カテゴリ:四国の山とうどん( 26 )

香川県の旅 その6 最終章 映画「UDON」のロケ地を訪ねて

4月25日(日) 飯ノ山から下山してからの続き

さて、香川県での目的の一つだった飯ノ山も無事何事もなく、山歩きを楽しむ事ができました。

いよいよ最後は、映画「UDON」のロケ地への訪問です。
2006年の映画ですから、もう4年前になるんですね。
あの映画の前から、香川県の讃岐うどんをずっと食べたかったんです。
ちょうどあの映画の前後位に、、バスもホテルも予約して行く寸前までなってたんですが、仕事の急なトラブルで急きょ取りやめになった経緯がありました。
やっと念願かないましたよ。

さて、山歩きも終えて、チャリでテレテレとのんびり、自転車をこいでいたら、怪しい看板発見。
ちょうど腹も減ってきた12時半。うどん食べるにはちょうどいい時間。
吸い込まれるように、標識に向かってハンドルを左へ。
c0077338_21432278.jpg

このいい加減な標識を目当てに行きますが、場所がこれでもわかりません(笑)

一体、どこやねんとい思いと裏腹に、そのうどん屋がわからない。
すぐそばにいるはずなんだけど・・・・
c0077338_21434432.jpg

ちょうど観光客のご夫婦らしい、どうみても地元の方と思えない人が出てきていたので、やっと場所がわかりました。
この方達がおられたので、ちょっとお店の外観を写真で撮る事ができませんでした。

とっても、香川やなあ~ってお店です。
中は意外に広くて、土足でそのままオーケー。

昨日からまだ食べていなかった、「冷やあつ」の小を注文 きつねをトッピング。
トッピング入れて280円。
安かあ!

味はねえ、これまたうまい!
いや、もう申し分ないっすよ!
ここの方がまたみんな親切そうな方でねえ。
c0077338_21441697.jpg

ついつい長居しそうになりましたが、まだ目的がもうひとつ残ってる。


映画「UDON」のロケ地の大体の場所は、コピーしてきてますが、なにせ初めての土地です。
ここで大活躍してくれたのが、山登りで最近大活躍している 「GPS」
おかげで初めての土地でも、この辺りだよなあと見事に誘導してくれました。

神社から上に登って、おそらくこのため池の向こう側あたりがそのロケ地かなあ。
しばらくこのため池沿いを歩くか、と歩き始めてすぐに赤いベンチ。
なんやここやん!  あった~。
いや~、たどり着けた時は嬉しかったなあ。
c0077338_2144568.jpg

c0077338_21452975.jpg

c0077338_2244494.jpg

c0077338_21454881.jpg

ここからのロケーションはいいねえ。
このロケ地の場所は、映画封切り後は大変なにぎわいだったらしいけど、今は誰もおらずひっそりとしていて、セットの民家も取り壊されてるけど、私はかえって、今、ここに誰もいない、何もないこの風景だからこそ、来てよかったなあと思った。
しばらくこの場所にいたけど、とてもいい時間を過ごせたなあ。
はるばる博多から、そして坂出駅からチャリで来た甲斐があったよ(笑)
c0077338_2146755.jpg

そして、もうこの場所は丸亀市らしく、チャリで違う市に来ちゃったみたい。
ここから元通りに帰るのが、また大変だった。

なんせ山歩きしてきてるし、片道チャリをこいできてるしで、このあたりでけっこう足にきてた(笑)

どうせなら、また違う道を帰ろうとか欲張りな事考えたりでまたちょっと迷ったし。

少々もうろうとしつつ、ふらふらしてたら、うどん屋さん。

吸い込まれるように入る。
7軒目   上田うどん  ぶっかけ 小 
c0077338_21462763.jpg

実は今回の旅行で、この上田うどんさんのうどんだけが、うどんの画像がない。
15時前でお客さんが誰もいなかった事。
ご夫婦の視線が私にのみ集中してくれてた事。
山登りとロケ地とチャリの疲れがたまってて、画像を撮る事をすっかり忘れていた事。
ここのご主人さんが途中から、話しかけられたので、撮るチャンスがさらになかったこと等などです。

あ!もちろん うどん ぶっかけ 旨かったです。


ご主人さんがそういえば、レンタサイクルに乗ってあるから、うどん巡りされてあるんですか?
って聞いて来られたなあ?

なんでレンタサイクルってわかったんだろうと店を出て、チャリを前から見て、ここで初めてわかった。

な~るほど。見事な広告。
どうりでチャリをこいでて、地元の人が俺の自転車をよく見てあった訳だなあ。
ハ~イ いい旅してまーすよ。
c0077338_2149361.jpg

坂出駅に戻っていたら、またもやこの看板が・・・

さぬき冨士か・・・・
これは通り過ぎるわけには行くまい。
8軒目  ぶっかけ  小  300円プラスおでん100円
c0077338_2149244.jpg

ここのは量が多かった。
申し訳ないが、この時の私は量は求めてない。
福岡でこの量なら600円で申し分ないはず。
これでほんとに 小か?   最後は苦しかった。
お客さんもけっこうたくさん入ってあった。
さすが   さぬき冨士。
c0077338_21494316.jpg


最後は坂出駅の近くで、日の出製麺所を発見。
確かここは開店時間が 1時間のみという驚異的な短い時間営業のお店と聞いてる。
ここでおみやげの 生麺のうどんを購入して、今回の旅が終わった。
c0077338_2150651.jpg


帰りは、坂出駅から岡山行きの快速に乗って、岡山駅から新幹線で帰った。
今度の旅で、うどんを二日間で8食食べた結果を発表しよう。

白いうんこが出てこないかと心配したら、正直に告白すると


3日間便秘になりました(笑)
まったく出なかったです。
帰った直後は体重が 2.5kg増えてました。
やはり偏った、変な食生活はよくないようです。
月曜から量を減らして、もう元に戻りました。

しかし、四国はやはり思った通り、いいところだったなあ。
また機会があれば是非、行きたい。
そして大阪も、私は別に嫌いではないし、あの活気は凄いと思う。
奈良にもまた時間作って行ってみたい。

まあ、こんな感じの 50歳のおっさんの手作り感いっぱいの冒険旅行でした。
楽しかったなあ。
こんな旅をまた企画したいですね。

一人が自由きままで行動しやすかったです。

昨年から、さらに仕事量が増え続け、平日はストレスいっぱいで、最近は近郊の近場の山に行く時間さえもだんだんととれなくなってきています。

それだからこそ、馬鹿なおもろい事考えて出来る手作りの企画を考えたいなあ。
出張先から脱走したみたいで、今回も楽しい3日間でしたね。



追伸。

3月末に私が企画してました、4月29日の脊振の山歩き。
本日、仕事で出勤しましたので、
私が企画して、私が企画倒れで中止してしまって、呼び掛けた方にはほんとに申し訳なく思ってます。
しばらく私からの企画の山歩きや飲み会は、しないつもりです。
GWも飛び石で午前中出勤予定です。
遠出される方は、山のレポ報告を楽しみにしております。


それでは・・・・
[PR]

by katuyamak | 2010-04-29 21:41 | 四国の山とうどん | Comments(7)

香川県の旅  その5  飯ノ山に登る

4月25日(日)
さあ、今日は香川県で山登りの予定。
前日に 讃岐うどん 5食、5軒も食べ歩きしてるので運動して腹をすかせたいところです。
ホテルで朝食バイキングもあったのもキャンセルして今日にそなえます。

実は、本当は今日は 朝6時に起きて、早朝6時からオープンしている近くの うどんのお店に行く予定でした。
ところが調べたところ、香川県の有名なうどん屋さんの多くが日曜日休みのところが、けっこう多いんですよ。

自分が目星をつけてたところのほとんどが休みだったので、ホテルを8時過ぎにゆっくり出発。
これが後でいい方向に向くのでわからないもんです。

高松駅で昨日からレンタルした自転車を返却。
ほんとうに助かりました。
さて、今日は場所を高松市から坂出市に場所を移します。

目的は3つ
飯ノ山(讃岐富士 422m)に登る。
映画「UDON」のロケ地跡を見学する。
そして、もちろん今日もうどん巡りの予定。

高松駅から各駅停車の普通電車に乗り込み、坂出駅を目指す。
たしか30~40分くらいかかって、運賃が440円だったかなあ?
私の感覚では、高松市と坂出市とでは、2~3駅程度離れている程度と思ってたので、けっこう距離があったのがよくわかった。

さて、9時半頃に坂出駅に到着。
実は、ここから飯ノ山までけっこう距離があるんですよねえ。
3km程度かなあ?


なんで飯ノ山かって言うと、映画「UDON」で映っていた讃岐富士のきれいなあの形の山に登ってみたいなあと思う単純な動機。
のんびりしている田舎のなんとも言えないあの風景もよかったんだよなあ。

でもって、3km程度なら、まあ歩いてもいいかと単純に考えてて、あまり交通手段の事は考えてなかった。
そしたらねえ。とてもラッキーだったんだ。
最初は駅に着いて、100mほど、すでに山に向かって歩きだしてたんだけど、いや、待てよ?
レンタサイクルがこの駅でもないやろうか?と思って、戻って駅を調べてたらあったんだよ。
坂出観光レンタサイクル
下の うどんの絵がかわいすぎて、泣ける(笑)
c0077338_2351362.jpg

ちょうど あと 2台 ママチャリが残っているようなので、早速受付で借りる旨を伝える。

坂出市か観光協会みたいなところがやってくれているようで、レンタサイクル料が200円。
保証金で先に500円を払って、帰りに持って帰ってきたら残り300円を返してくれるシステムとの事。

ここの女性と、今から山登りするんですよおとか、話してたら、なんと偶然にもこの坂出レンタサイクル。
今年の4月10日にオープンしたばかりで、この自転車を借りるのが私でまだ2度目か3度目との事。
みたらまだバリバリの新車やん。
c0077338_23592925.jpg

そういえば、朝、ゆっくりしてホテルを出たからよかったんだよねえ。
ここが9時からの営業だったので、朝早く坂出駅に着いてたら、ここの存在には気がつかなかったはず。
偶然が2つもたまたま重なったんですよ。
おまけに今日は青空いっぱいの晴天。
偶然が3つも重なるとは、いい日曜日だねえ。

それでは、レンタママチャリで山登りに向けて出発。
駅から南に向かっていくともう飯ノ山見えてきたよ。
レンタママチャリと飯ノ山。  絵になるでしょ(笑)
c0077338_042982.jpg

さて、やっと到着 飯ノ山の登山口。
坂出駅からここまでチャリで36分かかった。
たぶん歩いていたら、この3倍くらいとして1時間半くらいかかってたよなあ。
山はすぐ見えてたんだけど、けっこうな距離でした。
まあ、車ならすぐだけどね。
c0077338_0162838.jpg

ふむふむ、今の時期はミツバツツジか。あればいいなあ。
c0077338_0164944.jpg

後で振り返って、私のメモ帳から。
登山口から山登り開始10時半~山頂まで 46分。休憩入れて下山時刻12時ジャスト
ちょうど往復 90分
登山口の標高 私のGPSで約 28m よって標高差がだいたい 400m
往復の距離はGPSで 3.9kmであった。
うどん 5食のおかげで体もかなり重かったが、ちょうどいい運動だったなあ。

標識に4月22日が讃岐富士の日って書いてあって、その時はわからなかったけど、頂上についてわかった。
ああ、そうか。この山が422mだからか(笑)

2、3日前の事だけどその日はちょうど雨だったらしい。
この後、2軒目に行った上田うどんさんの店主が教えてくれた。
c0077338_0171191.jpg

頂上付近から見たこの景色はよかった。
あれが瀬戸大橋なるものだろうか?
ここからの眺めはよかった。
c0077338_144283.jpg



この山の紹介をあまりしてないけど、自然林でいい山だった。
瀬戸内一の自然遺産です。と標識にある。
c0077338_2155014.jpg

もう終わりかけてたけど、ミツバツツジも歩いていて、目を楽しませてくれた。
登っている人もとても多く、みんなに愛されている香川を代表する山だと感じた。
c0077338_0192036.jpg

ふ~。登り46分で山頂。ついたよ。山頂につくとホッとする。登ってよかった。
とても気持ちいい汗。
c0077338_019402.jpg

山頂には白いシャクナゲ?
この花なんですか?
知ってる方おられたら教えてください。初めて見ました。
c0077338_020226.jpg

山頂すぐ下の展望台からの南側の風景。
こうやって、見たらここはため池が多いねえ。
いい風景だ。
c0077338_0202490.jpg

下山は、登ってくる人と挨拶を交わしながら、のんびり下る。
登りはみんな大変だ。

いや~、とてもいい山やった。
もう登る事はないかもしれないけど、忘れられない山になるだろうなあ。
ミツバツツジがあって、一年で一番いい時期に登れたかもしれんね。
c0077338_0204651.jpg

さあ、山にも登って、お腹もすいてきた。
6軒目のうどん屋に行くぞ!

それでは香川県の旅 その6 最終章  映画「UDON」ロケ地は次回。

いや~、自分で書いてて実に長いなあ。
それだけ楽しかった旅だったんだなあ。
~続く~
[PR]

by katuyamak | 2010-04-28 23:14 | 四国の山とうどん | Comments(2)

香川県の旅 その4

4月24日(土) 高松市内 うどん巡り 2軒目からの続き。

今、もうすでに27日の火曜日の深夜ですが、平日になると、毎日会社に22時近くまで残っているので、なかなか香川のレポが進みません。
まあ、毎日30分の入力ペースでちょこちょこ入力していくしかないかな・・・・

さて、うどん巡り 3軒目。
15時01分 高松市 中央公園横 森製麺所
実はこの店、15時までだから、もう暖簾をはずして店をたたみかけてたんですよ。
「まだ いいですかあ?」と聞いたら 「いいですよお」との温かい返事。
家族でされてあるのかなあ?
温かみのあるお店の雰囲気を感じた。

注文は かけうどん 小 てんぷらをトッピングで1つ これでてんぷらと合わせて290円ですよ。
味は懐かしい昔のうどんというかなあ。麺は違うけど、博多うどんに似た懐かしい味を感じた。

実は今度の、うどん巡り どんなにうどんがおいしい店でも、わざと うどんは 小(麺1玉)だけを食べて
お店の軒数を稼ぐ作戦。
だから大盛りなんて いっさい期待してないというか、大盛り食べたら他のお店が回れない。

ところがねえ。
この森製麺所さん。画像を見てもわかるかもしれんけど、このどんぶり 絶対 小じゃないやろ(笑)

さらにかけうどんのスープで正直もうお腹いっぱい。
こちらはもう、ここで 3軒目だし、小のつもりが 普通盛りか大盛り。

たぶん15時に閉める前の最後の客が私だったので、サービスしてくれたのかなあ(笑)
c0077338_0423297.jpg


おかげさまで、このうどんを食べたら腹いっぱいでもう体が動けなくなってしまった。
c0077338_0165658.jpg

ちょうど 今夜泊る予定の高松シティホテルから近い場所だったので、チャリでもどって、チェックインして、そのまますぐ横になって寝ました。
ほんと動けんかったバイ。


ホテルで2時間ほど、寝たでしょうか(笑)
西成の疲れも、うどん 3食の疲れもとれて、再度行動開始です。
ホテルの部屋で、一人作戦会議。
さて夜はどこに繰り出そうかと。

正直、森製麺所さんのうどんで、うどんはどうでもよくなりかけてたんだけど、また小腹が空いてきました。

高松駅前で買った、香川さぬきうどんの雑誌に従い、また夜の高松市内に出る。

ホテルを出て、3秒。
目の前に すでに うどん屋があるではないか。

20時17分  うどん棒 本店 ここで ぶっかけうどん 小 490円を食べる。

いや、実はこのうどん。ぶっかけで490円でしょ。
ホテル前の繁華街だし、値段高いし、大した事ないよなあと、まったく期待してなかったんだけど、実にうまかった。
たぶん女性が食べて一番おいしいと感じるうどんじゃないかなあ。
味が上品。
そして きつねとたまごのトッピングの味が最高に格別。
いや~、ご主人さん、いい仕事してますねえと言いたくなるうどん。
店主の方が黙々と黙って、仕事している姿勢がまた気に入った。
ここのぶっかけはまたホテルに泊った時に、食べたいなあ。
c0077338_0174699.jpg


さて、おかげで うどん棒のうどんは上品で、少なめだったのでまだ食べれます。

次は繁華街にあるカレーうどんが有名なお店
20時47分  鶴丸  カレーうどん  700円   本日  5軒目


実は、この店で別にカレーうどんを注文するつもりではなかったんだけど、店の中の人、ほぼ全員がカレーうどん食べてて、店の従業員がえらく多くて、つい勢いで私もカレーうどんを頼んでしまった。

私の哲学としては、カレーはやはりご飯と食べてこそカレーと思ってたので、カレーうどんって邪道だよなあと思ってたんだけどねえ。

さて鶴丸のカレーうどん。
うまいではないか。
カレーのルーの味が実にうまい。
残念だなあ。下がうどんだからなあと、食べているうちに このうどんならいける。
実にうまいではないかと、考えが変わってきた。

おそらく今まで食べたカレーうどんの中で一番旨いカレーうどんだろう。
最後の最後の汁、ルーまで飲み干してしまった。

いや~、うまかった。

c0077338_018696.jpg


c0077338_0183419.jpg

今日一日で5軒のうどんを食べたので、あとはホテルで酒でも飲んで寝るだけだ。
近くのスーパーでウイスキー割りの缶を買って、地元のスーパーをぶらぶらした。
しっかり並んでました。
うどんの麺の数々。 さすが 香川県ですねえ。
この中によくみると うどん棒の麺があるではないか。

やはりあのうどん屋さん、ただものではなかったか。
c0077338_01923.jpg


この後、ホテルに戻って のんびり酒でも飲んでくつろぐ。
さあ、明日は JRで坂出市に行って、飯ノ山の山歩きだ。
うどんばかりではなく、しっかり山も登っとりますけんね(笑)

いや~、24日の高松の夜も楽しい夜やったねえ。

その5へ続く (予定)
[PR]

by katuyamak | 2010-04-28 00:19 | 四国の山とうどん | Comments(2)

香川県の旅 その3

4月24日(土)
さて、商店街を自転車で走っていると、いたるところに讃岐うどんのお店。
もう待てません。
まずはセルフサービスの店に早速、入ってみます。
c0077338_7202218.jpg

12時40分  1軒目 かけうどん 小 105円。
見事に1軒目から失敗。ただのうどんでした。
ちょっとこしがあるかなあという程度。
c0077338_7205678.jpg

高松市内では、ただ安いだけの店ではこの程度かとハッキリわかったのは収穫。
人がけっこう入ってたので、おいしいのかなあと思ってたんですけどね。

2軒目は有名店に入る事にしましょう。
レンタチャリでたぶん1時間以上を費やしてこの店を探し当てました。
ほんとわかりにくい場所にあった。
花園駅から3分とあったけど、そこからだけでも30分以上探した。
c0077338_7283265.jpg

14時20分 2軒目 うどんバカ一代 ぶっかけ 小  370円 きつねをトッピング
若者を中心に巡礼の旅をしているのか?観光客を中心に行列。
ここはきっと期待できる。
c0077338_729024.jpg

うまい! これが香川県の讃岐うどんか!
強烈なコシ。噛み切れないくらいの弾力。
きつねがこれがまたうまい!
最高の1品。 看板に偽りはなかった。
c0077338_7292559.jpg


さて、出勤だ。

3軒目レポはしばし・・・・
[PR]

by katuyamak | 2010-04-27 07:21 | 四国の山とうどん | Comments(2)

香川県の旅 その2

4月24日(土)
さて、日付も変わり24日(土)
今日は朝、早く目が覚めました。
香川行きは南海 なんばビル5Fより 8時5分発のバスですが、朝早いので時間があるので、ホテルから大阪なんばまで歩く事にします。
ホテルからなんばまで30分かからないくらいじゃないかなあ。
天王寺と言い、なんばと言いここからは、交通の便がいいですね。
新世界も近いです。
昨日は新世界に21時を過ぎてたので、串カツ屋に入らなかったけど、次回は新世界の串カツ食べたいな。
下の画像は、新世界を通って、なんばに向かう途中の朝7時頃の画像。
c0077338_781968.jpg

さて、ホテルのある新今宮からなんばまで20~30分ほどのんびり歩いて、南海なんばビル 5Fへ。
ここから四国行きの長距離バスが出ます。
朝、8時5分出発。高松駅まで約3時間半 片道 3800円の旅。
c0077338_035713.jpg

11時半過ぎ 高松駅に到着。
念願の四国上陸。 讃岐うどんの王国に足を踏み入れました。

まずは、事前に調べておいた レンタサイクルをレンタル予定。
高松駅からすぐの地下道へ降ります。
c0077338_043060.jpg

地下道に降りて、自転車置き場のあまりの立派さにビックリ。とにかく綺麗。
レンタサイクルもおそらく数百台はあるんじゃないでしょうか?

地元の定期券で利用している方の自転車も多数。
他の行政にとっても、とても参考になる素晴らしい地下施設の自転車置き場。
c0077338_051454.jpg

受付で免許証を見せて、自転車の新規カードを作ってもらい、100円払います。
これで明日の11時までに返せば 24時間 100円です。
素晴らしい。
保証金も何も取られませんでした。高松市 ばんざい!
c0077338_036780.jpg


素晴らしい エコの発想。
これで 観光客による交通渋滞の削減、Co2削減、環境にやさしいエコだとつくづく感心します。
ただ、地元のタクシー業界、レンタカー業界にとっては、にっくきレンタサイクルかもしれません。

ただ観光客が自転車に乗ればの話しでしたね。
みんながみんな乗らないでしょうから(笑)
c0077338_073344.jpg

立派なゲートをくぐって、さあ外へ!
c0077338_075479.jpg

讃岐王国のうどん巡礼の旅に出発です。 さあ、行くぞ!
c0077338_0124538.jpg


その3へ続く。
[PR]

by katuyamak | 2010-04-25 23:05 | 四国の山とうどん | Comments(6)

大阪の夜~香川県の旅 その1

4月23日(金)に 某近畿方面の私の会社で私が本社会議に出席です。
昨年までは、出張が終わってもそのまま、まっすぐ博多に帰っておりましたが、だんだん要領もわかってきて、先週は大阪の安いホテルも見つけたので今回は出張を口実に香川県まで足を延ばしてみます。

4月23日(金)
17時頃、本社会議も終わりこれで自由の身です。
ビジネススーツを近鉄電車の駅の中のトイレで着替えて、バックパッカーおやじに大変身。
小さめのザックとトレッキングシューズを昨日から近鉄駅のコインロッカーの中に置いてたので着替えます。
ザックには着替えと、軽登山も出来る服とズボン。
そしてビジネススーツが入ったスーツバックはそのまま、ゆうパックでコンビニから会社へ送る。
まあ、出張が終わって、若者みたいな、こんな事してる50歳のおやじはそうそう、いないでしょうなあ(笑)

さて今日の宿は先週に引き続き、また西成のビジネスホテル。
今からの時間に高松駅までバスで行くともう深夜になるので、大阪の安宿に泊って、明日、朝からバスで高松に向かう予定。

まずは今日の夜の食事。
近鉄電車で、大阪なんば駅に降りて、なんばの街を歩きます。
まずは、定番の串カツとドテ焼き。
c0077338_22161597.jpg

安い店に入ったせいか、油がよくないのがわかりました。
こんなところでお金をケチってはいけませんでしたねえ。
変な胸やけしました。ドテ焼きはうまかった。

さて、今回も恐怖の(笑)西成におじゃましましょう。
ここに泊るには、やはりそれなりの覚悟が要ります。
それなりの独特の空気というか、西成の雰囲気があります。
さて今回のお宿はどうだろう?
大阪なんば駅より南海電車で新今宮駅で下車 150円。 5分くらいだった。
素泊まり 2300円の某ビジネスホテル。
今回は正直にあった事を書くので名前は出さないでおきます。
まずはお部屋。
c0077338_22383695.jpg

いや、やっぱり、ある小さな事件があったんだけど、ホテルの迷惑になるかもしれんので止めときますわ。
あんまり正直に書くと、ブログが炎上する恐れあるし(笑)
おもろかった事だけ書いときます。

共同風呂での出来事。
男子の風呂の時間 22時が過ぎたので、(21時50分までは女子)
さあ、入ろうと入浴。
風呂場には2名の入浴者。 西成風の男性(?)と 長い髪を上にあげた女性か?
なんで女性がおる? 時間を間違えたか?
よく見ると50~60代のおかまさんでしょうか?
背中には、乳バンドの跡もあり(ブラジャーと言うのでしょうか?)
よく見ると男性のようで・・・・

西成風の男性が風呂から上がって、その女性風(男性?どっちかわからん)と私の二人だけになった。
わあ、これは、声をかけられたら、どないしよう?
心配したが、声はかけられなかった。
ちなみにその女性風(男性?)の○○○はついていたようです。
(あんまりその辺りは、興味ないんで注視してませんでしたが・・・)
風呂からあがる時、その女性風の方は、20代の女性たちが最近、はいている黒のタイツパンツというのでしょうか?
その女性風の方は紫色(パープル色)でしたわ。

ああ! 正直、怖かった。 まさか、男性じゃなく女性にビビるとは思ってなかった。
(いや、男性かな? まあどっちでもいいか)
さあ、さあ、寝よう、寝よう、会議で疲れたよ。
おやすみなさい。23時過ぎ 就寝。
4月23日の夜は終わった。
[PR]

by katuyamak | 2010-04-25 22:17 | 四国の山とうどん | Comments(2)