2002年 DVD  阿弥陀堂だより

1月30日(水)
仕事は20時でやめる。
そのまま春日公園へ。外は風が強くて、無茶苦茶寒くて手がかじかむくらいであったが、ゆっくりとジョギング。
(というかゆっくりしか走れない)
5km走でやっと体もぬくもった。

自宅で昨日から見ている「阿弥陀堂だより」の続きを見る。
c0077338_011356.jpg

いや~、まったく期待せずに見たのですが、とてもよかったです。
うん、なんというか日本の原風景というか、ホッと心が落ち着く風景。
山登りをしている人、自然を愛する人にはわかる感性というかなあ。

出ている役者さん、みんな見事だったなあ。
寺尾聡さん、樋口可南子さん、北林谷栄さん、小西真奈美さん、吉岡君。
役者がよくて、バックがとても美しい自然で、音楽も心に残ってとてもいい作品でした。

20代、30代の方には眠くなる作品かもしれません。
時間が穏やかにあまりにもゆったり流れるから・・・
ただ40代以上の自然を愛する人にはきっとこの感性はわかってもらえるだろう。
見る人によってハッキリ評価が分かれる作品でしょうね。

寺尾 聡さん
何も言う事はない。静かに後ろから女性を支える演技。見事です。
雨あがる、博士の愛した数式 、今度が3本目かな。

樋口可南子さん
俺には一番光っていたなあ。
彼女は20代の頃は知っているんですが、その後しばらく私は空白期間だったんですが、最近の「明日の記憶」での夫を支える演技「篤姫」のお母さん役とにかく光ってますね。
こんな素晴らしい役者さんだったんですね。
この作品では43、44歳くらいでしょうか。
女性として、女優として一番輝いてみえたのは私だけでしょうか。
美しい人です。

北林谷栄さん、
この映画で96歳の役をするんですが、作品みていたときは70~80歳くらいの方かなあと思ってらこの作品では91歳だったらしいですね。
日本アカデミー賞助演女優賞も納得でした。
宇野重吉さんと劇団で同期だったらしく、特典映像で寺尾 聡さんの事を 宇野重吉さんの長男さん 聡ちゃんと呼んでいるのも納得。
記者会見で泣いてあるのを見てあらたらめてこの作品への思い入れ、情熱を感じました。
「となりのトトロ」のおばあちゃん役の声優をしてあったのは、この方だったんですね。

本来はもっと早く見ないといけない作品でした。
ただ私も50歳もカウントダウンが近づいてきた今の年齢だからこそ、この作品のよさがわかるようになったのかもしれません。
[PR]

by katuyamak | 2008-01-31 00:31 | DVD | Comments(2)

Commented by CJN at 2008-02-01 09:38 x
こんにちは 肉まんさん
私はこの「阿弥陀堂だより」DVDはもっているので時たま見ることがあります。寺尾聡はなかなかいい役者になりましたね。
1月31日に「母べえ」を見てきました。良い作品でした。主演の吉永小百合には少し違和感を感じました。「北の零年」でも思いましたが、あのように登場させなくてはならないのでしょうね。若作りときれいすぎて生活感がにじみ足りないような気もました。もう少し年相応の役というのもやってほしいと思います。(Hi)名優ならやれると思うのです。まだその年ではないのかもしれませんし、そのような役が来るようになったらもう映画には出ないのかもしれませんが。
Commented by katuyamak at 2008-02-03 22:17
CJNさん、今晩は
「阿弥陀堂だより」のDVDをすでに持ってあったんですね。
さすがです。
「母べえ」はいい作品だったとは思いますが、どうもあの先入観が最後までぬぐいきれませんでした。