「ほっ」と。キャンペーン

本の紹介

図書館で2~3週間前に何気なく借りた
「九州の山歩き 南部編」 九州の山研究会  海鳥社


山のルート紹介の本はどれも似たりよったりで、まあ 山と渓谷社の「○○県の山」があれば十分かなあ
と思ってました。

でもこの本はいいですね。
オールカラーで見やすく、ルート図も丁寧
なんか眺めている内に南部の山に登りたくなった(笑)
すぐにパソコンからアマゾンで購入した。
c0077338_665748.jpg


また5月4日からこの本を利用して宮崎方面の山を登る予定。


さて、南部編があるのなら、北部編もあるはずだと思い、図書館から検索し、北部編を確認。
貸出中だった為、予約を入れて、ようやく私の手元に来ました。

いや~、北部編もいいですね。
紹介された99ルートのうち、この中で登った山はすでに65
半分以上登ってますが、まだまだ抜けがあるし、登った山も一ひねりしてあり、知らないルートが多い。
読んでいる内に、抜けがある山、知らないルートへの登頂意欲が湧いてきた。
紹介してあるルートは、歩行時間が長いのも、またいい。

今までの山の本で

宗像四ツ塚縦走
二丈岳~十坊山
三郡縦走
など長いルートを1冊の中でまとめて紹介していた本はかつて知らない。
歩きたくなる山とルートがたくさん出てきた。

最近は、マンネリ化してしまった山歩きしているので、こんな刺激は大事ですね。

この本も早速ネットで注文かけよう。

この本が5年前に出ていたら、私の山歩きもまた方向性が変わっていたけどなあ。
まあ、この本を時々、利用させていただきましょう。
いい本です。

ただし、苦言をひとつ。
北部編には、歩行時間が書いてあるが、歩行距離が記載されていない。
南部編にはしっかり、書いてくれている。

山の会が違うからと言えば、それまでだが、実に惜しい。
改訂版が出るなら記載してほしいですね。


あとTSUTAYAで買った「賢人の習慣術」
この本も読みやすく、内容もよかったなあ。
[PR]

by katuyamak | 2014-04-30 06:07 | 読書 | Comments(6)

◆2014年 読書一覧◆


2014年の読書の目標  楽しみながら100冊の本を読む事。


52 10月  断捨離          やましたひでこ
51 10月  孤高の人 上・下      新田次郎
50 8月  引き寄せの法則       マイケ・jロオジェ
49  8月   心のブレーキの外し方      石井裕之
48  8月 もうひとりの自分と付き合う方法   石井裕之
47  8月   今すぐやれば幸運体質       高橋美里
46  8月   英雄なき島           久山忍
45  8月   1日を3時間増やす超整理術    高橋美里
44  7月  ほんとはやばい 韓国経済     三橋貴明
43  7月  日本の未来 ほんとは明るい     三橋貴明
42  6月  「妄想大国」韓国を嗤う       三橋貴明   
41   6月   幸せの絆             木村優子
40  5月  垂直の記憶             山野井  
39  5月  日本一の変人経営者         宗次徳二
38  5月   潜在意識の授業            山田浩典        
37  4月  賢人の習慣術            宗次徳二他3名
36  4月  学べる!山歩きの地図読み      佐々木 亨
35  4月  韓国・北朝鮮100問100答      黄文雄
34  4月   悪韓論               室谷克実 
33   4月  日本人の恩を忘れた中国人・韓国人の「心の闇」: 呉善花
32  4月  政と源                 三浦しおん
31  3月  「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 山本憲明
30  3月  毎日がときめく片づけの魔法      近藤麻理恵
29  3月  白蓮れんれん             林真理子
28  3月  大山 巌               三戸岡道夫
27  3月  55歳からのハローライフ        村上 龍
26  3月  暖簾(のれん)             山崎豊子
25  3月  銀座缶詰                益田ミリ
24  3月  わしの眼は十年先が見える        城山三郎
23  3月  お坊さんはなぜ領収書を出さないのか    大村大次郎
22  3月  2022年これから10年 活躍できる人の条件  神田昌典
21  3月  図解 トヨタの片づけ         OJTソリューションズ
20  3月  「返し」会話術              三橋泰介
19  3月  韓国はどれほど日本が嫌いか       武貞秀士
18  2月  「本物」になる仕事のクセづけ       船井幸雄
17  2月  戦前の日本                  武田知弘
16  2月  日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほど違うのか 黄文雄
15  2月  今やる人になる40の習慣           林 修
14  2月  なんで片づけられないんだ?         菅野結希
13  2月  日本でいちばん大切にしたい会社      坂本光司           
12  2月  バカポジティブ                  関根 勤
11  2月  無印良品は、仕組みが9割          松井忠三
10  1月  56歳での起業                  中嶌重富
 9  1月  「言葉」があなたの人生を決める       マーク・シューベルト
 8  1月  新・スカートの風                  呉善花
 7  1月  私はいかにして「日本信徒」となったか    呉善花 
 6  1月  トヨタの片づけ(2回目)             OJTソリューション
 5  1月  スカートの風                    呉善花
 4  1月  やっかいな隣人韓国の正体          井沢元彦、呉善花 
 3  1月  わたしのウチには、なんにもない        ゆるりまい
 2  1月  氷点                         三浦綾子
 1  1月  そうか、もう君はいないのか           城山三郎
[PR]

by katuyamak | 2013-01-13 07:48 | 読書 | Comments(0)

◆2013年 読書一覧◆

74 12月  なんにもない部屋の「暮らしかた」  ゆるりまい
73 12月  いつやるか?今でしょ!       林 修
72 12月  ホテルローヤル           桜木紫乃      
71 12月  深い河              遠藤周作       
70 12月  一歩を超える勇気          栗城史多
69 12月   リセット              垣谷美雨 
68 12月      成功の法則 92ケ条        三木谷浩史
67 12月  壬生義士伝 上・下          浅田次郎
66 12月  宇宙銀行               植西 聰
65 12月  あなたの人生、片づけます      垣谷美雨
64 12月  実践!「仕事の成功」は気配りが9割   浜口直太
63 11月  30分の朝読書で人生は変わる(2回目) 松山真之介
62 11月  永遠の0                百田尚樹
番外11月  真夏の死(朗読CD)         三島由紀夫
61 11月  誰でも「引き寄せ」に成功するシンプルな法則 水谷友紀子
60 11月  幕末の大誤解             熊谷充晃
59 11月  いいことを引き寄せる100の法則  植西聰
58 10月  海賊と呼ばれた男(下)      百田尚樹
57 10月  はとバスをV字回復させた社長の習慣 宮端清次
56 10月  あきらめない            村木厚子
番外10月  釈迦(朗読CD)          瀬戸内寂聴
55 10月  部下を定時に帰す「仕事術」   佐々木常夫
54 10月  ビックツリー             佐々木常夫
53  9月  海賊と呼ばれた男(上)      百田尚樹
52  9月  大日本帝国の真実         武田知弘
番外 8月  闇は知っている(朗読CD)    池波正太郎
51  8月  今日が残りの人生最初の日   須藤元気
50  8月  三浦雄一郎の「歩く技術」    三浦雄一郎、豪太
49  7月  山の遭難                羽根田 治
48  7月  心を整える               長谷部 誠
番外 7月  切子皿(朗読CD)           伊集院 静
47  7月  トヨタの片づけ          OJTソリューションズ
46  7月  常勝将軍 立見尚文 上下巻 約800P 柘植久慶
45  7月  運の流れにのるたったひとつの方法 中野裕弓
番外 7月  下駄屋おけい(朗読CD)   
44  7月  重原佐千子の驚速!電卓早打ち 重原佐千子
番外 6月  おせん(朗読CD)          池波正太郎 
番外 6月  三年坂(朗読CD)          伊集院 静
43  6月  40歳から成功した男たち     佐藤光浩
42  6月  マリーアントワネット上下巻    遠藤周作 約800P
41  6月  凡時徹底               鍵山秀三郎
番外 5月  風の叉三郎(朗読CD)        宮澤賢治
40  5月  おばあちゃんは女子大生
39  5月  おもしろいほどよくわかる日露戦争 近現代編集会
38  5月  ちょっと田舎で暮らしてみたら   能勢健生
37  5月  硫黄島 栗林中将の最期     梯 久美子
36  4月  読ませるブログ            樋口裕一
35  4月  速読受験術              椋木修三
34  4月  「空腹」が人を健康にする      南雲吉則
33  4月  あなたの生き方を変える断食の本 北川八郎
32  4月  トリガーフレーズ           本田直之
31  4月  知られざる大隈重信
30  4月  ど真剣に生きる            稲森和夫
29  4月  散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官栗林忠道  梯久美子
28  3月  幕末の会津藩             星 亮一
27  3月  ブータン王室はなぜこんなに愛されるのか  田中敏恵
26  3月  女たちの会津戦争          星 亮一
25  3月  あの頃日本は強かった       柘植久慶
24  3月  伝える力                池上 彰
23  3月  続ける力                伊藤 真
22  3月  数値力の磨き方           野田宣成
21  3月  長崎ぶらぶら節(2回目)      なかにし礼
20  2月  面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則(2回)  本田直之
19  2月  人生がときめく片づけの魔法2  近藤麻理恵
18  2月  目からウロコの近現代史     河合 敦
17  2月  「続ける」技術            石田 淳
16  2月  脳を冴える勉強法         築山 節
15  2月  仕事日記をつけよう        海保博之
番外 2月  闘牛(朗読CD)           井上靖
14  2月  山はいのちをのばす        田中澄江
13  2月  問題は数字センスで8割決まる 望月 実
12  2月  勉強を続ける技術(3回)      内藤勝浩
11  1月  30分の読書で人生は変わる   松山真之介
10  1月  幕末銃姫伝             藤本ひとみ
 9  1月  整理の習慣             篠塚孝哉
 8  1月  すごい読書             中島孝志
 7  1月  王城の護衛者            司馬遼太郎
 6  1月  会津若松の女たち、男たち     中村彰彦
 5  1月  白虎隊と会津武士道         星 亮一
 4  1月  できる人間を目指すなら悩むのはやめよう 本田直之
 3  1月  たった3つのくせを直せば人生はうまくいく  本田直之
 2  1月  長崎オラショの旅(2回目)     小松登明
 1  1月  男の系譜                池波正太郎
[PR]

by katuyamak | 2012-11-01 07:31 | 読書

雨の日の読書

6月16日(土)
朝から降り続く山は今日一日降り続くようだ。
さすがにこんな日はキャンプはあきらめよう。

土曜日は読書三昧とする。

先週まで6月に読んだ本
c0077338_2384736.jpg

益田ミリさんの47都道府県女ひとり旅の本はおもしろかった。
女性目線での、県の印象を書いてあり、そうなんだなあ、楽しく読んだ。
益田ミリさんは、遠慮深く、慎ましく、かわいい女性なんだろう。
好印象。
20代、30代の女性の多くはこんな気持ちを心の中にしまいこんであるんだろうな。

読み終えるのに、3週間かかる。
県別に1日 1、2県のペースで読んでいたので一向に進まず。

中国エリート高校生 日本滞在記も面白かった。
中国高校生が見た日本の姿は、それが当たり前を思っている事をあらためて知らされて新鮮だった。


読み終わった本、読んでいる本
c0077338_239335.jpg

槍ケ岳開山
natsucocoさんのブログを見て、読んでみたくなった本。
新田次郎氏の本は、「強力伝」、「孤高の人」からかなりの年月が経った。
小説は4月の「歳月」から久し振り。
6月16日(土) 朝から5、6時間かけて読み終える。

「NAGASAKI 長崎を知る77のキーワード」は今、読んでいるというか眺めているというか、2010年10月に出版された本で読みやすく、画像も綺麗。
ただ読み終えるのにあと、1、2回借り直さないといけないだろうなあ。

「不幸になる生き方」勝間和代さんの本。
月曜日に読み終える。
[PR]

by katuyamak | 2012-06-16 23:09 | 読書 | Comments(0)

うすきさんと「ハッピーリタイアメント」

4月14日(土)
火曜日に親知らずを抜歯した。
50歳過ぎでの抜歯だったせいか、親知らずが巨大化し、抜くまで40分ほどかかり、抜いた後も気持ち悪く、体力もがっくりと消耗。
片頬がボッコリ腫れて、コブとりじいさんのようになり、まともに食事が出来ない。

スープ、豆腐、麺類しか食べられず、体はだるく、休みまでとても長く感じた一週間だった。

さて、本日、土曜日は洗谷のお誘いを受けていたが、この体力で登る事は無理と自覚し、自宅療養とする。

こんな日は読書である。
さて何を読もうかと考えながら、朝にぼんやり他の方のブログをネットで眺めていた。
ちょうど、いーさんのブログでうすきさんとの会話の中で「ハッピーリタイアメント」の用語が出ていた。


これだ!
今日の本が決まった。
春日図書館で検索すると貸出可能である。

浅田次郎著 「ハッピーリタイアメント」
c0077338_21474132.jpg


「ハッピーリタイアメント」の用語がある事を知ったのは昨年である。

ちょうど、うすきハッピーリタイアメントさんが山友のブログにコメントをぼつぼつ書き込みをはじめられた頃だった。

まだ福岡で勤務されてあった頃の風来坊さんと、登山道で話していて、うすきハッピーリタイアメントって、ペンネームとして、洒落たうまいネーミングですよねえと風来坊さんに聞いた記憶がある。

かえって来たコメントが、なんでも浅田次郎さんの本に「ハッピーリタイアメント」って本があるんでそれから、うすきさんが考えられたんじゃないですかねえって話をしていたのが昨年である。

とても前置きが長くなったけど、そんないきさつがあっての本「ハッピーリタイアメント」である。

実は浅田次郎さんの小説を読むのは初めてである。

映画では、
鉄道員(ぽっぽや)     高倉 健  号泣した作品
椿山課長の七日間      西田俊之  これもよかった。和久井映見さんが印象的
壬生義士伝         中井貴一  よかった。
地下鉄(メトロ)に乗って  堤真一   これもよかった。
オリヲン座からの招待状   宮沢りえ  最後、号泣した。

と案外と映画では、名作を見ているのである。
またこの5本とも邦画として、とても印象が強いいい名作であった。


実は、私は浅田次郎さんの本は競馬に関する本しか知らなかった。
ネットで調べると「競馬の達人」が1992年だから売れる前だと思う。
だからおそらく私が30代前半の時である。
当時、浅田次郎さんが名作を連発してこんな偉大な作家になるとは夢にも思わなかった。
ただの博打打ちのオッサンとしか思ってなかったので(笑)



さて、さらに前置きが長くなったが(笑)
本はとてもおもしろかった。
最後がハッピーなのが何よりである。



私も7年後の2019年には60歳である。
その時、できれば「ハッピーリタイアメント」できる人生であったらいいだろうなあと思う。
(だけど、おそらく年金がもらえる65歳まで働かないといけないだろうなあ。)

なお、この4月から「ハッピーリタイアメント」になられた
うすきハッピーリタイアメントさん、これから第二の青春ですね。

長い間のお仕事、お疲れさまでした。

これから、大いに毎日をエンジョイされてくださいね。

今後、山登り、自転車、読書、音楽、園芸と趣味にますます忙しくなりますね。
そんな、うすきさんがブログを始められました。

山に癒されて(byうすきハッピーリタイアメントさん)

リンクさせていただきました。

うすきさん、これからもよろしくお願い致します。
(長くなりましたが、うすきさんがブログを始められたのを、みんなに伝えたかったのです)
[PR]

by katuyamak | 2012-04-14 21:43 | 読書 | Comments(4)

片づけの本を買う

11月26日(土) 4時50分起床
先週に引き続き、珍しく2週続きで土曜日が休めます。
久し振りに本の紹介でもしてみます。

「人生がときめく片づけの魔法」 近藤麻理恵さん
c0077338_2052435.jpg

買ったのが先々週位だったかな。
本を買ったきっかけは、題名に興味があったのと、女の子がかわいかったので(笑)
新刊で1470円ですから、これけっこう重要ポイントでした。

あれからすぐに金スマで特集があってましたね。
だから本読むよりもテレビから先に見ました。
いやー、彼女はプロだね。
彼女は、本物だとすぐにわかりました。
まだ27歳なのに、とてもしっかりしてるし、たいしたものです。
本は、今もう110万部売れているそうです。

おかげで私も土曜日に服をこっそり捨てました。
衣服の収納も参考になりましたね。

本も、この本を読む前からですが、どんどん処分してます。

300冊以上あったと思いますが、今は70冊位。
50冊以下にしたいんですけどねえ。
一度、近くまで行ったんだけど、簿記のテキストと問題集を買ってしまい、気がつけば11冊購入してた。

あと別にグリーンウオーク40冊位。
これも処分すべきか?これは本棚でけっこう場所とっている。
うーん、これはまだときめくし、しかし今はまったく読む暇もないが・・

本と言えば、不思議な現象があります。
処分して本がなくなると、どんどん読書熱が出てきました。

本の中にも書かれてますが、本がない時の方が情報の感度が上がるらしい。
本はタイミングが命 出会ったその瞬間が読むべき「時」らしいのです。
まさにそうかもしれませんね。

おかげで本も買わなくなり、図書館を利用する事が多くなりました。
5月からブログに記録をつけて、書きだしましたが、調べてみると、7ケ月間で46冊の本を読んでます。

1ケ月6.5冊はなかなか読んでいる方ではないでしょうか?
最終的に本棚に自分のマイブックはまったく必要ないかもしれませんね。
それが理想。
図書館を自分の本棚の一部にしたいですね。
[PR]

by katuyamak | 2011-11-27 20:52 | 読書 | Comments(6)

「どがんね」 「五つの誓い」 古賀常次郎伝

5月から何気なく読み始めた読書。
なかでもなぜか伝記ばかりを読み、伝記の人の数も14人目となった。
7月の読書が計10冊。
児童書も含まれているけど仕事で忙しいはずの私が3日に1冊のハイペースで、いったいどうした事か?と思う意外な数字だ。
これも朝5時の早起きが出来るようになった成果かと思われる。

土曜の夜から何気なく読み始めた「古賀常次郎伝」にハマり土、日で2冊を読破。
c0077338_17143827.jpg

図書館で本を借りる時に、古賀常次郎さんがどんな人かもわからなかった。
ただ同じ人の名前の伝記が2冊あり、これは?と思って借りる。

土曜の夜は古賀常次郎氏の父親 一氏の強烈な息子に対する虐待、いじめが心に残り、山を歩いていてもその事をぼんやりと考えていた。
こんなモンスターのような父親が当時(昭和20年~30年)はたくさんいたんだろう。

古賀さんが発明した、スプリングワッシャーや寄付総額が3億円を超えている事。
それ以上に古賀常次郎氏のストイックな生き方、凄さにただただ感動。
一気に2冊を読み終えた。

機会あれば、今年中に古賀氏が住む佐賀市、巨勢小学校を訪ねてみたい。
[PR]

by katuyamak | 2011-07-31 17:14 | 読書 | Comments(2)

◆2012年 読書一覧◆

2012年度も、時間を作り、偉人・人物の伝記を中心に読みたい。
小説を多く読めたらと思う。



番外12月  泣く母(朗読CD)        藤沢周平
番外12月  蟹工船(朗読CD)
72 12月  鉄道員(ぽっぽや)       浅田次郎
71 12月  空腹力              石原結實
70 12月  心がほどける小さな旅     益田ミリ
69 12月  食べない健康法         石原結實  
68 12月  砂の女               安部公房
67 12月  美しい雲の国           松本さん
66 11月  朝バナナダイエット        はまち
65 11月  硫黄等戦記            川相昌一
64 11月  韓国へ嫌われた私        金子恵美
63 11月  半島へ、ふたたび         蓮池 薫
62 10月  はぐれ牡丹            山本一力
61  9月  人斬り半次郎 賊将編      池波正太郎
60  9月  人斬り半次郎 幕末編      池波正太郎
番外 7月  ちゃん(朗読CD)         山本周五郎
番外 7月  父と暮らせば(朗読CD)     向田邦子
59  7月  腹だけ痩せる技術         植森美緒
58  7月  すごい 弁当力!         佐藤剛史
57  7月  栗林忠道              柘植久慶
56  7月  逃走(朗読CD)           藤沢周平
55  7月  富士山に千回登りました     實川欣伸
54  7月  八甲田山 死の彷徨        新田次郎
53  7月  あんぽん 孫正義伝         佐野眞一
52  7月 実年齢より20歳若返る!生活術  南雲吉則
番外 7月  裏の木戸はあいている(朗読CD)山本周五郎   
番外 7月  愛犬/足袋(朗読CD)       松本清張
番外 7月  驟り雨/朝焼け(朗読CD)    藤沢周平
番外 7月  白い人(朗読CD)          遠藤周作
51  7月  青春を山に賭けて          植村直己
50  6月  悩んだときは山に行け!      鈴木みき
49  6月  「打たれ強さ」の鍛え方       柘植久慶
48  6月  大人が変わる生活指導      原田隆史
47  6月  ソロ単独登攀者 山野井泰史  丸山直樹
46  6月  生きる                乙川優三郎
番外 6月  三熊野詣(朗読CD)       三島由紀夫
番外 6月  或る「小倉日記」伝 朗読CD  松本清張
番外 6月  肉体の門(朗読CD)        田村泰次郎
45  6月  家族シネマ              柳美里(ゆう・みり)
番外 6月  左の腕/いびき(朗読CD)     松本清張
44  6月  不幸になる生き方          勝間和代
43  6月  槍ケ岳開山              新田次郎  
42  6月  中国のエリート高校生  日本滞在記
41  6月   47都道府県女ひとり旅        益田ミリ
番外 6月   新しき俘虜と古き俘虜俘虜記より(朗読CD)   大岡昇平
番外 6月  二階(朗読CD)             松本清張
番外 6月  夜の道(朗読CD)            藤沢周平
41  5月  「感謝の習慣」で人生はうまくいく   佐藤 伝
40  5月 ダイヤモンド・セルフ           佐藤康行
番外 5月  「雁の寺」(朗読CD) 最高である   水上 勉
39  5月  相性                     三浦友和
38  5月  磁石の法則                 佐藤康行
番外  5月 虹の空 朗読CD:樫山文枝         藤沢周平
37  4月 歳月(上)(下) 江藤新平の小説     司馬遼太郎
36  4月 人に好かれる話し方             和田裕美
番外  4月 約束(朗読CD 賠償千恵子)        藤沢周平
35  4月 花のれん                  山崎豊子
番外  4月 船場狂い(朗読CD 安奈 淳)       山崎豊子
34  4月 一言変えるだけでもっと人に好かれる話し方  和田裕美
33  4月 大久保利通                佐々木 克
32  4月 長崎オラショの旅              小崎登明            
31  4月 出たとこ勝負のバイク日本一周(実践編)   小林ゆき
30  4月 ハッピーリタイアメント           浅田次郎
番外 4月  驟雨(朗読CD 渡辺 謙)        吉行淳之介
番外 4月  だらだら坂/大根の月(朗読CD)     向田邦子
29  4月  侍とキリスト ザビエル日本航海記 ラモン・ビラロー
28  4月  幕末を生きた女101人         新人物文庫
27  4月  のんびり山陰本線で行こう!        野村正樹
26  4月  高杉晋作                 古川 薫
25  4月  木戸孝允                 一坂太郎
24  3月  みんなを好きに              矢崎節夫   
23  3月  童謡詩人 金子みすゞの生涯        矢崎節夫
番外  3月  凍てのあと(朗読CD)         山本周五郎
番外  3月  将監さまの細道(朗読CD)       山本周五郎
22  3月  おはん                  宇野千代
21  3月  阿部一族                 森 鴎外
20  3月  三陸海岸大津波              吉村 昭
19  3月  乙女峠                  永井 隆
18  3月  生きていく私               宇野千代
17  3月  浦上キリシタン流配事件          家近良樹
番外  3月  西郷札(朗読CD)            松本清張
番外  3月  泣く女(朗読CD)            藤沢周平  
番外  2月  しぶちん (朗読 橋爪 功CD)     山崎豊子
16  2月  「陰山学級」学力向上物語         陰山英男
15  2月  久留米・大砲ラーメン親子二代熱風録    香月 均
14  2月  ボタ山のあるぼくの町(写真集)      山口 勲
13  2月  高校生レストラン 行列の理由(泣けた)  村林新吾
12  2月  オール1の落ちこぼれ、教師になる(2回目)宮本延春
11  2月  信念の偉大な力              田中真澄
10  2月  モデル失格                  押切もえ
 9  1月  僕たち、どうして勉強するの        古市幸雄
 8  1月  ヤマの記憶 山本作兵衛        西日本新聞社
 7  1月  女の一生 二部・サチ子の場合       遠藤周作
 6  1月  筑豊ヤマが燃えていた頃(写真集)    井出川泰子
 5  1月  写真で見る幕末・明治(写真集)      小沢健志
 4  1月  長崎ぶらぶら節             なかにし礼
 3  1月  浦上四番崩れ               片岡弥吉 
 2  1月  人生がときめく片付けの魔法(268P) 近藤麻理恵
 1  1月  女の一生 キクの場合(498P)     遠藤周作 

[PR]

by katuyamak | 2011-07-31 10:08 | 読書

◆2011年 読書一覧◆

今まで、本を読んだ記録や控えというものは一切なかった。
これからは恥ずかしいが、あえて記録に残しておこう。
50歳を過ぎ、読書の大切さを知り、最近は5時起床も慣れてきたので、あえて自分が知らない、いろいろなジャンルの本を読んでみよう。
小説のたぐいはおそらくそんなに読まないから、事実が書かれている歴史、伝記、ノンフィクションが中心になるかと思う。
平日は仕事で精一杯なので、週末の「山登り」と「映画」と「読書」の時間配分とバランスがこれからの課題。

54 12月  切支丹の里(エッセイ)          遠藤周作
53 12月  愛のひと ド・ロ神父の生涯(漫画)    西岡由香
52 12月  「沈黙」 2011年の私の中の最高の1冊 遠藤周作
51 12月  この子を残して(途中)          永井 隆
50 12月  永井 隆(児童書伝記)          中井俊己
49 12月  福翁自伝(途中)             福澤諭吉
49 12月  学問のすすめ(途中で挫折)        福澤諭吉
48 12月  福澤諭吉 (児童書を2冊)        小島直記
47 12月  早わかり 幕末維新            外川 淳
46 11月  静かな木                 藤沢周平
45 11月  脳を天才にする勉強法必勝バイブル     吉田たかよし
44 11月  佐藤可士和の超整理術(2回目)      佐藤可士和
43 11月  総図解よくわかる幕末・維新        結喜しはや
42 10月  わかりやすさの勉強法            池上 彰
41 10月  朝30分を続けなさい            古市幸雄
40 10月  図解 新選組のことが面白いほどわかる本   中見利男
39  9月  京都自転車散歩(流し読み)        山の渓谷社
38  9月  陰山家の陰山メソッド            陰山望都
37  9月  トイレの神様                植村花菜
36  9月  美空ひばりは鶴だった            麻生千晶
35  9月  美空ひばりプライベート(写真集)  監修  加藤和也
34  8月  日商簿記最短合格テキスト工業簿記2級   DAI-X
33  8月  50歳からの頭がよくなる「体験的」勉強法  高島徹治
32  8月  火城    幕末廻天の鬼才 佐野常民    高橋克彦
31  8月  遅咲き偉人伝                久垣啓一
30  8月  朝1時間勉強法               山本憲明
29  8月  読むだけで賢くなる勉強法         本村健太郎
28  8月  次郎物語                  下村湖人
 (児童書なのに400ページもあり時間かかる)                
27  8月  ゲゲゲの女房                武良布枝             
26  8月  応援します。あなたの旅立ち         大平光代
25  8月  だからあなたも生きぬいて(とめどなく涙が) 大平光代
24  8月  大人の為の超スピード勉強法         出口 汪
23  7月  五つの誓い 古賀常次郎伝          寺門 克
22  7月  どがんね  古賀常次郎詳伝         佐保 圭
21  7月  ヤンキー、弁護士になる           金崎浩之
20  7月  上原正吉伝 頭から煙が出るほど考え続けろ  真鍋繁樹
19  7月  宇宙を味方にする方程式           小林正観
18  7月  ハガキ道                  坂田道信 
17  7月  人生を楽しむための30法則         小林正観
16  7月  宇宙を貫く幸せの法則            小林正観
15  7月  勉強のすすめ                石井貴士
14  7月  葛飾北斎 大江戸パワフル人物伝      児童マンガ
13  6月  津波から人々を救った稲むらの火      児童マンガ
12  6月  おじいちゃんは東大生 博士号取得にむかって 岡本寿郎
11  6月  ナイチンゲール 赤十字の母(児童書)    村岡花子  
10  6月  1日15分勉強法              宮崎伸治
 9  6月  爆笑!エリート中国人            小澤裕美
 8  6月  朝9時までの超仕事術           見田村元宣
 7  6月  陰徳を積む 銀行王 安田善次郎伝      北 康則
 6  6月  世界から感謝の手紙が届く会社 中村ブレイス  千葉望
 5  6月  田中耕一という生き方   205P     2時間位  
 4  5月  炭坑王 伊藤伝右衛門          20時間以上
 3  5月  トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか      3時間位
 2  5月  弥太郎の長崎日記              3時間位
 1  5月以前 オール1の落ちこぼれ、教師になる     宮本延春
      
[PR]

by katuyamak | 2011-06-05 16:49 | 読書 | Comments(4)

本を3冊読む

今週は土曜日が仕事、日曜日は台風接近。
日曜日、三日月山付近まで足を運んだが、雨、風が強く今日は断念。
久し振りに週末に登らなかった。

山のレポ報告が何もないので、久し振りに本の感想を書いてみる。

5月に入り、本を3冊読んでいるので、その本の感想でも・・・
いつもは実用書、自己啓発書等を読む事が多いが、そんな本はなかなかブログになんて書けない。

最初は「炭坑王」 これはおもしろかった。
c0077338_16393542.jpg
350ページの大作だが、図書館で3度借りなおし、1ケ月かかってやっと読む。
途中、途中で間が空いて、再度読み直し、たぶん20時間以上かかって読んだ。

当時の筑豊の石炭事情、地域経済、その他、伊藤伝右衛門さんと白蓮さんの事を詳しくわかったのは収穫。

ちょうど、山本作兵衛さんの絵が世界記憶遺産に登録されたので、また田川の石炭博物館にも足を運んでみたい。
ネットで調べると、週末はやはり通常の2~3倍の人出とか。



「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか」
c0077338_16533176.jpg

低体温症と事故の教訓
「アミューズトラベル社」のツアー検証。
3名がガイドで、15名がツアー客。合計18名。

結果、5名が自力で下山。
5名がヘリで救出。
8名が低体温症で死亡。

ガイド3名のうち、2名がこのルートを歩いた事がなかった。

事故が起こった背景としては、3日目の事故当日の朝、強風、大雨の悪天候の中をヒサゴ沼避難小屋を出発した事。
また引き返す事をせず、とにかくガイドがそのまま進ませた事。
また、誰もツアー客がその事に対して、反論しなかった事。

ガイドもツアー客も山のひとりひとりの山の体力を知らず、わからず、さらに参加者の多くが、60代だった事。
読んでいて、あまりに情けなくも悲しい。

他人事とは思えず、山の恐さを再認識する。


「弥太郎の長崎日記」
現在の長崎公立学校の先生が書いた本でなかなかおもしろかった。
c0077338_17381432.jpg

龍馬伝でだいたい岩崎弥太郎の事は知っていたが、本を読んでさらに時代背景も詳しくわかる。

この時代の坂本龍馬、後藤象二郎、岩崎弥太郎、海援隊のひとりひとりが何といきいきしている事だろう。

後藤象二郎が1年間で丸山で遊んで使ったお金が3千両、現在の価値で1億5千万円。
毎日50万交際費として使っていた。
スケールが違うねえ。
[PR]

by katuyamak | 2011-05-29 16:38 | 読書 | Comments(4)