屋久島④ 番屋峰(166.5m)  アクシデント2つ

8月13日
番屋峰(166.5m)

ハッ ???
屋久島に番屋峰とかあったっけ?
そう思っている人多いですよね。
僕も、屋久島に着くまでは、知らなかった。
166.5mって書いてあるけど、1660.5mの間違いじゃないの?
屋久島の1000m~1900m級が多数ある山でなんでやねん。

そう思われる方
どうしても僕の2つのアクシデントを書かないと話が進まない。
長くなるけど、書いてみます。
番屋峰のレポを見たい方は、最後の方だけどうぞ


朝、6時起床
今日は、太忠岳に登る予定。
昨日の13時間超えの山歩きのせいか、体力がまったく無い。
よろよろと起き上がり、果たして、今の調子で太忠岳まで登れるのか?
でも登らないと屋久島滞在も明日まで。
グズグズと、のっそりと用意して
ヤクスギランドで山登り出発の用意ができたのが8時ジャスト
さあ、出発だ!!

アクシデント①
いや、待て待て、ストックが見当たらない。
頭がパニック状態
そうだ。昨日 登山口の受付で1000円払った時に
ストックを置いていた。
僕の今の体力では、ストックが無いと、とても太忠岳まで登れない。

ヤクスギランドから淀川登山口までストックを取りに行く。
受付に置いてきたので、きっと盗まれる事はないと思うけど・・・

淀川登山口に着いて、聞いてみると、落とし物は屋久島の
自然館横のバス受付のところへ移動していると思いますとの返事

今度は、また自然館横のバス受付に行ってみる。
ストックは確かにあった。ガラス越しに見える。

c0077338_06064741.jpg
ちゃんと8月12日 淀川とまでのメモも見える。
でも小屋が閉まっている。

自然館の受付の女性に聞いてみると、小屋は次のバスの
到着の14時頃には、間違いなく人はいますとの返事。

この一言で、今日の太忠岳の山歩きは、登らずして終了。
僕の屋久島の今日の1日は終わった。
開き直って、自然館で600円払って、のんびり観光に頭を切り替え。
ここは面白かった。
トロッコ列車の昔の昭和40年頃のDVDの映像は2回も見てしまった。
小杉谷の主婦が、安房の港まで買い物に行かれる映像は面白かった。

本も「ヤクザル大王」の本も半分くらい読んでしまった。

c0077338_06071636.jpg

そろそろ行くかとまた、バス受付に行く

アクシデント②
気持ちが完全に緩んでいた。
バス受付の後ろの車止めの箱に気が付けずに、レンタカーの後ろでガリガリッて音がした。
レンタカーの後ろを擦ってしまった。
完全に傷が付いている。
修理代は2万円以上は、間違いなくかかりそう。
気持ちは完全にブルー。

気落ちしたが、黙って当て逃げして大阪には戻りたくない。
ここは正直にレンタカー会社に行って、修理代を支払おう。

宮之浦のレンタカー会社に到着。
受付の女性が、社長を呼んできた。

社長、最初の一言
「いや~、あなた、屋久島の方ですかあ?」
黄色のTシャツを着た僕は完全に現地の人に見えたらしい。
明るい社長さん、車の傷を見て、
「せっかく屋久島まで来てくれたんだから、修理代は要らないですよ。
 こちらで塗装しておきますから」
 と泣きそうなセリフ。

関西のレンタカー会社なら、間違いなく請求してくる修理代が無料。
名刺をいただき、必ず、大阪から菓子か何かを送ると決意。


けっきょく、アクシデントの2つは、結果的に何事もなく済んだのである。
屋久島にまた、必ず行く事にしよう。
そして、また、ここのレンタカーをお借りしよう。


こうなると、気持ちもスッキリして低山でも登ろうかと言う気持ちになった。

休養日に大浦温泉付近で、低山の登山口を見ていたので、そこでも
登ろうと気持ちを切り替える。



お待たせしました。
番屋峰の山のレポ。

屋久島の低山、たった166mの方が僕は怖い。
きっと毒ヘビが潜んでいるかもしれない。
でも山登りに来ている僕は、今日の1日を観光だけに終わらせたくない。
15時半頃
完全武装で出発。

c0077338_06080983.jpg
c0077338_06082094.jpg
虫除けスプレーも全身に振りかける。
けっこう、悲壮な決意で出発。
だって、何も情報がわからない訳ですから。

山は出だしから、クモの巣だらけ。

c0077338_06084527.jpg
c0077338_06085430.jpg
c0077338_06090312.jpg
c0077338_06091316.jpg
ストックで、クモの巣をかき分けて進む。

今日、この山には誰も登ってないんだね。

c0077338_06094848.jpg
クモの巣を取り除いて、尾根に出て、歩きやすくなった。
あとは山頂まで問題無し。
c0077338_06101150.jpg
c0077338_06102611.jpg
c0077338_06103270.jpg
c0077338_06104290.jpg
c0077338_06105677.jpg
c0077338_06110480.jpg
c0077338_06111315.jpg

いい山でした。


山歩きの後に、素っ裸になって、海水パンツに着替える。
???

そのまま、車で5分足らずの一奏海水浴場で海へ。
実は、山歩きの後は、海へドボンと決めていた。

c0077338_06123789.jpg
c0077338_06124624.jpg

海で火照った体を涼しくして、今日、1日が終了

民宿で、芋焼酎2杯をいただき、美味しい夕食。

c0077338_06125704.jpg
アクシデント2つ、あったけど、うまく気持ちを切り替えて
満足な1日でした。


レンタカー会社の社長さん、ありがとう。
感謝、感謝です。


屋久島で、ヒルに血を吸われ、アブに刺されて、
ストックを忘れ、レンタカーに傷を付けて、1936mの山 13時間半も歩き、166mの山にも登る。
クモの巣をかき分けて、海へドボンと泣いたり、笑ったりの、とにかく自然豊かな屋久島を楽しんでます(笑)





[PR]

by katuyamak | 2017-09-08 06:27 | 山歩き | Comments(0)