ワンコインで映画を2本観る(1000円也)

マイカル大野城
今日から1週間だけのワンコイン作品 2本を観る。 今年 13本目、14本目
 
1本目 「ヘアスプレー」 2番スクリーン
 まあまあ、おもしろかった。
女装したお母さん役の役者誰だったかなあ。
あのそうたい、え~と「サタデイナイトフィーバー」のう~ん?
映画の後半にやっと思い出した。
ジョントラボルタたい。

この映画観てたら昔の「サタデイナイトフィーバー」やオリビアニュートンジョンの「グリース」を思い出した。
なんかまた無性に観たくなったなあ。
俺が19歳と20歳の時の映画だった。

2本目 「バイオハザードⅢ」8番スクリーン
新鮮でとてもおもしろかった。
最初、ワ~気色悪か~、どげな映画やと思ったが、どんどん入っていってしまった。
ちなみに今頃やっとですが、初めてバイオハザード観ました。
こんな作品をでかいスクリーンいっぱいで観れてとても幸せ。
2500円でも堪能したでしょう。
500円でまったく申し訳ないくらい。
ランボーでも思ったけど、やはりアクション映画はスクリーンやね。

途中で静かなシーンからいきなりガ~ンと大きな音で体がびっくりして電気に触れたように、ピクっと反応したのが2回。
お父さんを急に驚かせないでください。
まわりに女性がいたら笑われたろうや。
まわりに人がおらんやったけんよかったあ。

ちなみに観客は私入れて 大型スクリーンなのにたったの 4名。
もうみんなDVDで見たのかな?

この前の「クイーン」もそうだったけど、ヘアスプレーもバイオハザードⅢもたぶんこのワンコイン作品がなかったら、まずDVDでもレンタルしてまでは見ないと思う。

そう考えると何もジャンルを考えないで無心で見るのでかえって新鮮。
500円で映画が観れることがとにかく幸せなのだ。

来週は「ゲゲゲの鬼太郎」だ!
[PR]

by katuyamak | 2008-06-07 23:22 | 映画 | Comments(0)