2016年 10月 19日 ( 2 )

ボックス

久しぶりに読書感想文などでも


もう2週間前位になりますが、
百田尚樹さん ボックス(上・下) 講談社文庫  を読みました。
c0077338_22582332.jpg
c0077338_22585671.jpg
この作品、私の琴線に、すごく響いたんですよねえ。
とても感動しました。
テレビも見ずに、食事終えたら、すぐ読書。
平日も寝るのが毎日1時近くの日々が続いて、ずっと寝不足でした。
山登りする時、赤坂山の時だったかなあ。
電車の中ではずっと読書。
それ位、ハマりました。

百田尚樹さんの本は、「永遠の0」、「海賊と呼ばれた男」「モンスター」、「影法師」とか読んでましたが、私にとって、
この小説がNO.1でしたねえ。
全編 大阪弁っていうのも、今の大阪で働く私にピッタリして、実に心地良い。
小説に出てくる地名、駅名や場所がわかるんですよ。

小説は忙しくて、最近、ずっと読んでなかったけど、やはり小説って、おもしろいですね。
この本のお蔭で、努力する事の素晴らしさ、大切さがあらためてわかったんですよねえ。

おかげで腕立て伏せ15回、腹筋35回 ずっと継続してますよ。
ボックスと主人公の木樽優紀君に感謝ですね。
私にとって、山登りにも、この本のおかげで良い影響が出てます。







[PR]

by katuyamak | 2016-10-19 22:59 | Comments(2)

京都府 京丹波町  長老ケ岳(917m)

会社の代休を利用して、火曜日に、山歩きしてきました。


なんで火曜日なんかにと思われるでしょうが、
本来の休みは、10月14日(金)で申請してたんですが、
1ケ月前に急きょ、監査の日程が入り、14日の山歩きがが没になり、仕事。


それでせっかくなので火曜日に代休を取得する事にしました。


実は、長崎県 五島列島の山を2座登る予定で、格安航空券、宿、レンタカー等、
すべて予約してたんですが、すべて無駄に終わる。


格安航空券は、キャンセルが効かないので、そのまま水の泡と消える。

「肉まん君、10月14日で監査、いいかね?」と上司に聞かれて、
「ハイ、構いません。お願いします」と答えたのですが、顔で笑って、心で泣いてました・・・

サラリーマンの辛いところです。

ああ! また五島列島に行けなくなってしまった。
五島うどんとキリストの離島の教会の観光も出来ず・・
愚痴を言える相手もいないので、この場を借りてごめんなさい。



前置きが長くなりました。



10月18日(火)

4時20分起床

京阪始発 5:13

京阪 千林駅ー京橋駅           210円
JR 京橋駅ー大阪駅  秋の1日乗車券 3000円
   大阪駅ー京都駅
   京都駅ー和知駅
バス行き 和知駅8:03ー仏主バス停8:30 400円
  帰り 仏主バス停 12:50で帰る
    (1時間、バス停で寝てました)


地形図を見ると、近畿自然歩道と書いてあるが、舗装道路が山頂のすぐ手前まで延びており、
山歩きの95%は、舗装道路を歩きました。
こんな山歩きも、ちょっと珍しいですね。


当然の事ながら、火曜日なので人には誰にも会わず
鹿、数匹と、どの野生動物かわからない声多数の静かな山歩きでした。

山歩きが出来たと言う事で、小さな幸せを感じております。
そう自分に言い聞かせております(笑)


往復ピストン 3時間5分  10.9km


関西100名山 64座目 
2016年山歩き 51回目


今週読んだ本
一刀斎夢録(上) 浅田次郎 文藝春秋文庫


          仏主バス停 ここから出発


c0077338_22142159.jpg
c0077338_22145289.jpg
c0077338_22152720.jpg
c0077338_22160177.jpg


[PR]

by katuyamak | 2016-10-19 22:08 | Comments(2)