2011年 01月 02日 ( 2 )

那珂川 矢岳(385m)

1月1日(土)
城山に登れて、体も温まり、また外の温度も晴れてきて暖かくなりました。
よ~し、もう1座行こう。
神社でお参りしたから今度はまだ登った事がない飯盛山へ行こうか?
早速、行きかけましたが、峠は通行止めの標識。
朝はなかったので、どうもやはり峠は危ないようです。
c0077338_7323712.jpg

朝は行けそうになかった国道385号も暖かくなり、行けるかもしれない。
矢岳を目指す事にします。
2010年1月17日に登り出して、林道がなくなっていたので撤退した山です。
今回2度目の挑戦でわかりましたが、そもそも最初の入りが間違っている事が登った後にわかりました。
下は私が最初に歩いたところ。
昨年も同じです。
c0077338_735489.jpg

正解は下の画像。
間違っていった林道の一つ手前に左に入る道があったのですが、何の標識もなかったので見落としていました。
c0077338_7472451.jpg

結果論ですが、この林道を終点まで歩いて、下の画像の標識のところから左が正規の登山道となります。
くれぐれも私のようなミスをせず、お間違いのないように。
c0077338_7505643.jpg

下は間違った私のGPSの軌跡です。
何事もなかったように周回してますが、ヒヤヒヤものでした。
c0077338_904936.jpg


正しい矢岳のレポは、CJNさんのレポを参考にされて下さい。

さて、ここから下は私の間違った矢岳のレポです。
昨年の林道の工事も1年経ち修復できたかと矢岳を目指す。
昨年の崩壊個所です。昨年はここで引き返しました。
c0077338_7353299.jpg

ここを一旦下って林道を目指します。
林道も荒れてます。
c0077338_735515.jpg

崩壊個所は3個所ありました。
c0077338_736125.jpg

林道もいつの間にかなくなり、道もいよいよわからなくなりました。
赤テープも何もありません。
ただなんとなく尾根を上がれば矢岳に到達するようです。
矢岳までは近いのですが、登山道ではないこの尾根を上がらないといけない。

ここで完全にこの道は間違っているとわかっていたのですが、矢岳の頂上が近かった事で登ってみる事にしました。
通常なら引き返すところです。
けっこうな急傾斜です。
下りではもう使いたくないルートです。
矢岳に登りあがったら、たとえ遠回りになっても、遠くに下山してもタクシーを使って元に戻ろうと考えました。
けっこう、この辺りではビビっていたのですが、登る途中でグレーの色をしたたぶん野うさぎを見ました。
うさぎ年に幸先いいです。
おかげで癒されました。
c0077338_7363175.jpg

何とか鉄塔に登りあがりました。
頂上までいけばなんとかなるでしょう。
ここである出来事が・・・
この鉄塔のかなり上空にある「つらら」が暖かくなりド~ンと落ちてきました。
私の目の前10mくらい先。
何事もなかったのですが、考えたらとても恐い出来事です。
ここで頭に当たっていたらどうなっていただろう?
道を間違え、さらにつららは落ちてくるしと少々ビビってました。
何事もなくよかったです。
c0077338_7365063.jpg

c0077338_737964.jpg

山頂です。遠くに脊振が見え、とても300m級の低山と思えません。
c0077338_7372732.jpg

頂上についてからは、正規の登山道であろうところから下山。
雪が多く、アイゼンは結局着けませんでしたが、危ない個所もありました。
このルートは登山道というよりは、鉄塔などの保守をする為の作業道のようです。
下りでは道も広くなり、問題なく下山。
矢岳の感想は、最初間違ったからかもしれませんが、標高700~800m級の山のように疲れました。
車に戻ってしばらく放心状態。
シャツを着替えて帰路へ。
c0077338_738975.jpg

下山後は、麺。
ラーメン店を捜しましたが、1月1日でどこも閉まってます。
またウエストで、えびかき揚げぶっかけうどん 390円(土曜のまる得サービス)
です。

山登りメモ
矢岳 出発11:30-下山13:35 2時間5分 約4.2km位。
体は濡れて頭も体もヘトヘトに疲れたが、下山後、矢岳のおかげで猛烈に次回からの登山意欲が出てきた。
[PR]

by katuyamak | 2011-01-02 07:32 | 山歩き | Comments(8)

那珂川 城山(195m)

1月1日(日)
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年の初歩きの山は那珂川の城山(195m)
どんな山なのかすらまったく知らなかったが、グリーンウオーク別冊の
「福岡超低山100」から調べて早速、登ってみる事にする。

駐車場の場所はCJNさんのレポを頼りに行く。
12月31日に駐車スペースと登山口を調査したが、地元の私でも2度迷い、あきらめかけていてやっとわかった。
案外とわかりにくい場所。
ここに停める。トイレも整備してあり助かる。
c0077338_647493.jpg

c0077338_64865.jpg

「さくたのうなで」と読むらしい。
c0077338_6482293.jpg

いい風景です。
外は強風が吹いて、相当に寒いのですが、こうやっていい風景を見ると来てよかったと思う。
c0077338_6484271.jpg

登山口は高津神社の鳥居の先からです。
c0077338_649135.jpg

正面が高津神社の階段。正面からでも登れるようです。
登山道は左の道から歩きました。
c0077338_6491914.jpg

竹林の中を進む。
c0077338_6493790.jpg

標識もしっかりあり、助かる。
c0077338_6495250.jpg

三角点をさらに北に進む。
c0077338_6501080.jpg

展望のいいところに出ました。ここまで30~40分。
遠くに立花山が見えます。

なぜかここで空手の練習をしている親子連れの方が・・・
お父さんが気合入って子供二人に教えています。
おもわず悟空さんの知り合いかと思ってしまいましたが、型を見ていると微妙に流派が違うようです。
撮影しようかとも思いましたが、さすがに遠慮しました。
c0077338_650308.jpg

下りでは高津神社の方へ下る道を探しましたが、わからず一度階段のところまで降りてまた階段を上がりお参りしてきました。
1月1日から新規の山に登れて満足です。
c0077338_651725.jpg

山登りメモ 
駐車場から往復3.1km位。9:35-11:10
時間はお参りの時間も入れて1時間30分位。
[PR]

by katuyamak | 2011-01-02 06:51 | 山歩き | Comments(0)