カテゴリ:未分類( 269 )

下関市 唐戸市場に家族で行ってきました。

2月11日(日)
家族で関門海峡を渡り、下関市に行きました。

せっかくの3連休です。
どこか行きたいとこあるかあ?と聞けば、嫁さんが下関に行きたいとの事。
理由はいつも素通りで行ったことがない事、ふぐ刺しを食べたいとの事です。
1万近くするふぐのコースは食べませんが、寿司やふく汁、安い魚ならいいかなとの事で唐戸市場に行くことにしました。

うちの子(小学校5年生)も久しぶりの遠出で嬉しそうです。
唐戸市場の事は会社で行ったことがある人が2人いたので情報をネットでも調べて下調べは十分でした。

高速ではETC通勤割引100km半額が適用されるように太宰府ICに9時前にひっかかるように乗りました。
太宰府IC~下関IC は89.4kmでうまく適用になります。 適用で片道1350円。
c0077338_2343920.jpg

唐戸市場には10時半には着きました。
お昼の前でしたので、駐車場にとめられました。
お昼頃到着では駐車場が満杯で待つことになります。
早めの行動がいいでしょう。
市場の1Fはいたるところに寿司、魚、ふぐ、いや~、嬉しい場所ですねえ。
とにかく人が多いですし、なんといっても活気があります。
c0077338_2375286.jpg

c0077338_238859.jpg

c0077338_2381811.jpg

お昼前ではありますが、早速わが家も早目の昼食としましょう。
c0077338_23131957.jpg


うに丼(1100円)、ふく汁(400円)などの画像がうつってます。
私はふく汁がおいしかったので、2杯も食べてしまいました。
私としてはふぐはふぐ刺しとかで食べるより、こうやって鍋で食べたほうが好きですね。
寿司も白身より青身がいいので、私はさば、あじ、などを好んで食べました。
いや~うまかった。
c0077338_23143235.jpg

唐戸市場は2001年にリニューアルオープンして一般の人も入れるようになっているので、一度行かれたらいいですよ。
市場に入る車の多くは福岡ナンバーが多かったです。

唐戸市場の食事のあとは門司港レトロに寄りました。
門司港レトロ、ここも初めて来ました。
家族で遊覧船などに乗って楽しい一日でした。
c0077338_2320461.jpg

[PR]

by katuyamak | 2007-02-11 22:55 | Comments(0)

ツユダク

今日はちょっと私のちょんぼで仕事してました。

昼どき、天神に行く用があったので、途中で牛丼再開以来2度目の吉野屋に入りました。
注文は380円の牛丼 並み盛り

ちょうど若者達が多かったせいもありますが、みんな口々に「ツユダクで!」と言って頼みます。

は? 「ツユダク」?

聞き間違いかと思いましたが、おじさんはこの言葉を理解出来ません?
メニュー表にも何も書いてありません。
たぶんつゆをたくさん入れてくれみたいな意味だよなあと思いつつ、
会計する時にお姉さんに聞いてみました。
「ツユダク」ちゃどげな意味ね?

「牛丼のタレを多めに入れてください」という意味ですと教えてくれました。

料金はいくら違うとね?

「いただきません。同じです。」

「ああ、そう、ありがと。」

意味はわかりましたが、損した気分です。
たしかにかかっているタレは少なくご飯だけ食べている感じでした。
次回来る時に若い人と同じように、そうやって注文できるかなあ?

そういえば、博多ラーメンの店では 「バリカタ」と言って頼む人もいます。

バリカタ バリバリ固い麺。

たまに自分が日頃入らないお店で食事するのもなかなか楽しいですね。
仕事をしたので、山登りは月曜になんとか行けるかなという予定です。
[PR]

by katuyamak | 2007-02-10 23:20 | Comments(0)

長崎港周回縦走西回り  1月14日

c0077338_1853210.jpg

携帯より。まだ長崎です。
久しぶりに24km歩きました。
いい山だった。
ちゃんぽんうまかった。
今日は早く寝ます。
[PR]

by katuyamak | 2007-01-14 18:53 | Comments(10)

今年の抱負

本当は自分自身の事なのであまり人前には書きたくなかったけど、自分にけじめつけるつもりで思い切って書こう。
今年の抱負

毎日継続して「そうじをする」です。

昨年たぶん30~50冊くらいいろんな本を読んだけどその中で一番感銘を受けた本。
ベストセラーなので知っている人も多いと思う。

夢をかなえる「そうじ力」
成功を加速する「そうじ力」

だね。うん、この2冊が一番いい本だった。
c0077338_155685.jpg


実はこの本を読んで自分自身に思う事があり、昨年秋から自宅と会社のトイレ掃除を始めた。
それまで46年間トイレ掃除なんてしたことなんてなかったですよ。

昨年の秋に会社のトイレ掃除していて小便器の下の受け皿をはずしたらここ10年で一番もの凄い臭気を感じ倒れそうなくらい吐きそうだった。
尿石、毛などがびっしりこびりついてほんとに倒れそうだった。
(まったくきたない話ですみません)
でもあれから少しだけ変われた気がする。

あれからいつも掃除できているんですよ。
なぜか今年は自分自身が変われそうな気がする。

今年は何か新しい事をはじめようとは別に思わない。
日々の日常の毎日をきちんとやる事が大事とわかった。
自分の足元を見つめて、仕事、そうじ、山歩き、映画鑑賞、と出来ればいいな。
あと勇気がいるけど、山のゴミ拾い、献血、ちょっとだけでも自分にできる人の役になれる事を探していきたい。
自分をこんな気持ちにしてくれたこの本こそ、男性に是非、読んでもらいたいなあ。
(掃除を毎日継続してされる女性は本当に偉大と思います。)
[PR]

by katuyamak | 2007-01-04 02:03 | Comments(0)

携帯電話から  51回目金山から降りて

c0077338_13484384.jpg

春日市うどんの具食べ放題
牛か馬のような食欲。
食べ過ぎてその後動けず・・・
[PR]

by katuyamak | 2006-12-31 13:48 | Comments(2)

◆2006年 映画・DVD鑑賞一覧◆

2006年からの映画はなんといっても昨年末に見た「ALWAYS 三丁目の夕日」から。
この映画のおかげでまたスクリーンに足を運んでみようと思うようになった俺にとっては偉大な作品だった。
この作品のおかげで2006年はスクリーンで30本の映画を見る事ができた。


◆30本◆ 武士の一分 ・大野城マイカル ・12月
         年末最後にふさわしいいい映画だった。名作!

◆29本◆ NANA2 ・大野城マイカル ・12月
         第一作はやはり超えられなかった。

◆28本◆ 地下鉄(メトロ)に乗って ・大野城マイカル ・
         この頃に見ているはずなんだけど?  いい映画だった。

◆27本◆ プラダを着た悪魔 ・大野城マイカル ・
        何月に見たかハッキリしないのだが?レディスディだったよなあ。

◆26本◆ ありがとう ・大野城マイカル ・11月

◆25本◆ デスノート2 ・大野城マイカル ・ 11月
         息子と見たがどこがいいのやら?

◆24本◆ 椿山課長の七日間 ・大野城マイカル ・10月

◆23本◆ ブラックダリア ・大野城マイカル ・10月

◆22本◆ ワイルドスピード×3 ・ 大野城マイカル ・10月
        1000円だったので見たけどこれがまたおもしろくて・・

◆21本◆ ワールドトレードセンター ・大野城マイカル ・10月

◆20本◆ 涙そうそう ・大野城マイカル ・ 9月

◆19本◆ UDON ・大野城マイカル ・ 8月

◆18本◆ 花田少年史 ・大野城マイカル ・8月
        これはおもしろい 星4つ

◆17本◆ ラブ☆コン ・日活シネリーブル ・8月
        これがまた予想以上におもしろくて・・・

◆16本◆ 東京フレンズ ・中州大洋 ・ 8月日付
        けっこう気に入りました。

◆15本◆ トリック2 ・大野城マイカル ・7月
        息子と二人で

◆14本◆ 初恋 ・大野城マイカル ・ 6月

◆13本◆ タイヨウのうた ・大野城マイカル ・6月

◆12本◆ 嫌われ松子の一生 ・大野城マイカル ・5月

◆11本◆ ダビンチコード ・大野城マイカル ・5月

◆10本◆ ナイロビの蜂 ・大野城マイカル ・5月

◆ 9本◆ アンジェラ ・大野城マイカル ・ 5月

◆ 8本◆ プロデューサーズ ・大野城マイカル ・4月

◆ 7本◆ SPIRIT ・大野城マイカル・3月
        
◆ 6本◆ ALWAYS 三丁目の夕日 ・大野城マイカル・2月
        スクリーンがこれで4回目

◆ 5本◆ ミュンヘン ・大野城マイカル ・2月
        評価4.5

◆ 4本◆ オリバー・ツイスト ・大野城マイカル ・2月
        
◆ 3本◆ 博士の愛した数式 ・大野城マイカル ・1月
        
◆ 2本◆ スタンド・アップ ・大野城マイカル ・1月
        
◆ 1本◆ ALWAYS 三丁目の夕日 ・大野城マイカル ・1月
        1月1日にまた見た。評価5.0
[PR]

by katuyamak | 2006-12-31 00:00 | Comments(0)

CDを2枚購入。なぜか嬉しい

11月29日(水)
仕事は21時過ぎまでかかる。
帰り道でTSUTAYAに寄り道。今日はCDを2枚買うんだ。

今日は一青 窈(ひととよう)さんのベスト盤が発売になる日だ。
数日前に彼女が朝のテレビ番組に珍しくPRで出演していた。
久しぶりに彼女を見たが、実にいい女になっている。
色気あり、かわいい、知的 つい 見とれてしまった。
そういえばパソコンの整理をしていて「ハナミズキ」のCDを見つけて最近、聞いていたのだ。
これは買わないといけないと思った。
彼女を見た時にそう思ったのである。

もう1枚 SMAP 「ありがとう」のシングル
これは「僕の生きる道」を見ていて好きになった曲。
ドラマもゆったりしていて見ていて心地よい。

詩のフレーズがなんともいい。
「ありがとう~、ありがと~、ありがと~、ありがと~」

帰り道での運転は楽しかった。
「ありがとう」を聞いてからベスト盤を聞くと おお! 「もらい泣き」が入っているではないか。
懐かしいのだ。嬉しいのだ。
20分で帰れるところを曲を聴きたいがために30分うろうろして帰宅したのだ。

風呂に入ったら今日は「オーラの泉」があるな。
visionさんに教えてもらってみるようになったのだが、これがまた実にいい番組である。

今日はもう見れないかな。
まあ、HDDに入れて明日でも見るか。

今日は ありがとう~ というとてもいい感じで眠れそうだ。
c0077338_23343792.jpg

[PR]

by katuyamak | 2006-11-29 23:17 | Comments(2)

47歳の何気ない一日

11月21日(火) 仕事を淡々とこなした平凡な一日。
帰りは本屋に寄っていろいろと立ち読みして本を2000円分ほど購入。
21時ちょっと前に自宅に帰る。
今日は仕事のほうでは問題もなくわりと早く帰れた。

子供から「誕生日おめでとう」と言われる。
ああ、そうだった。
そういえば会社でも女性社員となぜかいつも毎週火曜日に来る保険レディからもおめでとうと言われていたなあ。

今日は47歳の誕生日であった。

今日はカレーだった。
誕生日に好きな夕食と言えば、私はカレーである。
1週間ずっとカレーでも全然文句は言わない。むしろ大変嬉しい。
だから今日のカレーは嬉しいのである。

ケーキはあるとか? と聞けば嫁さんもパートの仕事で遅くなって買ってないと言う。
息子にケーキを買いに行こうか?と誘うと「うん、行こう!」と言うことで
21時まで開いているはずのケーキ屋に行く。
21時ぎりぎりに車で行ったらなぜかもう閉まっていた。

そこで24時間営業のダイエーでケーキを買う事にする。
息子とケーキを選んで、その後、惣菜コーナーを何気なくみていたら、無性に450円のパックに入ったカキフライが食べたくなった。
カキフライカレーにしたらうまかろうねえと思ったらもうカキフライを手にしていた。
自分の分のロールケーキは元の場所に返した。

だいたいカレーを2杯、腹いっぱい食べたらもうケーキなんてどうでもいいのである。

風呂からあがって、22時になってひとりになり、カレー食べながら何気なくテレビを見る。
火曜日はいつも「ガイアの夜明け」であるが今日のはおもしろくなさそうで「僕の生きる道」をなにげなくぼんやり見る事にする。

第一話か2話くらいでみなくなってどうでもよくなって今日は久しぶりに見る。
ああ、須賀健太君が出てるのか。かわいいなあ。
自分の息子より1歳年上だが彼を見ていると自分の息子を見ているようでかわいい。
香里奈 さん美人だなあ。モデルだけのことはある。
草ナギ君もいい演技している。
途中からハマッてしまった。
ドラマの中の須賀健太君が遊んでいる気持ちがよくわかるのである。
父親役の役者はなんて言うんだろう。脇役でよく出ているよな。
「東京フレンズ」にも出ていた。
最後のSMAPの「ありがとう」って曲もいいね。
いい詩だ。

今日のはいい内容だった。残りこれから毎週見たいなあ。

23時、焼酎を飲みはじめてぼちぼちパソコンを立ち上げる。
自分の掲示板を見てみるとますもちゃんからの書き込みがある。
彼とも最近会ってないなあ。
そろそろ電話しようと思っていたところだ。
そうそう今日の仕事終わってからの何気ない一日をふりかえって日記風にしてみようと思いつく。

まあ、今日の出来事はちょっと遊んでこんな感じで書き込みしてみよう。
[PR]

by katuyamak | 2006-11-21 23:25 | Comments(2)

映画を2本観る

今日は映画館で映画を2本観る。
息子(小学校5年生)に「椿山課長の七日間」を一緒に観ようと誘ったら「デスノート」が観たいとの事。
そこで昼から二人で映画館に一緒に行く事にする。
息子と2人で行くのは「トリック2」以来だ。
息子はどうもこんな作品を好むようだ。
13時から始まるこの作品の観客は小学生、中学生、高校生と若年層にかなりの人気のようだ。
46歳のお父さんの私が一番年上かも?
マイカル大野城の中で一番大きな1番スクリーンに友達同士なのかかなりの観客が来ている。

上映開始から最初の30分~60分くらいまで出てくる人の名前、用語がさっぱり理解出来ず?
どうも前の作品からつながりがあるようだが、見ていて全然理解できなかった?

1時間過ぎたあたりからようやく全容が理解できたが、それにしても安易に人を殺しすぎる。
作品としてはたしかにおもしろいとは思ったが、殺人、死というものがあまりにも簡単に行われていて若者向けにはちょっとどうなのかなあ?という感想が残る。
親の立場としてはそう思った。
息子と来ていたからそう思ったのかもしれないし、独身の時ならこんな感情はなかっただろう。

その中で甘いものが大好きなL(エル)という役の青年は気にいった。役者は誰だろう?
NANAにも出ていたが若いのに存在感が伝わってくる役者だ。

夜、「椿山課長の七日間」がやはりどうしても観たくなった。
19日の山行きが中止になったので、今年28本目になるが、21時25分からのレイトショーに行く。
意外にもこの作品は別に期待していなかったのであるが、非常に内容がよかった。

「デスノート」と同じく死をテーマにしたものであるが、前者が安易に人を殺したのに対し、こちらは死者が一時的に蘇る内容の作品。
自分の家族、職場の人間、自分を生んでくれた両親を探すという内容であるが、いたるところに浅田次郎氏の小説の世界が読み取れる秀作である。

浅田次郎氏の作品は「鉄道員ぽっぽや」「地下鉄に乗って」と
たぶん3作目のはずであるがどれも泣けるほんとにいい作品ばかりである。

そういえば「鉄道員」でも映画の中で姿を変えて何度も出てくる少女の意味を知った時、とめどなく涙が出たっけ。

今年に入って映画館でかなりの作品を観たが、感じるのはほんとに最近の邦画は質が高くていい作品が多い。
まだまだ年末までいい作品がたくさん出てくる。
「ありがとう」
「武士の一分」
「硫黄島からの手紙」
「NANA2」

山ももちろん、いい作品には映画館にも足を運ぼう。
[PR]

by katuyamak | 2006-11-18 01:02 | Comments(0)

10月29日 長崎市 さるく博へ

今日は11月12日である。
いまさら10月29日の長崎市のレポを更新しても遅いのであるが、この間、ADSLの不調、新しいパソコンの立ち上げとハード面での不調、不慣れが続いてなかなか更新できなかった。
かなり楽しい画像もたくさんあったのだが少しだけ画像をだしておこう。
c0077338_21543359.jpg

c0077338_21544877.jpg

c0077338_2155194.jpg

長崎に住んではいないが県外の者としてはかなりの長崎市通だと思っていた私だったが説明してもらう長崎市はボランティアの方に教えてもらった事が数えきれないくらいにそれはそれはたくさんあった。
c0077338_22135882.jpg

c0077338_22141621.jpg



みんなで一緒にさるいて(歩いて)、実に楽しい充実の2時間であった。
またこのようなさるく博のようなイベントがあればまた是非、参加したいと思う。

昼食、夕食は 長崎組の山の仲間と一緒にまたチャンポン、皿うどんを食べる。
夕食はどちらの店も私が知らない地元の人が行く隠れた名店であった。
デンターさんも私も今日は大満足で帰りのJR特急に乗り、帰路についた。
今日は長崎市の歴史、街、食、地元の人に一日ふるにふれあう事ができ充実の一日であった。
さあ、また近いうちに長崎市に行きたいなあ。
c0077338_220102.jpg

c0077338_2202268.jpg

[PR]

by katuyamak | 2006-10-29 21:51 | Comments(0)