夕凪の街 桜の国

ずっと観たい作品だったんです。
レビュー評価も高いですね。
3月2日に春日市で上映予定だったのですが、最後のチャンスも行く事ができませんでした。
DVDでやっと鑑賞できました。

c0077338_17334235.jpg

いい作品だったと思います。
戦争、原爆というとても重いテーマにもかかわらず最後は、平成19年に舞台が移って、重い内容のテーマも最後まで観る事ができました。

今は戦争など暗い過去の話も風化しようとしています。
しかし現実に私達の親や祖父母が体験してきた事。

その時代をどう親達が生きてきたのか、生き抜いてきたのか学ばないといけないのでしょうね。
私が住む福岡市でも私の母親は春吉で福岡大空襲を経験しています。
焼夷弾とか、防空頭巾とかB29の話しも昔してましたが、最近は聞いてません。
今度病院で当時の話しをゆっくり聞いてみたいと思いました。

麻生久美子さん・・・・ドラマか何かで数回見たくらいでじっくり映画を見たのは初めて。
             美しい方です。
             昭和の時代がよく似合う女優さんですね。
田中麗奈さん・・・  平成の現代っ子らしい役でした
藤村志保さん・・・・ 作品の中での存在感たっぷり。
堺正章さん・・・   正直、この作品ではキャラが強すぎるし、あまりにも都会っぽいので私はずっと違和感を感じていた。
            前田吟さんとか控えめで誠実に生きてきた人とかが合っていたように思う。

同僚の打越さんと弟役の旭役の若手男優

吉沢 悠さんと伊崎充則さん
この二人は当時の広島から出てきたような、この作品にぴったりのとてもいい演技だったなあ。
最初、誰この人?と思ったけど当時の男性はやはりこんな感じだったと思う。

伊崎さんはそういえば、子役の時に「木村家の人々」に出とったね。面影残ってる。


個人的評価で 私は  4.5点

日本人だからこそ観るべき作品ではないでしょうか。
[PR]

by katuyamak | 2008-06-07 17:51 | DVD | Comments(0)