カテゴリ:未分類( 269 )

兵庫県 豊岡市  蘇武岳(1074m)

オオ~、寒い~
18時過ぎに江原駅から外に出た時の感想。

10月30日(土)
土曜日、午前中仕事し、午後、掃除と洗濯を済ませて14時過ぎからホテルへ向かう

京阪  千林駅ー京橋駅     210円
JR  京橋駅ー大阪駅    3020円
    大阪駅ー福知山駅
    福知山駅ー江原駅
阪から移動してきたが、とにかく寒い。
明日、日曜日の山歩きの為に、本日は駅前の神鍋グリーンホテル泊
江原駅付近で何か食べようと思っていたが、お店がまったくありません
18時半ですでに駅前を誰も歩いてない。お店が無い。
外が寒いんですよ。
仕方なくスーパーで食材を買い、ホテルで食事



10月30日(日)
朝、6時 ホテルからバス待ち
江原駅6:38-名色バス停 7:00  200円
朝、7時 現地 名色バス停で降りて、山へ。
c0077338_22441656.jpg
寒い。
耳あてが必要、実際、付けました。それと手袋
さすが神鍋スキー場があるところですね。
底冷えしてます。
電柵を手ではずして、登山道へ。
自分ではずして、また自分で装着しました。
c0077338_22454423.jpg
舗装道を延々と歩く、途中から林道へ変わる。
c0077338_22464174.jpg
長い林道歩きを終えて、残り2.3kmのところでいよいよ登山道に入る。
c0077338_22472882.jpg
ここである事に気が付く
この山、落葉してから、あまり人が登ってないなあ。
落ち葉の絨毯がフカフカです。
踏み跡をあまり感じない。
宮崎の山に似ているなあ。
途中、途中で匂ってくる、野生動物の獣の匂い。
宮崎の山を思い出す。
懐かしい。
途中で鹿を5匹以上見た。

c0077338_22483791.jpg

実は蘇武岳

かなり古いですが、36年前 私が20歳の頃に読んだ小説 植村直己さんの「青春を山に賭けて」の中に
出てくる山です。

あの植村直己さんが登った、歩いた山に登れる喜び。
気分は20代でしたね。
記憶が蘇ります。





c0077338_06392831.jpg

いや~、天候にも恵まれて、今日は良かったなあ。
山頂まで登り2時間50分 登りだけで8.4kmも歩いてます。
c0077338_22491013.jpg
標高1074m程度で片道 8.4kmも歩くなんて、山がでかいんですね。
すそ野が広いんだろうなあ。
帰りは神鍋温泉の湯に漬かり、江原駅から大阪へ戻る。
よく歩きました。5時間半で18.3km
いい山でした。
いい一日でした。
c0077338_22534560.jpg


今週読んだ本
「ニキの屈辱」  山崎ナオコーラ
韓流の本




[PR]

by katuyamak | 2016-10-30 22:49 | Comments(4)

由良ケ岳

10月22日(日)
昨年10月 ちょうど2、3日前に熊が出て、
熊騒動で登れなかった山 

駅付近まで熊が出没し、ハンターが出て熊狩りをするも山に逃げ帰ってしまったらしい。
その熊達は、1年過ぎて、どうなったんでしょうか?
それが昨年10月の話し
私にとっては、因縁の山となった由良ケ岳に登ってきました。
正直、登り終わったから、白状するけど、3時間 熊に出くわさないかと、
ビビりまくりでした。
恐かったあ~
朝4時20分起床
京阪 5:13始発で出発
京阪  千林駅ー京橋駅      210円
JR  京橋駅ー大阪駅   秋の1日乗車券
    大阪駅ー福知山駅    3000円
    福知山駅ー西舞鶴駅
京丹後西舞鶴駅ー丹後由良駅    320円
c0077338_21453863.jpg
c0077338_21460357.jpg
昨年、熊騒動で登れなかった山に再チャレンジ
c0077338_21464980.jpg
でも内心は怖くて仕方が無い。
本当は登りたくなかったのだけど、関西100名山制覇を達成する為には、
避けて通れない山となってしまった。
覚悟を決めて決行

登山口のゲートに柵がしてある。
これって、イノシシ除け? 鹿除け? それとも熊除け?
何も書いてないのが帰って不気味。
柵を閉めて中に入ると、もちろん誰もいない。
ここから先は、己との闘いとなる。

c0077338_21473880.jpg
200~300m歩くたびに、大声で「オ~イ」とか叫んで、自分の存在感をアピール
何度か叫ぶうちに、野生の声でこだまか返事が聞こえた。
気のせいかもしれないけど、ガオ~って聞こえたんですよねえ。
これにビビって、もう声を出すのは止めた。
c0077338_21480642.jpg
c0077338_21490446.jpg
c0077338_21493736.jpg
c0077338_21500068.jpg
真ん中に見えるのは天橋立らしい
c0077338_21504913.jpg
c0077338_21514865.jpg
「由良ケ岳の危険な生き物」って標識
単独で歩いてて、山頂でこの標識を見たら不気味です。


c0077338_21525529.jpg
特にこれが最高
熊は10月が最も危険な時期らしい。今やんけ

c0077338_21544961.jpg

でも、登り終えて、特に何事もなかったんだけどね。
そうそう、帰りの沼みたいなところで、ほんの数メートル先に、
カワウソみたいな動物と2、3秒目が合って、お互いに動けず。
なんでここにカワウソがいる?
駅に戻って、地元の人に聞くと「ヌートリア」という動物がいるらしい。
こちらもあまりにビックリしてシャッターチャンスを逃がす

そういえば、山でも黒くて、でかい蛇を2匹見た。
熊に蛇にヌートリアとか、いろんな動物がいますねえ。

由良ケ岳、自然豊かな山です。
でも、申し訳ないけど、単独では2度と来ません。
山を単独で歩く事に別に普段は、抵抗はないんだけど、
ちょっと、この山、怖すぎます。
c0077338_21584761.jpg
5:13の始発電車に乗り、丹後由良駅に着いたのが9:42
山歩き3時間 大阪の自宅に戻ったのは20時になってました。
移動だけでクタクタ。
しんどい1日となりました。
山の地図がインストール出来ず。
ここのやり方が今いち、よくわからない。
往復 3時間の山歩き
関西100名山  65座目
2016年 山歩き  52回目

今週読んだ本
一刀斎夢録(下) 浅田次郎 文藝春秋文庫




[PR]

by katuyamak | 2016-10-23 21:49 | Comments(4)

ボックス

久しぶりに読書感想文などでも


もう2週間前位になりますが、
百田尚樹さん ボックス(上・下) 講談社文庫  を読みました。
c0077338_22582332.jpg
c0077338_22585671.jpg
この作品、私の琴線に、すごく響いたんですよねえ。
とても感動しました。
テレビも見ずに、食事終えたら、すぐ読書。
平日も寝るのが毎日1時近くの日々が続いて、ずっと寝不足でした。
山登りする時、赤坂山の時だったかなあ。
電車の中ではずっと読書。
それ位、ハマりました。

百田尚樹さんの本は、「永遠の0」、「海賊と呼ばれた男」「モンスター」、「影法師」とか読んでましたが、私にとって、
この小説がNO.1でしたねえ。
全編 大阪弁っていうのも、今の大阪で働く私にピッタリして、実に心地良い。
小説に出てくる地名、駅名や場所がわかるんですよ。

小説は忙しくて、最近、ずっと読んでなかったけど、やはり小説って、おもしろいですね。
この本のお蔭で、努力する事の素晴らしさ、大切さがあらためてわかったんですよねえ。

おかげで腕立て伏せ15回、腹筋35回 ずっと継続してますよ。
ボックスと主人公の木樽優紀君に感謝ですね。
私にとって、山登りにも、この本のおかげで良い影響が出てます。







[PR]

by katuyamak | 2016-10-19 22:59 | Comments(2)

京都府 京丹波町  長老ケ岳(917m)

会社の代休を利用して、火曜日に、山歩きしてきました。


なんで火曜日なんかにと思われるでしょうが、
本来の休みは、10月14日(金)で申請してたんですが、
1ケ月前に急きょ、監査の日程が入り、14日の山歩きがが没になり、仕事。


それでせっかくなので火曜日に代休を取得する事にしました。


実は、長崎県 五島列島の山を2座登る予定で、格安航空券、宿、レンタカー等、
すべて予約してたんですが、すべて無駄に終わる。


格安航空券は、キャンセルが効かないので、そのまま水の泡と消える。

「肉まん君、10月14日で監査、いいかね?」と上司に聞かれて、
「ハイ、構いません。お願いします」と答えたのですが、顔で笑って、心で泣いてました・・・

サラリーマンの辛いところです。

ああ! また五島列島に行けなくなってしまった。
五島うどんとキリストの離島の教会の観光も出来ず・・
愚痴を言える相手もいないので、この場を借りてごめんなさい。



前置きが長くなりました。



10月18日(火)

4時20分起床

京阪始発 5:13

京阪 千林駅ー京橋駅           210円
JR 京橋駅ー大阪駅  秋の1日乗車券 3000円
   大阪駅ー京都駅
   京都駅ー和知駅
バス行き 和知駅8:03ー仏主バス停8:30 400円
  帰り 仏主バス停 12:50で帰る
    (1時間、バス停で寝てました)


地形図を見ると、近畿自然歩道と書いてあるが、舗装道路が山頂のすぐ手前まで延びており、
山歩きの95%は、舗装道路を歩きました。
こんな山歩きも、ちょっと珍しいですね。


当然の事ながら、火曜日なので人には誰にも会わず
鹿、数匹と、どの野生動物かわからない声多数の静かな山歩きでした。

山歩きが出来たと言う事で、小さな幸せを感じております。
そう自分に言い聞かせております(笑)


往復ピストン 3時間5分  10.9km


関西100名山 64座目 
2016年山歩き 51回目


今週読んだ本
一刀斎夢録(上) 浅田次郎 文藝春秋文庫


          仏主バス停 ここから出発


c0077338_22142159.jpg
c0077338_22145289.jpg
c0077338_22152720.jpg
c0077338_22160177.jpg


[PR]

by katuyamak | 2016-10-19 22:08 | Comments(2)

兵庫県 多可町  笠形山(939m)

10月15日(土)
兵庫県姫路市からレンタカーを借りて、笠形山に登ってきました。
JR新大阪から新幹線を使って、JR姫路駅まで
おとなびで前もって予約しておくと、普通運賃と同じ料金。
それなら、こだまの新幹線で姫路へ行こう
8時に姫路駅前でレンタカーを借りて、笠形山へ
レンタカー借りて、すぐに、姫路駅前をわからずにうろうろしていたら、警察官に止められる。
なんでも一般車進入禁止のところへ入っていたらしい。
姫路駅前は、一方通行、進入禁止や、やたら規制が多くて、運転しにくかったあ。
まあ、警察官のお情けで反則切符を切られなくて、良かったです。
1時間半ほど運転して笠形山の登山口。
笠形山まで2.8kmの登山口手前でバナナを食べて、登る用意をしていたら、軽自動車が
さらに先に進んでいる。
まだ先まで行けるようだ。
軽自動車のおかげで笠形山まで1.8kmのところから出発
c0077338_22112962.jpg
登り1時間7分
ピストン往復2時間13分、
c0077338_22121382.jpg
c0077338_22123698.jpg
c0077338_22095966.jpg

この後、七種山も連チャンで登る予定で登山口まで行ったけど、すでに14時近く。
レンタカーの返却時間は17時まで
今回は、1座まで
この後、温泉に入り、姫路で、生ビール&姫路おでん、ちゃんぽん焼きとねぎ焼きを堪能
いや~、姫路おでんに、ちゃんぽん焼だったかなあ。
旨かったあ~♪
c0077338_22134709.jpg
大満足で姫路から博多へ帰省
日曜日は、博多でゆっくりさせてもらいました。
いや~、姫路駅のホームから外に出た事がなく市内を歩いた事がなくて、
今回、初めて市内を歩きましたが、いいところですねえ。
これから姫路には、何回も足を運びたいです。
そうそう、姫路城もまだ行ってません。
姫路では、まだ雪彦山と七種山が残ってます。
次の姫路行きが今から楽しみ。


関西100名山  63座目
2016年  今日で50回目の山歩き
2014年から2年ぶりに、今年は60回超えが出来そうです。

読んだ本
フォルトウナの瞳  百田尚樹  新潮社文庫



[PR]

by katuyamak | 2016-10-17 23:28 | Comments(4)

福井県 美浜町  赤坂岳(824m)

10月23日までJR秋の1日乗り放題切符3,000円が売り出されているので、
通常なら大阪から往復3,880円かかるところが、880円の割引となる。

少し遠いが、バスが出ていて、レンタカーも借りずに済むので福井県の赤坂山に決定

朝4:10起床

地下鉄 清水駅ー蒲生4丁目駅
    蒲生4丁目駅ー京橋駅
JR  京橋駅ー大阪駅
    大阪駅ー京都駅
    京都駅ー近江今津駅
    近江今津駅ーマキノ駅
バス  マキノ駅ーマキノ温泉村


5:13発の地下鉄に乗り、
現地 マキノ高原前のバス停に着いたのが、8時40分頃
待ち時間を入れると3時間以上の移動です。
朝の8:27のバスがマキノ高原さらさまで行かないのを知らずに、少し乗り過ごす。
今日は風が強かったです。
日本海 若狭湾からの風でしょうか?

風が強かったけど、山は秋らしい雰囲気となってきて、いい感じになってきました。
いよいよ秋らしくなってきた感じ。

これからさらにいい季節となりますね。

帰りはマキノ高原さらさから13:18のバスでマキノ駅まで
それから新快速で大阪まで行って、さらに乗り換えて、自宅到着は17時頃

充実した1日でした。

バス停途中からピストン 往復3時間24分 9.5km
関西100名山  62座目
c0077338_19123948.jpg
c0077338_19125492.jpg
c0077338_19130913.jpg
c0077338_19133266.jpg

[PR]

by katuyamak | 2016-10-10 19:02 | Comments(6)

大阪府交野市スマホを頼りに・・旗振山(344.9m)


10月2日(日)
土曜、日曜と四半期決算の為、仕事。
ですが日曜日の今日は、10時半で仕事でメドがつき、山に登る事にする。
やはり、1週間 ズルズルと仕事漬けの日々はなんとか避けたい。
自宅に帰り、山の用意をして山に出発
でも午後から登れる山は、近場の里山しかありません。
山と渓谷社 「駅からハイキング関西」の本を参考に山を決める。
すぐ登れて自宅から近い河内飯盛山へ
ところがJR野崎駅から歩きだしてわかりました。
思い出しました。
すでに昨年、8月9日に登っておりました。
情けない、昨年登った山をすでに忘れていたとは・・・・
野崎観音まで歩いて、撤退(笑)
そのまま登っても良かったのですが、自分の中でも小さなこだわりですが、
2016年は、すべて新規の山に登ると決めているのです。
歩行時間50分位  2.7km 無駄となる
すごすごとJR野崎駅に戻りました。
いや~、情けない・・
次に登る山が無い。
さて、次の山は・・・
地図も無い状態で次の山はさすがに無理がある。
ヤマップの画像を細かく見て、河内磐船駅から登れる山を発見
どんな山か? まったく想像もつかないが歩いてみよう。
地図も本もありません。
ぶっつけ本番  スマホだけが頼りです。
13時半 JR河内磐船駅から出発
歩き出してわかりましたが、この山も、途中からですが交野山の時に歩いているルート。
昨年登って、2座とも昨年から覚えてないのか・・・・
とにかく山頂に立てばわかる。
山頂を発見。
c0077338_20550007.jpg
ここはさすがに、初の新規の山でした。
山頂まで、今日は10月なのに、すこぶる暑く、小さな虫がわとわりつき、やぶ蚊にもけっこう刺された。
歩行距離 徹底した分も含めて13km
JR津田駅についた時は、汗びっしょりでクタクタ。
よく歩きました。
c0077338_20570932.jpg


[PR]

by katuyamak | 2016-10-02 18:55 | Comments(2)

登山口を探して・・・大箆柄岳


YAMAP(ヤマップ)レポはこちらから


9月10日(土)
大阪から福岡に帰省
息子の車を借りて、鹿児島県の山へ向かう。
帰省しに帰っているのか?山登りの為に帰っているのか?
よくわかりません(笑)
まあ月曜まで休み取っているので、月曜日、ゆっくりします。

福岡市を15時頃に出発し、九州道を国分ICで降りて、下道から国道220号線付近で
車中泊

9月11日(日)
朝から猿ケ城温泉のところから登山口を探すが、ゲートが閉まっていて進入禁止
さらに、白山林道から登山口を探すも、行き止まりでわからず
すでに登山口を探して2時間以上が経過
今日はあきらめて、鹿児島観光に切り替えるかと考えたが、最後に国道220号線から
県道71号線で、高隈ダム付近からの登山口を探す事にする。
これがビンゴで、案内板に沿って、進むと大箆柄岳登山口にちゃんと到着。
登山口を探し当てるまで凄く苦労した。

10時過ぎに出発
3合目付近まで、まあ歩きやすいなあと思っていたら、4合目以降は、激登り、激下りの連続で
けっこう大変だった。
おそらくこの山はどこから登っても大変そうです。

そうそう、3合目付近で数年ぶりでマムシと遭遇
へびには、しょっちゅう会うけど、マムシはめったにみませんけどね。
登山道の真ん中で堂々として、逃げない。
ストックで音をたてても逃げない。
小石を1個、投げつけても逃げない。

クソっと、後ろにまわって、石を5、6個と集めて、投げつけようと構えていたら
いつの間にかいなくなっていた。
この山、誰かのレポにもマムシを見たとあったが、やはり、いましたねえ。

でも登り終わって、山にのぼったなあとの充実感がいっぱい。
自然が残る、大箆柄岳に遊んでもらったなあ。
鹿児島の温泉にも2回入って、福岡へ
やはり鹿児島は遠いなあ。

九州146名山まで、残り11座です。
屋久島 6座
五島列島 2座
磯間嶽
花切山
鰐塚山



[PR]

by katuyamak | 2016-09-12 08:19 | Comments(5)

暑かった。七々頭ケ岳(ななずがたけ) 滋賀県長浜市





ご連絡
申し訳ないですが、大阪での平日の仕事が忙しく、毎回、ブログ更新、画像縮小、軌跡保存とブログ更新まで2時間以上の時間を必要とし、さらに福岡から大阪への単身赴任の為、食事作り、掃除、洗濯と野郎一人での作業となり、最近は、ブログを更新する作業時間が捻出できない現状の為、今後は、山の報告をヤマップで活用させていただきます。
すみませんが、よろしくお願い致します。


9月4日(日)

金曜日、21時過ぎまで仕事の為、好天なのに
土曜日に朝、起きれず・・・

土曜日に天気予報を調べると、どこも雨予報であるが、滋賀県、福井方面の雨は
午後から遅く雨が降り出す感。
よって、日帰り往復できる七々頭ケ岳(ななずがたけ)693mを選択
ただし行きのバスが朝の始発に間に合わず、2時間近く待たされる計算。
駅から登山口まではそう距離もなさそうだし、いろいろ考えた末に余呉駅でレンタサイクル
を借りる知恵を思いつく。

日曜日は青春18きっぷもあと1回残っているので使うつもり。
朝、4時過ぎ起床
京阪電車 始発朝5時15分 千林駅発にて出発

9時過ぎに余呉駅から登山口にレンタサイクルで向かうが、いや~、無茶苦茶暑かったぞ。
日差しが直撃。登山口までが登りこう配でヘロヘロ
山登り前にすでにかなりへばってました。



[PR]

by katuyamak | 2016-09-04 20:10 | Comments(0)

段ケ峰(1103m)、千ケ峰(1005m)と2座登る

8月13日  山歩き3日目

山歩きも3日目
体も3日目となると、登る前から体が重たいです。


段ケ峰に登る予定で登山口に行くが、登山口に書かれてある文字が違う。
地元の山の名前の事かなあとも思うが、雑草が生えて、あまり登られている雰囲気ではない。


c0077338_22060093.jpg
年の為にさらに、上に進むとありましたあ。
段ケ峰登山口  危なく間違える寸前でした。
千町峠から、路肩に停めて出発

朝6:30出発

c0077338_22062946.jpg




c0077338_22064894.jpg



c0077338_22070996.jpg

登り30分位だったかな。
往復で50分
最短ルートです。
GPSの電源を付け忘れて、軌跡は無しです。


c0077338_22073923.jpg
3時間後、車を移動し、今回の最後の山
市原峠の千ケ峰登山口から出発
10:20出発

c0077338_22081411.jpg



c0077338_22083601.jpg



c0077338_22091184.jpg



c0077338_22093436.jpg






c0077338_22100311.jpg
関西100名山も5座登り、55座となりました。
翌日、福岡に帰省し、自宅でゆっくりする。
しかし、うだるような暑さですね。
この猛暑の中で山歩きをするには、かなりの無理があります。
レンタカーを借りて、移動の総距離は601km
登山口を探して、山を歩くの繰り返しを5回
世の中のお父さんは、ビール飲みながらオリンピックと高校野球を楽しんでるんだろうなあと思いつつ、
真っ暗な車の中で2泊
ただ登山口だけを探して、山だけに集中した3日間でしたねえ。





[PR]

by katuyamak | 2016-08-18 22:10 | Comments(2)