タクシードライバー

1976年作品 DVD 「タクシードライバー」

先週でしたか?CJNさんとの掲示板での会話の中でロバート・デニーロの話になった時に、ジョディ・フォスターもタクシードライバーで共演していたという情報を教えてもらい、DVDを見る事にしました。

仕事が忙しく、連続2週レンタルしなおして、やっと見る事ができました。
c0077338_0452364.jpg

映画が始まったとたんに、70年代をハッキリ感じましたね。
うん、1970年代の香り、匂いがプンプンします。
私が17歳の高校生の頃の作品だったんですね。

映画はドライバーの心の変化の描写がリアルでした。
よく出来ている映画だと思います。
ロバートデニーロもさえないタクシードライバーの青年の役をしてますが、やはりこの頃から役者としての大物の雰囲気が伝わってきますね。

映画の中の若者の思考、行動は残念ながら40代の今の私では理解できません。
しかし20代の私だったら何かをおこしかねない、途方もないエネルギーはたぶんに持っていたと思います。
年代で見る感覚が違って当然かもしれません。
モヒカンカットのロバートデニーロはかっこよくて、かつ弱そうな演技は見事でした。
この映画はジョディ・フォスターが12歳半で娼婦の役ですが、このあどけない娼婦の12歳半という年齢が最後に大きな意味を持つ作品です。

CJNさん、情報ありがとうございました。70年代を代表するいい作品でした。
[PR]

by katuyamak | 2007-11-14 00:46 | DVD | Comments(2)

Commented by CJN at 2007-11-14 12:21 x
こんにちは 肉まんさん
タクシー・ドライバーを見られましたね。良い感触を得られて良かったと思います。実は私もスクリーンでは見たのではなくたぶん手持ちのVHDで見たと思います。私はクリント・イースドウッドにはまっています。
Commented by katuyamak at 2007-11-17 23:57
70年代の時代の匂いがする作品ですね。
印象に残る作品でした。