チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

金曜の夜21時からマイカル大野城へ出動
5番スクリーン。観客は15名くらい。
1300円の前売りを買ってて、けっきょく1200円のレイトショーの時間に観る。
c0077338_10322223.jpg


トム・ハンクスの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
予告編でおもしろそうだったんだけど、内容は思ったよりはちょっとだけ期待はずれ。
予告編のままであった。
ただアフガニスタンの歴史、当時の情勢、政治の動き。
仕事、生き方に志を持つ事の大事さを学んだ映画ではあった。
評価 3.5

トム・ハンクスの作品は年代が近いせいかけっこう観ている。

1988年  ビッグ (傑作)
1989年  メイフィールドの怪人たち(内容は忘れた)
1993年  めぐり逢えたら
1994年  フォレスト・ガンプ(よかったなあ)
1998年  ユー・ガット・メール
1998年  プライベート・ライアン(リアルな作品だった)
1999年  グリーンマイル
2002年  ロード・トウ・パーディション(俺の中では最高傑作)
2004年  ターミナル
2006年  ダ・ヴィンチ・コード
[PR]

by katuyamak | 2008-05-24 10:45 | 映画 | Comments(2)

Commented by CJN at 2008-05-26 11:35 x
こんにちは
この映画は「まあまあ」の出来でしたね。もっと期待をしていたので少しがっかりでした。
Commented by 肉まん at 2008-05-26 23:12 x
そうですよね。
予告編でけっこう期待しましたが、ほんとに「まあまあ」でした。
トム・ハンクスが出ていたのでまあよしとしましょう。