ラスト、コーション

シネリーブル博多駅 19:20~22:10まで160分
JR運賃往復 400円  入場料 会員割引で1500円

ヤフーの映画情報で即、行こうと決めた映画です。
調べてみたら博多駅でしかやってない。
いけないかなあと思ってましたが、ちょうどよく連休に入った。
今日は山に行かず夜からスクリーンへ
この作品の為に行きと帰りで5時間以上の時間を割いてスタンバイ。
c0077338_0181133.jpg


映画を観たあ~という感じですね。
いい作品でした。
しかしスパイ映画で男と女の愛の話しだから、わかってはいるけど、やはりラストが・・・・
ミリオンダラーベイビーの作品でも思ったのですが、こんな終わり方しか選択肢がないのかな。
まあ映画ですからと言えばそれまでだけど・・・・
ただやはりラストはグ~っと作品に入って思わず息を呑みます。
今日のような作品こそミリオンダラーベイビーも含めていつまでも自分の頭の中に残像が残っている秀作なのでしょう。
総制作費 40億円の映画が入場料わずか1500円ですから連休で時間を作って観た甲斐がありました。
タン・ウエイさんには今度どんな作品で会えるでしょうか。
そうそう、シネリーブル博多駅にこの映画を観に来ていた人、私も含めて10数人男も女もほとんど単独でした。
ほんとに映画が好きな人が来たんでしょうね。わかる気がします。
[PR]

by katuyamak | 2008-02-11 00:18 | 映画 | Comments(0)