園より牛頚山(447m)

山登りメモ
歩いた距離 11.0km
駐車場出発10:51分ー駐車場戻り14:24分 3時間33分の山歩き
(ルート間違いでの往復時間 40分含む)

参考資料 25000地形図 「不入道」

c0077338_2144244.jpg


今日の天気予報は前日まで降水確率70%以上。
当日は60%から40%に下がっていたが、朝の天候を考えて、山に登るか?映画に行くかと思案していた。
当日、なんとか雨は降らないようなので自宅出発。

今日は傘をさしても登れる山という事で蛤岳か石谷山~九千部山か?さてどうしようという感じ。
なんとなく牛頚山からだと傘をさしても登れないかと考えて、急遽 山を変更。
牛頚山は初挑戦。道もまったくわからない。

前もって、登山口と山頂にポイントをカシミールからGPSにアップロードして出発。
中央公園の駐車場 210円を支払って出発。
この公園は小さな子供さん用の遊具がたくさんあり、家族連れにはありがたく、楽しそうな場所である。
c0077338_21524195.jpg

c0077338_21525544.jpg

ルートポイント 「緑フラッグ」 登山口はここからのようだ。
舗装道路は途中から未舗装に変わる。
c0077338_21533256.jpg

ルートポイント 「×しるし」
下の画像にピンクテープがあり、これはもしや林道をズバッと横切るショートカットコースではないか?と勝手に推測し、ここから登るが山頂付近は道はなかった。
道があるどころか、イノシシがいたぞ!(逃げてくれたからよかったけど)
気持ち悪いので、そのまままた引き返す。
c0077338_21574435.jpg

c0077338_220543.jpg

ルートポイント 「緑登山靴マーク」
牛頚山登山ルートの標識に従い、ここから登る。
c0077338_2213091.jpg

牛頚山山頂
c0077338_2223823.jpg

山頂からの歩きは、とてもいい登山道で山歩きらしい雰囲気を味わった。
このまま黒金山までの縦走路を歩きたかったが、牛頚山山頂ですでに13時近い時間。
縦走路で、もしもの事があると夕暮れを迎えてしまう。
ルート間違いの時間がなかったら、たぶん歩いただろうと思うが、今日は断念する。
そしてまた元の林道を周回する事にした。
ただこの林道も完成当時は素晴らしかったと推測されるが、かなり山くずれの箇所が目立ち、登山者も少ないようだ。
今日の山歩きで、出会った登山者はいなかった。
c0077338_2254411.jpg


当日にぶっつけ本番で歩いたので、情報はよくわからなかったが、牛頚山~黒金山の縦走路がいいようだというのはわかった。
次回にまた検討したい。

下の画像は、牛頚山から見た 黒金山への縦走路
c0077338_22344071.jpg


今日のこの周回ルートは、日数がたち少々、道が荒れてきているという印象。
逆ルートから山に登るルートの方がよかったのかもしれない。
どちらにせよ、曇天の薄暗い中で、また新しい山 一座を登れた事が何よりである。

今日は、晴れていたら、是非また南畑ダムからの一ノ岳にアタックしたいところだったが・・・
最近は好天の日に、眺望もまったくない道迷いするような怪しい山に登ってて、歩きたい時が雨マーク、雨予報の時が多いような気がするのは気のせいかなあ。
[PR]

by katuyamak | 2010-03-07 21:44 | 2010年福岡県の山 | Comments(4)

マニアックルート 八丁山~川原山

2月28日(日)
今日はタッチーさんの発案で八丁山~川原山の周回。
私は仕事の方が忙しく、まったく地形図、下調べ無しのぶっつけ本番でさあ、いざ山へ!
登山口手前はダンプカーの車の跡でベチョベチョ。 最初から難儀する予感。
c0077338_23325616.jpg

登山口。振り返ってやはり不快。もう来んでよかバイ。
c0077338_23331936.jpg

c0077338_23334086.jpg

三角点700.6m 八丁山らしい
c0077338_2333568.jpg

川原山 735m
ここまで簡単に書いたが、登り約2時間半。
登山道はどこまでも荒れており、とても難儀した。
倒木は多く、登山道もかなりヤブ化しつつあった。
ここまでの登山道も、申し訳ないがもう二度と来る事もなかろう。
c0077338_23341019.jpg

下りでも難儀、難儀の連続。
c0077338_23342782.jpg

最後は尾根を間違え、川原集落手前に着くはずが、糸島峠からの下りの舗装道路に出てしまう。
c0077338_23344093.jpg

青い旗のポイントは尾根を間違えたところ。
ここの手前の尾根(左側)を下らないといけなかった。
しかし下り沿っての赤テープを目印に下山。
しかし貴重ないい経験。
最後の尾根の下りは経験した事もないほどの猛烈なヤブ漕ぎとなる。
c0077338_23372374.jpg

山登りメモ
出発8時34分周回戻り時間14時7分 5時間32分の山歩き
距離 9.99km
登り下り共にここまで荒れた山道を歩いた経験は久しぶりである。
常日頃いかに自分が恵まれた山歩きをしているかがよくわかった日となった。
二人とも服は汚れ、ボロボロに成り果てたが、最後まで無事故で下山できたのは何よりであった。
[PR]

by katuyamak | 2010-02-28 23:35 | 2010年福岡県の山 | Comments(6)

宮地岳 338m

2月14日(日)
11日に天拝山に登った時に近くの低山で宮地岳という山があるのを発見。
調べたら以前にCJNさんが登られたレポを発見したので私も登ってみる事にする。

駐車スペースを発見できず、郵便局に停めさせてもらう。
(気持ち悪いので、裏の大家さんに一言停めさせてもらえるように断りを入れた)
c0077338_17322256.jpg

GPSに沿って歩く。
c0077338_17324090.jpg

ここか? 標識は無い。
c0077338_17325924.jpg

ため池らしきところ。確かCJNさんはここに車を停めてあったよなあ。
c0077338_17331764.jpg

登りは道が荒れていて、あまりいい登山道ではない。
c0077338_17333384.jpg

ここが山頂と思っていたが、三角点は発見出来なかった。
帰ってきて、軌跡を見るとまだ山頂までもう少しあったみたい。残念。
c0077338_17335460.jpg

下りのルートはとてもよかった。
落ち葉のフカフカの絨毯を歩いた。
c0077338_1734883.jpg

三角点 171m
c0077338_1734264.jpg

c0077338_17344380.jpg

どこに出てくるのか?まったくわからなかったが、野球グラウンドのところに出てきた。
c0077338_17345866.jpg

最後は素直に道路沿いを歩く。無人駅らしい山家駅を見る。
c0077338_17351782.jpg

c0077338_17373063.jpg


山登りメモ
周回で6.3km  約2時間半程度  登りで1時間8分

登りのルートは荒れていて、もう来なくていい。
下りのルートはとてもよかった。
こんな2つの違う顔を持つ山も珍しい。
土、日で 低山とはいえ二日で 12.2kmを歩いた。
いい運動になる。
[PR]

by katuyamak | 2010-02-14 17:35 | 2010年福岡県の山 | Comments(2)

GPSのおかげで・・・ 一ノ岳

2月13日(土)
14日(日)が雨予報なので、今日は晴れているし登れそうならと土曜日に山に行く事にする。
今日の予定は南畑ダムからの一ノ岳と陣ノ尾山の周回予定。

このルート。下見を入れると今日が3回目のトライ。
一度目は林道があるらしいのだが、まったく場所がわからなかった。
ホットドック屋さんの周辺を探したがわからず。

2度目でやっと登山口につながる林道を発見。
南畑ダムからの林道は20代から合わせると200回以上通っているはずであったが、まったく素通りしてて、気がつかなかった。

下の画像のところに路上駐車。
c0077338_8343135.jpg

ここがその林道。立派な舗装道路。
c0077338_8344831.jpg

余談になるが、この林道手前付近に昔、幽霊が出るトイレがあったらしい。
今は撤去されているらしいが、そんな風で幽霊が出るトイレ、ダム(ダムには幽霊がいるらしく・・・)
昔の城跡と心霊スポットが3箇所もありそうで今日は正直、かなり気合を入れての山歩きだった。

またこの山系で登山者に会う事はまずないだろうとは、わかっていたし、道迷い、転倒事故の場合は自分でなんとかしなければというのも最初からわかってた。

もちろん、幽霊も見てないし、いい山であったので安心を026.gif
でもしっかり下りで道迷いしました。
内容は後で・・・
c0077338_835481.jpg

さて林道は車でも登れるようだが、あえて歩く。
c0077338_8352562.jpg

けっこう大型車も通っているなあと思っていたら・・・
c0077338_8354126.jpg

でかいのが来た。
c0077338_8355738.jpg

南畑ダムより歩いて25分でいよいよ登山口発見。
ここから一ノ岳へ。標高はここで395m位。標高差は250mくらいという事だ。
c0077338_8361073.jpg

c0077338_8362768.jpg

c0077338_8364439.jpg

いい感じの尾根道を歩く。
ここの尾根は気に入った。いい場所。
しかし、ここらあたりから雨が・・・
出発した時は、晴れていたのに。
c0077338_8375657.jpg

c0077338_8381436.jpg

一ノ岳と陣ノ尾山との分岐。この標識はとてもありがたい。
本来は、この標識に従い陣ノ尾山を目指す予定だった。
c0077338_8383099.jpg

一ノ岳山頂。展望はまったくない。
ここで雨がとても強くなっていた。
陣ノ尾山まで行くがどうか?ここで迷ったが、初めての道になるし、登山道が雨でどうなのか?わからない場所なので、ザックカバーをつけて、ここで陣ノ尾山の周回は断念する。

ただまた元の道をピストンと行っても意外に急登だったのと、戻りに一抹の不安があった。
今日はもともと周回する予定だったので、下山を考えての道を頭に入れてなかった。
ピストンの場合は、今までは間違いやすそうな分岐では、いつも下りでは、「この場所はこうだ」と頭に入れて登る。
今日はそれをしてない。不安は的中する。
c0077338_8384964.jpg

一ノ岳にくくりつけてあった標識。
どちらも下の2つの画像の標高は間違い。695.7mではない。
正しくは 648m ふくおか無名山の本では646.5mになっている。
これも私がGPSを扱うようになってハッキリわかるようになった事だなあ。
c0077338_8395100.jpg

c0077338_8392216.jpg

さて、下山開始である。
雨でGPS、デジカメはザックに直した。
テープを頼りに下山。これが間違いだったとは・・・
あとでGPSの軌跡を見てもらえばわかるが、私は下の画像の分岐から黄色テープに沿って下山。
踏跡もしっかりあったし、テープはずっと下に続いていた。
しかしなんかおかしいよなあ。
思ったより、道が大変だし、こんな苦労したかあ?
雨も小雨になってきたので、ザックからGPSを取り出す。

サッと血の気が引いた。
間違っている。
GPSの軌跡とは違うルートを下っている。
待て、待て 冷静になれ。落ち着け。

ひと呼吸おいて素直にまず元の場所に戻ろう。
時間はたっぷりある。

まずはGPSをポケットに入れ、元の場所まで戻る。
そして下山しなければいけない赤テープを発見した。
この赤テープの方が黄色テープよりわかりずらく登山道もこれでいいのかとわからずらい。

GPSで助かった。
ほんとにありがたかった。単独だし誰も登山者が来ない山系だ。感謝だ!

下の画像 間違った黄色テープの下り 登山道が広くつい入り込んでしまった。
c0077338_8394064.jpg

下の画像 正解の赤テープ 道が狭くわかりにくい。
c0077338_8395742.jpg

あとは何事もなく無事下山。
雨のおかげで周回は出来なかったが、貴重な経験をさせてもらった。
ありがたく雨とGPSに感謝だ。

地形図を見てもらうと左に一ノ岳 695.7mとなっているが、正解は陣ノ尾山らしい。
なんかわからんけど、ややこしいなあ。
今度は晴れた日にまた仕切り直しだ。
c0077338_8424991.jpg

下山後は那珂川町 人気店の「ほり野」へ
ここも女性客が多く、大変繁盛している。
c0077338_8401494.jpg

たまご丼セット うどん普通盛りを注文 580円。
ここは毎週来とるなあ♪。
c0077338_8402978.jpg


18時から大野城シネマにて「60歳のラブレター」を300円で鑑賞。
申し訳ないが、どん臭いストーリーのはずなのに、涙が出る。
どうもこんなツボにはまる映画があると弱い。
評価は こんなはずではないはずなのに  「5」
いい映画でした。
[PR]

by katuyamak | 2010-02-14 08:36 | 2010年福岡県の山 | Comments(2)

ころしのカレー~天拝山~映画の予定

2月7日(日)は好天に恵まれていたが、庭の剪定をしていて登らなかった。
山友の楽しそうなレポ報告をついうっとり見たが、まあきれいになってよしとしよう。

そして今日の2月11日(木) 傘をさしての雨の山歩きをする。
変わってるよなあ。日曜に登らなくて、今日だからなあ(笑)

今日は山友の為に、JR二日市駅から西鉄二日市駅までどんな具合なのかの下調べ。
合わせて、今まで二日市と言えば、気になっていた二日市で有名な
「小林カレー」「ころしのカレー」のチェック。
そしておまけで「天拝山」で締め。
今日は雨だし、じっくり歩きたいので車ではなく、JRで移動し、二日市駅に到着。
c0077338_18225490.jpg

降りてすぐに、小林カレーが目に留まる。
早速、入るかなあ?いや~、西鉄 二日市駅のチェックが先やろう。
小林カレーは今まで西鉄側にあるのか?と思っていて場所がわからなかった。
次回は食べたい!
c0077338_18242053.jpg

JR二日市駅から西鉄 二日市駅まではゆっくり歩いて13分であった。
これで今日の下調べの任務完了。
c0077338_18273129.jpg

さてそれでは今日は、西鉄側すぐの「ころしのカレー」を食べる事にしよう。
c0077338_18291593.jpg

なんでもここは、石釜の金山付近にあった店を継いで、娘さんが二日市でやっているらしい。
人気店なのか? 人が多い。特に女性が多い。
早速、メニューを見る。
c0077338_1831898.jpg

チョイ辛 大盛りを注文する 800円也。 前払いであった。
ドカ~ン! こんな感じ。
c0077338_18332544.jpg

ごちそうさん。
食べている間もひっきりなしにお客さんが入り、人気店だと思う。

でも普通盛りにして、山の帰りに「小林カレー」に寄るべきだったか?
あるいは、激辛にするべきだったか、悶々とあとで考えた(笑)

そんでもって、それから腹も膨らんだ事だからとゆっくり山に向って始動。

しかしどうも大盛りを食べてから山歩きのせいか、いつもの調子ではない。

登っている途中からは珍しく うん◎もしたくなったし、ティッシュも無いし(笑)
c0077338_18384043.jpg

我慢、我慢で山頂(笑)
c0077338_18385917.jpg

駆け足、内股で下山037.gif

山歩きを終わったら、雨もいつの間にか止んだ。
そうだ。タオル持ってきて、帰りに二日市温泉に入ればよかったのう。

でも雨の日のこんな街歩き&低山歩きもよかもんやねえ。
c0077338_18495478.jpg


山歩きメモ


JR往復運賃 220円×2
ころしのカレー  800円

歩いた距離 8.7km(雨の中、舗装道路を半分以上歩いたせいか、けっこうな疲労度)
歩いた時間  3時間10分くらい(食事休憩、トイレ休憩含む)

20時55分からは、マイカル大野城で今年初の映画見てきます。
インビクタス 負けざる者たち
[PR]

by katuyamak | 2010-02-11 18:24 | 2010年福岡県の山 | Comments(3)

権現山(新立山)から筑豊観光

1月31日(日)
当初、宗像の権現山、筑豊の六ガ岳に登って午後から筑豊の名所を観光する予定であったが、雨予報となり山は権現山のみとなった。

8時頃、正助ふるさと村で待ち合わせしていたGENさんと合流。
雨模様であったが、けっきょく傘無しで往復登ることができた。
c0077338_6393953.jpg

c0077338_6402496.jpg

c0077338_641150.jpg

新立山と権現山は20m程度離れているだけで、山頂はほぼ同じ。
c0077338_6411987.jpg

往復1時間20分くらい。歩いた距離はピストンで4.4km程度。
所田温泉で汗を流し、直方の石炭資料館へ。
ここは入場料100円であったが、なかなかいいところであった。
c0077338_6444311.jpg

1時間ほど、じっくり資料館を見学したあとは、デンターさんお勧めのまむしラーメン。
なかなか美味でしたよ。
c0077338_6462698.jpg

c0077338_6464562.jpg

ラーメンの後は今日のメインの田川石炭歴史博物館。210円。
山本作兵衛さんの絵の原画(?)だと思うが、じっくり見させてもらった。
雨の影響か?日曜日でも観光客も少なく館内をゆっくり見学できた。
最高だったのが、炭鉱住宅跡を復元した建物。
別棟に作ってあり、雨の中、走って家の中に入るとなぜか人の気配が・・・・
中に入ってドキッとしたがリアルな人形であった。
c0077338_6471992.jpg

若い奥さんはマジで別嬪さんでした。
申し訳ないが、旦那さんがうらやましい。
私達と同じ身長なので等身大でさらにリアルでした。

しかしなんで田川に来て、炭鉱住宅跡の人形の旦那さんに嫉妬してるんでしょう(笑)
c0077338_6473249.jpg

田川観光の跡は、今日のもう一つのメイン。
旧伊藤伝右衛門邸の観光。
その前にびっくりしたのが、田川と飯塚の間の烏尾峠にトンネルが出来て、田川~飯塚が早くいけるようになってたんですね。
これは知らなかった。
c0077338_6474885.jpg

旧伊藤邸では、奥さんの柳原白蓮さんの2階の部屋なども見れてよかった。
ここは行く価値あり。さすがに凄い。300円。
c0077338_648123.jpg

c0077338_6481421.jpg

山登りの間以外はそれからずっと雨だったが、筑豊の今まで知らなかった観光名所もみれて満足の一日であった。
伊藤伝右衛門さんと柳原白蓮さんとの結婚は調べてちょっと書きたい事があるんだけど、また機会あれば・・・
[PR]

by katuyamak | 2010-02-01 06:42 | 2010年福岡県の山 | Comments(6)

西山 6回目の撤退

1月24日(日)
今週もまたまた福岡近郊の無名山へ。
1月9日に何気なく決めて歩いた西山(430m)に3回、別ルートを変えても登れなかったので、今日はその再チャレンジとする。
あれから曲淵方面に車で出かけた帰りに別の登れそうな登山口を捜していた。
前回、曲淵ダムから歩いた時に錠がしてあって登れなかった場所を地形図で探し、その回り込んだ登山口に続く車道がわかったので、今日は登れると思っていた。

曲淵ダムの回り込んだ道から出発。
今日は、私のレポを見て一緒に登りましょうと言っていただいたタッチーさんと一緒だ。
c0077338_22544491.jpg

GPSで探し当てた、たぶんここからだろうと思う登山道を登る。
ビンゴ~♪。
見事前回、空振りに終わった錠の反対側に到着。
c0077338_2255336.jpg

さあ、これで西山に登れると思った数分後、ヤブが多く進めなくなった。
c0077338_2255202.jpg

こんなところ、掻き分けてまでさらに行こうとは思わない。
西山のこのルート撤退。西山ルート撤退はこれで4回目。
c0077338_22553646.jpg

曲淵方面からの西山ルートは歩けない?のだろうか?
最後の望みをかけて、地形図にある最後のルートを探す事にする。
この集落の間?から入る?ようだ。
こんな好天に恵まれた日にいったい何してんだかねえ(笑)
c0077338_22555566.jpg

完全に民家の庭先のところから登山道に入る。
この家の方から怒られそうで急いで登山道に入る。

今度は登れそうな感じ。
でもなんか雰囲気暗い。
c0077338_22561075.jpg

やっぱし暗い。だんだん不安。
ほんと行けるのだろうか?
c0077338_22562833.jpg

やっぱし行けなくなった048.gif
倒木と急傾斜の尾根。ピンクテープの先は道がわからず、GPSでは道もそれてきている感じ。
でも登山道らしきものなし。この先で断念。撤退 5回目。
c0077338_22564467.jpg

今日のこの2回の撤退。約2時間の山歩き。歩いた距離は4.6km
道がないところを探したせいか、けっこうな疲労度。
曲淵うどんで休憩と作戦会議。
ごぼう天セット 700円
今日の画像の中で唯一の明るいというか、まともな画像(笑)
c0077338_22565929.jpg

午後からは、タッチーさんが歩いたと言うNHK電波塔経由の西山を目指す。
やぶこぎ301山にも紹介されてあるらしい。
c0077338_2257146.jpg

林道からいよいよ登山道に入る。
登山道というより、電波塔道への道と言った方がいいかもしれない。
c0077338_22573512.jpg

登りのこの道は楽勝のはずであったが、週末の寒波なのか?よくわからないが登山道がべちゃべちゃでえらくむかるんでいる。
ずるずる滑り、下りはかなり危険。
でも何とか登りなので電波塔までは登り詰める。
ここで13時半。
ここから西山までさらに小一時間かかりそう?
下りのぬかるんだ道、これからのさらなるアップダウンを考えると戻りは確実に15~16時近くかかりそう。
今日は用心を決めて、ここで撤退とする。
西山 撤退 6回目(でも6回目は次回に西山まで登れる希望がある撤退であった)
c0077338_22575084.jpg

下りはずりずりに滑るところを木の根っこ、草の根っことかをつかんでなんとか下る。
今日はどのルートも大変であった。
c0077338_225834.jpg

山歩きメモ
たかだか430mの福岡の里山であるはずの西山。
結局6回、ルートを変えて挑戦したが今だ頂上に行けず。
今までいかに自分が恵まれた歩きやすい山歩きをしていたか、あらためて西山さんのおかげでわかった。
有名山とは正反対の無名山。
とにかく初めてのルートばかりなので、慎重に怪我、道迷い、転倒に注意していきたい。

午前中の1、2回目の撤退 4.6km
午後     3回目の撤退 3.4km   今日の山歩き 8.0km 
電波塔まで歩いたので、山歩きの回数は 1つカウントしとく。


GPS、カシミールも2週間経過し、だいぶ使えるようになってきた。
集中して覚えているせいか、今年いまだ映画、DVD観てないなあ。
低山の無名山、GPS、カシミール、地形図、地図、山の本。
50歳の頭脳では、あらたに覚える事があまりにも多すぎる今日このごろ。
でもおかげで脳はフル回転でかなり活性化してます045.gif

タッチーさん、今日は好天にもかかわらず、マニアックでネクラでアブノーマルな山歩きに、お付き合いありがとうございました。
そういえば、当たり前ですが、登山者には誰にも会いませんでしたね(笑)
二人とも怪我なく、何事もなくてよかったです。
c0077338_2258289.jpg

[PR]

by katuyamak | 2010-01-24 22:58 | 2010年福岡県の山 | Comments(14)