1994年 DVD 「活きる」

今週も仕事が遅かったのですが、夜は逆に目がさえてしまって、焼酎飲みながら1時間ずつDVD見てました。

「活きる」は私が好きな中国のチャン・イーモウ監督作品です。
いまだ彼の作品で駄作を見ていません。
「LOVERS」「至福の時」「あの子を探して」「初恋のきた道」と続いて今回 5作目を見た事になります。
今回はどんな作品なんだろう?

感想、う~ん、長く感じましたねえ。
長く感じたという事はあまりおもしろくなかったという事。
最初の博打のシーンからの40分からはグ~っと映画の世界に入っていってとてもよかったんですけどねえ。
後半、人が死んだでしょう?
あれからイッキに興醒めしてしまった。
俺、映画のシーンで監督が安易に人を殺すのって好きじゃないんだなあ。
だって、それでお涙ちょうだいって流れを監督はしたいんだろうけど、今回は泣けなかった。
そのシーンが2度もあったらもういいよって最後はなったなあ。

アクション映画は別ですよ。あれはこちら側も割り切って見てますからね。

ただ、博打のシーン、影絵のシーンなんてところは秀作。
お父さん役の俳優さんもとても人間くさくてよかった。

私の感想は、うん、まあまあかな。

そういえば、
「LOVERS」「ママが泣いた日」「マルコビッチの穴」と3本見ていたことを思い出した。
感想は長くなるのでもういいか。

今年観たDVD 27本。
[PR]

by katuyamak | 2007-11-18 00:28 | DVD | Comments(0)