カテゴリ:未分類( 284 )

阿蘇ファームランド ユウスゲ

8月9日(木)忙しい毎日ですが、たまたま夏季休暇がとれました。
家族で阿蘇ファームランドへ。
この猛暑の中、「元気の森」というアスレチックとかの遊ぶ施設、迷路、探検コースが20くらいある子供が喜ぶ施設があるのですが、ここで息子は午前中 2時間、午後 2時間遊びました。
c0077338_6564433.jpg


私としては、行く前からわざわざ真夏にあげん暑か場所にいかんでよかやないかと抵抗していたのですが、息子がどうしても行きたいというので行った次第。

とにかく冷房もない屋内、屋外の場所で汗は吹き出るし、完全に親はダウン寸前。
c0077338_011112.jpg

午前中、2時間遊んだところでバイキングの昼食。
やれやれ、やっと終わったと思っていたら、午後からまた「元気の森」で遊びたいと言う。
午後からは完全に親はバテバテ。

小学生の子供の体力の強さをまざまざと見せつけられました。
阿蘇ファームランドの温泉に入り、帰りには米塚まで足を運び、家族にユウスゲを見せてあげる事ができました。
ユウスゲは阿蘇方面でしか見る事が出来ない、夕方に咲くきれいな黄色の花です。
昨年、この花を見て感動したものでした。
c0077338_657033.jpg

c0077338_6523750.jpg


お父さんもリフレッシュできた楽しい一日でした。

追伸
阿蘇ファームランドは小学生の子供さんがおられる方には連れて行ってあげたらいいところです。
元気の森は子供さんがとても喜ぶ施設です。
まあ、親の方に付き合ってあげられる体力があればの話ですが・・・・
バイキング、温泉も揃っていて、このあと猿まわし劇場にも足を運ぶ予定でしたが、ここだけで十分でした。
木曜日というのに、夏休みだからでしょうか?
子供達でいっぱいでした。
[PR]

by katuyamak | 2007-08-10 06:54 | Comments(0)

通勤の楽しみ ポスター

平日は毎日、通勤でマイカーもしくは自転車で会社に通ってますが、数ヶ月前よりある場所でいつもある視線を感じています。
消防署に貼ってあるポスターの戸田恵梨香さんですが、とてもとても気になるポスターです。
まだ18歳と若いのに、男を悩殺しそうなそのモナリザのような微笑。
c0077338_155851.jpg


その目線、視線、微笑を浮かべたちょっと自信を持った余裕のポーズ。
この年頃の娘がいてもおかしくない私ですが、彼女の前ではなぜか照れますが、妙に嬉しい。
行きと帰りに彼女をいつもジッと見てしまいますが、彼女はいつも余裕で微笑んでくれてます。

いつかは外されるでしょうが、それまではおじさんの通勤の小さな楽しみのひとつです。
c0077338_1132794.jpg

今日は思い切って、彼女を通勤帰りに撮影しましたが、私のシャツがしっかり心霊写真のように写ってしまった失敗作ですが、2回目を再度撮る勇気もないので、このままアップしてみました。
[PR]

by katuyamak | 2007-08-04 01:14 | Comments(0)

糸島半島でキス釣り

前々から息子に言われていた事がありました。
釣りをしてみたいのでいつか連れて行ってと・・・・
しかし何せ山登りしか知らないお父さん。
釣りは20代のとき、連れていってもらってちょっとしただけです。
あの生きた動く餌をつける事がそもそも出来ません。
そんなこんなで釣りをされてある方、いろんな方に声をかけていたのですが、やっと連れて行ってくれる方に出会いました。
風来坊さん。南阿蘇でご一緒した時、釣りが趣味と聞いてので、是非、息子をとお願いしていたのですが、一度しかお会いした事がない私の願いを忘れずに聞いていただきました。
今日は風来坊さんの行かれてある、糸島半島のとある場所に家族でご一緒させてもらいました。
c0077338_21301731.jpg

最初は餌をつけるのも風来坊さんにしていただき、竿だけ持ってさっそく釣りをさせてもらいます。
c0077338_21353145.jpg

そうするといきなりのヒットです。
c0077338_21303249.jpg

まずキスをはずす事が親子揃ってできません。
風来坊さんから懇切丁寧に教えてもらいました。
c0077338_2294037.jpg

次は生きた餌をつける作業です。
息子もこわごわなんとか出来ました。
c0077338_21355986.jpg

時間がたつに連れて息子もだんだんやり方がわかってきました。
投げ釣りにも挑戦ですが、悲しいかな、私より飛距離が出てました。
c0077338_21371961.jpg

c0077338_21391452.jpg

最後のほうは投げ方もだんだん決まっています。
私より上達が早いです。
c0077338_21394279.jpg

今日は家族揃って、4時半起床。
6時半には糸島半島で釣りを楽しませてもらい、約4時間、みっちりさせてもらいました。
天気は曇りでかえって好天でなかったので過ごしやすかったです。

釣ったキスは小さいのも含めて28匹、すべて夕食の天ぷらでいただきました。
息子にとってはこんな早起きも初めて、釣りも初めて。
とても楽しかったと言ってくれました。
小学校最後のとても楽しい夏休みの思い出になった事でしょう。
帰りは近くの卵を売ってあるところでちょっと、遅めの朝食。たまごかけご飯。
場所はどこかよくわかりません。
c0077338_21543570.jpg

c0077338_2154467.jpg

車の中でぐっすり寝た息子が、自宅に帰ったら、このあとプールに行きたいと言う。
ずっと運転してお父さんはかなり疲れてましたが、自宅に戻ってから友達も誘って、お父さんも一緒にプールに付き合う。
早起き、釣り、プールでくたくたに疲れて夕方戻ってそのまま爆睡してしまったお父さん。
今日、一番楽しかったのは実はこの私、お父さんだったかもしれません。
昨日から山に海にプールにと夏を存分に楽しみました。

せっかくの釣りの時間のほとんどを私たち家族の為に時間を割いてもらった風来坊さん。
今日は、とても楽しい夏の思い出を作らせてもらって本当にありがとうございました。
[PR]

by katuyamak | 2007-07-22 21:31 | Comments(7)

ちょっとやばくなってきた!

7月15日 連休2日目。
台風は福岡からそれてくれて助かりましたが、今日も雨です。
昨日、今日と通信教育の勉強、図書館、病院へおふくろさんのお見舞い。
自宅でゆっくり読書、昼寝、子供と過ごしたりと超地味な生活が2日も続きました。

さすがに2日目ともなると昨日でゆっくり休養でき、体力が有り余ってきたのがわかります。
ちょっと春日公園で走ろうかね。

実はこの走ろうには意味があるんです。
ここ数ヶ月、ちょっとやばい状況が出てきました。
太りようとですよ。
毎週、ちゃーんと山登りばしようとばってんがそれでも太りようとです。
ベスト体重 65kgくらいが どうも70kgを目指す勢い。
最近、恐ろしくて体重計に乗ってませんが、どうも68kgくらいはあるようだ。

最近、ハマリ出したグルメ食べ歩きが体重増加にどうも拍車をかけているようです。
そりゃー、うまいもん食べてさらにスイーツの研究とか言い訳して、
和菓子、洋菓子のロールケーキとかも食べてますからね。
そうでしょうね。
今まで、いつも登っていた山のよく登るルートの自分のタイムが5~10分よけいにかかってきようとです。
c0077338_19131410.jpg

c0077338_19133013.jpg


だいたいが食いしん坊ですからこれは何とかしないといけません。
やせるには方法は二つ。
食事の量を減らしてカロリーを減らすか、運動量を増やしてエネルギー消費量を増やすかです。
そこで夕方から春日公園の1.6kmジョギングコースを2周。
久し振りに走れて「やった~」という嬉しかった気持ちとなんで5kmまで走らなかったんだろうという複雑な気持ちが交錯。

まあ、ぼちぼちとですが、週末はジョギングも視野に入れて過ごしていこうと思います。

うまいもんはこれからもどんどん食べたいけん、ジョギングばもうちょっと、
せないかんごたあねえ。
c0077338_22421759.jpg

[PR]

by katuyamak | 2007-07-15 19:04 | Comments(0)

ライアーゲーム 最終回スペシャル

みなさん最近テレビドラマは見てますか?
私はほとんど見る暇はないですが、唯一見ているドラマがあります。
「ライアーゲーム」
おもしろいんですよ。見ていて時間が過ぎていくのが早い。
フジテレビが深夜枠に作ったドラマらしいのですが、視聴率もいいようです。

このドラマを見ていると、人間の心理ゲーム、騙す側の騙すテクニック、騙される側の騙されてしまう心理状態、心の強さ、弱さなど参考になる点がたくさんありますね。

競馬、競艇のオッズ、株価などもひとりひとりの人間が作り出したものですが、その数字がなぜそうなったのかなど考えるのもある意味ライアーゲームなのかもしれません。

ドラマの内容は、騙し騙される内容なんですが、最終回ではその中になぜ純情な神崎 直がいるのかがポイントになるような気がします。

神崎 直役に戸田恵梨香さん。
野ブタをプロデュース、デスノートとかに出てましたね。
彼女はきれいになりました。これからも楽しみな女優さんです。
長い黒髪がいいですね。

天才詐欺師の秋山の役に 松田優作の次男坊 松田翔太君。
彼もいい演技してますね。
初めて見ましたが、これからが楽しみです。

最終回 3時間スペシャルは初めて見る人もわかるようになっているらしいので、よかったらいかがでしょう?
21:00~23:55

今日の私は夜のスタンバイ状態OKです。
[PR]

by katuyamak | 2007-06-23 10:02 | Comments(0)

うまい!

c0077338_22425423.jpg

c0077338_22455133.jpg


土曜日は薬院でもつ鍋、レバ刺しでビール。  うまかった!

今日は嫁さんから夕食作れんけん、食べてきて~とメールが来た。

さっそく、月曜の今日は東京から転勤してきた独身の後輩2人を八ちゃんラーメンに案内。
私としてはここはベスト3に入る、究極のうまいラーメン。
たまたまテーブル席が空いていた。
いつもは常に満席。
3名で、ラーメン3杯、替え玉3つ、焼き飯2人前、餃子2人前、

男3名、イッキに食べまくる。
いろんなところを食べ歩いてきている30代のグルメの後輩二人もこれはめっちゃくちゃ、うまいですねえと満足げ。
気に入ってもらってよかった。

営業は19:30~23:30 夜のみ。
旧 3号線沿い  太宰府市国分  たぶん人から教えてもらわないと気がつきません。
日、火曜 定休日。
月曜の今日は開いていてラッキー
 
[PR]

by katuyamak | 2007-06-18 22:42 | Comments(0)

家族で日帰り旅行by 唐津

6月10日(日) 家族で日帰り小旅行を楽しみました。
行く先は唐津。
ここには前から来たかったのですが、お目当ては宝当神社。
その名の通り、宝くじ当選、金運アップの神社です。

小林正観さんの本の中に宝当神社の事を詳しく書いていたページがあり、一度行ってみたいと思うようになりました。

私も何事も前向きに楽しみながら金運をアップさせたいと思う庶民の一人です。
是非、あやかりたいと思ってました。
福岡市を朝9時半に出発、
福岡高速~前原有料道路~二丈浜玉有料道路を乗り継ぎ約60分で唐津城到着。
舟乗り場は唐津城前の駐車場から出発します。
c0077338_21293823.jpg

c0077338_21295647.jpg

c0077338_22491540.jpg

安いフェリーの定時出発は大人200円ですが、時間が1~2時間に1本くらいなので、海上タクシーを使いました。
この舟だと大人500円です。
いよいよ出発です。
c0077338_22355367.jpg

「硫黄島からの手紙」ではありません。
宝当神社がある高島という小さな島に向かっております。
c0077338_21405669.jpg

約5~7分程ですぐに到着しました。
さっそく、神社を目指します。
おお~! 宝くじが売っている。嬉しくなります。
自分ではもう当選した気分です。
さっそく ○千円購入。
c0077338_214394.jpg

c0077338_21432283.jpg

神社は鳥居をくぐった先にあります。
宝くじ当選のお礼の手紙がたくさん貼ってありました。

神社にお参りして高島をぐるりとちょっと探索。
c0077338_20545253.jpg


私は176mのこの高島の頂上が気になってしかたありません。
しかし今日は家族で来ているのでこの坂を上って山の頂上に行くのはついてきてくれないでしょう。
今度はもう場所もわかったので私一人で来て、是非、お礼参りにきて登る事にしましょう。
(これで金運が上がると勝手に信じてます。)
こうやって楽しみながら観光するととても楽しいですね。
午前中は高島めぐりを楽しみ昼食後、午後からは唐津城を見学。

唐津城天守閣から見た高島。
c0077338_21523821.jpg

唐津城です。

唐津からの帰り道。
讃岐うどんの小さなのぼりを見つける。
うちの子が最近「UDON」のDVDを見て讃岐うどんが食べたいと言っていたのでいい機会です。
夕方16時過ぎに入って
ひやあつ(350円)を注文。
絶句!!    うまい~
こんなうまい「かけうどん」を食べたの初めて。
讃岐うどんってこんなにうまかったのか。
だしも薄味で私にピッタリ。 スープも一滴残らずすべて飲み干す。
ご機嫌で福岡に戻りました。
唐津に行った際はまた是非食べたいです。いや~うまかった。
c0077338_20555093.jpg


唐津さぬきやさん、  ごちそうさまでした。

今日は高島でのんびりできて、唐津城を見学してと、唐津をたくさん見てまわってとても楽しい一日でした。
[PR]

by katuyamak | 2007-06-10 21:31 | Comments(0)

赤ちゃんポストに 3歳児の男の子

ちょっと書き込みします。
山の話でも、映画の話でもありません。
赤ちゃんポストに 3~4歳児の男の子の記事はみなさん読まれた事でしょう。

仕事中にこの記事を読んだ時に、おもわず涙が出そうになりました。
3歳~4歳なら子供の時でも一番かわいい時です。
この時期の男の子はもうしゃべれるし、きっとお父さんの事、お母さんの事もよく覚えているでしょう。
ポストに入れた(あるいは預けた、捨てた)保護者の方もきっと人には言えない諸事情があったんでしょう。
私はこの保護者の方を責める気持ちは毛頭ありません。

また赤ちゃんポストの設置の是非についてもコメントはあえて書きません。

ただポストに入らされた男の子のこれからの幸せを思わずにはいられません。
これからは誰から愛をもらえるんだろう。

つらいだろうけど、どうか元気に育ってくれ!(涙)
[PR]

by katuyamak | 2007-05-16 00:18 | Comments(2)

5月4日 曇り 大掃除と庭の剪定 よく働くお父さんに変身

GW期間中に自分自身のしたかった事、課題。
庭の剪定の続き、そうじである。

昨日ビール飲んで、あっという間に21時には寝てしまった。
5月1日、2日と仕事で遅かったせいか、疲れが出たのだろう。
そのせいか今日は4時半に目が覚める。

昨日、福岡市総合図書館に寄ったので、さっそく本を借りた。
朝から本をさっそく2冊読破。調子いい。

ぼちぼちとそうじにとりかかる。
網戸そうじと窓ふき、部屋のそうじ。
夕方から庭の剪定。

夜はまた本を2冊読む。

ちなみにこのうち3冊は偶然にも 「感謝」 がキーワード。
ありがたいことである。
ちなみにもう1冊は競馬必勝本でした。

しかしこうやって、文章にしてみると我ながらよう動いたなあ。
自分としては今日ずっと家にいて、たくさん本も読み、家もきれいになり、とてもいい時間が過ぎた。
[PR]

by katuyamak | 2007-05-05 17:19 | Comments(0)

お父さんも嬉しかったよ

今日は、小学校6年生になったばかりの息子の事を書いてみます。
自分の家庭内の事はあまり書く必要もないかと思いますが、今回の件はお父さんとして嬉しい出来事でした。

数週間前、春休みに入る前くらいかなあ。
息子が学校をズル休みしました。
前日、学校で2人からいじめられたらしい。
いじめられた内容は些細な事です。
本人からは私に言いませんでしたが、嫁さんから遠まわしに聞いた話では、二人のうちの一人から最近、たびたび言葉による暴力、二人から蹴られたりのいじめを受けていたらしい。

その二人はどちらかといえば、親友に近く、その友達がそんな態度をとるようになったので、うちの子もどうしていいかわからなく、ただ黙って耐えていたようでした。

この言葉の暴力がエスカレートしてきたのか、息子も元気がないように感じていました。
夜、寝る前に息子がお母さんに今日の出来事を話しているようです。
すぐ近くでパソコンをしていた私は息子のところへ行きこんな話をしました。

今、じっと我慢していても何も変わらない。
このままいじめは続くぞ!
我慢すればするだけ、相手は調子に乗ってこれからずっとからかうぞ。
喧嘩していい! 負けてもいいから相手にハッキリした態度をとるんだ。
あいつが怒ったら、恐いというところを見せないと黙って耐えているだけでは駄目だよ。
今度、相手がそんな事を言ってきたら、殴れ、喧嘩しろとハッキリ言いました。

息子はわかったのかどうかよくわかりませんでしたが、うん、わかったとは言ってくれました。
ただつらかったのでしょうか? 布団で泣いていました。
優しい子なんですよ。
一人っ子で育ったせいか、喧嘩とかができない優しい性格なんです。
空手道場に通わせたのもこのためなんです。

それから春休みも終わり、新学期になりました。

嫁さんから私にこっそり報告がありました。
あれから喧嘩して圧倒的な強さで息子がボコボコに勝ったらしい。
喧嘩でなく、相手はただ逃げて、ほとんど何も出来なかったようです。
当たり前です。空手の黒帯を目指している息子が怒ったらどうなるか結果はわかってました。
ただ本人が一番わかってなかったんです。

相手もうちの子が本気で怒るとは思ってなかったのかもしれません。

この事を息子は私に早く言いたくて仕方がないらしい。
そうやって初めから知らないふりして聞いてくれと言われてました。
先週、嬉しそうに私に報告してくれました。

先週から、ほんとに別人のように明るくなりました。
すべてが吹っ切れたのでしょうね。
やられた本人は、聞いた話では一気に友達が減ったそうです。
彼も家庭内で何かあったのかもしれません。
みんなから嫌われていたらしい。

今回の件は、息子をひとまわり大きくしてくれたような出来事でした。
いじめられて我慢していても、何も変わらない。
自分からそれを乗り越えないといけない。
それを本人が一番わかってくれたようです。

週末は山ばかり登って日頃、家にいないお父さんですが、今回は少しはお父さんらしい事が出来たかなって思ってます。
私にとっても今回の件は、とても嬉しい出来事でした。
だって本人が自分自身で問題を解決してくれましたからね。
[PR]

by katuyamak | 2007-04-22 10:27 | Comments(3)