カテゴリ:関西の山歩き( 59 )

京都 弥仙山(664m)

6月24日(土)
梅雨の晴れ間を狙って、京都 弥仙山へ

朝5時起床

現地 9:13着
  
福知山方面で唯一、残っていた関西100名山


予想していた事ですが、駐車場には1台の車も無く、往復 誰にも会わなかった。


c0077338_10235645.jpg

c0077338_10240873.jpg

c0077338_10242029.jpg
ここが登山口




c0077338_10243395.jpg
c0077338_10245362.jpg
c0077338_10250586.jpg
c0077338_10340448.jpg

片道2.4kmのピストンで、山歩きとしては約2時間 5km程
往復、誰にも会わず
ほとんどが植林でしたが、山頂付近にちょこっと自然林が残る山
   

 

帰りに西舞鶴駅付近を歩いていると、「岩がき丼」なる
気になるメニュー発見
さすがに食べた事がなかったので、食してみよう。
寿司屋で赤だし付きで1500円
ちょっと説明がむずかしいですが、美味しかったです。
  

c0077338_10354770.jpg
  
c0077338_10361440.jpg
朝5時起床
京阪 千林駅ー京橋駅    210円
JR 京橋駅ー大阪駅   2590円
   大阪駅ー綾部駅    970円
   綾部駅ー西舞鶴駅
レンタカー(おとなびパス)3200円
往復計        10,740円

今週読んだ本 
また、同じ夢を見ていた   住野よる
大阪のおっちゃん! -かわいくて愛すべき生き物。千秋 育子


[PR]

by katuyamak | 2017-06-25 07:33 | 関西の山歩き | Comments(0)

三重県 桧塚~明神岳ピストン

2016年11月位から仕事がずっと忙しくて、ブログ更新もままならずでしたが、
今日、やっと今までヤマップだけに更新していた内容とブログがリンクして追いつきました。

ただ、歩いた山歩きの軌跡をアップしようとすると、ひと作業で30分以上かかるので、
そこまでは出来てません。

大阪の単身赴任3年目

関西100名山が  90座、
九州146名山が 138座まで登りました。

早く達成して、旅費が少ない、お金のかからない大阪近郊の低山をのんびり歩きたいと思ってます。
今は1つの山を登るのに、1万円近くかかる山ばかりです。

登る山のルート検討と、電車の時刻表、レンタカーの空き状況、登山口へのマップコード、
天気予報と、予習ですごく調べる事が多いんです。
でもそれも又、山の楽しみかと・・・・




6月3日(土)
午前中、仕事して夕方17時から24時間でレンタカーを借りる
出来るだけ、登山口付近で車中泊する予定。
宇陀市を過ぎて、まったくスーパーマーケットと夕食を食べるところがない。
この前の池小屋山でわかっていたのに、20km運転していれば何かあるだろうとの、
甘い期待もまったく生かせなかった。
結局、50km近く運転して、夕食と明日の山の食材と飲料を見つける。
車中泊ポイントを見つけたのは22時過ぎ
翌日は、6時半まで8時間も狭いワゴンRの車内でぐっすり寝る。
Image description 

今の時期、暑くもなく、寒くもなく車中泊のベストシーズンです。
6月4日(日)
朝から、車でマナコ口登山口を探す。
マナコ登山口、ナビも通じず、携帯も通じない。
前もって設定していたヤマップの地図でやっと、見つけました。
ヤマップのソフトが無いと今日の山歩きは無理でしたね。
Image description Image description

駐車場から30分程歩いて、登山口へ。
Image description Image description
登り2時間
まったく、面白くもない陰気な植林地帯を、ただ黙々と登る。
標高が高くなり、自然林が顔を見せて、桧塚が見えてくると、
山歩きが一気に楽しくなる。

c0077338_07072308.jpg


c0077338_07080379.jpg

Image description Image description
それまで、ただ、ただ我慢です。
山の軌跡
GPSの電波も通じない位に山奥なので、軌跡もおかしい
間違いなく13km以上は歩いているはずだ。

今日の山は関西100名山の2座
関西100名山も90座登った事になります。
次回からカウントダウンとなる。
2015年4月から登ってますが、夏頃に達成出来そうです。
逆に九州146名山の方があと8座。
こちらの方が険しい山が多く残っており時間がかかりそうです。


今週読んだ本
ディス・イズ・コリア   室谷克実
韓国戦沈没考 
悪魔は細部に宿る     樋口晴彦
危機管理の落とし穴



[PR]

by katuyamak | 2017-06-08 07:10 | 関西の山歩き | Comments(2)

JR粟野駅から野坂岳(914m)

4月23日(日)
敦賀駅前のビジネスホテルで5時前に目が覚める。
ホテルを7時半頃出発するかなあと思って、ぼんやり何気なくスマホを見ると
6時半台に粟野駅に行く電車がある事を知り、6時過ぎに出発。
JR野坂駅を6時50分に出発。
Image description Image description Image description
今日は、昨日 標高差 810m 5時間歩いた疲れのせいか、体が重く感じる。
それが山頂まで続き、最後まできつかった。
Image description Image description Image description

途中、途中で、ゆっくり休憩して、往復タイムは、本の標準タイム往復4時間より、
さらに遅れて4時間20分

二日間で、歩いた距離、ストック無しで25km 9時間
標高差 1600mは、よく歩いたと思う。

野坂駅に戻ったのが、11時10分
Image description
次の電車が12時53分
1時間40分ほど、無人駅のベンチで読書してました。
ブラックコーヒーを2本飲む。
本を持ってて、良かったです。

今週読んだ本
「カフーを待ちわびて」   原田マハさん
予想通りで、すごくおもしろい本でした。
日本ラブストーリー大賞 賞金500万円を獲得した内容だけあります。
情景が目に浮かんでくるような、離島の生活
明青は、幸に会えたのか?
気になるラストです。
無人駅のベンチで、一人、ほっこりして、小説のラストシーンの余韻を楽しんでました。


[PR]

by katuyamak | 2017-04-24 08:11 | 関西の山歩き

矢筈岳(和歌山県日高町)

3月11日(土)
2回目の挑戦となる和歌山県の矢筈岳へ
起床4:40
京阪 千林駅ー京橋駅   210円
JR 京橋駅ー和歌山駅 1080円
和歌山駅でレンタカー(軽自動車)

前回1月2日に挑戦した矢筈岳のアタック
その時は、あまりの車道の道幅の狭さと、山歩き時間がが読めない不安から
撤退した山である。
その時は、トヨタレンタリースから借りた、まだ走行5000km程度のほぼ新車のリース車
だったので、傷を付けたら大変と、車道の運転を中止し、山歩きを止めた経緯がある。
また本当にこの道で合っているのか?不安もあった。

今回は、その教訓から、あえてワゴンRの軽自動車を選択し、
また立ち寄ったレンタかーの受付の方が、彦麻呂に似てる方で、
凹まさなければいいですよ~♪と、実にアバウトな車のチェックを
してくれたので、これは少々こすっても問題あるまいと心の中でニンマリ。
ワゴンRも、特に洗車もしてなくて、いい感じで古びており、
こんなレンタカーが好きだなあ。
新しい車だと、かえって神経を使ってしまう。

登山口に到着するまで、案の定、とんでもなく狭い車道。
変な汗が出て、神経ピリピリ
もう二度と来ないぞと思いつつ、なんとか登山口まで
ここまで来たら、あとは何の問題もない。
往復2時間ちょいで終了。
Image description Image description

Image description Image description



山はいい山でした。
帰りの車道では、やはり木の枝、草などが車のサイドをこする。
その回数 10回以上
木の枝を避けようにも、車幅が狭く逃げられないのだ。
矢筈岳。この山。
大きめの車の方、傷をつけなくない方は、車道歩きを1時間程
した方がいいかと・・・
Image description Image description
帰りのレンタカー返却
神経質なレンタカー会社だと、細かい、こすった傷を見つけたかもしれない
彦麻呂さんで良かったあ(笑)

関西100名山  76座目

今週読んだ本
ダンス・ダンス・ダンス(上)(下)  村上春樹
間が空くと、村上春樹の小説が読みたくなるから不思議。
受け身の酒飲みの僕と、登場してくる個性的な女性たちが好きなのです。





[PR]

by katuyamak | 2017-03-12 06:31 | 関西の山歩き

兵庫県 七種山(なぐさやま 683m)

12月18日(日)
冬の青春18きっぷが売り出されているので、早速購入。
来年1月まで5回、有効に使わせてもらおう。
11,850円だから1枚当たり 2,370円の計算
まず、青春きっぷ 1回目はJR姫路駅へ。
JR京橋駅~JR姫路駅を往復で利用すると、3,320円なので
950円お得になります。

京阪 千林駅~京橋駅
JR 京橋駅~大阪駅
   大阪駅~姫路駅
   姫路駅~レンタカー利用
Image description


Image description

Image description
山歩きもたいした事はないかと思いきや、最後は急登の連続、汗もしっかり出ました。
Image description
Image description
Image description
今日の山歩きは、ピストンで往復2時間5分とえらく短い。
午前中で終了した。
午後から観光でもするかと、姫路城を見学する時間は十分にあったけど、
また次の機会にでも。
レンタカーを返す時まで、やはり、知らない間に、
けっこう緊張してて、山歩きと運転で、気疲れしてました。

帰りがけに、姫路駅前で、姫路の地酒と姫路おでん。
美味しかったあ(^^♪
c0077338_21465524.jpg

2016年山歩き  59回目
関西100名山  69座目


今週読んだ本
「生きるぼくら」  原田マハさん
この小説も、良かったなあ。
人への愛情と人を思いやる気持ちを、あらためて教えてもらった。
表紙の絵が、前向きな気持ちになり、とてもいい。
最後は、嬉し涙で、ティッシュで鼻をかみながら読み終える(笑)
紹介してもらった、〇〇さん、ありがとう♪
2冊目も引き続き、原田マハさんの小説読んでます。



[PR]

by katuyamak | 2016-12-21 21:38 | 関西の山歩き | Comments(6)

奈良県 釈迦ケ岳(1800m)


9月25日(日)

5時半起床
地下鉄経由
近鉄電車 畝傍御陵前駅にて
前日に畝傍御陵前駅でレンタカーを予約し、朝8時前レンタカーで出発

今日の予定は、
奈良県 行者還岳(1546m)もしくは八経ケ岳(1915m)の予定
前日、ネットで調べて行者還トンネル西口登山口から2座のどちらかの山へと出発する予定

運転して、天川川合 現地近くにて    あちゃ~048.gif   

「行者還トンネル騰落により通行止め」の表示が目に入る

その2座 どちらかに登る為に、レンタカーを借りたのに・・・
まったく想定外の展開となる。

仕方なく、釈迦ケ岳の登山口のマップコードをたまたま調べていたので、急遽 釈迦ケ岳へ登る事にした。
とっさの判断で、釈迦ケ岳の事は何の予備知識もありません。


アクシデントもあり、出発は11時半になってしまった・・・

初めての山で、下準備もなく、しかも出発が11時半、さらに単独
きわめて状況が悪い中で、とにかく出発してみた。
リミットは往復4時間~5時間
天候も今にも雨が降りそうで、きわめて判断がむずかしい。

まあ、今日は、偵察登山でもいいかなあ。

とにかく出発する事にした。

登山口には、案外、車が停まってます。




c0077338_22020504.jpg

ここが登山口
熊注意の看板が不気味



c0077338_22023587.jpg


最初は植林地帯

c0077338_22025763.jpg


40分程歩いて、眺望が開けて自然林となる。
c0077338_22032124.jpg


ここからは気持ち良い山歩き

c0077338_21554682.jpg


c0077338_21560080.jpg

山頂はちょうど登り2時間

c0077338_21562099.jpg

c0077338_21584407.jpg


山歩きメモ

登ってみてわかりましたが、釈迦ケ岳って標高が1800mもあったんですね。
知らずに登ってました。せいぜい 1100m~1300m程度位かと(笑)
その事に山頂でも気付いていませんでした。
ブログを更新してみて初めて知る。
道理で景色が違うはずです。


偶然とは言え、1年のうちに、違う県ですが、同じ名前の山を2座、登るってのも、おもしろいですね。


いまさらですが、標高1800mの数字は、私の今年の最高峰となりました(笑)



11:30ー15:40  4時間10分の山歩き  9.0km





[PR]

by katuyamak | 2016-09-25 21:40 | 関西の山歩き | Comments(2)

学能堂山



YAMAP(ヤマップ)レポはこちらから


9月18日(日) 
笠捨山 白谷トンネル東口で車中泊したが、朝から雨
さらに6時頃から本降りとなる。
少々の小雨程度ならアタックしようかと思っていたが、本格的な雨となると、
まったくモチベーションは上がらない。
さらに単独だし、誰もこの山に今日は登らないだろうし、危険を察知し帰路へ

このままレンタカーを返しに行くと、たった1座だけとなり、あまりにもったいない。
帰りに登れる山は無いかと思案し、三重県の学能堂山へ

地図は持ってなかったが、林道をそのまま上がればなんとかなるだろうと気楽に考え、
片手に折りたたみ傘、片手にペットボトル ザックは無しと
気楽な格好で山歩き開始
林道歩きでは、傘をさして進み、登山口からは樹が雨を防いでくれて濡れないので、
そのまま登る。

携帯のGPSの調子が雨のせいか入りが悪く、途中からの軌跡となる。

途中で鹿を数匹、山頂付近は自然林もあり、思ったよりいい山であった。

ニコニコレンタカー 畝傍御陵前店に16時過ぎに戻る
1泊2日で7405円
帰りには、スタンドの端で汚れまくった登山靴を洗わせてもらった。
そっと雑巾を貸してくれて、店員さんもなかなかいい奴
これから私にとっての、奈良、和歌山方面の山の登山基地
ベースキャンプ 出発点としたい。

19日は、山に2日も登らせてもらったので、サービス出勤します。
[PR]

by katuyamak | 2016-09-25 21:34 | 関西の山歩き | Comments(0)

玉置山



YAMAP(ヤマップ)レポはこちらから

9月17日(土)
5時半起床し、地下鉄、近鉄特急を利用し、
8時から畝傍御陵前駅 ニコニコレンタカーを利用
18日の夕方までレンタカーを借りて、2座を登る予定

11時過ぎ、玉置神社の駐車場に停めて出発
山頂まではすぐの予定

何もない山頂から玉置神社へ参拝し、駐車場へ戻る
周回して1時間ちょっとでしょうか。
申し訳ないですが、関西100名山 楽な1座となりました。

この後、道の駅 十津川で弁当、水を買い深い山に入る
国道168号線から国道425号線の狭い道路を経由し、笠捨山の白谷トンネル東口で
車中泊
車は私の1台だけ 峠を超えてきた車は1晩で5台位
さみしい夜でした。
[PR]

by katuyamak | 2016-09-25 21:31 | 関西の山歩き | Comments(0)

御嶽(793m)、東床尾山(839m)

8月20日(土)、21日(日)

20日(土)の午後に兵庫県 JR和田山駅からまたレンタカーを借りて、
土曜日のうちに翌日の登山口まで移動、車中泊で

21日(日)朝、6時から兵庫県 篠山市 御嶽(793m)と
兵庫県 朝来市から東床尾山(839m)を登ってきました。

御岳への最短コース 峠のところの大淀登山口に車中泊 もちろん車は私だけ
トイレもあり、ありがたい。ぐっすり眠れた。
朝、5時頃、車の中にいたら親子の鹿が車の前を通り過ぎる。
自然豊かでいいですね。
c0077338_610078.jpg
朝、6時まで山への用意をしていると峠から撮影している人を発見。

c0077338_6102440.jpg
なるほどいい感じの風景
c0077338_610447.jpg
6時出発 御岳まで1.2kmの表示

c0077338_611820.jpg


c0077338_6112922.jpg


c0077338_6114873.jpg


c0077338_612648.jpg
40数分で山頂

c0077338_6122563.jpg

いい山でした。
6:00-7:27  1時間25分の山歩き  2.6km

c0077338_616970.jpg
その後、東床尾山へ
9:40-12:07  2時間半の山歩き  4.8km

そう言えば、東床尾山の画像が1枚もない
スマホのアプリからヤマップで山の軌跡 画像を写していたが、いつの間にかすべて消え去っていた(大ショック)

まだスマホの画像をパソコンにアップする方法がわからないので、これで終了

次回はヤマップでデビューしたいところです。

8月27日、28日は出張、研修等で山歩きは無理かと・・・
次の山歩きは9月に入ってですね。

本日まで関西100名山 57座  2016年の山歩き 42回

c0077338_6163786.jpg











[PR]

by katuyamak | 2016-08-24 06:13 | 関西の山歩き | Comments(4)

氷ノ山(1510m)

8月11日(木) 山の日

会社のお盆休みは5日間ですが、前半3日は兵庫県、鳥取県の山を歩く。
3日間で関西100名山を5座、登ってきました。
豊岡も連日35℃を超す強烈な猛暑の中でしたので、どの登山口も最短距離から歩く。

ぶっ倒れそうな暑さでしたので、最短距離から歩いた事は御理解下さい。

福岡への14日、15日の帰省はおまけとなる(笑)


まずは8月11日の山の日の一日

朝、4時置きですが、4週連続となる、和田山駅からレンタカーを借りて氷ノ山登山口に着いたのはすでに11時半過ぎ
最短距離からの大段ケ平登山口の出発は、11:50出発
一番暑い時間帯です。
ここの登山口は標高1100m 氷ノ山山頂が1510mなので標高差は410m
c0077338_21362859.jpg

駐車スペースと登山口


c0077338_21365629.jpg


c0077338_2137103.jpg
ここから出発となる

c0077338_21372452.jpg

たまらん暑さ
こんな日になんで山歩きなんてしてるんだろうと自問自答


c0077338_21373817.jpg
登り71分で山頂



c0077338_21375518.jpg


c0077338_2138124.jpg
山歩きメモ
11:50-14:00  2時間10分の山歩き  5.8km
いくら標高が高いからと言っても、
山歩きとしては、一番暑い時間帯の山歩きです。
c0077338_21451255.jpg

下山後、温泉に入る前に先週、場所を下見した植村直己冒険館に行く。
3日間の間で、観光できる日は今日しかありません。
17時までのところに16時半に入館
入館料たしか500円だったかな。
c0077338_21382917.jpg

植村直己さんの「青春を山に賭けて」という本を読んだのが20歳の時でした。
あれから36年
私もすっかり年をとりましたが、植村直己冒険館を訪れる機会があるとは思ってもいなかったなあ。


c0077338_2139757.jpg


c0077338_21392310.jpg


c0077338_21393943.jpg

植村直己冒険館、いいところでしたねえ。
また時間があるときにゆっくり来たい場所です。
また何回も訪れてもいいでしょう。
30分じゃ時間が足りない。
c0077338_21395384.jpg
本当は、翌日 植村直己さんも登った蘇武岳を歩きたかったのだが、歩行距離15km 山歩き 5~6時間は必要との情報から
今の猛暑の時期をずらして暑さがやわらいだ秋ごろに蘇武岳は、歩こうと思う。
今の時期、真夏での15km 山歩き6時間は歩けないです。

この後、温泉に入り、翌日登るための扇ノ山登山口付近に着いたのが21時過ぎ
すでに暗くなり、まったく画像は無いが苦労しました。
湯村温泉で玉子丼と冷やしうどんを食べた後、
その後、ナビが絶対この道路、これ以上行けないだろうとの、道が荒れた草が多い茂った、かなり無理な道路を行かせようとしたので、
引き返す。
イノシシの親子4匹に遭遇したり、とても暗~い、いや~な、なんか出てきそうな道路を止めたり、非常に苦労する。
ナビがあてにならず、道路地図を読み、登山口を探す。

たしか上山高原とか書いた広場に着いたとき、そのまま車中泊で爆睡
くたくたではあったが、気持ちは充実していた。

氷ノ山、植村直己登山口、上山高原で過ごした車中泊と夢のような8月11日 山の日となる。
8月12日 2座  扇ノ山(1310m)、依遅ケ尾山(540m) に続く。



 


[PR]

by katuyamak | 2016-08-17 21:40 | 関西の山歩き | Comments(4)